※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠「チビ人間!宿題を見せやがれです!!」

J「ほほう?それが人にものを頼む態度か?」

J「御主人様、宿題を見せてください……と言えば見せてやらないこともないぞ」

翠「ぬ~……チビ人間のクセに偉そうですぅ」

J「さぁ、言いますか?言いませんか?」

ゲシッ

翠「良いです!蒼星石に見せてもらうですぅ!!」

J「ってぇ……このっ!性悪人形がっ!!」

翠「べぇ~~っです!!」


翠「・・・・ありがとうです!蒼星石」

蒼「……え?あっ、うん…」

蒼「(僕と翠星石の違いってなんなんだろう? どうしたらあんなにJUM君と仲良く楽しくできるんだろう……)」

蒼「(髪の長さ…JUM君は長いほうが? 目の色…赤ー緑のほうが?)」

翠「蒼星石? どうしたですかぁ? 元気だしやがれです!」

蒼「(………ハッ!わかったぞ!!JUM君はコレが好きなんだ!!)」


~次の日~

?「おはようですぅ」

J「おはよ。翠……!?」

J「え?ちょ!?蒼星石…?」

蒼「どうしたですか?JUN君」

J「え?いや、どうした…って、おま?」

蒼「そうだ!今日は、JUN君にお弁当を作ってきてやったです!ありがたく食いやがれです!!」


J「……お前、どうしたんだ?」

蒼「変かな……です?」

J「いや、まぁ、うん…」

蒼「そっ、そんな……です」

ダッ!!
教室から逃げるようにでていく蒼星石

J「蒼星石っ!ちょっと待て! 最後まで翠星石口調かよっ!!」


べ「って、そこかよっ!!」

|