※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-光子力研究所

金糸雀「敵の数が多すぎるのかしら~」

蒼星石「く…敵の装甲が堅すぎて…」

翠星石「これじゃあキリがねぇです」

-ドガーン

弓教授「ぐ…」

ボス「このままじゃやられてしまうの

ね~」

鉄也「博士! まだグレートの調整は終わらないのですか!」

剣「…とりあえずは大丈夫だ…だが…」

弓教授「完全な調整は終わっていない…」

鉄也「なら量産型グレートで出ます!」

剣「量産型グレートは…グレートのパーツのスペアに回してしまい…もうない…」


蒼星石「翠星石!」

翠星石「蒼星石!」

-ドーン!

ヒドラー「ハァァッハッハ! 無敵戦艦にそんななまっちょろい攻撃が、きくと思っているのか!」

??「なら、こいつはどうだ!」

ヒドラー「この声は!?」

リョウ「ゲッターチェェンジ!」

弁慶「チェェンジ! ポセイドン! ゲッターチェンジ
ゲッターサイクロン!」

隼人「オープンゲット! チェンジ! ライガー!
マッハスペシャル!」

隼人「最後は決めてやれよ! リーダー!」

リョウ「分かってるぞ! 隼人!
オープンゲェット! チェェンジ! ドラゴン! ゲッターチェェンジ!
ゲッタービィィィィム!」


-ドーン!

ヒドラー「ぐ…ゲッターか…」

リョウ「何時貴様等が蘇ったかは知らんが」

蒼星石「竜馬君達が守った地球は」

金糸雀「私達が守るかしら~」

ヒドラー「ここは一度体制を立て直すべきか…」

??「その必要はないぞ、ヒドラー殿」

甲児「地獄大将軍か!」

地獄大将軍「よく解ったな。兜甲児」

甲児「嫌でもお前の事が解るようになっちまったんだよ!」

ヒドラー「地獄大将軍殿…」

地獄大将軍「こちらも増援を従えてやってきたのだ
何としてでも、この研究所を破壊するぞ」


翠星石「そんな…増援が…」

金糸雀「この付近に、高速で向かってくる機体を2機関知したかしら」

蒼星石「そんな…まだ敵の増援が…」

??「そっちの戦艦は私達に任せろ!」

翠星石「薔薇…水晶…」

朔夜「私は…無視か…」

薔薇「…翠星石…金糸雀…蒼星石…もう少しで…ジュン達が来るよ…」

朔夜「その間になるべく多くの敵を片づけるぞ!」

朔夜「バックパックビーム砲…分離確認…エネルギーフィールド…正常値…」

朔夜「バックパック…ハイメガビームサーベルとの接続確認…コード…ハイメガビームサーベルΔ…」


薔薇「全機、エルトバイルの射程上から離れて!」

朔夜「ぶった切ってやる!」

朔夜「このハイメガビームサーベルΔで…」

-ザクッ

地獄大将軍「何だと!? 我が戦艦が…真っ二つに…」

ヒドラー「小癪な!」

-ヒュンヒュン(ミサイル発射)

朔夜「ぐ…」

蒼星石「朔夜君!」

薔薇「朔夜の方は…多分大丈夫…問題は…あっち…」

ヒドラー「く…こちらの戦力で奴らと事を構えるのも馬鹿らしい…」

金糸雀「無敵戦艦 ダイ、後退するかしら」


リョウ「ひとまず終わったか…」

ジュン「こちら戦艦 マエストロ艦長、桜田ジュン」

凱「救援に来ましたって…」

デュオ「すでに後退しているか…」

弓教授「君が新造艦 マエストロの…」

剣「…とりあえず詳しくは研究所でお話しましょう」


結局、ジュン達は活躍出来なかったようです
続く

|