※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それは雪の夜→手を伸ばしても届かない銀色のベル
鳴り響くは神の悲鳴か――
嗚呼 聖夜とは名ばかりの愚かな再生劇

輪廻の時間→回る→回る→そこにあるのは←廻る←廻る←左回りの螺旋

それは誰の願望か
それは母なる闇の底
横たわるその体躯が
朽ちるとき

それは新たな世界の始まり
   そして

―物語の終わり―

嗚呼―また新たなる愚かなものが―
叶わぬ願いを → 人智を超えた禁忌を ← その手に求める



ローゼンメイデンが普通の女の子だったら~オーベルテューレ~

―新たな針が傾き 過去という時間は儚く散る―





そこにあるのは0という名残だった
そこにあるのは1という記憶だった
そこにあるのは01という絆だった
そこにあるのは11という刻だった



それが正しいのか
それが間違いなのか
誰もわからない

それが本当なのか
それが偽善なのか
誰もわからない
ただ 自分が正しいと思うために。

それがたとえ望まれない終焉だとしても。
それがたとえ自分の望まない終焉だとしても。

時計の針は戻らない。
ゆえに。

―全てを忘れないように⇔全てを忘れるように。
―今ひとたび眠りなさい。
―次にあるのは
―新たな世界か―――――――



「そこに楽園はあるのかしら」―ローゼンメイデンが普通の女の子だったら オーベルテューレ 完―

|