※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

原作風きらきー短編


#1.コタツ
「雪華綺晶ーっ」
「なぁにぃ…?」
「コタツを発明した人は天才だよな。
  あったかいことあったかいこと」
「そう…でも、ジュンの方が温いわ…」ムギュッ
「そ、そうか?」
「えぇ…」ムギュギュッ
「あのさ… 雪華綺晶?」
「なぁにぃ…?」
「胸、当たってるぞ?」
「…えっち」

二人の冬は暖かいようです。




#2.回転
「廻る…廻る…世界が…廻る…」グルゥゥゥンッ
「お前が廻ってるんじゃないか?それ」
「運命の糸車が廻る……」グルングルングルンッ
「……目、回らないか?」
「まわ……ぅおぇっ」

だっだっだっだっ  …じゃーっ。

「気持ち…悪いぃ…まだ、世界が廻ってる…の……」
「気持ち悪い? ……! でかした!」
「…ばかぁ……うぉぇっ」
「そっか。まだ早いか」
「まだ……?///」

数時間後、何故かまた回転してたそうです。



#3.みえるひと
「見えます…」
「何がだ?雪華綺晶」
「愛といういばらが、
  ジュンを幾重にも縛っているのが見えます……」
「まぁ、確かに──今雪華綺晶が抱きついて固めてるよな」
「むぎゅぅ…むぎゅぎゅぅ…」
「あとさ、雪華綺晶?」
「…なぁにぃ…?」
「僕にも見えるんだよね」
「…貴方が私を愛してるのは…知ってるわ」
「白い手がお前の右肩に…」
「むぎゅぎゅぎゅぎゅぎゅぅ…!」
「嘘だ」

むぎゅーっ ぎりぎりぃっ ぎゃー。




#4.小躍り
「嬉しそう… 嬉しそうな桜田ジュン♪
  だァれが愛した桜田ジュン…
   そォれは私…私なの…♪」
「…そんなこと…」
「──えっ…」

むぎゅ。

「わかりきってるじゃないか。雪華綺晶」
「…ばかぁ…/// …ビックリ……した…」
「たまには…僕からも抱かせろ」

むぎゅぎゅぎゅぎゅ。

文字通り『寝』正月だったそうです。



|