※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔「やらないか」
J「クリスマスだと言うのにお前って奴は」
薔「性なる夜にと申しまして…」
J「聖の字が違うだろうが!」
薔「主は、産めよ増やせよと仰いました。と言う訳で…やらないか」
J「やらんわ!」
薔「サンタさんがプレゼントはジュンとの愛の結晶だと今朝…」
J「やらんと言ってるだろうがッ!」

紅「あら、やってあげても良いのではなくて?」

J「真紅!?」
紅「レディに恥をかかせるものではないわ、それに…」
J「それに?」
紅「据え膳食わぬは男の恥、という言葉もあるわ」
J「恥と言われてもだな」
薔「そう、私据え膳…だから食べて」
J「食べない」
薔「一緒にめくるめく快楽の世界へ」
J「だまれ」
薔「(´・ω・`)」

紅「それに、あなたが覚悟を決めないとこのネタはいつまでも続くのよ」
J「な、何だって――――ッ!!?」
紅「無様ね」


J「クッ……分かった。僕も男だ、腹を決めよう」
薔「(ゴクリッ)」
J「薔薇水晶、やらないか!」
薔「うん……やろう!! わたし頑張る……!!!」
J「うれしいこと言ってくれるじゃないの。それじゃあ、とことん悦ばせてやるからな」
薔(良かったぁ……スレ初期から言い続けてた甲斐があった)

紅「それじゃあ、楽しんでらっしゃい。明後日の夜にでも帰ってくれば構わないわ」
J「ああ、有難う真紅」
薔「ありがとう真紅、はいこれ」
J「これは?」
薔「クリスマスのプレゼント……私から真紅に」
紅「あら、どうも有難う」
薔「ジュンとの一夜を貰ったんだもん、全然足りないけど受け取ってね」
紅「フフ、いいのよ」

J「さて、じゃあまず先にクリスマスらしいことをしておくか」
薔「うん! ご飯とケーキ食べて……夜は(////)」
紅「いってらっしゃい」

薔(作戦性交…もとい、成功ですな)
紅(ええ、最高のクリスマスプレゼントなのだわ)

 真紅が貰ったのは、Ⅹmas限定のくんくんDVDプラチナディスク(人形付き・50本限定)だった。
 ジュンはハナから、超限定品と引き換えにされていたのだ――。


紅「こんな素敵な物を貰ってしまったら、下僕なんていつでも差し出せるのだわ……♪」




梅「ハハハ! ベジータ、僕らもやらないか」
ベ「やめろおおぉぉぉ!!!」
梅「やらないといつまでも追い続けるよー」
ベ「ちくしょおおぉぉぉぉぉぉ―――――――ッッッ!!!!!!」

 ベジータは寒空の下、革ビキニにサンタ帽という異装の梅岡と鬼ごっこに興じていた。
 街のみんなから、張り付いた温かい笑顔で見守られながら……。


梅「つっかま~えたッ♪ OH! ベジィィィィタァァァん!!」
ベ「ぐぎゃああああぁぁぁぁぁぁああぁああぁああぁ!!!!!!!!!!!」

|