※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「一つ屋根の下 第九十三話 JUMとソリ」



さてさて、スキー旅行も早くも二日目。そして冬休みも二日目。要するに、12月24日だ。
時間もすでにお昼過ぎ。昼食を食べた僕達はそれぞれゲレンデで時間を過ごしていた。
めぐ先輩によると、今日の夜はクリスマスパーティーやるから早めに切り上げるそうだ。
そんな僕が今ドコにいるかと言えば、昨日もいた初心者練習場である。最も……
「ひゃあー!はや……ちょっと早すぎる…ですぅ……」
面子は昨日とは全く違うわけだけどね。
「こんな緩い坂でも結構スピードが出るのですね。結構楽しいですわ。」
僕の隣でキラ姉ちゃんがソリを持ってニコニコしている。そして、ソリを雪の上に固定するとそれに座り込み、
シャーっと颯爽と滑っていく。
「銀ちゃん……今頃ビシビシかな……真紅…厳しいから……」
「まぁ、いいんじゃないかな。水銀燈から練習に付き合って欲しいって言ってたし。」
薔薇姉ちゃんと蒼姉ちゃんがソリを持って登ってくる。そう、今ここにいるのは翠姉ちゃんに蒼姉ちゃん。
そしてキラ姉ちゃんに薔薇姉ちゃんと、昨日とまるで正反対のメンバーなのであった。
午前中、一番距離が短いリフトに乗って、ようやく普通のゲレンデデビューをした銀姉ちゃん。
昨日からの練習の甲斐があってか、初級コースくらいなら難なく滑れるようになっていた。
しかし、銀姉ちゃんの目標はあくまで、全員で山頂から滑る事。僕らは明日の夜に帰るので、残された
時間は少ない。その時間を無駄にしなように、赤鬼教官の真紅姉ちゃんと練習してるようだ。
でだ。滑れる面々も、折角だし他の事で遊びたい!って事でソリと。まぁ、そういう訳だ。



「ボードも面白いですけど、最近のソリもなかなか面白いですねぇ。」
「うん、スピードも結構あるし。何より、ボードより遥かに視点が低いから意外にスリルもあるよね。」
ソリは昨日、カナ姉ちゃんとヒナ姉ちゃんが使ってた奴だ。ちなみに、二人と柏葉も銀姉ちゃん達と一緒に
練習中である。まぁ、あれであの二人はソコソコ滑れるんだけどね。
「JUM……滑らないの?」
「ん?ああ。じゃあ僕も滑らせて貰おうかな。」
僕がそう言うと薔薇姉ちゃんが持っていたソリを置いてくれる。僕はそれに座る。そして出発……と思った
所で背中に違和感。背中にモサモサしたウェアの感触。そして嗅ぎ慣れたシャンプーの香りがする髪。
「え!?薔薇姉ちゃん!?」
「れっつらごー……」
シュパッと頬を風が切る。
「ちょ、ちょっと薔薇しー!!抜け駆けなんてズルイですよぉ~~!!」
上から翠姉ちゃんと思われる声が聞こえる。しかし、風の音が耳に突き刺さるせいで断定はできない。
「は……はやっ……」
「体重二人分だから……」
ボソッと背中から声がする。成る程、一人で乗ったときより体重が増えてるから速度も増えてるわけね。
って、そんな冷静に分析してる場合じゃない。予想もしてない速さで僕は混乱気味だ。
「……か~ぶ……」
「へ?うおあっ!?」
薔薇姉ちゃんが重心を左に傾ける。僕の体も一緒に傾けるせいで、ソリは左に曲がっていく。
転ぶ!転ぶって!!あと少し体重が左に乗れば、そのままひっくり返りそうです。いや寧ろ、ひっくり返りそうと
言うより……
「うわああああああああああああ!!!」
「きゃー……」
ゴロゴロゴロゴロと視界が目まぐるしく回転する。雪の白と空の青が交互に視界に入る。
ああ……やっぱり転んだか。



「~~~~かい!?~~君!!~~すいしょ~!!」
坂の上から僕を呼ぶ声がする。多分蒼姉ちゃんだろう。正直なところ、大丈夫とは言い切れそうにない。
「っつつぅ……薔薇姉ちゃん?」
未だに頭の中がグルグル回ってる気がするが、とりあえず気合で意識を維持。付近を見回す。僕らが乗っていた
と思われるソリは近くでひっくり返っていた。そして、その近くで……
「JUM……埋もれちゃった……」
薔薇姉ちゃんが新雪の中に埋もれて、雪の中に体を沈めていた。手足は出てるけど、体が完全に
埋まってるようで手足をバタつかせてる。正直、自業自得だと思う。
「あ~あ~……出れそう?」
「ん~…んっ!ふっ!!……無理そう……」
薔薇姉ちゃんはジタバタするが、もがくほど雪に埋もれてる気がする。やれやれ、仕方ない。
「JUM……手を貸して……」
「はいはい。言われなくてもそうするよ。」
僕は薔薇姉ちゃんに近づき、スッと手を差し伸べる。後は、手を持ち上げれば万事OK。
しかし、薔薇姉ちゃんは僕の手を握るとニヤリと笑い、思い切り僕を引き込んだ。
「へへぇ……道連れ~……」
「うわあああっ!??」
思いも寄らない出来事に完全に不意をつかれる。薔薇姉ちゃんに引き込まれた僕は、薔薇姉ちゃんに馬乗り
のように覆いかぶさった。
「キィイイイイイイ!!!こ、こんな公衆の面前で何やってやがるですかぁ!!離れやがれですぅ!!」
坂の上から翠姉ちゃんの怒号が響く。いや、完全に不可抗力なんですけど。しかし、薔薇姉ちゃんは
さらに企み顔で言い放った。



「JUMったら大胆……動けない私に……でも、JUMなら……雪の上もロマンチック……」
普通に雪の上だと寒いんでは。そんなどうでもいいツッコミは置いておこう。
「ばっ、なっ、薔薇姉ちゃんが僕を引っ張り込んだんじゃないか。」
「うん……でも、転んだのは偶々だよ……だから、先にクリスマスプレゼント……折角神様がくれた機会…」
薔薇姉ちゃんはそう言うと、少しだけ頭を持ち上げる。ヒンヤリと冷たい感覚が僕の唇に当たる。
「ちょ、薔薇ねえちゃ……」
「JUM……好き……」
薔薇姉ちゃんはそう言うと、僕の抗議をまるで受け付けるつもりはないようで、僕の頭の後ろに腕を
回し、そのまま僕の顔を自分の顔に押し付けた。雪のせいか、冷たい。
「何をしているの?貴方達。」
ビクッと僕の背中が震える。何で貴方様の声が聞こえるんでしょうか?
僕がギクシャクと顔を上げると、真紅姉ちゃん。そして銀姉ちゃん達もいた。
「あれ?もしかしてお邪魔だったかな?でも、愛を育む時は他の人に迷惑かからないようにね。」
めぐ先輩が何だかとんでもない事を言う。
「ち、ちがっ!!ソリで滑ってたら転んで、薔薇姉ちゃんが雪に埋もれて。それを助けようと……」
「助けようとしたら、ムラムラしちゃって動けない薔薇しーちゃんに襲い掛かったって事だよね?」
「違うって!!そしてら薔薇姉ちゃんが僕の手を……」
必死に弁解を計る僕。しかし、そんな僕を地の果てに落としたのは薔薇姉ちゃんだった。
「JUM……雪の中なのに、熱かったよ……」
瞬間、僕は死を覚悟した。ほら、ある程度の覚悟があるとダメージが減るって言うじゃない。
でも僕は思う。オーバーダメージなら意味ないよね……と。



「もうこんな時間だったんだ……知らなかった。」
「知ってたら……何だと言うのかしら?」
僕は赤くなった頬を擦りながら部屋へと戻っていた。隣にはプリプリして真紅姉ちゃん。
「別に。どうだった?銀姉ちゃんは。」
「そうね。まぁ、明日の帰るまでには何とかなると思うわよ。明日は、全員で山頂行きたいわね。」
山頂か。今日の午前に多少は滑ったけど、山頂までは僕もまだ行ってないな。最悪、ゆっくり滑れば
麓まで戻れるだろ。そんな事を思いながら部屋のドアを開ける。
「あ、お帰りなさい二人とも。もうすぐ準備できるよ。」
部屋の中は、どこから持ってきたのかクリスマスツリーが飾ってある。チカチカと電球がついたり消えたり。
雪に見立てた綿も飾られている。
「そうみたいだね。蒼姉ちゃんも三角帽子なんて被っちゃって。」
「あはは、こういうのは雰囲気も大事だからね。」
パーティー用の三角帽子を被って笑う蒼姉ちゃん。冒頭で言ったが、今日はクリスマスイブだ。
折角部屋も広いんだし、部屋でパーティーやろうか~とめぐ先輩が手配してくれていたようだ。
テーブルには七面鳥やケーキなど定番の食べ物。そして、シャンパン等も置かれている。
「あ、お帰りJUM君と真紅ちゃん。後は二人だけだったんだよ。それじゃあ、はじめよっか。」
めぐ先輩がそう言いながら僕と真紅姉ちゃんにクラッカーと三角帽子を渡す。僕は、とりあえず帽子を
頭に乗っける。そしてクラッカーを用意。
「よしよし。えー、大変お待たせしました。それでは、クリスマスパーティーをはじめちゃいま~す!!」
めぐ先輩が宣言する。同時に、その開幕を祝うようにクラッカーの破裂音が鳴り響く。
雪に囲まれた薄暗い部屋。その部屋を微かに照らす豆電球。そんな中で、聖夜を僕は迎えた。
END

|