※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

-地球圏
アムロ「ブライト、最近頻発に見慣れない機体が見られているみたいだが…」

ブライト「ああ、どうやら地球のテスラ・ライヒ研に新しい博士が招かれていてな、新しい機体のテストらしい」

アムロ「単独で大気圏内を行動出来る機体か…」

トーレス「その上、テストパイロットはべっぴんさんだそうですよ」

ブライト「トーレス…不謹慎だぞ」

-ピピピ…

サエグサ「艦長!この宙域に近づく所属不明艦隊を発見!」

ブライト「総員、大至急戦闘配備を!」

その頃…
-地球圏宙域

真紅「全く…宇宙に出て間もないのに敵に遭遇だなんて…」

雛苺「早く片づけて大福もらいに行くの~」

翠星石「ぐだぐだ言うなです! 早く倒しに行くですよ!」


-地球圏

アムロ「カミーユ、大丈夫か?」

カミーユ「大丈夫です。アムロさん」

ジュドー「どうやら、敵が現れたようだぞ!」

???「…」

???「…」

カミーユ「全く見たことがない機体だ…」

アムロ「確かに…だが、早めに片づけるぞ!」

ジュドー「早めに終わらせてやる!」

???「待つのだわ!」

ブライト「!?」

雛苺「こちらテスラ・ライヒ研テストパイロット、雛苺大尉なの」

翠星石「及ばずながら、援護させて貰うです!」

真紅「反論は認めないわ。さあ翠星石、雛苺、お父様が造ったローゼンメイデンの力を発揮させるのよ」


ブライト「こちらラー・カイラム艦長、ブライト・ノア
そちらの援護要請を感謝する」

真紅「こちらこそ、感謝するのだわ」

雛苺「あの機体…」

翠星石「なんですか? 雛苺」

雛苺「何だか見たことがあるような気がするの~」

真紅「それよりも、まずは敵を倒すのだわ」

アムロ「あれがテスラ・ライヒ研で開発された、ローゼンメイデンか…」

カミーユ「テストパイロットはテスラ・ライヒ研に招かれたローゼン博士の娘さんだそうですが…」

ジュドー「な、娘さんが3人もいるのかよ!?」

カミーユ「正確には8人らしいが」

アムロ「おしゃべりするより、まずは敵を倒すぞ!」


-戦闘中

真紅「く…なんて数なの…」

アムロ「これでは幾ら倒してもキリが無いぞ!」

ブライト「各機、ラー・カイラムの進路上から退避せよ!」

ジュドー「ブライトさん、何をする気だ?」

雛苺「とりあえず、逃げた方が良いなの」

ブライト「メガ粒子砲、発射!」

-チュドーン

カミーユ「粗方片づいたか…」

翠星石「いや…まだみたいです!」

雛苺「!! 真紅、翠星石」

真紅「どうしたの?」

雛苺「この宙域に近づいてくる機体を発見したなの」

翠星石「!? 敵の増援ですか?」

雛苺「ワープアウトする事しかわからないの」


トーレス「!?所属不明機体…ワープアウトします!」

ブライト「敵の増援か?」

サエグサ「ワープアウト!」


??「…ここは…?」

-ピピピ…

ブライト「こちらラー・カイラム艦長、ブライト・ノア」

??「ラー・カイラム…? もしや此処は地球圏か?」

ブライト「そちらの所属と識別を言え」

??「私の名は…」

朔夜「七瀬朔夜中佐だ。所属は…無い」

ブライト「七瀬中佐か…」

トーレス「出ました。七瀬朔夜中佐…ネオ・ジオン軍所属でしたが、3ヶ月前にテスト中の事故で死んでいる事になっています」


ブライト「死んでいる…だと?」

朔夜「詳しい事は後で話します」

朔夜「食らえ! ハイメガビームサーベル!」

-チュドーン

トーレス「相手戦艦…撃沈」

真紅「負けてられないのだわ」

翠星石「まだ使ったことがない武器だけれど、使ってみるです!」

雛苺「ハイパービームランチャー装備…」

翠星石「ハイパービームランチャー、発射です!」

-チュドーン チュドーン チュドーン

アムロ「俺たちも負けてられないぞ!フィン・ファンネル!」

カミーユ「ハイメガランチャー 発射!」

ジュドー「ハイメガキャノンだ!」

-チュドーン チュドーンチュドーンチュドーンチュドーンチュドーン


トーレス「敵反応、無くなりました」

真紅「どうやら、片づいたみたいね」

雛苺「なら地球に戻るの~」

翠星石「ブライト大佐、私達は地球に戻るです」

ブライト「そうか…気をつけて戻れよ」

朔夜「…ブライト大佐…私も、地球へ向かいたいのですが…」

ブライト「しかし、君は後で詳しい事情を話すと…」

朔夜「なら、ラー・カイラムを地球に降下させることは出来ますか?」

ブライト「!」

アムロ「ブライト、俺達はアルビオンと合流して、引き続き地球圏の防衛につく」

ブライト「しかしだがな…」

カミーユ「なら、俺がついていきます」


ブライト「カミーユ…」

カミーユ「もし彼がラー・カイラムを墜とす気でいるなら、俺が彼を倒すだけです」

ブライト「…解った…地球へ降下する事にしよう」

朔夜「有り難う御座います。とりあえず、テスラ・ライヒ研へ向かいましょう。彼処には私の知り合いが居るので…」

真紅「!? 貴方もテスラ・ライヒ研へ向かうの?」

朔夜「ええ、久し振りに友人にも会いたいですしね」

翠星石「…」

-ピピピ…

雛苺「テスラ・ライヒ研から通信が入ったなの
何でも、緊急事態だそうなの」

真紅「早く地球へ戻るのだわ!」


-地球 テスラ・ライヒ研

水銀燈「全く…何て数なのぉ…」

蒼星石「確かに…これじゃあ数に押し切られてしまうよ」

金糸雀「テスト中に敵と遭遇なんて、ツいてないかしら~」

水銀燈「勘弁してほしいわぁ…私の機体はリアル系なのよぉ…」

??「ターボスマッシャーパーンチ!」

-ドグァ

金糸雀「救援かしら~?」

甲児「全く…久し振りにテスラ・ライヒ研に来たら敵襲かよ…」

蒼星石「あの機体…マジンカイザー?」

甲児「おうよ、久し振りだな!」

金糸雀「やっぱり甲児かしら~」


蒼星石「甲児君…確かマジンカイザーは調整中じゃ…」

甲児「あ゛」

所属不明兵「やっちまえ!!」

-ガガガガガガガガガ

水銀燈「とりあえず早く甲児は離脱なさい」

金糸雀「私達で持ちこたえてみせるかしら~」

??「その間、俺たちも加勢するぞ!」

??「ゲッタービィィィィィムッ!」

-チュドーン

水銀燈「ゲッタービームって事は…」

蒼星石「ゲッターチーム!」

リョウ「その通りだ。加勢するぞ!」


所属不明兵長「…ハッ、了解しました」


金糸雀「所属不明機体、後退していくかしら~」

水銀燈「とりあえず、助かったって事かしらねぇ…」

蒼星石「とりあえず…はね…」

リョウ「まずはテスラ・ライヒ研に戻ろう。話はそれからだ」

水銀燈「そうねぇ…」


-テスラ・ライヒ研 ブリーフィングルーム

ローゼン「いやぁ~、派手にやってくれたねぇ」

エンジュ「とりあえず無事でなによりだな」

白崎「お疲れ様です」

金糸雀「一体どういう事なのか、詳しく説明して欲しいかしら~」


白崎「はい、ですがその前に…」

-ガチャ

リョウ「ブライト艦長…」

ブライト「みんな、久し振りだな」

甲児「いつ地球に降りたんだ?」

カミーユ「今しがたですよ」

ベンケイ「カミーユ…お前も」

隼人「何故ラー・カイラムが地球に降りたんだ?」

朔夜「それに関しては私から説明させていただきます」

ローゼン「!!」

朔夜「ローゼン博士…お久しぶりです」

朔夜「では説明させていただきます…ラー・カイラムが地球に降りた理由…そして、この銀河の危機を…」




朔夜「ではお話いたします…この銀河に迫る危機について…
ですがその前に…死んだはずの私が何故生きているかを説明する必要があります」

朔夜「私は、とある事情によりネオ・ジオンに出向いていました。
まぁ色々あってあっちの軍人もしていたわけですが…
で、一ヶ月前…私は機体のテストをするために、ネオ・ジオン近くの宙域にいました」

ブライト「今君が乗っている機体だな?」


朔夜「ええ…
そこでテストをしている時、急に機体のエネルギーがおかしくなったのです…」

白崎「暴走したのか?」

朔夜「ああ、その宙域で大爆発が起こってしまい…
私は亜空間に飛ばされていました」


雛苺「亜空間に飛ばされてしまったの~?」

朔夜「ええ」

朔夜「そこで私はある機体と出会ったのです…」

エンジュ「ある機体?」

朔夜「その機体のパイロットはこう言いました
「私は銀河の因果を統べる者…因果律を整える為に…この世界の全ての生命を消し去る」と」

リョウ「銀河の因果を統べるだと?」

朔夜「どうやらパイロットはこの世界が気に入らないらしく、自分で作り替えようとしているみたいです…」

ローゼン「その機体について解ることはあるかね?」

朔夜「解ること…
確か根源…αρχη(アルケー)と言っていました」


朔夜「それで、戦闘中に私の機体だけ亜空間の外にほっぽり出されて今に至る訳です…」

翠星石「…」

水銀燈「…」

ブライト「七瀬中佐…」

朔夜「私は死人扱いなんで中佐は必要ありませんよ」

ブライト「とりあえず君が生きている理由は解った
そこで一度ラー・カイラムは宇宙に戻ろうと思う」

カミーユ「宇宙に? 何故戻るんです?」

ブライト「一度アルビオン隊と合流し、また地球に降りるからだ」

白崎「と…言うことは…」

ブライト「ああ、ロンド・ベル隊の復活だ」

ローゼン「じゃあこちらも、ローゼンメイデンの機体改造を大至急行い、宇宙にあがって欲しい」


金糸雀「今からかしら?」

ローゼン「とりあえず宇宙戦のフレームは完成している
宇宙に行く機体に装備すれば宇宙でも問題ないはずだ」

ロバート「ではこちらは陸戦部隊の編成を行いましょう」

ロバート「ゲッターチーム、マジンガーZ、そしてSRXチームは至急東京へ向かって欲しい」

エンジュ「地上戦なら蒼星石と翠星石、そこに金糸雀を付けよう」

白崎「なら宇宙はZガンダム…そこにゼンガー少佐達を…」

ローゼン「真紅、水銀燈、雛苺はそちらに配備しよう」

水銀燈「あら、薔薇水晶と雪華綺晶は?」

エンジュ「彼女達はまだ機体の調整が出来ていないからな、後で編入する事になる」


朔夜「白崎…私はどちらに入ればいい?」

白崎「君の機体は今調整中だ。調整が終了次第、合流する事になる」

ローゼン「それに君の機体に興味があるからね
君はとりあえずテスラ・ライヒ研に残って機体の調整をして欲しい」

朔夜「わかりました」


こうして翠星石、蒼星石、金糸雀は東京

真紅、水銀燈、雛苺は宇宙に向かうことになった…


続く


|