※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いつものようにすぐにケンカをして…

「まったく…使えない下僕なのだわ…」
「…おい、終いには怒るぞ…?」
「なに?下僕のくせに主人に反抗するの?」
「お前…いい加減にしろよ!?」
「何よ!?私が悪いっていうの!?下僕が主人に従うのは当然でしょ!?」

いつものように軽い口づけをして…

「ごめんなさい…私が悪かったのだわ…」
「…」
「…もう寝ましょ」
……ちゅっ
「…」

いつものように朝寝ぼけてみても…
「ん…ジュン…おはようなのだわ…」
「ジュン?どこにいるの?」


いつもと違う…貴方が私の傍にいない…?



あぁ…そうか、私は彼に捨てられたのか…
…当然と言えば当然よね。
彼の気持ちも考えずにいつもワガママばっかり…

「ううっ…ジュン…私が悪かったから…謝るから…素直な女の子になるから…帰ってきてぇ…」
女々しいヤツ…と思われるかもしれないけど、私はまだ彼を愛している…この想いは決して消えない
「お願いだから…私をもう一度愛して…」


貴方が部屋を出ていく気配はわかってた。
ただそのときはどこかに出かけるのだろうと思い、帰ってきた貴方を驚かそうと思って寝たフリをしていた。
何故あのとき寝たフリなんてしたんだろう…あのときに起きていたらもしかしたら…

「今なら…まだ間に合うかしら?」
そう思って携帯に手を伸ばし、かけ慣れたNo.000(メモリー)を押し掛けて………静かに指を止めた。


忘れたいから普通に振る舞う

「あら、水銀燈?久しぶりね」
「久しぶりぃ~…あらぁ?今日はジュンは一緒じゃないのぉ?」
「……私…ジュンに振られちゃった…」
「えっ…真紅…それホントぉ?」
「ホントよ…でも私は大丈夫。全然気にしてないわ。あ、じゃぁ仕事があるから…また今度ご飯でも食べましょ?じゃあね。」
「あ、真紅…」

忘れたいから貴方の写真も捨てる

「…(ぽいっ)」
「こうしてみたら…貴方との写真ばっかりだったのね…」

忘れたいから酔いつぶれてみる

「んぐっ……ぷはぁっ…すいません、もう一本欲しいのだわ…」
「真紅まだ飲むのぉ?そんなに飲んだら体壊しちゃうわよぉ…」
「大丈夫…これくらい水よ…」
「そんなこと言ってぇ…もう顔真っ赤じゃなぁい…」
「大丈夫って言ってるでしょ!?」
「真紅…」
「ご、ごめんなさいなのだわ…」
「……気にしないでぇ」


忘れたいのに…気付けば貴方のことばかり思いだす…

貴方は私の最初にできた恋人だった…いっぱい笑いあって、いっぱい泣いて、いっぱいキスして、いっぱいケンカして……もうあの頃には戻れないの…?
ねぇ…応えてよ…

"考えない"と思うことは"考える"と同じコト…
貴方を失って今気づいたわ…私は自分で思ってた以上に脆く、儚い人間だったのね…
「今なら…まだ間に合うかしら?」
そう思って貴方の帰り道を探しかけて、ため息で目を伏せた…


「真紅…ホントに行っちゃうのぉ?」
「えぇ…ごめんね水銀燈…いっぱい迷惑かけて…」
「何言ってるのぉ。私たちは友達でしょぉ?」
「…ありがとうなのだわ」

貴方と二人で過ごしたこの街は、どこにでも貴方が溢れてる。
貴方と一緒にご飯を食べたレストラン、貴方と一緒に買い物をしたブティック、貴方と初めてキスをした公園……
この街にいると貴方のことをまた思い出してしまう…辛すぎるから、私は今日この街を出ていく…肌寒い朝を待たずに。
「今ならまだ…」
なんて言葉は結局最後まで言えなかったわね…

さよなら…大好きな人…

|