※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




ジ「おーい金糸雀ー」
金「何かし?ジュン」

ジ「? いや、あのな金糸雀」
金「何かし?」

ジ「……」
金「どうしたのかし?」


ジ「あああぁぁぁ! 何か気になるんだよぉぉぉぉ! 何で『ら』だけ言わないんだぁぁぁ! 『ら抜き』言葉だってか若者ぶってんじゃねぇその上意味違うんだよぉぉぉぉ!

 そーかデコか! デコに書いてやるぞこのヤロオォォォ!!」

キュッキュッ(『ら』って達筆に書く)
金「何するかしらー!額に肉とか書かれるよかある意味屈辱かしら―――」
ジ「黙れデコ助ぇぇぇぇ!心配しなくても水性だからすぐ取れるんだよぉぉぉ!!」
金「あら、そうなのかしらー」

キュッキュッ(拭く)

ジ「……」金「……」

金「何かし?」

ジ「ああああああああ!!!」

このパターンを八回繰り返したのちに金糸雀の額が擦りきれて泣いてしまったので傷薬塗ってあげて仲直りして終了






ジ「金糸雀、そろそろご飯…おっ、今日は赤飯かあ。なんかいいことあったのか?」
金「ジュンったら、忘れてるなんてショックかしらー! 今日は付き合ってから一ヶ月かしら!」

ジ「そ、そうか…ごめん金糸雀。じゃあどっか二人で遊びに行けば良かったな…」
金「構わないかしら、ジュン。こうやって一緒に居られれば、カナは幸せなんだから。さ、早く食べようかしら!」
ジ「…そうだな! ありがとう金糸雀。じゃ、いただきまーす」

ジ「……! ……」
金「おいしい?」

ジ「……」
金「……ジュン?」
カチャリ(箸を置く)


ジ「甘ええええええええ! 何で赤飯に砂糖入ってんだ金糸雀あああああ!」

金「な、何言ってるかしらー! 玉子焼きだってお赤飯だって甘いのが美味しいかしらー」
ジ「何言ってんだコラアアアアアア! 赤飯のスタンダードは塩なんだよコンビニの赤飯おにぎり食ったことねえのかあああああああ! そーかお前東北出身か! お前の砂糖好きを修正してやる! デコだな、デコに書いてやるぞコノヤロオオオオオ!!」

キュッキュッ(額に『塩』って達筆に書く)
金「ううっ、酷いかしらー……わかったわよ、作り直すからあ……」

(二時間後)
金「出来たかしらー」
ジ「……」
金「……ジュン?」

ジ「しょっぺええええええ! 加減を知らねえのかアアアアアア!!」

その後甘い赤飯もなかなかいけると判明し仲直りして食事終了
(※青森出身ですが赤飯に砂糖は実話です。関東出て驚いたよ保守)






金「ジュン、疲れてるかしら……そうだ、カナが癒しの曲を弾いてあげるかしら!」
ジ「……ありがとう、金糸雀。やっぱりお前はいい彼女だよ」

金「て、照れるかしら……ええと、ちょっと待っててね。楽譜は、……これっ」
金「じゃ、いくかしら!」

『♪キュッキュキュッキュ、キュゥ~~~~~♪』

ジ「! ……」

『♪キューキュ、キューキュ、キュッキュッキューキュキュ~~~♪

   ♪キュッキュッキューキューキューキュ、』
ジ「♪メッタールーオーバーマン、……ってキング●イナァァァァァァッ!!」

金「かしらー!? 楽譜間違えたかしらー」
ジ「そもそも何でキン●ゲイナーの楽譜持ってんだ丁寧に前奏から入りやがって金糸雀あああああ! 癒し所か興奮するだろがアアアアアア! ダンスか! ゲ●ナーダンスを踊りたいのか!? デコに書いてやるぞコノヤロオオォォォ!!」

キュッキュッ(額に『オーバーマン』って達筆に書く)

金「ひどいかしらー! カナは鉄超人じゃないかしらー」
ジ「黙れデコ助ええええ! 水性だから汗かいたら取れるだろがああああ! うおおお燃えてきたメタルフゥゥゥゥゥゥルッコォォトッ! おら行くぞ両手前出せえええ! キンッ! キンッ! キンッ●イナアアアアアアッ!!」


その後●イナーダンスの踊りすぎで両腕をつってしまったジュンは金糸雀にマッサージしてもらって二人仲良くぐっすり眠って終了






ジュンと金糸雀はゲームセンターにやってきたのでした。

金「あっ、UFOキャチャーかしらー」
ジ「ん、……!」
金「どうしたのかしら?……ジュン?」

ジ(落ち着け桜田ジュン!ここで叫ぶのは簡単だ……あのUFOキャッチャー台の中身について! 『何で玉子焼き型のぬいぐるみが入ってるんだ!ただの黄色い塊じゃねえかあああ!!』って……しかしこれは試されているんだ……そうさここは家じゃない……僕は僕自身のテンションを制御するッ!)

金「ジュン、あれやってみてもいいかしらー?」
ジ「ははは、僕がやるよ。任せて」

(プレイ開始)ウィィィィィィィィィ ガシッ
金「つ、掴んだかしら!」
ジ「ああ。だが本体(玉子焼き)がでかいからな。アームの力がもつかどうか…ってあれ? おーい玉子焼きがひしゃげてきてるぞっt」

ググググググググ ゴシャァァァァ(全壊 中綿放出)


ジ「なんでだあああああああああああああああ!!!」


金「玉子焼きが壊れてスクランブルエッグになっちゃったかしらー」
ジ「んな訳ねえだろこのデコ助お前それで上手いこと言ったつもりかああああああぁぁぁ!! UFOキャッチャーはアームの力が弱くて多少イラつく位がベストなんじゃねえのかあ! アームに握りこまれて圧壊ってどういう事態なんだよおォォォォ!!

 ! そーかあれか!ぬいぐるみの強度が弱いんだな!? 畜生そういうことか! この玉子焼きを作ったのは誰だ女将を呼べええええええ!! マエストロ直々に指導してくれるわああああああああ!!!」

その後女将(ゲーセンのフロアチーフ=バイトのみっちゃん)を呼び出し『裁縫とは何たるか?』をみっちり仕込んだ後に自らが玉子焼き型ぬいぐるみをプロデュース。多大な売り上げに貢献するも、その謝礼としては自分の作った巨大なそれをひとつだけ持って帰り家で枕にしつつ、二人仲良く並んで眠り良い夢を見て終了 UFOキャッチャーなんて難しすぎるよね保守






ジュンが風邪を引いてしまったようです。

ジ「こほっ、こほっ……くそう、最近急に冷え込んできてたからな……油断した」
金「だ、大丈夫……?」
ジ「ああ、暫くすれば治るだろ。それにしても、薬飲んでるのに全然効かないなあ」
金「カナにお任せかしら! ちょっと待ってて!」
ジ「お、おお? わかった」

(三十分後)
金「ただいまかしらー」
ジ「何処行ってたんだ?」


金「薬が効かないなら、民間療法を試してみるかしら! その準備をしてたの。昔の人は、今みたいな薬は無かったんだし、きっと大丈夫」


ジ「そうか、僕の為にわざわざ……ありがとう、金糸雀」
金「途中薔薇水晶に会ってね、色々と教えてくれたから参考にしてみたの。メモまで貰っちゃったかしら」
ジ「! そ、そうか……」


『――嫌な予感がするなあ……でもほら、僕も具合悪いしなあ。テンション上げると体力減るし云々(現在体温38.2℃)』



金「ええと、まずはこの長ネギ――」
ジ「あ、それ有名だよなあ。首に巻いて発汗作用を高めるn」

金「――を、後ろからブチ込む」


『はい無理でしたァ―――!! しかし僕は耐えるッ! 僕はテンションを制御するぞ……折角の金糸雀の心遣い――ある種薔薇水晶の作為を感じなくもないが――を無駄にする訳にはいかない! そうだ桜田ジュン、落ち着こう。お前ならやれる……ここはまず金糸雀を優しくたしなめるところから始めるんだッ! (思考時間0.55秒)(体温+0.8℃修正)』


ジ「とりあえず、僕の身体(の一部)が更に酷いことになりそうだから、それは勘弁してほしいかな、金糸雀。ただでさえそういう(卑猥な)同人誌のアップロードを希望する人も後をたたないんだ。何言ってるんだ僕? えっと、もっと別な方法は書いてないの?」



金「それは残念かしら。あ、もう一つあるわ。これは効きそうかしら、玉子酒!」
ジ「! いいね、それ! よし、それでいこう。お願いしてもいいかな」
金「お任せかしらー!」


『そうか……ふう、まあ玉子酒なら大丈夫だろう。玉子料理は得意だしなあ。薔薇水晶もなんだかんだで気を遣ってくれたんだな。


 ――それにしても――何、大丈夫だ。万が一仕掛けがあったとしても、それをあらかじめ予想してさえいればダメージは少ない。


 そうだな。「玉子酒なのにマジで酒の中に玉子焼きが入ってましたァ――!」位を想定しておけばいいか。食べられるし。まずそうだけど。


 フフ、パーフェクトだよ桜田ジュン――ああ――もう僕(の頭)はもう駄目だ―――(ただ今の体温40.2℃)』



金「お待たせしたかしら、ジュン! ささ、一気にどうぞ」

ジ「おっ、熱燗かあ。ジョッキに入ってるのが大胆だな、うんうん! それにしても玉子酒なのに全く酒が濁ってないというかこの色はむしろ清酒そのものの透明色でコップの中にごろごろと浮かんでいる白い物体がまた造詣が深いっていうかむしろゆで卵だこれェ――――!?」

金「半熟塩茹でがいいって聞いたかしらー」
ジ「黙れええええええええ! 『学校給食の殻付きゆで卵はどうして黄身に最初から塩味がついてるんだろう?』とかいう疑問はここで解決しなくてもいいんだよおおォォォォ! !? そーか丸呑みか! 蛇の如くッ! こいつを丸呑んでいけば風邪もぶっとぶって魂胆かマエストロに不可能はないんだよってウボアァァア―――」

金「ジュン! どうしたかしら!? ジュン、ジュ―――ン!」


 計四つのゆで卵を二個までは飲み込んだもののやはり喉に詰まらせてしまったので金糸雀渾身のハイムリック法(※注素人判断で行うと大変危険です、喉に異物が詰まったら速やかに救急車を呼んでください)により事なきを得たジュンは何時の間にか変な汗で体温が平熱まで戻った為、ちみちみと残った日本酒を二人で飲むことにして終了
 皆風邪には気をつけようね保守


(番外)
薔「ジュン、大丈夫かな……」
雪「ばらしーちゃん、どうしたんですの?」
薔「ジュンが風邪引いたみたいなんだけど……大丈夫。私が教えた方法を金糸雀に教えといたから、きっと今頃ギンギンだよ……」
雪「あらあら、それは良いことをしましたわね。ふふふ」
薔「えへへ……」

 風邪の治療と精力増強を一緒にしてはいけないよ! 先生との約束だぞ!






ジ「さて……大掃除も終わったし。金糸雀、お疲れ。今日は珍しく失敗しなかったな」
金「珍しく、が余計かしら。カナだってちゃんと掃除くらい出来るわよ!」


ジ「悪い悪い。さて、あとは身体の汚れも落として……と。金糸雀、先に風呂入ってこいよ」
金「カ、カナは後でいいかしら! ジュンが先に入ってて?」
ジ「ん? わかった。じゃあお先に」


―お風呂場―

ジ(ふー……やっぱり風呂は落ち着くなあ。今年ももうすぐ終わりだと思うと感慨深いものがあるな。師走は色々忙しいって言うけど、この分なら後は落ち着いて過ごせそうだし。うん、いいことだ。

 金糸雀と同棲してからもう一年近くなるのか……色々あったなあ。僕の血圧の平均値も随分上がっちゃったしなあ。しょうがないというべきなのか、ここは。

 それにしても、金糸雀の様子、ちょっとおかしかったな。いつもは我先に『一番風呂はいただきかしらー!』とか言いながら風呂場へ直行するのに。

 ! まさか……僕が入っている最中に『ジュン、一緒に入ろう?』とか頬を染めながらこの場に入ってくるとかいやいやいやいやいや無いか。キャラじゃないしなうんそうだ。おっと……この思考はC∞Lじゃなかったな……ふふ、おいおい桜田ジュン。僕はテンションを制御するのに定評のある桜田ジュンじゃないか。この程度の妄想で僕の理性は乱されないぞ。『定評のある』? そうじゃない僕が居るのか。ああそうだきっとこの世界には僕以外の僕が居て様々な取り柄を持つ存在がいっぱいいるのかな。パラーレルワァールドー! 何考えてんだ僕。頭おかしいぞ。落ち着け。

 金糸雀と暮らし始めてから思考のクロックアップが得意になっちゃったなあふふふふふふふ)

―湯船に浮かぶあひるを弄びながらこの間の思考時間0.338秒―

コンコン(控えめなノックの音)
金「ジュ、ジュン? えっと……一緒にお風呂入っても、いいかしら……?」

ジ(妄想具現化きたあああああぁぁぁぁぁぁ! 落ち着け桜田ジュン! こんな時は男の余裕ってやつを見せ付ければいいってばっちゃが言ってた! 嘘だッ!! C∞Lな呼吸をして、すー、はー)

ジ「ああ、別に構わないぞ」
金「お、お邪魔しますかしらー……」

ジ「! ……」
金「えへへ……ちゃんと水着を着てみたかしら。今更だけど、お風呂場だと何か恥ずかしいし……」
ジ「……」
金「ジュン?」


ジ「そのスク水の色は何だああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああ!!」
金「え? 白だけど」

ジ「そんなのは見りゃわかるんだよォォォォォォ! いいかよく聞けデコ助ェ! スク水界に燦然と輝く色は紺ッ! 紺の一択であることに何故気付かないんだ! 白が邪道とは言わん! むしろいい最高だ! しかしその色はファンタジー、ファンタジーなんだよ! 幻想は幻想のままにしておくのがベストなのであって実現しちゃいけない代物なんだッ!」

金「それは知らなかったかしらー」
ジ「話は最後まで聞けぇぇぇぇぇ!! お前のしていることはスク水界に新たなるハルマゲドンを起こすかもしれないことを自覚するんだ! 『白VS紺』の論争で第五次スク水大戦が引き起こされるんだよ! な、何だって――――!? AA略! 何言ってるんだ僕! つまり僕が言いたいのは眼の前に現れた幻想に耐えられないってことだyウボァァァアアァァ――――」

金「ジュン!? しっかり、しっかりするかしらー!」


 この後大量に噴出した鼻血で血染めになった風呂場をお湯で洗い流したあと、とりもあえず落ち着いてから湯船に浮かべたあひるで和やかに二人で遊びながら終了 お風呂で頭洗ってる最中に鼻血が知らない間に流れてると鏡見たとき本気で驚くよね保守 C∞Lジュンにリスペクトを込めつつ 皆様良いお年を

|