※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕は止まない雨の中を一人行くあてもなく歩いている。
傷ついた心に雨が染みて、知らず知らずのうちに涙が溢れてくる…
肌に絡みついてくる凍りのざわめきを殺し続けて、僕はいつまでもこの雨の中をさまよう。

…君から貰った愛を忘れることができるまで…

眠りはまさに麻薬のよう。途方に暮れた心を静かに優しく溶かしてくれるから。
捨てきれなかった彼への愛を空へ踊らせ、冷えて震える体を記憶の中の薔薇で包み、僕は眠りにつく…
止まない雨よ…僕の心の傷に降り続いてくれないかい…?
それで悲しみを全て忘れさせてくれ…そうでもないと…僕は壊れてしまいそうだから。


「蒼…石…僕…は…君…愛して…」
「ジ……く…」

君と過ごした楽しかった日々がゆっくり僕の記憶から消えていく…
ヤだ…やっぱり忘れたくないよ…

「…蒼星石」
「ジュン君!?」
僕の目の前には大好きだった君が笑顔で立っていた。
…たまらず君のもとへ走りより、抱きしめようとする。

しかし…それは叶わなかった。

僕が君を抱きしめようとすると、君は僕の目の前で消えてしまった。
……そうか…これは幻か…君はもういないんだ…もう僕を抱きしめてくれないんだ…


「ん…夢か……」
イヤな夢だ…君のことを忘れようと昨日雨にあたったのに…思い出しちゃったじゃないか…
「ぐすっ…ジュンくぅん…やっぱり…えぐっ…君がいないと…僕はダメだよ…帰ってきてよぉ…」
シーツを抱きしめ、声にならない言葉を繰り返してみても、もちろん君は帰って来ない。
そんなこと…そんなことわかってるハズなのに……

ふと外を見る。
昨日から降っていた雨はまだ止まない。
普段なら雨なんて大嫌いなのに、今は何故か心地よく感じる。


「この雨と一緒に…思い出も流れてしまえばいいのに…」
もう戻ってこない君のことを思い出しても辛いだけ……
でも…完全に忘れてしまうのは…怖い。
矛盾してるってのはわかってる。でも…やっぱりまだ僕は君のことが好きみたいだから…

ジュン君…もう一度僕を君の傍にいさせてよ…もう一度君の優しい心に触れたいよ…


傷つけあった言葉も、重ねた涙も…いつかは思い出になる。
だから…僕は君と別れた日に途切れてしまったメロディを胸に抱きしめて、明日も生きる。
もう…君に会えなくても。

僕は歌う…君と二人でよく歌ったあの歌を…
隣にはもう君はいないけど…僕は君のために歌うよ。
だって…まだ僕は君のことを愛しているから。

僕の思い出の中にはまだ君がいて…優しく僕を受け止めてくれている。
傷つくだけかもしれかいけど、僕の心を君に伝えたいんだ。

だから…一人にしないでよぉ…

|