※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ジュン、紅茶を煎れなさい」
「はいはい、葉は何かな?」
「アールグレイ」
「承知しました、ってね」


えらそうに紅茶を注文し

てくる真紅。
だが僕はそれが嫌ではなく、慣れた手つきでお湯を沸かし煎れる葉の準備をする。
一体今までに何回煎れてるんだろうな。
暫くするとお湯が沸騰するので僕はそれを止める。
そして茶を煎れる。
カップに煎れた後、上から蓋をして蒸す。


「偉いわ、ちゃんとおいしい煎れ方をしてるじゃない」
「そりゃお前に何回も煎れさせられてたらな」


僕が自分の為に紅茶を煎れることはまずない。
煎れるとしたら何時もえらそうな真紅の為だけに。


「はい、どうぞ」
「ありがとう」


蓋を外し、香りが漂う紅茶を渡す。




そして何時ものようにカップに口をつけて飲み始める。
うーん、優雅だなぁ。


「おいしいわ」
「そりゃどうも」


そう言って静かにまた飲み始める。
結構熱いのによくそんなにすいすい飲める。
猫舌という言葉が似合わないな。


「ご馳走様」


暫くして飲み終わりカップをテーブルに置く。
そして椅子を立ち僕の横の椅子へと来る。


「ん?どうしたんだ?」
「あなた寒いでしょう?
 紅茶で私は暖まったからぬくめてあげるわ」


そして真紅は僕にもたれかかる。
うん、確かに体が火照っていて暖かい。




「素直に甘えたけりゃ黙ってもたれかかればいいのにな」
「な、何を……私は暖めてあげたいだけ」
「はいはい」


真紅の顔を撫でる。
紅茶を飲んだせいもあってか顔が赤くなってる。
可愛い奴。


「やっぱり気が変わったわ、抱っこして」
「はい、お嬢様」


僕は真紅の膝の裏側に手を回して
何時ものようにお姫様抱っこの形になるように抱っこする。
そして立つ。軽いので余裕だ。


「いい紅葉ね」
「ああ、もうすぐ季節も終わりそうだけどな」
「その時はその時で冬が来るのだわ」
「そして寒いからまた紅茶か?」
「ええ、そうよ」
「はは……ワンパターンだな」
「けど悪くないでしょう?」
「ああ、悪くない。ずっとそうしたい」




「あ」


紅葉がちょうど真紅の手のひらに落ちてくる。


「真っ赤だな」
「ええ」
「そうだ」


僕はそう言って真紅の手から紅葉を取って髪の毛にさす。
うーん、こんな事しても似合うな。


「な、何をやってるの?」
「いいじゃない、可愛いよ?」
「……もう、もう少しだけそうしてあげるわ」
「そりゃ嬉しい」




季節の紅葉を頭にさしたえらそうな貴方とのひと時

|