※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀『JUM~何読んでるのぉ?』
J『ん~?小説』
翠『そんなのは解ってるですぅ!!何の小説か聞いてるんです!!このボンクラチビ人間』
蒼『姉さん、口が悪すぎるよ・・・』
薔『・・・官能小説』
J『ねーよw 騎士と魔女の話さ』
蒼・翠・薔『魔女・・・』
銀『な、何よ!!その目は!!そ、それよりどんな内容なのよぉ!!』
J『騎士が一人の魔女に恋をして、その魔女を救う為に旅に出るんだ』
蒼・翠・薔(!!!!????)

薔『そんな伏線・・・認めんぞぉおおおおお!!』

   翌日
J『で?何で今日は三人とも黒い服なんだ?(まさかとは思うが・・・)』
翠『べ、別に翠星石はJUMだけの魔女になりたいとかそんな事思っちゃいねーです!!』
薔(うはwツンデレktkrwww)
J(やっぱりか・・・薔薇水晶と翠星石はともかく・・・蒼星石まで・・・)
薔『と言う事で旅に   出    な   い   か   ?』
J『だが断る、そもそも今日は平日だろうが!!』

薔『ちっ・・・』
J(こいつら全然読んでないんだな・・・)
銀『JUM~おはよ~』
J『あぁ・・・おはy・・・!?』
蒼・翠・薔(!!!????)
銀『今日はちょっと趣向を変えて白を主体にしてみたんだけどぉ、似合うかしらぁ?』
J『え、あ・・・うん』

 昼休みかしら~
銀『ねぇねぇJUM~!!屋上に行くわよぉ~!!』
J『あ、あぁ・・・』
蒼・翠・薔『(#^ω^)・・・』
ベ『ゴスロリチックな蒼嬢モエスww』
笹『じゃあ僕は翠嬢でハァハァするよ!!』
雪(ばらしーちゃんハァハァ・・・)

屋上なのだわ
J『水銀燈・・・もしかしてあの小説読んだのか?』
銀『そうよぉ・・・帰りにブック○フで売ってから買ってみたわぁ』
J『最後まで?』
銀『そうよぉ、最後に魔女は白き女神となって騎士と共に幸せに暮らしました・・・でしょぉ?』
J『そうか、似合ってるよ』
銀『////・・・JUM・・・良かったら』

いつの日かあなたと一緒に幾つもの丘を越える冒険をし・・・。
あなただけの白い女神にしてください・・・。


BGM: NightWish 「Over the Hills and Far Away 」


真『ねぇ金糸雀』
金『何かしら~真紅?』
真『私の出番が無いのだわ!!』
金『し、知らないかしら!!』
薔・蒼・翠・真『認めんぞおおおおお!!このような結末はあああああ!!』

JUMの受難はまだまだ続きそうです、それはまた別のお話

|