※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日曜デート

翠「ジュンの奴遅いですね~#」
10時待ち合わせなのに時計は10時15分を指していた、ちなみに翠星石は遠足前の幼稚園児みたく楽しみで貫徹、そして9時にはもうここに来ていただから実質一時間十五分待ったことになる
翠「遅い~ですぅ#寝坊でもしたですかぁ?」
ジ「悪い悪いw寝坊しちゃったw」
この馬鹿丸出しな眼鏡は翠星石の彼氏でジュンという、彼は寝坊癖があるらしく時間を守ったことがない
翠「まぁいいですw待つのも楽しみの一つです♪」
ジ「悪い悪い、お詫びになんか奢るよ」
翠「当然です!う~んと高いもの奢ってもらうですぅ!翠星石を一時間十五分も待たせた罰ですぅ」
ジ「え?待ち合わせ十時だったよな?一時間も早く来てたのかΣ」
翠「え、い、いやそれは・・・・ですぅ(///)」
ジ「そんなに僕と遊ぶのが楽しみだったのかw」
翠「そ、そんなんじゃねぇですけど・・・・(///)」
ジ「違うの?(´・ω・`)」ションボル
翠「凄く楽しみだったですぅ(///)」
ジ「ああ!もう可愛いな翠星石は!」ダキ
翠「や、やめるですぅ周りがみてるです、恥ずかしいですぅ(///)」ジ「なぁに?嫌なの翠星石は・・・」
翠「嫌じゃないですけどぉ~(///)」
ジ「嫌じゃないならいいやwついでに」チュ
翠「(///)」
翠「ぷはっ(///)」時計が目にはいる
翠「あっ!そろそろ映画がはじまっちまうですぅ急ぐです(///)」
ジ「マジか!?いそげ~!」

はいはい映画館映画館

翠「ふぅ~間に合ったです」
ジ「高校生二つ~」
店員「4000円になります」
二人が見るのは左為連というふじわらのさいが碁打ちにとりついて呪い殺しちまうというホラーだ
翠「あ、急がないとはじまっちまうです」とせかす翠星石
ジ「あんまり焦るとこけるぞ・・・あっこけた・・大丈夫か?」と抱き起こすジュン
翠「大丈夫です、ほれさっさといくです」

じーーーー

翠「ブルブル・・・」今にも泣きそうな顔
ジ「苦手なら行こうとかいうなよw今ならドールティカもやってるのに」
翠「だって見たかったんだも・・ひぃ~(><)ジュン~」抱きつきジ「(うひっw)しょうがないな~終わるまでこうしててやるよ」
翠「あ、ありがとですぅ(///)」
ジ「(やっぱかわええや)(///)」

映画終了

翠「(ジュンが気になって内容まったく覚えてないです)(///)」
ジ「翠星石が可愛すぎてないようまったくわかんなかったw」
翠「(///)ボッ」ぐ~
翠「お、お腹すいたですぅなんか食いにいくです」
ジ「そうだな、なにくいたい?」
翠「う~ん・・・ハンバーグがいいです!」
ジ「ハンバーグか、んじゃあの店だな」

レストラン「槐」

翠「花丸ハンバーグのセットを一つ」
ジ「んじゃ僕はこのラプラスの姿焼きというのを一つ」
白崎「はい、花丸ハンバーグとラプラスの姿焼きですね、少々お待ちください」
ラ「また食われるのか・・・」

18分後

ウェイた-「お待たせしましたこちら花丸ハンバーグのセットになります」
翠「はいです」
ウ「こちらラプラスの姿焼きになります」
ジ「で、でかいな」
翠「美味しそうですぅ、いっただきますです」ムシャムシャ
翠「こいつは中々見所があるですね」モグモグ
ジ「翠星石ホッペにケチャップがついてるぞ」と翠星石のホッペからケッチャップを直に舐めとる
翠「な、なにするですか・・(///)」
ジ「いや何って翠星石のホッペからケッチャップを取り除いただけだぞ?」
翠「だからなんで」
ジ「翠星石を舐めたくなったからw」
翠「翠星石は舐めるものじゃねぇ~ですよ(///)ボッ」
なんだこんやで食べ終わった二人
翠「はぁ~お腹一杯ですぅ」
ジ「俺も」
翠「次は買い物にいくです」
ジ「んじゃいくぞ」

ショッピング街

ジ「なんか後ろから寒気が・・・」
翠「後ろですか?」後ろをみる二人
翠「蒼星石!?」
ジ「げぇ!蒼星石!?」蒼「ジュンく~んあれほど翠星石に手をだすなっていったよね?」ニタァ
蒼「お仕置きが必要かなぁ?^^^^^」
ジ「ちょwまて話せば~~~」
蒼「じゃあ話してご覧?^^^^」
ジュンは今日の事を飾りなく話した
蒼「ふぅ~ん、正直に話してくれて嬉しいよ^^^^」
ジ「じゃあ!」
蒼「それとこれとは話が違うよ^^^思いっ切り手を出してるし^^^^これはお仕置きが必要だねぇ」ニタァ
翠「止めるです!ジュンに手をだすなです!!」
蒼「姉さん僕に逆らっていいのかな~?この間の続きするぅ?」
翠「ひぃ~」翠星石はパニックを起こしている
蒼「じゃあこっちに^^^」ズルズルと路地裏に引きづられて行くジュン
ジ「助けてくれぇ~翠星石!?」翠星石は座り込んで頭を抱えてガクガク震えている
蒼「諦めなさい♪」
ジ「ぎゃああああああ」


その後ジュンを見たものはいない・・・翠星石はというと蒼星石の従順なペットになってしまったらしい

fin
|