※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ローゼン家の人々

<episode-08 薔薇水晶 ~baarasuisyou~>

最後は薔薇水晶だ。
彼女は僕と同じ養子だ。何を考えてるか解らない神出鬼没の不思議っ娘だ。
そんな彼女にはこんなエピソードがあったりする。

「ジュン…ついて…きて」
「えっどこに?」
「お買い物…」
「わかったよ、いこうか。」
公用車をタクシー代わりに僕らは出発した。
まずカジュアルな服を扱う店にいく。
僕らは普段から高い服を着てるわけじゃないからね。
「何を買うの?」
「パジャマ…どんなのだったら…襲ってくれる?」
「冗談言ってなくてはやく選ぼう。」
「ジュンの…いけず」
「たく、嫁入り前の女の子の言う言葉か?それ。」
「大丈夫…ジュンが…貰ってくれればいい」
これだから…
そんなこんなで選んでいると店員さんがくる。
「いらっしゃいませ、恋人さんですか?お似合いですね。」
いえ、兄妹です。っと言おうと思ったら薔薇姉ちゃんが
「はい…」
って言った。まあいいか
「本日は何をお探しでしょうか?」
「パジャマを…買いに…」
「そうでしたか、それならこちらなんか…」
しばらくかかった末にようやく店をでる。結構可愛いパジャマを選んだみたいだ。
っと昼飯の時
間帯だな。
「薔薇姉ちゃん、何食べたい?」
「ジュンに…食べられたい…」
無視する
「…シュウマイ」
「じゃあそこの中華飯店にするか。」
食事をして次は高級洋服店にいく。パーティー用にドレスを新調しなくちゃならない。
そこでオーダーメイドを頼む。
店員さんが寸法を測っているのを見ながら意外に細いんだな~って思っていた。
採寸が終わって薔薇姉ちゃんが
「じっと…私を視姦するなんて…ジュンやっぱり…」
「いや、その…」
これだから
その夜、薔薇姉ちゃんが今日買ったパジャマで部屋に入ってくる。
「ジュン…襲っても…いいよ…」
やれやれ
fin.

|