※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「一つ屋根の下 第八十六話 JUMとバス」



「ちょっとぉ、誰よスペードの4止めてるのぉ~。」
「さぁ、誰だろうね。水銀燈が私にキスしてくれたら出してあげてもいいかもよ?」
席の近くからワイワイ声が聞こえる。ここはめぐ先輩の家のバスの中。そして、バスはスキー場へ向かって
夜間運行中だ。元気な事に、すでに12時近いというのに姉ちゃん達やめぐ先輩、柏葉はトランプを興じて
いた。若干眠い僕は早く寝たいけど、騒がしくて寝れない。それに、この面子の前で一番初めに寝るのは
いささか危険な行為な気がした。
「JUM君は一緒に遊ばないのかな?」
僕が窓から外を見てると、ギシッと横の席から音がすると共に、蒼姉ちゃんの声がした。スキー場ってのは
山の中に多いせいか、今僕が見てる景色は、街のように明かりはあまり点いていない。
「ん?僕はちょっと眠いしね。遊んでてもいつの間にか寝ちゃってそうだし。蒼姉ちゃんこそ。」
「あはは、僕は早く負けちゃったからね。端の数字ばっかりで真ん中の数字がなかったんだよ。」
なるほど、7並べでそれは後半に入れれば強いだろうケド、序盤は間違いなく弱い。下手したら、あっと言う間に
パスを積み重ねて終了だろう。
「ははっ、そうなんだ。そういえば、蒼姉ちゃんって冬になると翠姉ちゃんとかとスキー行ってるみたいだけど、
やっぱり滑るの上手だったりする?」
「どうかなぁ。スキーは最近はあまりしないかな。僕と翠星石はボードばかりだからね。あ、でも多少は教えて
あげれるよ。でも、JUM君も小さい頃は一緒に滑ってなかったっけ?」
小さい頃。つまり、父さんがまだ家に居た頃はよくスキーに行っていた覚えはある。でも、父さんが海外での
仕事が多くなると、僕はわざわざスキー場には行かなかった。



「うん、よく家族で行ってたね。でも、父さんが海外行ってからは全然だからね。」
「それなら大丈夫だよ。勘を取り戻せばきっとすぐだからさ。一緒に滑ろうよ、JUM君。」
蒼姉ちゃんがニッコリ笑う。果たして、蒼姉ちゃんに着いて行けるかは怪しいんだけどね。
「あー、面白かった。水銀燈で遊ぶのはこれだからやめられないなぁ。」
僕が蒼姉ちゃんと話していると、めぐ先輩が満足そうに毛布を持ってやって来た。
「あれ、めぐ先輩も負けたんですか?」
「うん、水銀燈のカード止めてたら負けちゃった♪でも、いいんだ。水銀燈が可愛かったから♪あ、JUM君と
蒼ちゃん、これ寝るときの毛布ね。バスの中は暖房入れてるけど寒いだろうから。」
めぐ先輩はそう言って、僕と蒼姉ちゃんに毛布を渡してくれる。確かに、これいあから行くところはスキー場だ。
気温だって相当に低いだろう。着いてからも暖房入れっぱなしって訳にもいかないだろうし、毛布が
なかったら凍えてしまいそうだ。
「有難う、めぐ先輩。そういえば、何時ごろ着くんですか?」
「そうだね、朝の5時頃にしか着かないかな。で、8時くらいまではバスの中で寝てて貰う予定だよ。」
着くまでにもまだ5時間以上ある。案外早く着くなら、ホテルで寝させてもらおうと思っていたが、どうやら
そうもいかないようだ。そう思うと、何だか急に眠気が襲ってくる。
「くぁ……ふぁ…そういう事なら僕は一足先に寝させてもらおうかな。」
「あら?寝ちゃっていいのかなぁ~?JUM君の額に肉って書いちゃおうかなぁ~?」
めぐ先輩が悪戯っ子のようにニヤニヤしてる。せめて、書くなら水性ペンにして下さいね。
「ふふっ、嘘嘘。ゆっくり寝てていいよ。ちゃんと起こしてあげるから。それじゃあね!」
めぐ先輩はそう言って、再び遊びに行く。
「じゃあ、僕もさっきから翠星石が呼んでるし行くね。おやすみ、JUM君。」
「うん、おやすみ蒼姉ちゃん。」
僕はそれだけ言うと、眼鏡を外して傍らに置く。そして、目を瞑るとそのまま意識を落とした。



「……M……なさい……JUM……起きなさいJUM!!」
体をガクガク揺さぶられる。そういえば、誰か呼んでる気がする。そして、僕は意識を覚醒させた。
「ようやく起きたのね。全く、本当に使えない下僕だこと……」
バスの中は暗い。というか、バスはまだゴトゴト言いながら走っている。何だ、まだ着いてないのか?
「ふぁ……何だよ真紅姉ちゃん……僕は眠い……」
「べ、べつに……ただ私は貴方が、その…暗くて一人で寝れないと思って…」
真紅姉ちゃんがボソボソと小さな声で言う。ああ、そういう事ですか。
「えーっと?つまり、寝てはいたけど起きちゃったと?」
真紅姉ちゃんがコクリと頷く。
「で?起きちゃったはいいけど、暗いのが怖くて寝られないって事?」
「な、なに馬鹿な事言ってるの!?私が暗闇が怖くて一人で眠れない子供だと言うの?」
いや、実際そうなんじゃないんですか?まぁ、言わないけど。
「じゃあ、いいじゃん。僕は一人で問題ないから。おやすみ真紅姉ちゃん。」
僕は再び毛布に包まって眠ろうとする。が、その毛布を真紅姉ちゃんに剥ぎ取られる。
「寒いんだけど……」
いや、暖房効いてても寒いぜ。これは毛布なかったら風邪引いていたかもなぁ。
「ふぅ……もういいわ。JUM、抱っこしなさい。そうしたら毛布返してあげるわ。」
おっと、人質を取りました。全く、翠姉ちゃんもそうだけど、どうしてこう素直じゃないのか。一度やってみるか?
「はいはい…じゃあ、真紅姉ちゃんこっち来て。べ、別に勘違いするなよな。僕は毛布が欲しいだけだからな。」
「何翠星石みたいな事言ってるの?」
「ははっ、何となく言ってみただけだよ。」
そう、あくまで何となく。僕は真紅姉ちゃんを抱っこすると、再び毛布に身を包んだ。



「暑い……」
真紅姉ちゃんと密着して、さらに毛布を被ってるせいかさっきまでより遥かに暑かった。
「そう?私はそうでもないわ。」
真紅姉ちゃんがサラリと言う。暗闇の中でも分かる金色の髪が綺麗だ。
「これさ、別に抱っこしたまま寝るのはいいんだけどさ……朝、姉ちゃん達に見られたらマズイんじゃない?」
「問題ないわ。だって、貴方は私の下僕でしょう?貴方が私を抱っこしたいと言った事にしておくわ。」
相変わらず無茶苦茶なお人だ。いつの間にか僕が真紅姉ちゃんを抱っこしたいから、抱っこしてるって事に
されている。まぁ、真紅姉ちゃんらしいっちゃらしいけどね。
「……JUM、少し寒いわ。もっと抱きしめなさい。」
「は?僕は暑いくらいなんだけど……」
「口答えする気?貴方は私が抱きしめろと言ってるのだから、そうすればいいのよ。」
イエス、マスター。そもそも真紅姉ちゃんに逆らっても無駄なのはこの10年でよく分かってるはずだ。
僕は、言われるままに真紅姉ちゃんを強く抱きしめた。小さな細い体を包み込む。
「んっ…いい子ね、JUM。聞き分けのいい子は……好きよ。」
何故か『好きよ』という言葉に僕はドキドキしてしまう。暑さのせいか、顔も随分熱い。
「ま、まぁ…真紅姉ちゃんに逆らっても無駄だしね。」
ちょこっと強がり。僕は動揺を隠すのが下手だなって心底思う。
「ふふっ……貴方は温かいわね……お陰で眠くなってきたわ……おやすみ、JUM…」
真紅姉ちゃんはそう言って、少しだけ僕にキスをすると、そのまま寝息を立て始めた。
「……おやすみ、真紅姉ちゃん…」
僕はそれだけ言って、再び眠りに落ちた。次に目が覚めるときはきっと、白銀の世界が待っているんだろう。
END

|