※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「とにかく、翠星石は僕がいない間に無茶苦茶するなよ。僕がいなくなったとたん
にせいせいして、いろいろやんちゃしだすからな……」
 ジュンはこれでもかというぐらいに私に釘を差す。
「うるさすぎるです、チビ人間」
 本当にうるさい。
 そこまで言わなくても分かっているですよ。

 ――そんなに……しゃべらなくも……。

「また雛苺にいらないちょっかい掛けるなよ。雛苺から泣きの電話が入るのはうん
ざりするのだからな」
「いちいちうるせえですよ!翠星石はそこまでひでえ奴じゃねえです」
 ジュンのさらなる言葉に私は顔を膨らませた。

「ははは、本当に翠星石は可愛い奴だな」
 そんな私の反応を見て吹き出すジュン。
「ジ、ジュンこそちょっかいかけてるじゃねえですか。だったらこうしてやるです」
 私はそう言ってジュンの首元をくすぐる。

「ち、ちょっとやめてくれよ、ははは」
「もっとやってやるですぅ」
 ジュンが笑いながら、私のくすぐりの手から逃れようと体をよじらせる。
 それを見て笑ってしまう。

 ――ジュンがそんなにしゃべらなくても……翠星石は笑っていられるですから。

 いつも一緒にいるとよくやっていた光景。
 でも……この後は……。

 やがて、そうだと思わせるように……遠くから駅に近づいてくる列車の音が聞こ
えてきた。
 私たち2人以外誰もいない、駅のホーム。

 ジュンは今日、都会に帰る。そして忙しい日々に終われることになるのだろう。
 それまでのわずかな間……せめてジュンと一緒にいたい……。

 ホームに冬の寒い風が吹き込んできた。肌寒い。

「じゃあ、翠星石も元気でな。体に気を付けろよ」
「そんなことお前に言われなくても分かっている……」

 私がそこまで言い返しかけたとき……ジュンは私の体をいきなり抱いた。
 そして、私の唇にそっと口づけをした。

 ――!!
 私は何も言えず、ただ体を震わせる。
 寒さで震える私の唇に、ジュンのぬくもりが伝わってくる。


 このままずっといたいです――でも、それはできないです……。

 今こそ、一緒にいるけどこの先どうなるか分からない。
 ひょっとしたら……もう会えないかもです。
 考えすぎとは思うですけど……でも!

 せめて、せめて……。

 私はここで言いたい事を口にしようとした……が。

 列車がホームに滑り込んできて、ドアがゆっくりと開いた。

「じゃあ、帰って来れるのはいつになるか分からないけど……元気でな」
 ジュンは私の体から手を離すと、そのまま列車に乗り込む。
 笑顔で私に手を振りながら。

「あ、あばよです!ジュンこそ野たれ死ぬんじゃねえです。じゃあな、ですぅ」
 私はジュンにあかんべえをした。
「ははは。そんな翠星石だったら大丈夫か。じゃあな」
 ジュンがそう言ったとき――列車のドアは閉まった。そしてゆっくりと列車は
動き出してホームを去っていく。
 私はただ……手を振ってジュンの乗った列車を見送ることしか出来なかった。

 やがて、列車は見えなくなり、ホームには私だけが取り残された。

 ――行っちまったですか……。

 私は何も言わず、駅を後にした。

 街中はクリスマスが近いという事もあって、街路樹にイルミネーションやキャ
ンドルの飾り付けがされていた。
 夕方遅くともいうこともあり、周囲が暗くなりだすと同時に一斉に点灯する。

 やわらかいキャンドルの光が周囲を包み込む。
 その中をいろいろな人がせわしそうに行き来する。

 仕事や買い物を終えて家路につく者、これから一緒に食事に行こうとはしゃい
でいるカップル……。

 そんな中私は一人ぼっちで、家へと力なく歩く。
 思わず……ため息をつく。
 かなりの寒さのせいで、その息が白くなっていた。

 ジュンとは幼馴染みで、いつもからかっては楽しんでいた。
 その度にジュンはムキになって私をどやしたりもしていたが……。

 好きだった。
 それはジュンも同じで……やがて付き合うようになった。
 といっても、好きだなんて口にしたことはなかったけど。

 でも……ジュンのことが好き。一緒にいたい。
 そんな気持ちが私の心の中にはあった。

 ジュンの仕事の都合で遠くはなれた都会に彼は引っ越してしまい、離れ離れに
なる生活が2年前から続いている。1週間前に休暇が取れたという事で、この街
に帰ってきて、そのときは嬉しかったのだけど。

 だけど……やはり別れた後は……切なくて。

 家に帰った。妹の蒼星石はまだ家には帰っていない。
 私は台所に行くと、コーヒーを淹れて、そのまま居間まで持っていく。
 暖房をつけて、そのまま暗くなった窓の外をぼんやりと眺めながら、コーヒー
をちびりちびりと啜る。

 ジュンは多分、大丈夫だと思うけど……。
 この先、何があるかなんて想像が出来ない。

 都会の中で流されて……このまま会えなくなってしまうのかもしれない。
 そんなのは、いやです!

 できるのならすぐにでもジュンを追っていきたい。
 でも、私には妹もいるし……放っぽり出して行く訳にはいかない。

 せめて……ジュンは元気でいて欲しい。
 忙しい都会の中でも、それに呑まれることなく力強くやって欲しい。

 そして、再びあの顔を見せて……ずっと一緒にすごしたいです。

 ふと窓を見ると……雪が降っていた。
 そして、私は飲みかけたコーヒーをテーブルに静かに置いて……思った。

 どうして……さっき……素直に言えなかったですか……。

 翠星石はずっとジュンを待っているですから……と。

 素直になれない自分。不器用な自分。
 そんな自分が時々嫌になってくる。

 でも、待つしかない。ジュンはきっと帰ってくるのだから。
 私はただ、それを信じてずっと待とう。

 そして、今度こそ素直になって、好きだと言おう。
 
 雪は静かにただ……やさしく降り続いていた。

|