※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


   昼食の時間になり、少し騒がしい教室にて。
雛 「そのベリーパン美味しそうなの~!雛にもちょっとわけてほしいの~!」
真 「駄目よ。これは私が購買で買ったパンだもの。譲るわけにはいかないのだわ。」
雛 「む~、しんくはケチンボなの~。」
J  「あ、雛苺。僕のベリーパンならあげてもいいよ?」
雛 「ホント!?わ~い!JUM、大好きなの~!」
J  「わ!急に飛びつくなよ…(///)…危ないだろ。」
雛 「JUM、ありがと!それじゃ、雛、翠星石たちのとこに行くの。」
J  「ん、じゃあまた後でな。」

J  「さてと。お待たせ、真紅。」
真 「………」
J  「ん?どうかしたのか?」
真 「…JUMは、甘すぎるのだわ。」
J  「え?」
真 「あれじゃ雛苺のためにならないわ。甘やかすのも大概にしなさい。」
J  「…う、ごめん。」
真 「それに、私を待たせているのにもかかわらず雛苺から話し始めて…」
J  「いや、あれは…」
真 「挙句の果てには…おめおめ抱きつかれて顔を赤くするなんて…」
J  「へ?」
真 「わ、私だって自分から抱きついたことなんてないのに…」
J  「…なあ真紅。もしかして嫉妬してるのか?」

真 「べ、別に。ただ、私より雛苺を優先した行為について怒っているだけなのだわ。」
J  「世間ではそれを嫉妬と呼ぶんじゃ…」
真 「………」
J  「別に、雛苺を甘やかそうとしたわけじゃないよ。」
真 「え?」
J  「ただ、パンをあげなきゃあいつ、そのまま真紅にまとわりついてそうだと思って…」
真 「………」
J  「僕は…二人きりの時間が少しでも長く欲しかったから…すぐにパンをあげたんだよ。」
真 「…言い訳はいいわ。さ、早く昼食にしましょう。」
   …そう言い放ち、真紅はJUMの腕に自らの腕を絡めた。
J  「…な、なんだよ。」
真 「私のときは、赤面もしてくれないのね。」
J  「…いや、照れたらいけないような気がしてさ。」
   二人の距離が、少し近づいた気がした。

Fin.



水「てっゆーかジュンだぁマジうけるぅ」
ジ「古いなお前」
真「ジュン紅茶煎れてこいっつー感じー」
ジ「水銀燈の影響か?」
真「何それーマジ笑えないんですけどー」
ジ「真紅はいつもの方が可愛いのにな……」
真「えっ!? それって」
ジ「……まんまの意味だよ」
真「ジュン」


水「あっれぇ~? 何で真紅だけ? 私わぁ?」






ビュウ!
紅「きゃ!」
・・・

J「は・・・はいてない・・・」




~もしも真紅が喫茶店のマスターだったら~

からんから~ん
真「いらっしゃい。」
J「え~っと、ブレンド1つ。」
真「コーヒーは無いのだわ。紅茶になさい。」
J「えぇ!?どんな店だよ…。まぁいいや。じゃあ紅茶でいいよ。」
真「自分で入れるのだわ。ついでに私の分も入れて頂戴。」
J「ちょwww意味ワカラナスww」
真「早くするのだわ。主人の言うことが聞けないの?」
J「え~…。」





紅に染まる乙女の心
切ない運命薔薇落ちる散る

青い瞳が望む末には
優しい時間儚い叶い

貴方の指に今宵酔い痴れ
罪包み込み
眠りゆく

糸愛おしく紡いでくれる

貴方へ私の

重い想いを




真「ジュン紅茶を入れて頂戴」
ジ「ああああもううんざりだ、毎日毎日人を奴隷みたいに・・・下僕ごっこも、もう終りだ」
真「あ、あらそう、つ、つかえない下僕なんてもうい、いらないのだわ・・」
ジ「ふん、そうかよ、じゃあな!」
真「待って・・・・ほしいのだわ」
ジ「?使えない下僕はいらないんじゃないのか?」
真「そうじゃないのだわ、私はジュン、貴方の事が好き、好きだから照れかくしで下僕みたいに扱ってたのだわ、お願いだから私の元から去らないで・・・」
真紅の目からは涙が溢れて今にも決壊しそうになっている
真「お願い、お願いだから」
ジ「わかったよ」
優しく微笑み、今にも泣き崩れそうな真紅を抱き寄せる
ジ「僕も真紅が好きなんだ、でも真紅は僕の事を下僕としか見てないと思っていたんだ、それが悲しくて悔しくてね」
真「ごめんなさい、ごめんなさい、ウッ・・」
ジ「もういいよ真紅、君の気持ちがわかったから」
顔を近付けるジュン
チュッ
真「な、な、(//////)」
ジ「好きだよ真紅(///)」
真「嬉しいのだわジュン(///)」
また自然に唇が近付いて行く二人

goodend





ジ「(そういえばもうすぐ真紅の誕生日か…。欲しい物、それとなくきいてみるか)」

ジ「真紅ってさ、何か欲しい物ある?」
真「胸」


ジ「…………」
真「…………」




真「ジュンちょっと来て欲しいのだわ」
ジ「どうしたんだ?真紅、うわ」
ジュンに抱きつく真紅
真「あなたはどこにも行かないで、私の元から去らないで欲しいのだわ」
ジ「どうしたんだよ、急に」
真「怖い夢をみたのだわ、あなたが私の元からいなくなってしまうという」
ジ「僕は真紅とずっといるよ、僕が真紅を守り続ける(///)」
真「ジュン(///)」
ジ「愛してるよ真紅」
真「私もなのだわ(///)」


傍観者はここらで退散するとしましょう




ある所にそれはそれはわがままで、気の強いお姫様がいました。
姫様の名前は真紅。彼女のわがままには家来も程々手を焼いていました。
そんな彼女にも一つだけ可愛らしい所がありました。彼女は寝るときはくんくんと称した魔除けといつも一緒だったのです。
しかし、ある夜水銀燈という魔術師がくんくんを奪い去りました。
水「ふふ…お馬鹿さぁん。くんくんは頂いていくわ。」
真「な、待ちなさい!くんくん!くんくーーん!!」
くんくんを奪われた姫さまはそれはもう、手が付けられない程怒ったそうです。
怒り狂った姫さまは国中にお触れを出しました。
[憎き水銀燈より魔除けを奪い返した者に報奨を与える。]と。
かくしてこの国には様々な冒険家や強者が集うようになりました。
魔術師水銀燈が作り出した迷宮に腕試しに挑むもの、名声、富を得んとする者達が…

薔「…どうしてくんくんを真紅から奪ったの…?」
水「ダンジョンを作ったのはいいけど、全然人が来なかったのよぉ…」
水「そこで、お馬鹿な真紅を利用したら冒険者が集うと思ったのよぉ。」
く「…僕って一体…」




真紅が猫舌だったら
真「ジュン紅茶を入れてきて頂戴」
ジ「オレンジペコでいいかぁ?」
真「いいわよ、98℃以上の熱湯でおねがいね」
ジ「あいよ」
コポコポ
ジ「ほれ」
真「ありがとうなのだわ」
口をつける真紅
真「熱い!?舌火傷したのだわ、ジュン消毒を頼むのだわ」
ジ「はいはい」
真「はやく頼むのだわ(///)」
んちュッ
真「ん、ぷはっ・・ありがとうなのだわ(///)」
ジ「いつも思うんだが、猫舌なんだから冷ましてからのんだ方がいいとおもうんだが・・」
真「な、なにをいっているの!?紅茶は熱くないといけないのよ(////)(ジュンとキスする為に火傷したっていってるなんていえない)」



J「ぐぅ……」
真「寝ているのだわ」

……

真紅はそっとジュンの眼鏡を外した。
真「ジュンの…」
掛けてみる。
真「………何も見えないのだわ」

ふらふら…ガンッ!

真「痛っ…何故こんな所に壁が?」

眼鏡外しなよ、真紅さん



朝起きたら、真紅が巨乳になっていた。

ジ「真紅、やっぱり君が一番だ!(真紅を抱きしめる)」
真「私にとって水銀燈の乳など敵ではないのだわ(ほくそ笑む)」
水「ま、負けたわぁ…(背景で悔しそうにハンカチくわえてる)」

真「(嗚呼…なんて心地良い優越感なのだわ。まるで夢みたい…)」

   ・
   ・
   ・

夢でした。





 私には予知能力がある
「ジュン、転ぶわよ」
「そんな訳……うわっ!?」
ドテン~☆
「いててっ、何で分かったんだ? 予知能力でもあるのか?」
「どうかしら」
本当はそんな能力有るわけがない
「なら、俺が次はどうなるか言ってみてよ」
「そうね……あためふためくのだわ」
「そんなことは流石にないだろ」
「ジュン!!」
「!? 何だよ急に大声を出して」
「……好き」
「はぁ!? えっ? 何? どうしたんだお前」
「ほら、当たったのだわ」
「ちょっと待てよ、今のはズルいだろ」
「さっきのタネも一緒なのだわ」
「 ? 」
「下僕の事は主人の私が誰より1番知ってるのだわ」
誰よりも知ってる
今は私にその気が無いのも知ってる
でも、少しは期待を持っていた
だって、私が誰より1番、あなたを……
「ジュン、紅茶を煎れて頂戴」


~おわり




ジ「ちくしょう、人が居ない・・・
 みんな何してるんだ!?」

真「しょうがないのだわ・・・
 みんなきっと色々用事とかあるのだわ・・・」

ジ「しょうがない、僕達であれやるか・・・」

真「ええ・・・」


ジ・真「保守」




暇だ・・・。頭に浮かぶものといえば・・・。
真紅【!】
「…くっ…!落下が止まらない…!?」
JUM「…真紅!もうゲンカイ高度だ…!これいじょう落下スピードが上がったら真紅を地上に転送できなくなってしまう…!たのむ!もどってきてくれ!」
水銀燈 「まだよ…まだ終われないのよぉ…!」
真紅 「…水銀燈…!」
水銀燈 クスクスクスクス…
「アァーッハッハッハハッハッハッハッ!言ったでしょう!わたしはこのていどでは死ねないのよ!もはや人工精霊の墜落はダレにも止められないのよぉ!」
JUM「し…真紅…!もうダメだ!もどってきてくれ!はやく!」
真紅「いえ、まだ手はあるわ・・・。水銀燈ごとコアを迷子にさえすれば…人工精霊は崩壊する…」
「バラバラになれば…大気圏との摩擦で…全てもえつきるはずよ…!」
JUM「そんな…真紅!そんなことをしたら…おまえは…!」
水銀燈「アァーーッハッハッハッ!できるのぉ!?あなたにそんな真似が!」
「人間に恋をしてしまったあなたが!」
真紅「JUMを守るそのためなのよ!」
水銀燈「たった一人の人間を守るためにこのわたしを…倒そうというのぉ!」
真紅「…私はまだJUMの恋人でもなければ…自分をコイビトとなのったおぼえもないわ・・・。」
「私はただ自分が信じるモノのためだけに戦ってきた」
真紅「…私は、なやまない目の前に敵が現れたなら…たたききる…までだわ!」
JUM 「真紅…!真紅…!」
真紅「………JUM………私を信じなさい!あなたは、私の下僕なのだから・・・。」
JUM「真紅ーーーーーーーー!!」




真紅とJUMの場合
J「なぁ、もういいんじゃないか?」
紅「駄目よ。まだ、シークレットが出ていないわ」
J「………サーチ行為しないだけ、マシかもしれないけどさぁ………」
紅「たかだか二十袋持っている程度で、なにを音をあげているの? 己の体力の無さに、恥じ入る良い機会なのだわ」
J「ってお前なぁ! いきなり引っ張り出して買い物につき合わせてる奴が言うことか?!」
紅「うるさいわね。だからそのお礼として、ポテトチップスはあげると言っているでしょう」
J「こんなにいるか!! 大体それ、お前がカードしかいらないからだろ?!」
紅「店内で騒ぐなんて、無作法よ、JUM」
J「誰のせいだぁ!!」




学校帰り

J「真紅~、この流れでゲーマーズ行こうぜ!」
真「・・・」
J「どうした?真紅?」
真「私・・・今、気付いたわ・・・私は・・・」
J「真紅?・・本当にどうしたんだ?」
真「私は・・・これ以上JUMと一緒にいられないのだわ!!」

J「なっ・・・!?どういう事だよ!?言ってる意味がわからないから!!」
真「・・・言葉通りの意味なのだわ」
J「何言ってるんだよ!?俺達、今までうまくやってきたじゃん!!これからだって!!」
真「わかってるのだわ!でも・・・」
J「そっか!ゲーマーズが嫌なんだな!?それなら今日はアニメイトに行こう!!な!?」
真「無理よ・・・何故なら私・・・私・・・!!」



真「上履きのまま、ここまで帰ってきちゃったの───っ!!!!」
J「うわ───っ!!そりゃ恥ずかしくて一緒にいたくねぇ───っ!!」

|