※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある深夜のこと。

JUM「あぁースッキリしたなー……。」

銀「あらぁ、こんな夜にスッキリって…JUM抜きまくってたのぉ?」

JUM「もう抜きまくったよー、バンバン飛ばしてた。」

銀「え、えぇ!?(あのJUMがこんな・・・/////)」

薔「・・・(;´Д`)」

銀「え、え……JUM?」

JUM「なかなか抜けなくてさぁ、最後のほうで手間取ったけどなんとか抜けてフィニッシュだよ。」

銀「……(////)」

薔「ハア━━;´Д`━━ン!!」

JUM「薔薇水晶?ま、それはともかく二人も一緒にヤる?一人プレイは飽きたんだ。」

薔「3P(;´Д`)ハアハア」

銀「えぇぇぇ!?(///)」

薔「うん。いいよ。(即答)」

JUM「水銀燈は?」

銀「私は……JUMなら…」

JUM「お、じゃあ手加減はしないからな。」

薔「SなJUM(;´Д`)ハアハア」

JUM「じゃあ僕の部屋に行こうか。もう用意できてるから。」

薔「用意?・・・器具プレイ(;´Д`)ハアハア」

銀「(////)」

~一同JUMの部屋へ~

薔・銀「・・・何、これ?」
JUM「え?マリオカートだけど?……さっきなかなかキノピオが抜けなくてさぁー、もうやっとの思いでキノピオ抜いて一位でフィニッシュだよー。やっぱり一位になるとスッキリするよなー。」

薔・銀「・・・」

ポカポカ

JUM「わ、わ!?二人とも痛いって!?なんで叩くの!?しかも無言で!?」

薔「・・・JUMが悪い」

銀「(恥ずかしい……///)」

JUM「え!?僕なんかした!?痛たた、薔薇水晶はアッガイのプラモで叩かないで!!水銀燈は爪でピンポイントをつねんないで!痛いから!痛いから!」

薔「むー!(楽しみだったのにー)」

銀「もぉー!(恥ずかしい思いしたじゃなぁい…)」

その後二人をなだめるのに3時間かかったとか。

でも
それはまた別のお話☆
|