※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

め 「私…怖い。」
ジ 「…大丈夫だよ。」
め 「貴方と巡り合ってしまってから…私は、生きたいと思ってしまったから…」
ジ 「…大丈夫だって。」
め 「今だってホラ…怖くて、震えてる…」
ジ 「大丈夫だよ!信じろ!」

  っ【毛虫】 ぽいっ

め 「…怖かったよぉ…」
ジ 「毛虫ぐらいで人は死なないって、絶対。」
め 「そんなことわからないでしょ?もしかしたら…」
ジ 「めぐは、もっと大きな試練を乗り越えただろ。」
め 「……そうだね。うん、私が間違ってた。」









め 「私には今…迷いがあるわ。」
ジ 「…」
め 「どちらかを選ぶかが、私のこれからを左右するの。」
ジ 「…」
め 「私はどうすべきなのか…天使さんがきっと教えてくれる…」
ジ 「…もしもし?あ、そう。いつもの頼むよ。じゃあ、代わるね。」

水 『はぁい、めぐ。今日の貴方には、ハンバーグ定食がおすすめよぉ。』

   ガチャッ ツーツーツー…

め 「ハンバーグ定食お願いします。」
ジ 「僕はナポリタンで。」
め 「しょうが焼き定食にしなくてよかった…」
ジ 「(このちょっと天然な電波も、彼女のいいところなんだよな…恋は盲目って本当なんだね。)」
め 「ジュンにもわけてあげるからね。」
ジ 「ああ、喜んで。」






プロポーズの返事も天使様に聞くんだろうか?



水 『だめよ、断るの。』
水 (ジュンは私のもの・・・・・・)





め 「私は初めて自分の意思で行動する…これが成長よね、天使さん。」
水 「(゜д゜)」






め 「ケホッケホッ」
ジ 「どうした!?発作か!?」
め 「あ、なんでもない。ちょっと砂埃が…」

め 「ゴホゴホッ」
ジ 「どうした!?発(ry)」
め 「なんでもないわ。気管に午後ティーが入っちゃったみたい。」

め 「ゲホ、ゲホ…」
ジ 「どうし(ry」
め 「なんでもないの。ただちょっと胸が苦しいだけ。」
ジ 「なんでもあるじゃないか!」
め 「貴方の顔を見ていたら…何故か胸が苦しくなるの…」
ジ 「…え…///…?」
め 「…顔、赤い。」
ジ 「な…!こら!冗談がすぎるぞ!」
め 「うふふ、冗談じゃないよ。」
ジ 「…え?」

め 「ホントに発作…(バタ)」
ジ 「む、無茶しやがってぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!」









め 「…私、夜が嫌い。」
ジ 「え?なんで?」
め 「何もかも、私の命をも覆い尽くすような闇。昔は心地よかったわ。」
ジ 「…」
め 「でも。今の私の命は…闇に消えて欲しくない。」
ジ 「…」
め 「だから、怖いの。闇に私の命が溶けてしまったらって考えると…」
ジ 「ストップ。」
め 「?」
ジ 「要約すると?」
め 「一緒に寝よ?」

ジ 「最初っからそう言ってくれると嬉しいんだけどな。」
め 「私を理解してくれる人が、私の理想なんだもの。」
ジ 「じゃあ、僕は落第?」
め 「ううん。合格。」
ジ 「僕は要約してもらわなきゃ理解できなかったぞ?」
め 「意図を汲み取ったから、要約してって頼んだんでしょ?普通の人なら聞き流すもの。あんな電波。」
ジ 「自分で電波って言うなよ。」
め 「ジュンのこと…私は大好き。わかってくれるでしょ?」
ジ 「ああ、僕もめぐのことが大好きだよ。」
め 「今は、それで十分。」
ジ 「へぇ。」









めぐ「ねえ水銀燈、人はどうやったら死ぬ事が出来ると思う?」
水銀燈「何よ、藪から棒に……いつもの死にたがりだったら、私は答えてあげないわよぉ」
めぐ「そうじゃないわ。何度か死のうとしたけどその度に死に損なって、
   どうやったら確実に死ねるのか知りたくなったのよ」
水銀燈「という事は、自殺未遂を何度もやったって事ねぇ……」
めぐ「そう、あれは半月前……」

めぐ(ホームから飛び込めば、電車にひかれて死ねるわね。レッツトライ!)
バッ……
めぐ(よし、このまま……)
プアアアァァァァ……
めぐ(電車が来れば……)
電車「チェーンジ!」
めぐ「え?」
ライオボンバー「危ねぇ、危うくひいちまうトコだった……大丈夫か!?」
めぐ「あ……はい」
Lボンバー「そうか。勇者特急隊が人身事故なんてシャレにもならねぇぜ。
      次からは気をつけろよ!」
めぐ「どうも……」

めぐ「……と、空気の読めない勇者ロボに助けられて死に損なっちゃったのよ」
水銀燈(これは感謝しておくべきだと思うわぁ……)
めぐ「それだけじゃないわ、あの時も……」
水銀燈「え、まだあるのぉ?」

めぐ「電車がダメなら自動車ね。トラックにでも跳ねられれば……来た」
バッ……
めぐ「今度こそ……」
トラック「チェーンジ!」
めぐ「え?」
ビッグランダー「テメェどこに目ェつけてやがる! 死にてぇのか!?」
めぐ(ま た 勇 者 か)
Bランダー「あぁん? お前、よく見れば大将の友達の友達のめぐじゃねぇか。
     病気で入院してるんじゃなかったのか? ……まあいいや、乗ってけ!
     病院まで送ってってやるよ」
めぐ「え……いや、お構いなく」
Bランダー「そう遠慮すんなって。さあ乗った乗った!」

めぐ「何で勇者ってああなのかしらね」
水銀燈「そこまで無理して死ななくたっていいんじゃ……」
めぐ「それに、あの時だって勇者に邪魔されたのよ」

めぐ「乗り物関係はダメね。こうなったら、飛び降り自殺を……」
ヒュオオオォォォ……
めぐ「……という訳で、アイキャンフライ!」
??「ちょっと待ったァ!」
ガシッ
めぐ「……また?」
シャドウ丸「お嬢さん、あんまり無茶はしなさんなって。人間は飛べないんだから」
めぐ「はぁ……」
シャドウ丸「さ、ここは危険です。私が安全な所までご案内しましょう」

めぐ「これって多分、誰かが死ぬなって言ってるんだと思うのよ。勇者は
   きっと、その誰かの使いなのね」
水銀燈「はいはいワロスワロス」
めぐ「そういう訳だから、私、もうしばらく生きてみる事にするわ。死のうと
   しても勇者が余計なお節介をするんだもの、生きてみるしかないしね」
水銀燈「まあ、そういう結論に達したんなら何も言わないけど」
めぐ「それじゃ、私これからデートの約束があるの。水銀燈、じゃあね」
水銀燈「デートぉ? 一体誰とよぉ?」
めぐ「水銀燈の愛しのジュン君と♪」
水銀燈「ちょ、何よそれぇ!? 何でジュンが出てくるのぉ!?」
めぐ「それじゃあね、水銀燈♪」
水銀燈「こらぁぁぁ―――! 待ちなさぁぁぁぁい!」



生きる事は多分、死ぬ事よりも勇気がいる事。
どんな形にせよ、命の火の消えるその時まで生き続ける事を選んだめぐは、
一人の立派な勇者なのかも知れません。








《翠なす黒髪 めぐ編》
銀「めぐ、調子はどぉ?」
め「水銀燈、JUM、お見舞いに来てくれたの!?」
銀「ふふ、近くまで来たからちょっとね。」
め「丁度良かった。髪やってくれない?今から少し散歩に行くつもりだったの。
  そうだ、あなたたちも一緒に行かない?」
銀「この病院坂がきついから来るだけでも大変なのよぉ?」
め「いいじゃない。水銀燈前々からダイエットしたいって言ってたでしょ?」
銀「…しょうがないわねぇ。」
め「じゃ、おねがいね。」

軽やかに跳ね起きるとベッドに腰掛け背を向けた。
めぐの髪は長い病院生活とは思えないほど手入れの行き届いた見事な黒髪だった。
ロングはことある毎に動き風になびく生きた芸術のようなものだ。
鞄の中から櫛を取り出そうと四苦八苦する水銀燈をよそに
僕はシーツの上で踊る黒い波に暫し見とれていた。

銀「めぐ、どうしてほしいの?」
め「水銀燈に任せるわ。」
銀「・・・なんか面倒くさいわねぇ、JUMあなたがやりなさぁい。」

思わぬ僥倖!悟られないよう顔を軽く伏せて放り投げられた櫛を受け取った。
緊張で震える手を押さえながらめぐの髪にそっと手をかける。
めぐの髪はやわらかでしっとりとしていて、優しく梳くとさらさらと陽に透けた。
その感触と光景を楽しもうと何度も何度も櫛を通す。
ただ梳くだけじゃ物足りないな。梳き終えた髪を3つの束にまとめて編み上げた。

銀「三つ編みねぇ。やっぱりストレートの方がめぐらしいわよぉ。」

そうやって水銀燈と揉めながら髪を弄って遊んでいたらそのまま日が暮れてしまった。









 そ、そこ……、ずるいよぉ……。
 先ほどまではこちらが優勢だった。それが、いつの間にか立場が逆転している。
「何がずるいもんか……。お、こっちもいけるみたいだな……っと」
 ああ、そんなとこ! そ、そこはダメ! 汚いわよぉ……。グス。
 どんなに泣こうとも慈悲は与えられない。弱いところを的確に攻めてくる
「だめったって、しっかりあいてるし。めぐが無防備なのが悪いんだよ」
 そ、そんな……。
 私がいくら哀願しようと、彼は聞く耳を持たない。一切を無視して征服せんと襲い掛かる。
「いつもいつも隙が多すぎるんだ……。恨むなら自分を恨んでくれよ?」
 お、おねがい……待って、ね?
「イヤだね……じゃあ、いくぞ!」
 あ、ああああああー!




「……なんで将棋でそんないかがわしいやり取りになるのよぉ……」
 ジュン君が意地悪だからよ。調子に乗せておいて一気に叩くなんて、性格悪すぎ。
「いや、めぐが弱すぎるだけだと思う」
「質問の答えになってないわぁ……」
 水銀燈、ため息をつくと幸せが逃げていくらしいわよ?
「誰のせいよぉ……」
 誰だろう。ジュン君、わかる?
「さあ?」
「……こいつらはぁ…………はぁ……」










めぐ「ねえ、ジュン。あなた、水銀燈のことが好きなんでしょ?」
ジュン「ゑ!? ……あ、いや、その……そうだけど」
めぐ「やっぱり。ジュン、水銀燈を見る目が尋常じゃなかったし」
ジュン「そ、そんな目してたのか?」
めぐ「うん。いつ水銀燈に襲いかかるのかドキドキしながら見てたわよ」
ジュン「僕を何だと思ってんだね君は」
めぐ「え? 社会復帰は最早絶望的なヒキオタニートでしょ?」
ジュン「orz」
めぐ「あーあ、それにしても残念だわ。私、ジュンのこと好きだったのに」
ジュン「ゑ!?」
めぐ「そうだ! もしも、万に一つにもジュンが水銀燈と付き合うことに
   なったら、二股しましょう? 水銀燈が恋人で、私はジュンの愛人ね」
ジュン「ば、バカなこと言ってんじゃないぞ!」
めぐ「あははっ、ジュン顔真っ赤よ? 照れてる?」
ジュン「き、今日はもう帰るぞ! お茶漬けのりが呼んでたんだっけ!」
めぐ「ふふ……可愛いんだから♪」
ジュン「じ、じゃあ、またなっ!」

ジュンが病室から去った後……めぐは密かに涙を流した。

死にたくない。
もっともっと、生きたい。
何故なら私には、世界で一番大好きな人がいるのだから。











まあ色々なことがあったけど、僕こと桜田ジュンと柿崎めぐは結婚した。
姉ちゃんもめぐのことは歓迎してるみたいだし、幸せな新婚生活を満喫中だ。
しかし、僕はあんなことが起ころうなんて、予想だにしてなかったワケで……。

ジュン「ただいまー……あれ、誰もいないのか? めぐ? 姉ちゃん?」

仕事を終えて帰宅してみれば、誰も出てくる気配がない。めぐも姉ちゃんも、
今日は何もなかったはずだ。
疑問に思ってたその時、リビングから怪しい声が。

めぐ「の、のりさん……」
のり「ダメよぅ、めぐちゃん。私のことはお姉ちゃんって呼ばなきゃ……」
めぐ「お、お姉ちゃん……私……」
のり「大丈夫、私に全部任せて……」

何か覚えのある展開だけど、この『ふいんき(ry』は……!?
まさか、めぐが不倫……? しかも義姉と!?

めぐ「あっ……だ、ダメ、お姉ちゃん……」
のり「うふふ、めぐちゃんったら可愛い……♪」
めぐ「だって、お姉ちゃんが……そんなところ……」
のり「敏感なのね……でもまだまだ終わらないわよぅ……」

この『ふいんき(ry』に圧倒され、僕はリビングに入れない。リビングの
中では一体何が……?


そうしてる間にも、断続的に聞こえるめぐの喘ぎ声。
ちょっと待てオイ! 本当に何してるんだ二人とも!?

めぐ「ひゃあっ!?」
のり「もう……めぐちゃん、動いちゃめっめっよぅ」
めぐ「……お姉ちゃんのせいじゃない」
のり「そんなことを言う子にはお仕置きよぅ~?」
めぐ「あっ……いや、そこは……あぁん!」

形容し難いえっちぃ雰囲気にいたたまれなくなった僕は、そそくさと二階に
上がって、僕の部屋に引きこもった。
やっぱり時代は百合なのか!? そうなのか!?



リビングにて。

のり「めぐちゃんって、とっても髪が綺麗よねぇ。羨ましいわぁ……いくら
    いじってても全然飽きないもの」
めぐ「……そろそろ解放してよ、のりさん。くすぐったくてたまらないわ」
のり「あ、またのりさんって。遠慮せずにお姉ちゃんって呼んでいいのよぅ?」
めぐ「ハァ……ジュンも大変だったみたいね……」

……まあ、そういうことだ。
|