※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日は久しぶりに剣道のない休日、いつもかまってあげられない雛苺と散歩に出かけた。
さわやかな風の吹く静かな午後、ホント、久しぶり。
雛苺が道端にしゃがみ込む。
雛「ともえー、このぽわぽわしたのなにー?」
タンポポのわたげだった。
巴「それはタンポポよ。」

雛「たんぽぽはきいろいはななの…、ヒナしってるのー。」
巴「そうね、でも種ができると風で遠くまで飛ぶようにわたげになるのよ。」
雛「うゆー?むずかしいのー、よくわからないのー。」
巴「じゃあ、ふぅーっ、と息を吹きかけてみて。」
雛「ふぅーっっっ、きゃっ顔にいっぱい飛んできたのー。」
強く息を吹きかけたせいでわたげが顔に舞ってしまう雛苺。
すると少し強めの風が吹き、辺りのわたげが飛んでいった。
雛「すごいのーっ、いっぱい飛んでるのー!!」
巴「そうね。」
そっと微笑みながら巴は自分が雛苺ぐらいの頃を懐かしく思った。


そんな巴の休日の一コマ。









「あっ・・・・桜田君・・・・・」
「大丈夫・・・・やさしくするからさ」
「うん・・・・・好き・・・・・桜田君」
「ああ、俺も好きだ、巴」
「んんっ!・・・・さくらだ・・・くん・・・・・」
「巴・・・巴・・・・綺麗だよ・・・・・」
「あっ!!桜田君!桜田君ーっ!!!」








巴「ふう・・・・」
ガラッ
巴母「巴!!!!またこんなことして・・・静かにしなさい!!」
巴「ご、ごめんなさい・・・・お母さん」










巴宅
雛「わーいジュンなの」
巴「いらっしゃい桜田君」
ジ「おじゃま、わ、やめろwww」
雛「ジュン登りなのー」
巴「雛苺!」
雛「ごめんなのー」
ジ「雛苺は元気だなー他の事して遊ぼう」
雛「じゃぁ、おままごとなのー」
巴「桜田君はそんなこ、」
ジ「配役は俺がお父さんで、巴がお母さん、雛苺は子供な」
雛「わーいなの」
巴「ごめんね桜田君」
ジ「気にしないで」ニヤリ

ジ「さぁ夜も遅いし雛苺お休みの時間だよ」
雛「いい子だから寝るのー」
(既におままごとは始まっている)
布団に横になる雛苺、しばらくすると本当に寝てしまう。
ジ「じゃあ、巴そろそろ俺たちも(ニヤリ)まずはこれに着替えて」
巴「えっ、ちょwww ////////はい」
ジ「似合うよそのエプロン」
巴「やぁん、ジュン君目がいやらしい」
ジ「えへへへへwwww」
巴「//////////」











巴「ねージュン君。私の事どの位好きー?」
ジ「んー、そうだなぁ…」

極寒の冬、山の奥深くに捨てられた母犬と子犬
エサとなる物は何もなく餓死寸前だ…

そんな時、不運にもイノシシ用のワナに掛かってしまう母犬
子犬は只々、衰弱していく母犬を悲しげに鼻を鳴らして見続ける…
やがて子犬は息絶えた母犬の腹部を……………

ジ「そんな惨劇を平気で作り出してしまう
  身勝手で無情なる人間どもの罪の重さ位…かな」
巴「そ、そんな重すぎる愛、私には耐えられないよ!」ダッ











巴:「桜田君、良かったら今日一緒に帰らない?」
J:「ゴメン。今日は真紅と帰る約束してるんだ。また今度な(ダッ」
巴:「え…(ちょっちょっとせっかく私が誘ってるのに!」
べ:「あれ?柏木じゃねぇか。一緒に帰ろうぜ」
巴:「………」










最近、巴はジュンと仲が良い。知らない人が見たら恋人同士と思うほどである。
だが、それを良く思わない人たちが、、、
体育館裏
水「最近、ジュンと仲が良いようねぇ♪」
紅「まったく、人の下僕に勝手に手お出すなんて許されないのだわ」
翠「ジュンと勝手に仲良くするなです」
蒼「ちょっと皆、やめなよ」
雛「うゆー」金「怖いかしら~」
巴「言いたい事はそれだけ?なら私帰る」
水「ちょっと待ちなさい、」
水銀燈が巴の肩にふれ瞬間、シャキン!
巴「次は無いから」
巴の刀が水銀燈の首筋に。
巴以外のそこにいた全員が硬直していた。
巴は皆を置いてその場を去った。

水「くっ、動けなかったぁ」
紅「まったく動きが見えないのだわ」
蒼「僕にもあの太刀筋は見切れなかった」
翠「蒼星石が!!」
金「怖いかしら~」

雛「もっと凄いのは巴の太刀筋は水銀燈のブラだけを一刀両断にしている事なの」
紅・蒼・翠・金「えーーーー」
水「いゃーん♪」


薔「巴!何て」
雪「恐ろしい子!!」

一方
巴「きゃっ」
ジ「よっと、大丈夫か巴」
巴「有難う////(ふっ作戦通りね)」









巴「はい、あーんして」
J「ちょwwwやめろよwwww(うはwwwktkrwwww)」
巴「私の作ったカレーじゃ…食べれない?」
J「いや、そんなことは…(伏目がちな柏葉テラカワユスwwww)」
巴「じゃあ…食べて?」
J「う、うん…(むしろおまいを食べt(ry)」








ジ「ZZZZZzzzzzz....」
巴「そーっと、そーっと」
ジ「何やってるんだ柏葉?」
巴「あの、その、これは、その、////////」
ジ「さっさと寝るぞそこじゃ寒いだろ。ほら//////」
巴「うん//////////桜田君?」
ジ「?」
巴「//////////保守ぅ////////////////」









「それじゃあ、頑張ってさがすかしらー!」
「ういー!」

・・・・・・

「あの子達はいつも元気印ね」
「ま、子供だからな」
「あら、そんなことないわよ?2人とも立派な大人なんだから」
「草原で転げ回ってるあいつらのどこが大人に見える?」
「ふふ・・・桜田君もまだまだ見る目がないわね」
「うるせぇ」

「で、あいつらは何をやってるんだ?」
「何か探してるみたいね」
「地面に寝そべって探すモノっていったら・・・」
「多分アレね」
「・・・取り合いになって壊れるに昼飯4人分」
「じゃあ、私はそれ以外に」

・・・・・・

「みつけたかしらー!」
「うゆっ!みせてなのー!」
「やっぱりカナが1番かしらー」
「うゆー!ヒナもみたいのー!」

・・・・・・

「おーもめてるもめてる」
「・・・」
「財布の用意をしたほうがいいんじゃないか?」
「・・・桜田君がね」

・・・・・・

「ジュンー、トモエー」
「どうしたの?」
「四つ葉のクローバーをみつけたかしらー」
「だから、2人にもあげるのー」
「なんだ、葉っぱ一枚?取り合いでもして千切ったんだろ」
「ちがうかしらー」
「わざとちぎったのよー」
「なんでそんなことしたの?」
「1人で幸せになってもつまんないかしら」
「だからこれで4人みんな幸せなのー!」
「・・・」
「そっか、ありがとね、二人とも」
「えへへ、カナ、いこーなの」
「次はツチノコをさがすかしらー!」


・・・・・・

「2人とも大人でしょ?」
「・・・わかった、負けだ」
「子供だったのは桜田君だったみたいね」
「・・・うるせぇ」
「うふふ・・・2人ともー!お昼ご飯食べにいくわよー!」

オハリ









雛「トゥモエー、ジュン、二人でなにやってるのー?」
  BIr、
 :irz( 


巴「み、見ちゃだめ雛苺!」
 








ローゼンメイデンが普通の女の子だった時のアニメ第二話

巴「これ、プリントです」
の「ごめんなさいね・・・」
巴「委員長の仕事ですから・・・」

真紅と巴はちあわせ

巴「ちょっwwあの引きこもりオタついに監禁www」










「トォモエー最近、暑くて眠れないの…」三日前、雛苺がそんなことを言い出した。
「いいじゃない、眠らなければおねしょしないで済むし」と言ったら雛苺は泣いてしまった。
それから今日まで雛苺は全く笑わない。
とっておきの苺大福を与えてもくすりともしなかった。
雛苺は三日間ちっとも寝てないようだった。
その割にシーツは毎日濡れていたのだが…。

どうしたものかと考え込みながら大通りを歩いていると、向こうから茶色いローブを着た老人が歩いてきた。
老人は私の顔を見るなり、一枚の図面をくれてこの通りに作れと言った。
図面にあったのはベジータ型の扇風機のようだった。
扇風機なら作らずとも家にあったが、あの老人の目は真剣だったので作ってみることにした。

夕食後直ちに作り始めて、完成したのは夜中の二時過ぎだった。
完成したのはやっぱりベジータ型扇風機だった。
ベジータ型とは不愉快な…そう思い始めた所へちょうど雛苺が水を飲みに起きてきた。

私は雛苺を呼ぶと、できたての扇風機のスイッチを入れた。
ベジータ型扇風機は天井をぶち破り夜空に向かって飛んでいった。
雛苺が笑った。









 口付けるときは眼鏡を外される。『なんだか邪魔だから』と、
君は言っていたけど――僕は気にするでもなく、澄まし顔で居たのだ。

―――――――――――

 国道を歩く学校帰り。車もそんなに通らない片田舎。
『お国の道にしとくには勿体無い』だなんて、下らない話をしている。
果たして、これは。若さ故の照れ隠しに、なっているのやら……

「なあ、巴――」

 そう言いかけてふと、後ろから近づく気配。音からして、多分自転車。
そのまま気にせず歩いていたら、
『パァン!』
 と、頭に一発くらいよろめいてしまう。それを尻目に走り去る悪友。
走って追いかけるのをやめたのは、『お似合いだね』なんて台詞を、
逃げ際に残されてしまったからか――

 隣で君はころころ笑う。それで僕もちょっとつられる。

「桜田君、ずれてるよ?」

 と。眼鏡をなおされつつ、夕陽に染まる君を見れば。
あるのは、いつもよりも紅い顔。


僕はもう澄まし顔ではいられなくて、ちょっと迷ってから眼鏡を外す――









ジ「猫耳とかいいよな」
雪「!」

雪「ジュン様、猫み」
巴「にゃ、にゃー…///」
ジ「か、柏葉…///」
雪「(゚Д゚)」


ジ「時代はメイド」
蒼「!」

蒼「ご、ご、ごしゅ…//」
巴「ご主人様…なんなりと…///」
ジ「か、柏葉…///」
蒼「(゚Д゚)」


ジ「将来結婚する相手のドレス作ってあげたいなぁ」
薔「!」

薔「…ジュン…婚約届にサインを」
巴「さ、桜……ジュン…君…私を…もらって…///」
ジ「か、柏葉…そんな、裸にリボンなんて…///」
薔「(゚Д゚)」









ジ「それで真紅がさ…」
巴「ふふ…」
ジ「どうした?」
巴「ううん、桜田君変わったなって」
ジ「…そうかな」
巴「うん…今では…いろんな人と仲いいじゃない…桜田君の周りには可愛い女の子もたくさん…」
ジ「…柏葉」
巴「え?」
ジ「僕は…柏葉にすごく感謝してる」
巴「…」
ジ「僕が引きこもった時、一番柏葉が心配してくれた。僕はそれが嬉しかった」
巴「桜田君…」
ジ「その…僕は…柏葉が」
雛「トォモエー!ジューン!」
ジ「うわぁ!」
巴「きゃ!」
雛「うい?二人とも顔真っ赤なのー」
ジ「な、なんでもない!」
巴「そ、そうよ、雛苺」
雛「ういー?そうなの?一緒に遊ぶのー」
ジ「あ、ああ…そうだな、行こうか」
巴「ええ」

ジ(また言いそびれたな…)
巴(また聞けなかった…)
雛(二人の反応が楽しいの)

|