※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は彼女のぷっくりした柔らかい唇を無理矢理奪って、蹂躙した。
甘く温かい彼女の口内を味わい尽くし、やがて唇と唇が離れていく。
抗う力も萎えたのか、彼女は真っ赤になって震えながら言う。

「ひ、雛苺……何をするのかしらぁ……」
「金糸雀が悪いのよ。金糸雀がヒナの気持ちに気づいてくれないから……」

彼女の肩を掴み、力任せに押し倒す。彼女は怯えた目で私を見つめるだけ。
唇に、鎖骨に、小さな胸に指を這わせ、思う。
貴女の唇は、何度彼のキスを受け入れたの?
貴女の肌は、何度彼の手に愛されたの?
彼女を汚した彼に対して静かに燃え立つ感情は、嫉妬――そして憎悪。

「いやなの……金糸雀は全部ヒナのなの。髪も唇もほっぺもお胸さんも、
 みんなみんなヒナのなの。誰にも触らせてあげないのよ……」

そうして、私は彼女を愛し始める。

誰にも渡さない。私以外に彼女を愛させない。

彼女は誰よりも綺麗で、可愛くて、美しい――私だけの、アリスなのだから。


ヒナたんは危ない路線もイケそうだから困る。



「う~~ん……よし、飾り付け出来たの♪」
「お店に売ってる様には出来なかったけど……、美味しそうかしら♪」
「スポンジ焼いてくれた翠星石に感謝なの♪」
「「いただきまーす」」

「うゆ?カナ、ほっぺにクリーム付いてるの」
「へ?…………ひゃ!?な、なんで舐めるのかしらぁ!?////」
「うぃ?だって勿体無いの」
「だ、だからって……はぅ……////」


雛「暑いの~」
金「溶けそうかしら~」
翠「チビ共、かき氷を作ってやったから食べるですよ~」
雛「わーいなの~。苺シロップ美味しいの~」
金「レモン味もイケるかしら~」

銀「あらぁ美味しそうねぇ。翠星石、私にも作ってちょうだぁい」
翠「シロップが切れちまったですぅ」
真「私が貴女のために英国流かき氷を作ってあげるのだわ」
銀「遠慮するわぁ。どうせ紅茶かけるんでしょぉ…」

雛「苺味のほうがおいじーの゛~っ」
金「レモン味かじら~っ」
雛「じゃあカナのかき氷食わせてみろなの~」
金「じゃあヒナのかき氷も味見するかしら~」
雛「…」
金「…」
雛「…レモン味もいいの~」
金「…苺味、練乳と相性いいかしら~」
雛「カナ、練乳が唇の端についてるの」
金「淑女にあるまじきかしら…ってヒナ?」
チュッ
金「…」
雛「…」
金「ありがとう…かしら///」
雛「礼には及ばんの…///」

銀「…穢れがないわねぇ」
真「無邪気だわ…」
翠「(おめーらが年取って汚れてるだけですぅ)」

|