※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

J「あのっ!ぼ、ぼ、僕と、付き合ってください!!///」
真「あ、あの…えっと……こちらこそ、よろしくなのだわ…。///」

1ヶ月後
J「///」
真「ジュン?どうかしたの?」
J「あのさ…手…握っても…いいかな。///」
真「なっ////」
J「…ダメ?///」
真「で、でも…汗かくかもしれないし…///」
J「僕だってそうだよ。でも僕は真紅と手を繋ぎたいん…だ。///」
真「…なら…私も、繋ぎたいのだわ。///」
ギュッ
J「///」
真「///」

一年後
J「手、繋ぐか?」
真「そうね。たまにはいいのだわ。」
ギュッ

十年後
J「手でも繋いでみる?」
真「いやよ。暑苦しい。」
J「!?」

J「昔はさぁ…よかったんだよ。」
べ「…まぁ、飲めよ。今日は俺の奢りだ。」
J「グスン…。」





J「あの、付き合ってくれないかな?」
翠「な、何言ってるですか!?身の程を知りやがれですぅ!…でも、しょうがないから、付き合ってやってもいいですよ///」
J「あ、ありがとう///」
翠「とっ特別にですよ///」

1ヶ月後
J「好きだよ。翠星石。」
翠「な!?…翠星石はお前なんて大っ嫌いですぅ!///」
J「…じゃ何で抱きついてるのさ?」
翠「…ジュンはイジワルですぅ///」

一年後
J「好きだよ。翠星石。」
翠「なんです?いきなり…はいはい、翠星石もですよ。」

十年後
J「好きだよ。翠星石。」
翠「うぜえです。しゃべんじゃねえですよ。」
J「!?」

J「だんだんさ…ツンデレからデレがなくなったんだよ。」
べ「…忘れて飲もうぜ。付き合ってやるからさ…。」
J「…グスン。」





J「好きだ!付き合ってくれ!」
雛「えっ?ヒナもジュンが大好きなの///」
J「本当か?///」
雛「ヒナの一番なのよ…///」

1ヶ月後
雛「はむはむ。うにゅーはおいしいの~。ジュンにもあげるの!」
J「雛は苺大福が好きだなー。」
雛「ジュンと同じくらい好きなの!」
J「なんか複雑だなwwww」

一年後
J「また苺大福を食べてるのか?」
雛「うにゅーはいくらでも食べれるのよ~。」
J「じゃ、僕とどっちがいい?」
雛「うよ?……いち……モチロン、ジュンなのよー!」
J「ん、ありがとう(…いちって?)」

十年後
J「また苺大福か…よく飽きないよな。」
雛「ヒナとうにゅーは切り離せない関係なの!」
J「じゃ、僕たちの関係と一緒だな。」
雛「えっ?……それは………なの。」
J「!?」

J「結局さ…大福に負けたんだよ……。」
べ「…泣きたい時は泣けよ。…俺が側にいてやる。」
J「…グスン。」






J「僕と付き合ってください!!」
蒼「え!?あの…僕でよかったら、喜んで///」
J「蒼星石…///」
蒼「ジュン君、よろしくね///」

1ヶ月後
蒼「あ、あの…ジュン…君///」
J「?どーしたんだよ?」
蒼「その、お弁当作ってきたんだけど…もしよかったら///」
J「ホント?喜んで頂くよ。」
蒼「やったぁ。あのね、全部手作りなんだよ♪」
J「もぐもぐ…美味しいよ///」
蒼「///」

一年後
蒼「はいジュン君!今日のお弁当。」
J「いつも悪いな。」
蒼「いーよ。」
J(あれ?このハンバーグ昨日もあったような…)
蒼「美味しい?」
J「あ、ああ。…美味しいよ。」

十年後
蒼「はいお弁当…。」
J(また同じメニュー…しかもレトルト…)
蒼「…何か文句でも?」
J「……とっても美味しいですよ(泣)」
J「せめて…ご飯ぐらい自分で炊いてほしいんだ…。」
べ「ジュン…。俺はいつでも、お前の味方だからな…。」
J「…グスン。」






J「君の事が好きだ!付き合ってくれ!」
薔「…うん…私も…好き///」

1ヶ月後
薔「(ギュッ)///」
J「どーしたんだよ…いきなり抱きついて?」
薔「………好き……///」
J「///ぼ、僕もだよ!」

一年後
J「(クイッ)ん?どーしたんだ?」
薔「じ~~。」
J「あ!今日は僕が料理する番だっけ。」
薔「じ~~…」
J「え?よくわかったなって?そりゃ、顔見ればわかるよ。恋人だからね。」
薔「ニコッ」

十年後
J「あ、あのさっ薔薇水晶…」
薔「………」
J「…聞いてる?……」
薔「………」
J「………(少しは反応してよ!)」

J「最近さ…変わらないんだよ…。」
べ「?いいことじゃないのか?」
J「薔薇水晶…僕はもう君のことがわからないよ…」
べ「…よくわからないけど、元気だせよ。」
J「…グスン。」





J「カナ…愛してる。付き合ってくれ!」
金「嬉しいかしら///…カナも前から…好きだったかしら///」
J「///」

1ヶ月後
金「ジュン~カナ特製の甘い玉子焼きあげるかしらー!」
J「ん、有難う。(パクッ)って塩辛いーー!!」
金「えええ!?砂糖と間違えたかしらー!…ごめんなさいかしら…。」
J「いいよ、別に!(ドジな所が可愛いな…)」

一年後
金「ジュン~。紅茶を持ってきたかしらー……(ツルッ)あっ!!」
J「あちゃああぁぁぁー!!!」
金「ジュンー!大丈夫かしら?」
J「あ、ああ!大丈夫だとも!(最近、多いな…)」

十年後
金「ジュン!!包丁が飛んで行ったかしらー。」
J「何いいぃぃぃ!!?(ヒュン)っぶねええぇぇー(ま、前髪が……!!)」
金「……クスッ」
J「!?」

J「彼女は天然…彼女は天然…彼女は…」
べ「…ジュン、それはどう見てもわざJ「言うなああぁぁ!!」……とにかく、死ぬなよ。」
J「…グスン。」










J「雪華綺晶、君のことが好きだ。」
雪「わ、私も…ジュン様は素敵な方だと思っておりました///」
J「じゃ、いいんだね///」
雪「はい。宜しくお願い致します///」

1ヶ月後
雪「すみませーん!このスペシャルパフェ追加お願いします。」
J「きらきーは本当によくたべるね…。」
雪「お恥ずかしながら…。ジュン様もどうですか?」
J「ん、じゃちょっとだけ…(お腹いっぱいだけど…)」

一年後
J「最近なんか太ったかなー?ダイエットしようかな…。」
雪「あら?ジュン様はそちらの方が愛くるしいですわよ?…このスタミナセットはいかがです?」
J「そう?じゃもらおうかな…。」

十年後
J「(すっかりデブだなぁ…きらきーが喜んでるからいいか… )きらきー!おかわり!」
雪「はぁい♪たくさん食べてくださいね!……(ボソッ)そろそろ食べごろですわ…。」
J「!?…や、やっぱりいらない…。」

J「ガクガク…ブルブル」
べ「…ジュン、大丈夫か?(ポンッ)」
J「ヒィッ!さ、触らないでくれ!」
べ「……葬式には行ってやるからな。」J「…グスン。」










J「水銀燈!君のことが好きだ!」
銀「えっ……でもぉ、今はお互いに大事な時期だしぃ…」
J「それでも、好きなんだよ!」
銀「…わかったわぁ。1ヶ月待ってくれる?」

1ヶ月後
J「水銀燈、1ヶ月前の答えを聞きたい…。」
銀「ごめんなさい…。まだ…気持ちの整理がつかないのぉ…。」
J「……いつまででも待つよ!」

一年後
J「水銀燈!今日こそ、君の気持ちを知りたい!」
銀「ごめんねぇ~。今日ちょっと用事があるのよ…。」

十年後
J「水銀燈!君の…」
銀「消えてくれる?」
J「…………アレ?」

J「うえーん!あんまりだぁ~!」
べ「…すまん、ジュン……かけてやる言葉もない。」
J「もっと酒持ってこーーい!!!」









J「柏葉…好きだ!」
巴「さ、桜田くん///」
J「付き合って…くれないか?///」
巴「…うん!///」

1ヶ月後
J「巴…抱きしめてもいい?///」
巴 「え?///」
J「なんかわかんないだけど、そうしたくなったんだ…。……駄目かな?///」
巴「ううん!ギュッてしてね///」
J「…ああ!」

一年後
巴「ジュン君(ちゅ)」
J「ん…ぷはっ。どーしたんだよ?」
巴「フフッ別に♪」
J「ハハッ!なんだよそれ!」

十年後
J「なぁ…僕、お前のこと幸せにしてやれてるか?」
巴「何?突然?」
J「…い、いや、気になっただけだよ。」
巴「…私は…ずっと、ずーっと貴方の側にいたい。…それが私の幸せ。」
J「…サンキュ」

べ「…お前、幸せそうな顔してるな。」
J「そうか?…そうなのかもな!ベジータ、いつも有難うな。」
べ「…なぁに、お前は俺がずっと支えやるよ。(スッ)」
J&べ「二人の友情に…乾杯!」

|