※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「一つ屋根の下 第七十四話 JUMと次女」



カリカリカリカリ……僕の部屋に無機質な音が流れる。ペラペラ…カリカリ…ゴシゴシ…
「あー、わかんねぇ……」
僕は机に向かって教科書とノートと睨めっこをしていた。と言うのも、進路について、銀姉ちゃんにこっぴどく
言われたからだ。何としても一般入試でアリス大学に合格しなさいってね。どうや ら、この辺も僕の記憶と
リンクしてるようで、銀姉ちゃんとカナ姉ちゃんは先日指定校推薦での合格を決めいた。
「大体、先日まで1年生だったはずなのに、いきなり3年のが解ける訳ないんだよなぁ。」
僕はノートを眺める。そう言ってるわりには、何故か時間はかかりつつも問題は解けていた。
まぁ、教科書見ながらだし、合ってるかも分からないけどね。ふと、コンコンと部屋のドアがノックされる。
「?誰?」
「あ、僕……入っていい?兄さん。」
蒼姉ちゃんのようだ。まぁ、これだけ礼儀正しいのは蒼姉ちゃんくらいしかいないしな。大抵は、ノックと共に
勝手に入ってくる。それ、ノックの意味なくないか?なんて思ってしまう。真紅姉ちゃんなんか、ノックもなしに
入ってくるから厄介極まりない。
「蒼か。いいよ、入って。」
最近では姉ちゃんたちを呼び捨てで呼ぶのもだいぶなれた。銀姉ちゃんは「やっと妹萌えに戻ったのねぇ。」
とか言ってたけど、まぁどうでもいい。僕の了承を受けて、控えめに蒼姉ちゃんが入ってきた。



「えへへ、お邪魔します兄さん。」
蒼姉ちゃんはお盆を持っている。上に湯気を発するお茶碗がある。何だろ?
「これ、お夜食のうどん。兄さんがお腹減ってないかなって思って。食べる?」
蒼姉ちゃんがコトンと机の上にうどんの入ったお茶碗をおく。吐き出る湯気と、ほのかなだし汁の香りが堪らい。
「ありがとう、蒼。ちょうどお腹空いてたんだよ。ありがたく貰うよ。」
そういえば、勉強するとお腹減るってのは結構本当らしい。まぁ、頭使うしね。僕は箸を持ち、チュルッとうどんを
口の中に入れる。あ、美味しい。自分で打ったのか?さすがにそれはないか。
「どうかな?麺はもらい物だけど、汁はオリジナルなんだ。美味しい……かな?」
「うん、美味しいよ。蒼は料理上手だし、よく気がきくなぁ。いいお嫁さんになりそう。」
僕が言うと蒼姉ちゃんは一気に顔を赤くする。そして、ウブだよなぁ。
「あ、あう…嬉しいけど、恥ずかしい……あの、そのぉ…あ、お洗濯あったんだ!勉強、頑張ってね兄さん。」
蒼姉ちゃんは一人であわあわしながら、赤面したまま部屋を出て行った。にしても、うどんうめぇ。
そんな事を思いながら箸を進めていると、開きっぱなしのドアからうどんに釣られたのか、ひょいっと顔が覗く。
眼帯をした少女……ではなく、オデコチャームポイントの次女だった。



「兄ちゃん、ちゃんと勉強してるわね、感心感心かしら。」
カナ姉ちゃんはそのまま僕の部屋に入り、ドアを閉める。そして、僕のベッドにギシッと腰掛けた。
「やってるよ。銀やカナにアリス大学合格しろって言われてるしね。」
「うん、頑張って欲しいかしら。カナも水銀燈も大学でも兄ちゃんと一緒に居たいから。」
カナ姉ちゃんはそう言って笑う。そして、視線は僕のノート……ではなく、うどんに注がれていた。カナ姉ちゃん、
ヨダレヨダレ。食べたいのかな?まぁ、確かに食欲をそそりそうではあるけど。
「カナ、うどん食べたいか?」
「え?兄ちゃんは凄いかしら。カナの考えてる事が何でも分かっちゃうかしら。」
すいません、全く凄くないですよ?カナ姉ちゃんの顔を見てればバレバレです。
「まぁ、それは置いておいて食べるか?」
「うん、食べたい~。あ~ん……」
カナ姉ちゃんは僕に顔を近づけて口をあける。お、健康そうな綺麗な白い歯だ。薔薇乙女は歯が命。
僕はそのカナ姉ちゃんの口の中にうどんをスッと入れてあげた。その瞬間だった。
「!!あつっ!!熱いかしらぁ~!?」
カナ姉ちゃんの目が見開かれ、次の瞬間大騒ぎしだした。



「あふっ、はふっ……うぅ…ひいひゃん…はふひはひはぁ~。」
通訳すると「兄ちゃん熱いかしら」かな?カナ姉ちゃん猫舌なんだ。知らなかった。
「あーあー、大丈夫か?ほら、べーってやってみな?」
カナ姉ちゃんが半べそかきながらべーっと舌をだす。あ~、舌が赤い。軽く火傷したかもなぁ。ちょいちょいっと
触ってみる。うん、熱い。
「ひゃん…あう……うぅ、カナ猫舌かしらぁ~。」
猫ねぇ。カナ姉ちゃんが猫だったら、警戒心の欠片もなくて、人間が撫でに来たら撫で撫でして~って
擦り寄ってきそうだ。翠姉ちゃんは間違いなく、一般的な猫だ。まず逃げる。そして、逃げる。
気まぐれで、気が向いたら撫でさせてやるって感じ。
「ははっ、カナ猫舌なんだなぁ。にゃーって言ってみ?」
「う~……にゃー……」
あ、本当に言うんだ。でも、これくらいのうどんで熱いとなると、相当重度の猫舌だなぁ。
「ねぇ、兄ちゃん。ふ~ってして欲しいかしらぁ~。」
その手があったか。何か小さい子にするみたいで気が引けるけど、カナ姉ちゃんがいいって言うなら僕は
遠慮なくふ~っとうどんに息を吹きかけて冷ます。頃合をみて、カナ姉ちゃんの口に運んだ。
「ん~…美味しいかしら。苦労した甲斐があったわ。」
一体カナ姉ちゃんが何を苦労したんだろうか。その謎は深まるばかりだ。



「あ、兄ちゃん。そこは違うかしら。そこは、こうしてああして…この式を使って……」
「あ、成る程。じゃあ、ここはこうして……こうかな?」
「正解かしら!兄ちゃんは飲み込みが早いかしら。」
さて、うどんも食べ終わり僕は再び勉強をしていた。我が家で一番優秀な家庭教師と一緒に。
「よしっと……ちょっと休憩しようか。」
僕はベッドに腰掛ける。カナ姉ちゃんもチョコンと僕の隣に座った。
「そういえばさ、もし僕がカナの弟だったらカナはどうしてると思う?」
「?どうしたの?いきなり……」
まぁ、確かにいきなり過ぎたかな。でも、ちょっと聞いておきたい。これは、カナ姉ちゃんに限らず姉ちゃん全員に。
「いや、何となくさ。考えたことない?僕が弟だったらって。」
「ん~…兄ちゃんが弟だったら…そうね、カナは多分兄ちゃんにお勉強とか、色々教えてあげてると思うわ。
だってカナ、お姉ちゃんでしょ?それなら、当然かしら。兄ちゃんが、カナ達姉妹の面倒見てくれてるように
カナもその弟の面倒、うんと見てあげるの。」
カナ姉ちゃんは笑顔で言う。例え、僕の記憶のカナ姉ちゃんは、空回りが多くて失敗ばかりだとしても。
それでもきっと、僕を想ってくれてる気持ちは凄く強くて。僕にいい所見せようと一生懸命頑張ってくれてる。
何だか、それが分かった気がして凄く嬉しい。
「そか。じゃあ、きっとその弟は幸せ者だね。」
「そうよ。それに、兄ちゃんだって幸せなはずよ?だって……」
カナ姉ちゃんはひょいっと僕の膝に乗り、僕の目を見て微笑んで言った。
「こんないい妹がいるんだから……」
僕は笑う。きっとそうなんだ。姉ちゃん達が姉でも、妹でも…どっちでもいいんだ。彼女達がいれば……
END

|