※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  『貴女のとりこ』 第十六回


午前の眩い陽光に満ちあふれた部屋で、若い二人は向かい合う。
けれど、間に漂うのは、甘い雰囲気などではなく、どこか冷めた空気。
もごもごと口ごもる薔薇水晶の態度に苛立ちながらも、ジュンは押し黙り、
じっと待ち続けていた。
桜色の唇が、言葉を紡ぎ出すまで、ずっと――


「実は……本当はね、私――」

一方の薔薇水晶もまた、葛藤に苦しんでいた。
本当のコトを伝えようとする気持ちと、更なる嘘で糊塗しようと企む想いの、板挟み。
ジュンは、焦っている。
だから、嘘だったと白状したら、きっと怒る。絶対に、嫌われてしまう。


――じゃあ、嘘を吐き通した場合は?
それも、決して得策とは言えない。
嘘を嘘で塗り固めていけば、やがて自分でも真実を見失い、
どこかで必ずボロを出してしまうだろう。
いずれにしても、破局は遠からず訪れる。
どちらの方が、傷が浅くて済むか……それだけの違いだった。


だったら、破滅の道を迷わず突き進むのも、また一興。
大きな嘘ほどバレにくいのは、歴史が証明しているではないか。
既成事実さえ作ってしまえば、あとは噂が独り歩きするのを、待っていればいい。
人口に膾炙するうち、尾鰭が付いて、ウソは真実へとすり替えられるのだ。
落ちるところまで堕ちて、共に滅ぶのも、ひとつの愛のカタチだろう。


  ――そうね――


薔薇水晶の琥珀色の瞳に、妖しい炎が灯った。
自分と同じくらいの身長しかない、彼。
同年の男子にしては小柄なジュンと目線を合わせ、徐に話し始める。

「今まで黙っていたけれど、私には不思議な能力があるの」
「不思議な能力……だって?」

おうむ返しに呟き、ジュンは胡散臭そうな眼を向けた。唐突に言われれば、戸惑うのも当然。
が、ジュンは直ぐに理解した。薔薇水晶が、何を言わんとしているのかを。
そして、急に憤りを覚えた。
巴と雪華綺晶の手懸かりが掴めそうだというから、足を運んだのに……
その手段が、よりによって超能力だなんて、馬鹿にするにも程がある。
まるで、真剣に探そうとしているジュンをからかい、嘲笑っているかの様ではないか。
真相は違うのかも知れないが、彼には、そう感じられた。

「おい! なんなんだよ、それは。ふざけてるのか?」

語気を強め、詰め寄ったジュンは、腕を伸ばして薔薇水晶の左肩を鷲掴みにした。
その一瞬だけはビクリとしたものの、彼女の表情に、怯えや動揺の気配は無い。
揺るぎない自信を瞳に湛えて、目の前に立つ少年を、黙って見据えている。
ジュンの苛立ちは、彼女の毅然とした態度に呑まれて、急速に萎んでいった。

薔薇水晶は、ジュンの顔から険が消えたのを見計らって、穏やかに話しかけた。


「もう、落ち着いた? 私の話を聞く気に、なってくれた?」

この時、ジュンは完全に、気迫負けしていた。頷くことしか、出来なかった。
心の中では馬鹿馬鹿しいと鼻白んでいながらも、耳を傾ける他ない。
溺れる者は藁をも掴む。そして、彼の周りを漂う藁は、あまりにも少なすぎた。
取捨選択の余地など皆無。僅かな可能性であろうと、貪欲に縋り付くしかなかった。

「その……不思議な能力って、なんなんだ?」

彼の問いに、薔薇水晶は眼を細め、艶麗に口の両端を吊り上げた。
ヒミツを共有すれば、それだけ親密になれる。
密かに想いを寄せていた彼を、手玉に取っている爽快感に、薔薇水晶は酔いしれた。
薔薇水晶の妖しく濡れた右眼がジュンを射抜き、彼の脊髄に電気を走らせる。

「夢の中で、遺失物を探すチカラ――
 そう……喩えるなら、道具を使わないダウジングみたいなものかな」
「はあ? なんなんだよ、その与太話は」
「ホントだよ? 話しても信じてもらえないから、黙っていただけ」

ジュンは一笑に付そうとしたが、薔薇水晶の真摯な態度に、続く言葉を呑み込んだ。
決まり悪そうに眼鏡のフレームを指で上げ、顎をしゃくって、話の先を促す。
薔薇水晶は口を開く代わりに足を踏み出して、ジュンの胸に飛び込んだ。
そのまま、狼狽える彼の背に両腕を回して……そっと身体を寄せる。
ジュンのワイシャツと、薔薇水晶のネグリジェは、すぐに互いの体温を伝えてきた。

「ねえ、ジュン。貴方に、私の鼓動は……伝わってる?」
「あ……うん。とっても……ドキドキしてるんだな」
「ヒミツを打ち明けるんだもん。ドキドキしちゃうのは……当たり前。
 ジュンの心臓も、私と同じくらい早く脈打ってるのが、分かるよ」

それは、薄い生地二枚を隔てた向こうにある、ふくよかな感触に興奮を抑えきれないからだ。
想像していた以上に柔らかいのに……確かな弾力で、彼の貧弱な胸板を、押し返してくる。
巴に寄せるジュンの想いが、どれだけ強く、どれほど純粋だったとしても、
年頃の男の子の身体は、悲しいことに反応してしまう。
気持ちが上擦って、喉が渇き、思うように声が出せない。
密着する部分が、汗ばんできた。

「あのね……私の能力って、その時の気持ちに、左右されてしまうの。
 強い願望とか、衝動とか……心の昂りによって、感受性を強めることが出来るの」

抱き合ったまま囁かれる声が、ジュンの耳をくすぐった。
薔薇水晶の体温が熱くなった様に感じるのは、多分、気のせいではない。


「こうしているだけでも…………どんどん、感覚が研ぎ澄まされていくわ」
「そ、そうなのか」
「うん。だ か ら ね」

直後、ジュンは頬に、ぬらりとした感触を覚えた。
薔薇水晶に舌で舐められたのだと悟ったときには、耳朶を甘噛みされていた。
ゾクゾクと身体を震えて、足元から力が抜けていき、かくんと膝が折れる。
抱き留められていなかったら、だらしなく腰が砕けて、崩れ落ちていただろう。
そして、更なる薔薇水晶の囁きが、彼の脳をシビレさせた。

「私と一緒に、寝て欲しいの。素肌で触れ合って、極限まで感受性を高めれば――
 お姉ちゃんと巴ちゃんの居場所を、きっと突き止められるわ。
 二人を見付けるためならば……私の初めて…………あげてもいい」
「お、お、お前なあ。自分が何を言ってるのか、解――」
「解ってるから、貴方にお願いしてるの。
 こんなこと……ジュンにしか、頼めないよ?」


  貴方にしか頼めない。

なんと強烈な殺し文句だろうか。
薔薇水晶みたいにキュートな女の子に使われたら、男は断れっこない。
トランプで言うなら差詰め、ジョーカーのカード。
若輩ながら、辛い過去を乗り越えて、精神的に強く成長したジュンですら、
それに抗うだけの術を持ち合わせてはいなかった。
気付けば、条件反射的に、頚を縦に振ろうとしていた。

――が、それより僅かに早く、飄々とした男の声が、二人の間に割り込んだ。


「これはまた……随分と、興味深いお話をしておられますねえ」
「うおっ?!」
「きゃっ!! し、白崎さんっ!?」

弾かれるように分かれる二人。
壁に背を預けていた執事の青年は、柄にもなく茶目っ気たっぷりにウインクして、
部屋の扉に親指を向けた。

「そろそろ、お茶のおかわりをお持ちしようと来てみましたら、
 ドアが半開きになっていたものでして――失礼ながら、立ち聞きを。
 邪魔するわけにもいかず、引き返そうとしたのですがね、
 漏れ聞こえたお嬢様の話に、興味をそそられてしまいました」
「……どういう事だ?」

羞恥のあまり茫然としている薔薇水晶に代わって、ジュンが訊ねた。
途端、薄ら笑っていた白崎は口元を引き締め、切れ長の双眸を薔薇水晶に向ける。

「なぁに、ちょっとした因縁……と言いましょうか」
「因縁? 私に?」

てっきり、自分の虚言を揶揄されるものとばかり思っていたのに、
白崎の口から仰々しい単語が飛び出したものだから、薔薇水晶はパチクリと眼を瞬かせた。
一体、どういうことなのだろう。
訳が分からず、彼女はジュンと顔を見合わせてから、執事へと向き直った。


白崎は鼻の頭に載せていた眼鏡をかけ直し、ジュンと薔薇水晶にソファを勧めた。
そして一礼すると、三人分のティーカップに、持参したハーブティーを注ぐ。
焦らしているかのように、ゆっくりとした仕種で。


「ねえ、白崎さん。因縁って言うのは、なんなの?」

ハーブティーを煎れ終えたのを見計らって、薔薇水晶が白崎を急き立てた。
なにやら、自分が槍玉にあげられたみたいで、落ち着かなかったのだ。
そわそわと身体を揺する彼女に向けて、白崎は兄のごとく、穏やかに笑いかけた。

「そんなに身構えなくても大丈夫ですよ。怪談の類では、ありませんから。
 まあ……そうですね。昔話と思って、聞いて下さい」

一旦、白崎はティーカップに口を付け、喉を湿らせた。


「お嬢様は――
 ご自分の先祖が、明治の頃まで占術を生業としてきたことを、ご存じですか?」

薔薇水晶は、即座に首を振った。正しく、寝耳に水。
父は一度だって、そんな話をしたことが無かった。
あるいは、父ですら知らなかったのか。

白崎は、ヒミツを握った人間にありがちな、得意満面の笑みを見せて続けた。

「僕は偶然にも、その事実を書き記した文献を、屋敷の書庫で見付けましてね。
 詳しく調べてみると、室町時代くらいまで遡れる事が判明したのですよ。
 最初は驚きました。自分が仕える主は、そんなにも古い家柄だったのか、とね」
「キーワードは……占術師の系統ってところか」

ジュンの瞳が、メガネの奥で鋭く光った。
口を挟まれても、白崎は不快な表情を浮かべるどころか「ほう?」と、
感心したように眉を上げた。

「若いだけあって、なかなか察しが良い。僕が因縁と言ったのは、
 お嬢様が、不思議な能力について語っていらしたからなのですよ。
 件の文献でも、その点に触れているのです」
「どんな……風に?」

恐る恐るという感じで問う薔薇水晶を、白崎の冷ややかな視線が射竦める。 
言い知れない圧迫感に怯えた彼女は、腕を伸ばし、隣に座るジュンの手を握った。


「代々、この家の女性は、特異な能力を受け継ぐと記されていました。
 その証として、様々な先天性の身体的特徴が現れる、とも。
 たとえば、痣があったり、精神的な障害……妄想癖などですね。
 雪華綺晶様や、お嬢様の眼も、その証ではないでしょうか?」

白崎とジュンの視線が、薔薇水晶に集まった。正確には、彼女の左眼に。
薔薇水晶にしてみれば、驚愕以外の何物でもない。
ジュンを引き留める為のウソが、蓋を開ければ、真相を当てていたなんて。

けれど、単なる思いつきで吐いた嘘でもなかった。
学校の屋上や、その後の保健室などで見た奇妙な夢をヒントに、考え出したのだ。
あの夢が、真実を映し出していたのだとすると……。

「もしかして……あの夢が?!」

突如、ハッと息を呑み、両手で鼻と口元を包み込む薔薇水晶。
彼女の変化に、ただならぬ雰囲気を感じたジュンが、一斉に身を乗り出した。

「何か、思い当たる節でもあるのか、薔薇水晶」
「えと……確証はないんだけど……それらしい夢を見た憶えがあったの」
「どんなっ!? 思い出せる範囲で構わないから、聞かせてくれ!」

意気込んで詰め寄るジュンを、脇から伸ばされた白崎の腕が遮る。

「まあまあ、桜田くん。そんなに急かしたら、却って思い出せなくなりますよ」

気勢を殺がれて、ジュンは身を引いて、ソファに身を沈めた。
代わって、白崎が洗練された優雅な手振りで、薔薇水晶に続きを促す。
薔薇水晶は顎に指を当てて、訥々と話し始めた。

「えっとね、私が夢で見たのは……どこだか解らない、真っ暗な部屋だったわ。
 窓一つなくて息が詰まりそうな、狭い部屋よ。
 最初の夢だと、そこで白い長髪の女性が、護摩壇の前で祈祷していたっけ。

 それから……次に見た夢は……やっぱり暗い部屋の中だった。
 そこで、ベッドみたいな台の上に、女の子が横たわっているのを見たのよ」
「女の子だって?! 柏葉だったか!?」
「ハッキリとは解らなかったけど…………特徴は、巴ちゃんぽかったかも」
「その場所は、どこにあるんだ! よく思い出してくれっ!」
「そんなこと言われても……解らないよぉ」

鬼気迫る形相で詰め寄るジュンに怯えて、薔薇水晶は涙ぐんで頭を振った。


「その場所――」

それまで二人のやりとりを黙って話に聞き入っていた白崎が、眼光鋭く、
ジュンと薔薇水晶を見回した。「意外と、すぐ近くにあるかも知れませんよ」

「白崎さん! まさか、心当たりがあるの?」
「ええ。これも、先に述べた文献に記されていたことなのですがね。
 この屋敷の地下には、占術のために造られた小部屋が現存するらしいのです」

疑わしげな目つきで問い返すジュンに、白崎は理由を説明した。
この屋敷が明治の初期に建てられたこと。
戦災を免れ、木造部分を僅かに補修しただけで、地下空間が手つかずのまま残されていること。

「その小部屋は窓一つなく、通気口もない部屋でしてね。
 火を焚けば忽ち、一酸化炭素が充満する仕掛けになっていたのですよ」
「それって、一歩間違えたら、死亡事故に繋がるじゃないか!」
「ええ。そういう事故も、何度か起きていたらしいですね」
「どうして……ご先祖様は、そんな危険を冒したのかしら?」
「占いとは、神託。祈祷師がトランス状態に陥って口走る意味不明な言葉を、
 神のお告げとして伝える作業です。その小部屋は、一酸化炭素中毒によって、
 トランス状態を作り出す舞台装置だった訳ですよ」

そう話す白崎の表情には、興奮の色が伺えた。
勿論、ジュンも薔薇水晶も、色めき立っている。
灯台もと暗しの諺ではないが、もしかしたら――と、期待せずにはいられない。
偶然、地下室を見付けてしまった彼女たちが、不慮の事故で閉じこめられた可能性もある。

「警察が家宅捜索した時って、地下室は調べなかったわよね、白崎さん」
「そもそも、地下の存在に気付いていなかった様子でしたねえ」
「っ?! その地下室への入り口って、どこに在るんだっ!」

頭に血が上って冷静さを失ったジュンは、白崎の胸ぐらに掴みかかった。
焦る彼に、白崎は顔色ひとつ変えずに、淡々と応じた。

「残念ながら、僕にも解らないのです」
「くそっ! ここまで来て、諦めきれるかっ。三人で手分けして、探そう!」
「落ち着いて下さい、桜田くん。焦りは判断を狂わせます。
 それに……全くの手懸かりなしじゃあ、ありませんよ。
 もし、雪華綺晶様が柏葉さんを連れて地下へ降りたのだとしたら、
 彼女は入り口を見付けたことになる。もしくは、最初から知っていたか――」
「だとすると……」

ジュンは腕組みして、白崎に言った。「この家の女性にしか見破れない仕掛けが、
施されているって事も?」
「確証はありませんがね」と頷き、白崎は薔薇水晶へと、話を振った。

「お嬢様ならば、隠された扉を、発見できるかも知れません」
「少しでも可能性があるなら、やってみよう。薔薇水晶っ。頼む! 力を貸してくれっ!」

自分に、それだけの力が有るのだろうか? 薔薇水晶は迷った。
迷ったが……雪華綺晶を見付けたかったし、ジュンの役にも立ちたかった。


だから、彼女は決断して、力強く頷いた。


「解った。私――――やってみるっ!」




小さな光源が、暗闇の一角を、仄かに明るく照らし出している。
時代の移り変わりを物語る、薄汚れた壁の漆喰。
その前に、茶褐色の汚れがこびり付いたドレスを纏って立つ娘が、ひとり。
窶れた相貌で虚空を見つめる、雪華綺晶だった。


「完成しましたわ――」

呟いた彼女の左手から滑り落ちた絵筆が、ぴちゃっ……と床に絵の具を飛び散らせる。
けれど、雪華綺晶は拾おうともせず、壁に見入っていた。
自らの体内に取り込み、苦痛と共に産み出した、女神の姿に。

「…………なんて美しいのでしょう」

天職を成就した歓喜で、彼女は身を震わせ、金色の瞳から涙を溢れさせていた。


人の姿に身を窶した、巴という名の堕天使は、いま――
雪華綺晶という名の使徒によって新たな翼を取り戻し、神として再生を果たした。
その神々しいまでの美しさは、永遠不滅。
最早、時間という略奪者ですら、その輝きを奪うことなど出来ない。
老いも、腐敗も、人間が背負わされた如何なる業も、彼女は超越した。
巴は正しく、至高の少女へと、変貌を遂げたのである。


不意に、唯一の光源だった携帯電話から、電子音が発せられた。
もうすぐ、バッテリーが切れる合図。時間ギリギリで、間に合った訳だ。


そして、訪れる――――真の闇。
人間が本能的に怖れる暗黒も、今の彼女には母の胎内のごとく、心安らかな場所に思えていた。
こんなにも穏やかな気持ちになれたのは、久しぶり。
いや……もしかしたら、この世に産まれ落ちて、初めての事かも知れなかった。


雪華綺晶は、ひゅうひゅうと笑いながら、闇の中を手探りで進んでいく。
目指す場所は、簡易ベッド。そこには、彼女の大切な人形が、眠っている。
やっと辿り着いた寝床に、彼女は重い身体を、億劫そうに横たえた。
この時すでに、雪華綺晶もまた巴と同じく、二酸化炭素にその身を蝕まれつつあった。
全身の筋肉が弛緩してゆく。寝返りを打つことすら、気怠い。


「少し…………疲れましたわ。一緒に、眠りましょうね……トモエ」

言って、雪華綺晶は丸みを帯びた物体を、両腕で抱きかかえる。
瞼を閉じて微睡みながら、慈しみを込めて、愛おしんだ。



「ふふっ。トモエぇ…………私の、大切なお人形さん。
 ……いい子いい子ぉ」


  ~第十七回に続く~

|