※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀様が校舎裏モブキャラに告白されたようです
A「水銀燈さん、俺と付き合ってくれ!」
銀「ダメよぉ、私はジュンの恋人なんだからぁ」
銀様は2か月前にジュンに告白し、今では恋人同士になっていた。彼はそのことを知らなかったらしい。
そのまま立ち去ろうとする銀様。
しかしAが彼女を呼び止めた。
A「待ってくれ!だったら俺に乗り換えないか?」
銀「やぁよぉ。誰があんたなんかと……」
A「俺の彼女になったら毎日ヤクルトを1ダースプレゼントするぞ?」
銀「!!」
銀様の顔が歪む。
A「ダメか?だったら2ダースだ!」
銀「………」
A「ならば5ダースでどうだ!?」
銀「………ギリッ」
A「ええいだったら8ダース!水銀燈さんの為ならいくらでも……」

バシィィィィン!!!!

A「ゴベェーーーー!!!」
銀様に殴られAが吹き飛んだ!!

銀「ふざけないでよぉ!!私はそんなに軽い女じゃないわぁ!!」怒りに満ちた声。銀様はAをキッとにらみ付けた。
A「ち、畜生ーーーー!!!」
Aは泣きながら去って行った。
一人取り残された銀様。
彼女は思った。

銀(あんな男、100億積まれたってお断りよぉ)

銀様はぐーっと背伸びをし、快晴の青空を見上げながら、
銀「さあ、早く戻らないと。ジュンが寂しがってるわぁ」
と言って校舎裏を後にした。

後に残されたのは、散らばる落ち葉とカラスのカァ、という鳴き声だけだった

終わり









パターンA

 (JUMをからかってみようかしらぁ)

 「ねぇ、JUM」
 「何?水銀燈?」
 「実は…私、JUMの事がだいっきらぁい」
 「奇遇だね。僕も水銀燈の事が嫌いだ」
 「……………」
 「……………」
 「…………………ぅぅぅ」
 「ごめん、嘘d」
 「あー!チビが水銀燈泣かせてるですぅ」


 他の薔薇乙女達のお陰で地獄を見た後、

 どさくさに紛れて水銀燈に責任を取れとか言われた。

 正直、何の責任なのか分からないが、

 さっきからくっ付いてくる彼女を見ていると悪い気はしなかった。

パターンB

 (そういえば水銀燈の慌てる顔って見た事ないな)

 「水銀燈、ちょっといい?」
 「何か用?」
 「うん、…実は僕、水銀燈の事が好きなんだ」
 「えっ?」
 「僕にとっての女性は水銀燈しかありえないと思うんだ」
 「ええっ?」
 「というわけで僕と結婚してほしい」
 「えええっ?」
 「まぁ嘘だけど………あれ?」


 気付いた時には水銀燈は居なかった。

 翌日、その意味を痛みを伴って知る事が出来た。勿論薔薇乙女+1のお陰だ。

 でも怪我に消毒液を塗ってくれる彼女を見ていると悪い気は…痛っ。

 流石に日本刀は…なぁ。


この二人は嘘を付くとロクなことにならないと思う保守。









夜、ジュンは何をするでもなく部屋でのんびりとしていたら、ノックもせずに入ってくる人が・・・
銀「ジュン、こんばんわぁ」
ジ「どうしたんだよ水銀t・・・う!酒臭い」
よく見てみると顔が赤い。そうとう酔っているみたいだ
ジ「水銀燈、大丈夫か?」
ジュンの言葉を聞いているのか聞いていないのか、水銀燈はジュンに抱きついてきた
ジ「お、おい!」
銀「ジュンは、私のこと好き?愛してる?」
ジ「ああ、愛してるよ」
銀「うそ!ぜんぜん気持ちがこもってない!・・・・ジュンは私が嫌いなんだわぁ・・うっ、ひぐっ」
ジ「そんなことないって!・・・あーもう!」
ジュンはおもむろに水銀燈を抱きしめた
銀「うっ・・・・ジュン?」
ジ「僕は水銀燈のことを愛してるよ。うそじゃない」
銀「本当ぉ?・・・うれしい///」
ジ「だから今日はもう寝よう。・・・ね?」
銀「わかったわぁ・・・おやすみ、ジュン」
ジ「ああ、おやすみ」
そう言葉を告げ、水銀燈は帰っていった
ジ(まぁ酔ってたし、今日のことは忘れるだろ)
――――次の日
ジ「う、ううん。・・・・・あれ?」
朝起きると隣には、隣で寝ている水銀燈がいた
銀「ジュンおはよう」
ジ「な、なんでここにいるんだ!?」
銀「だって愛してるっていったじゃなぁい。これからはずっと一緒よジュン」
そう言って水銀燈はジュンに抱きついてきた
ジ(まぁこれはこれでありなのかもな・・・)
水銀燈に抱きつかれながらそう思うジュンであった











銀「私からいくわぁ!!」
紅「来るのだわっ!」
銀「あっち・むいて・ほいぃぃぃぃぃ!!」
   スパァァン!
紅「効かないのだわ」
銀「外したわぁ・・・」

紅「次は私よっ!!」
銀「きなさぁい!!」
紅「あっち・むいて・ほいぃぃぃぃぃ!!」
   スパァァン!
紅「楽勝っ!」
銀「うぅぅぅぅ・・・」
紅「罰ゲームの時間よ水銀燈・・・・・」
銀「ひ・・・ひぃぃぃぃぃぃぃデコピンは・・・・デコピンだけは・・・」
紅「・・・・・・・・・ハァァァァァァ」(タメ中)

J「わっすれものーわすれものー」
   ガシャァァァァァァン
J「うわぁぁぁぁ!!・・・・・・す・・・・水銀燈?どうしたんだそのオデコ・・・まるでたこ焼きだぞ・・・・」
銀「ふふふ・・・JUM・・・・我が人生に・・・・・一遍の悔い・・・・な・・・・・し・・・・・」ガクッ
J「・・・・巨星堕つか・・・・・」








銀「ねぇJUM、ぬいぐるみってどこに売ってるのぉ?」
J「おまえがぬいぐるみ買うなんて珍しいなw」
銀「めぐに頼まれたのよ、お願い連れてってぇ。」
J「普通におもちゃ屋とかデパートのコーナーとかでも売ってるだろ。」
銀「いいじゃない、一緒に選んでよ、ねーJUMお願いよぉ。」
J「わかったわかった、連れてってやるからひっぱんなって。」

J「で、どれにするんだ?」
銀「実はもう決めてあるんだ♪」
J「なら一人でも良かっただろ!」
銀「めぐ用のよぉ。私のはJUMに選んでもらうんだから。」
J「ふぅ、じゃああとで選んでおくからそっちを先に探そう。」
銀「・・・う~ん、ないわねぇ。」
J「店員さんに訊いてみたらどうだ?」
銀「そうするわ。―――すみませ~ん。」

水銀燈は駆けつけた店員に目あての品があるが確認しようとした。

銀「ミッキーマウスのメスっておいてない?」








銀「ねぇJUM、自民党の武部さんって知ってる?」
J「なんだよ急に。『最初はグー、サイt(ry』とか言ってた人だろ。」
銀「そう。その人『偉大なるイエスマン』って自分のこと言ってるのよぉ。」
J「ふ~ん、そうなんだ。」
銀「それだけ?あのひと言うほどイエスマンじゃないと思わない?」
J「まあヘンなことしてたしそんなにイエスマンでもなかったかもな。」
銀「そうじゃなくて。ほら、いるでしょ、THEイエスマンというべき人。」
J「え、誰?」
銀「村上ショージ師匠に決まってるじゃない!」








「君が好きです」と素直に言えず夜空の星を眺めて
多分渡すことはできないけど今君に手紙書きます…

「ジュン…私、引っ越すの。」
1ヶ月前の帰り道、彼女は僕にそう告げた…彼女の名は水銀燈。長い銀色の髪と深い赤色の目が特徴の女性だ…
高校に入学して知り合い、いつしか僕は彼女に惹かれていた。それなのに…
ジ「そうなのか…出発はいつなんだ?」
銀「そうねぇ…1ヶ月後かしら。」

帰り道、二人きり 何から話せばいいか分からず
不思議だね、月がほら今日は少し大きく見えるよ
ジ「そうか…向こうでも…元気でな。」(違う!…本当に言いたいのはこんなことじゃないのに…)
部屋に帰るなりジュンは鞄を放り横になった…水銀燈がもうじき遠くに行ってしまう。その事実が彼を追い詰めていた
ジ「くそ…一体なんなんだ…僕は何がしたいってんだよ…」

もう少し僕に勇気があれば変われるのに…
あと少し僕がカッコ良くなれればいいのに…

ジュンは泣いていた…自分の勇気のなさに。本当は行くなと言いたかった…僕のそばにいてくれと言いたかった…だけど…


ジュンは怖かった。自分の存在が彼女の枷になることが…そして何より自分が傷つくことが…
ジ「水銀燈…僕は…」

ジュンはいつしか眠りに落ちていた…そこで彼は夢を見た…それは入学当初、水銀燈が初めて家に来た時のことだった…
銀「これ…ジュンが作ったのぉ?」
ジ「ま…まあな…あんま見るなよ。」
ジュンがデザインし完成させた洋服を目にして真剣に驚く水銀燈…ジュンは何だか照れくさくてまいっていた
ジ「笑うなよ…これでも一応は将来デザイナー志望なんだから…」
言ってしまった。他人には恥ずかしくて口にしてなかった自らの夢を。男のくせにと笑われるのが怖くて…だけど
銀「そう…ジュンならきっと世界一のデザイナーになれるわぁ。」
彼女はジュンの夢を笑わずに信じてくれた…

ジ「!!…夢か…でも…でも!!」
ジュンは机に向かい裁縫キットを取り出し製作に入った。それは去っていく最愛の女性へ向けた自分からの餞のため…不器用な自分ができる精一杯の贈り物…
ジ「今僕ができることをするんだ…僕しかできない、水銀燈のためのことを…」

そして時間はすぎていった


…現在
銀「結局…ジュンは来てくれないようね…」
家の中の荷物をトラックに詰め終わり水銀燈は呟いた。今日でこの町ともお別れ…ならばせめて最も心を許せたジュンに一目会っておきたかった…
銀「ふぅ、しょうがないわねぇ…」
水銀燈が車に乗り込もうとした時だった
「水銀燈!!」
銀「!?」
彼女は振り向いた…そこには息を切らしたジュンが立っていた
銀「ジュン…どうして…」
ジ「水銀燈…君にこれを…」スッ
銀「これは…?」
ジ「開けてみてくれ。君のために作ったんだ…」
銀「これは…ドレス?」
そこには彼女が好きな黒を基調とした見事なドレスが入っていた。
ジ「水銀燈…僕は背も低いし…君と違って冴えない男だ…だけど!!
…いつか僕が世界をあっと言わせるデザイナーになったら…君を迎えに行く。…だからその時は僕と結婚してくれ!!」銀「!!」
それは不器用なジュンができる一生に一度…だが人生で一番の勇気を込めたプロポーズだった
銀「…ぐす…う…嬉しいわぁ…私、ずっと…ずっと待ってるから…」
ジ「あぁ。約束だ。」
ジュンは水銀燈を抱きしめ約束を誓った…
不器用で臆病な僕だけど、一つだけ夢があるよ
人は下らないと笑うけれど、この道を信じているよ
君とは不釣り合いかもしれない 僕は微かに見える星
だけど必ず輝いてみせる…その時に君に言えるよ
BGM:ZONE 僕の手紙









ある研究室の一室。
複雑な電子機械や、難しそうな字が並んだレポート用紙が散らばっている。
その用紙を淡く照らしている実験用ディスプレイには黄色と黒の縞模様を背景に
「COUTION!」の文字。
たった1時間前に革命軍が最終ラインを突破してからあっというまに電子機器のほ
とんどはハッキングにより使い物にならなくなっていた。この研究室の扉が開く
のももはや時間の問題だ。
この研究所はもはや、革命軍に制圧されたも同然だった。
が、しかし。
まだそこに残っている二人の男がいた。年配の白衣を来た男と、まだ若い清閑な顔つきをした男が一人づつ。
「じゃあなぜ水銀燈は下痢にならないんた?」
僕は白衣を来た年配らしい男に問い掛ける。彼は答えない。
「なぜしゃべらない」
白衣の男は黙って床を見つめている。この状況への絶望か、それとも僕の質問に
答えたくないだけなのか。
とにかく時間がない急がなくては。
「急いでるんだ。
手短に頼む」
僕はそういって黒光りするオートマチックの拳銃を突き付けた。
白衣の表情がかわる。
僕はだまって安全装置を外し更に強く押しつけると、
「3…2…1…」
勝手にカウントをはじめた。
「ま、まて! わかったから撃たないでくれ!」

するとさっきまでの頑なな態度とは打って変わって急に饒舌になった。
まったく。
やはり人間はこういう脅しには弱い。
「か、彼女のことはすべてそこにかいてある……」
そういうと怯えた様子で、四散したファイルの一つを指差した。
僕はそのファイルを広い上げパラパラとめくる。
専門用語や見たこともない文字が並んだ用紙がファイリングしてある。
はっきり言ってさっぱりだ。
「翻訳しろ」
彼にファイルを投げ渡し、更に強く銃口を押しつける。
白衣は少し震え、一瞬びくっとなったが彼は淡々と話しはじめた。
「結論からいうと…彼女は人間ではない……」
「は?」
僕は耳を疑った。
「彼女は我々が作り出した人造人間『ローゼンメイデン』の一人だ。
外見はもちろん、すべての器官において人間と酷似しているが人間とは別物だ」
僕は引き金を引きそうになった。
彼女が人間じゃないだと?
「ふざけてるのか?」
僕は憤りを隠せぬまま、感情をぶつけた。
「ほ、ほんとうだ! こんな時に冗談なんて言えるわけがない……。
最初は人工的に肝臓や腎臓などの移植用のものを作っていたんだ……。」



しかし、それはエネルギーを消費しすぎるやはり″失敗作″だった。肝臓ひとつ

動かすのに全身のエネルギーをフル活用するほどの激しい消費をした。
人間の体には無理だ。
また一からやり直しだ。繰り返しだ。
当然破棄しようとした。
でも、そんな時に一人の優秀な研究者がいったんだ」
「……なにをいったんだ?」
「その腎臓が人にあわないのなら、それにあった人を作ればいい」
「……」
僕はただただ黙り込むしかなかった。
彼の言っているの事が徐々に現実味を帯びていたからだ。先ほどまで怯えていたのに今ではすっかり落ち着いていて研究の責任者らしい威厳を発していた。
もしかしたら僕は少し怯えているのかもしれない。
しかし僕のことなんて気にも止めずに男は喋りだす。
「さすがに僕も驚いたよ。
まさに逆転の発想だったからね。
我々はすぐにそれに飛びついた。今まで苦労の結晶をただのごみとして破棄したくなかったらだ。
完成した腎臓の理論を応用すれば筋肉や内蔵は簡単だった。もともと応用できる
ように作ってあったからね。
脳は少し手こずったが、それもすぐにできた」
「それで出来上がったのが水銀燈ってことか……最低だな」
僕はそのまま感情を言葉にして吐き捨てた。


「なんとでも言え。神への冒涜と研究者としての探求心を比べたら探求心が勝ったというだけだ」
かれはそういうと電子機器を少し操作した。そして電子音と共に出てきた一枚のディスクを取り出すとファイルに挟んで僕にわたした。
「罪滅ぼしだ。これに『ローゼンメイデン』のすべてのことがわかる。
幸せにしてやってくれ」
男はそう言うとまた下を向いてしまった。
「急に素直になるんだな。
どうゆう心境の変化だ?」
男はそれを聞き、こう答えた。
「はじめは恐怖で保身しか考えてなかったがよくよく考えたら、私はどっちにし
ても死ぬ。
もう革命軍がそこまで来てるだろう? 情けない話、私は逃げ切る体力などない
だから最後くらいは綺麗事を並べてみたかったんだ」
少し笑いながら話す男に、僕はもう憤りを感じていなかった。
きっと彼はその『ローゼンメイデン』とやらに本気で申し訳ないと思っているのだろう。
だから最初に罪滅ぼしなんて言葉を使っんだ。
自分達の作ってしまった物を他人に幸せにしてやってくれなんて罪滅ぼしになるわけがない。ただ幸せになってほしかったのだ。
僕は銃を下げて、男に言った。
「あんた、ほんとはすごい人なんだな。 いい人でもある」
しかし男は、こう切り返す。
「いや私は平凡な科学者だ。
偽善者のね」
それが男との最後の会話になった。
甲高い金属がはじける音と共に銃弾が飛び交う。
ついに革命軍がここまでたどり着いたようだ。
僕は一番近くにあった窓にフックをかけると音もなく飛び降りた。
同時に後ろから、革命軍の銃声が聞こえる。おそらくあの科学者はもう……。

そう思ったところで僕は考えるのを止めた。
余計なことは考えるな。
生き残ることだけをかんがえるんだ。
僕は着地したあと素早く施設をあとにした。
end

ちょっとした短編のつもりだったのに気がつけば手に追えないストーリーになってしまった
反省はしてないし続かない
|