※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

J「金糸雀、こんなところに呼び出して何?」
金「今日は日頃の感謝を込めてJUMにプレゼントを用意したかしら。」
J「へー、それはどうも。」
金「早速開けてみるかしら。」
J「どれどれ・・・Tシャツか。ってこれは・・・?」
金「どうかしら?カナが選んだのよ。」
J「・・・これもプレゼントなのかな?」
金「どれのこと?」

チュッ・・・

金「きゃっ、いきなり何するかしら(////)」
J「だってTシャツに『kiss me』って。」
金「デ、デザインで選んだだけかしら。」
J「・・・ゴメン。」
金「・・・もうっ、次からはいきなりなんて許さないんだから。」
J「ちょ・・・それって!?」

金(ミッションコンプリートかしら(////)




金「ねえJUM、『目は口ほどにものを言う』って言うけど本当かしら?」
J「うーん、状況によっては判ることもあるけどな。」
金「『嘘をついてる目』って言うのは視線も関係あるのよ。」
金「ちょっと試してみるかしら。JUM、私の目を見て。」
J「ああ。」
金「何でもいいから考えてくれるかしら?」
J「・・・いいぞ。」
金「さーて、何を考えてるのかしらー♪」
J(ちょ・・・金糸雀・・・近過ぎw)
金「そらさないで!」
J(は、恥ずかしい・・・・・・/・・・・金糸雀って目が大きいな、吸い込まれるって言うか)
J「・・・かわいいな。」
金「ちょ、ちょっとJUM何言ってるかしら(////)」
J「わーゴメン(////)」
金「もう、でもこれでわかったかしら!」
金「今JUMはずっと私のこと考えてたかしら!」
J「い、いや、そんなことないよっ。」
金「今のは嘘ね!視線が逸れてるかしら!」
J「う。そんな近くで見つめられたら仕方ないじゃないか。」
金「ふふ、今のも嘘かしら。」
J「くっ、ああそうだよ。僕は金糸雀のことが好きだ。」
金「JUM、その言葉を待ってたかしら~。」
J「アーッ、金糸雀、お前!?」


金「世話の焼ける子ね、かしら♪」





『夕暮れ』

紅「じゃあまた明日ねJUM」
J 「うん。またね真紅」
僕はいつものように真紅と別れて家路へと急いだ。でも、いつもよりちょっと遅くまで遊んでしまった。
もう夕方の5時。辺りもだんだん暗くなり、なんだか心細く感じた。

J 「早く帰らないと…そうだ!」
僕は近道を思い出した。時計屋の裏の抜け穴を通って公園に抜ければ僕の家はもうすぐだ。

J 「よいしょっと…」
抜け穴を通り公園に出た。お家はもうすぐ!そう思って起き上がり、走り出そうとするとふと僕の目に見知らぬ少女の姿が映った。
その子は一人で淋しそうにブランコに座っていた…


その子は僕より少し幼く見えた。

J 「年少組の子かな?」
だとしたら僕のほうがお兄さんなんだから何とかしてあげないと!そう思って僕はその子に声をかけた。

J 「どうしたの?おなまえは?おとしはいくつ?」
金「かなりあ。5さいかしら。ブランコ遊びしてるの」
僕より年下だと思ったその子は僕と同い年だった。
幼稚園児ぐらいじゃ、早生まれか遅生まれかで体の大きさがかなり違うからそんなに驚かなかったけど。

J「そう。僕の名前はJUM。僕も5さいだよ。薔薇幼稚園に通ってるんだ」
金「カナはそこの保育園に行ってるの」
そう言ってその子は指さした。そういえばこの公園の横に保育園があったっけ。

J「そうなんだ。でもどうしてこんなとこに一人でいるの?早く帰らないとパパやママが心配するんじゃないの?」
金「パパはいつもお仕事で遅いの。だからカナはいつも一人でパパがおむかえに来てくれるの待ってるかしら」
金「それに…カナのママはカナが生まれてすぐ死んじゃった。だからカナはパパが帰ってくるまで一人っきりかしら」
J 「そう…だったの」
だからこの子はこんなに淋しそうに見えたんだ。ママがいない。それだけでも僕はどれだけ淋しいかわからないのに。
パパが来てくれるまで、この子はいつも一人ぼっちなんだ…

J「…じゃあ君のパパがおむかえに来てくれるまで僕と一緒に遊ぼう?」
金「いいの?ほんとにほんと?」
今まで沈んでいた金糸雀の顔が急に明るくなった。笑うとこんなにかわいいんだ。

J 「うん!何して遊ぶ?」
それから金糸雀のパパがおむかえに来るまで、僕たちは二人で遊んだ。二人でおにごっこをして、ブランコ遊びをして…
あっという間に辺りは真っ暗になった。


金糸雀と遊び始めて1時間くらい経っただろうか。ふと見るとスーツを着た男の人が近づいてきた。

金「パパ!」
そう言って金糸雀はその人の元へ走っていった。そうか。あの人が金糸雀のパパなんだ。

金糸雀はパパに抱きついてうれしそうに話をしていた。金糸雀のパパもうれしそうにその話を聞いていた。
その様子を見てなんだか淋しくなってきた。…早く帰ろう。

J「パパがおむかえに来てくれてよかったね。じゃあ僕ももう帰るね」
そう言って僕は帰ろうとした。すっかり遅くなっちゃったからパパもママも心配してるだろうな。

金「まって!」
帰ろうと思って振り返ると金糸雀に呼び止められた。どうしたんだろう?

J 「どうしたの?」
金「あのね…よかったら…またカナとお遊びしてくれるかしら?」
J 「うん。もちろん!」
金「ほんと?ありがとうJUM!」

金「JUMがいてくれたから今日は楽しかったわ。ほんとにありがとう。これはおれいかしら」

チュ・・・

J 「え?」
ふいにほっぺたにやわらかい感触がした。

金「じゃあまたねJUM!」
そう言って金糸雀はパパの元へと走っていった。そしてパパに手を引かれて帰っていった。
僕は帰っていく二人のうしろ姿をただ呆然と眺めていた。


J 「……はっ!」
ふと我に返った。ようやく何が起こったのか理解できた。

J 「チューされちゃった…」
そう声に出したら急に恥ずかしくなった。耳が熱くなった。

J 「…帰ろう」
そう独り言を言って僕は走り出した。

お家に帰るともう7時だった。予想通りパパとママはすごく心配してたみたいで、ひどく怒られた。
でも僕はまったく上の空で、二人の説教なんてまるで耳に入ってこなかった。金糸雀の笑顔が頭から離れなかった。
パパとママも僕の様子を察したようで、もういいから早くご飯食べて寝なさいと呆れ顔で言った。
そして僕は早々にご飯を食べて、お風呂に入り、そして布団にもぐった。
布団に入っても浮かんでくるのは金糸雀の笑顔だった。

J 「……また公園に行ったら会えるかな…」
また遊ぼうって約束したんだもん。きっとまた会える。
そう思って僕は目を閉じた…




担任に頼まれた用事を済ませ校舎を出ようとしたら雨が降り出した
「ちくしょー。梅岡の奴、タイミングが悪いなー。」
授業が終わって教室を出る時窓を見たら雲一つなかったのに
「まあ、置き傘あるし。良いか。」
こんな事もあろうかと学校に置き傘をして置いたのだ
「あれ?傘がない?」
置き傘して置いたはずの傘がない
「ちくしょー!誰だ!傘持って行ったのは!」
突然の雨で誰かが持って行ってしまったのだろう
楽しようと思った罰かも知れない
「はあ、仕方ない。ちょっと図書室あたりで時間潰すか。」
靴を履き替えようと思い振り返ると見知った顔があった
「あら?JUNかしら?」
同じクラスの金糸雀だ
「おっす、金糸雀。まだ帰って無かったのか?」
「クラス委員の集まりがあってまだ残ってたかしら。」
「大変だねー。委員長も。」
「仕方ないかしら。それにあのクラスをまとめるのは
カナぐらいの策士じゃないと無理かしら。」
策士ねー。確かに金糸雀は良くやってと思うけど
クラスをまとめきれてるかと言われると……
まあ、ノーコメントで


「ところでJUNはこんな所で何してるかしら?」
「帰ろうしたら雨が降って来たんだよ。」
「傘は無いのかしら?」
「置き傘があったんだけど誰かに持って行かれたみたいなんだ。」
「あらーかしら。」
「仕方ないから図書室で時間でも潰そう思ってるんだ。」
「ふっふっふ。カナはしっかり折り畳み傘を持ってきたかしら。」
「なんだよ。自慢かよ。じゃあさっさと帰れよ。僕は図書室行くから。」
「ま、待つかしら。」
「なんだよ?」
「雨止みそうに無いし、ちょっと狭いけど良かったらカナの折り畳み傘に入った行くかしら。」
「良いよ。お前濡れちゃうし。」
「別に気にしないかしら。これもクラス委員としての務めかしら。」
そう言って強引に僕の腕を取り歩き出す金糸雀
まあ、正直助かったのでお言葉に甘えるとしよう

「近いって。金糸雀。」
「傘が小さいから仕方ないかしら。もっとくっ付くかしら。」
「わ!腕を絡めるなよ。」
「雨だから仕方ないかしらー。」

後日談
「金糸雀、昨日は傘ありがとぅ。お陰で助かったわぁ。」
「置き傘ぐらい策士のカナには当たり前かしら。」
「でもあの傘、男物じゃないのぉ?」
「気のせいかしら。」
「まあいいわぁ。はい、これお礼のヤクルトよぉ。」
「毎度ありかしら。」
(この学校一の策士の金糸雀が楽してずるしてJUNとヤクルトいただきかしらー。)




タッ、タッタッ…。
闇夜に足音が一つ、それはそれは小さな足音が一つ。
シュタッ!
小さな影は家の屋根の上に止まり、町全体を見渡す。
「大丈夫かしら、ピチカート。」
光る物体に話し掛けてるのだろうか、影は続ける
「通行人は皆無だわ、侵入するにはもってこいなのかしら!」
光る物体は頷くような仕草を見せ、影の周りを飛び回る。
その時映しだされた影は、黄色い女の子が頭巾を鼻の所で結い仁王立ちしている姿だった。。
「最終確認よ、ピチカート。あなたの調べによれば目標の窓は昨日翠星石が破ったままよね?」
コクコク
「そうよね、そうよね。それではカナなのおとっときのこれで、計画どうり闇夜に紛れ窓から侵入という寸法かしら。我ながら恐いくらいにタクティクスかしらー!」
そう言うと、カバンから縄梯子を取り出し、窓に掛けだす。
「現代に蘇った鼠小僧ことこの金糸雀、みっちゃんの借金返済のため、この桜田家の財産ありったけ、楽してズルして頂きかしらー!」


JUM「ってかうるせー!!」
金「ピキャーーー!!!」

頑張れ金糸雀。
負けるな、僕らの金糸雀!




駅前で金糸雀さんが誰かを待っています
おめかししている所をみるとデートのようですね
「この金糸雀の考えた完璧なデートコースでJUNは一ころかしら。」
おや、どうやらお相手は同じクラスの桜田JUN君みたいですね
どうでも良いですけど駅前で独り言は止めましょう
皆さん気味悪がってますよ
「おーい、お待たせ金糸雀。」
おっとお相手が来たようですね
しっかり五分前に来てる辺り好感を持てますね
「まった?」
「大丈夫かしらー。」
実は金糸雀さん約束の一時間前に来てたですが。まあ、そこは黙っておきましょう
「で?今日は何処行こうか?」
「ふっふっふ、今日はカナにお任せかしら。完璧なデートコースを考えて来たかしら。」
「そう言う事なら今日は金糸雀にまかせるよ。」
「任せるかしら。タイタニックに乗った気でいるかしら。」
おやおや金糸雀さんは自信満々なようです
でもタイタニックだと沈んでしまいますよ
「まずはオープンテラスが可愛い喫茶店でお茶するかしら。」
どうやら、ちゃんと調べてきたみたいですね
「あ、満席かしら…」
おや、どうやら目当ての喫茶店は満席みたいですね

「うー、仕方ないかしら先に映画に行くかしら。」
おっと次は映画のようです
「あの映画、凄い評判が良いかしらー。」
「へー。」
「申し訳ございません。ただ今、『くんくんVS怪盗二万一面相は四時間待ちになります。」
「……。」
「……。」
映画は評判に比例して凄いお客さんのようですね
「……ちょっと早いけどご飯にするかしら。」
「……そうだね。」
映画は諦めたみたいですね
確かに食事には若干早いですけどまあ許容範囲の時間じゃないでしょうか
「美味しいパスタの店かしら。隠れた名店かしら。」
「へー僕パスタ好きなんだよ。」
「ふっふっふ、知ってるかしら。」
相手の好みをチャンと把握してるみたいです
流石は策士を自称するだけはありますね
「ここの路地の裏かしら。」

都合により閉店しました

どうやら隠れた名店は隠れていたせいで閉店してしまったみたいですね

「うぅ、こんな筈じゃなかったかしら~。」
あらあら計画が全部つぶれた金糸雀さんは落ち込んでしまいました
「ごめんかしらJUN。折角のデートなのに……。」
ちょっと涙目になってます
そんな金糸雀さんにJUN君は
「なあ金糸雀もし良かったらさ?」
「?」
「家に遊びに来ないか?」
「へ?」
「何も無いけどお茶ぐらいは出すし。」
「行っても良いかしら?」
「家でデート何て金糸雀の考えたデートコースに比べるとあれだけど…。」
「そ、そんな事無いかしら!JUNのお家行ってみたいかしら。」
「そうか。なら家行こうか。」
「やったかしら!JUNのお家にお邪魔するかしら!」
「そんな大した家じゃないぞ?」
「そんな事、関係無いかしら。JUNの家に遊びに行く事が嬉しいかしら。」
「そんな物かね~?まあ良いやこっちだよ。」
「早く行くかしらー。」
どうやらJUN君はとても良い人みたいです
良かったですね。金糸雀さん


おまけ

(ふっふっふ、予定通りJUNの家に進入出来そうかしら
あとは、カナお手製の料理をご馳走してJUNをイチコロかしら。)
……どうやら金糸雀さんは自分で言うだけあってかなりの策士のようですね
(楽してズルしてJUNのハートをいただきかしら!)


お終い




「ジュンの事
ラクしてズルして
ゲットかしら~」

金糸雀



金「怖いかしら~(T-T)」
ジ「そんなにくっつくなよー」
金「グスン だってかしら」
ジ「ほらもう泣かない」チュッ
金「エッ!//////アッ!/////////ハゥンかしらwwwww」


紅「ちっ!あの手があったか!」




金「誰もいないのかしら。とりあえず保守かしら~」
みっちゃん「あぁ~ん、保守するカナも激カワぁ~!」
金「みみみみ、みっちゃん!いつからそこに!?」
み「カナあるところに私あり、ってね!カナの傍には、いつも私がいるよ~!」
金「…みっちゃん…それほどまでにカナのことを?」
み「もちろんよ!カナの為なら、例え火の中水の中草の中森の中♪」
金「土の中雲の中あのコのスカートの中♪かしらー!」
み「あぁ~もう!お歌を歌うカナもかわいすぎ~!!愛してるぅ~~!!」
金「カナもみっちゃん大好きかしら~!」
み「あぁんもうっ!カナァァア~~~!!」
金「きゃああああっ!まさちゅーせっちゅぅぅうううう!」



|