※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕はオタク狩りにあいました。
それは最近のことです・・・


銀「あらぁ~JUMじゃない、いま帰りぃ~?」
J「あ、先輩じゃないですか、チィーッス。先輩も、いま帰りですか?」
銀「そうよぉ。」
J「そうですか、・・・途中まで一緒に帰ります?」
銀「そうねぇ~・・・久々だしねぇ~・・・一緒に帰ろっか♪」
J「うい~。」



銀「・・・それにしてもホント久しぶりよねぇ~。」
J「はい?何がですか?」
銀「こうやってJUMと一緒に帰るのがよぉ~」
J「あ~・・・そういえばそうですね。」
銀「・・・最近は薔薇水晶といつも一緒だもんねぇ~?
  私にはもうあきちゃったのかしらぁ?w」
J「なんですかそれwww」
銀「私とは遊びだったのねぇ~!www
  あんまりよぉ~・・・(つд⊂)エーン」
J「なんですか、この流れwww・・・でも、久々ですねwこういうやりとりw」
銀「そうねぇ~w・・・(つд⊂)エーン」
J「ちょwwwいつまで泣きまねしてるんですか!!w」
銀「昔のJUMならここで後ろから抱きしめながら
  耳元で慰めの言葉をかけてくれたわよぉ~?・・・(つд⊂)エーン」
J「いやwそんなことしたことないd・・・ありましたね~そういえば(・∀・)ニヤニヤ」
銀「・・・え?」
J「そうですね~wいつも通りの事をやんないと泣き止んでくれませんでしたよね~w昔はw」
銀「え!?ちょ、さっきのは冗d」
J「いや~w僕ってよく物事を忘れちゃったりするんですよ~wサーセンwww」
銀「いや、もう泣き止んだから!もう大丈夫よぉ!!」
J「はいはいwまた泣かれても困りますからね~wやることはちゃんとやっとかないとね~w」


ギュッ

銀「あ・・・(///)」
J「先輩・・・僕はいつだって先輩のことを大切に思ってますよ・・・
  だから、もう泣き止んでください・・・先輩に涙は似合いませんよ。」
銀「・・・(///)」
J「先輩の髪・・・いいニオイがしますね・・・」
銀「ああん・・・JUMぅ~・・・(///)」
J「・・・ハイッ!!終わり!!」
銀「・・・?( ゚д゚)」
J「やっと泣き止んだみたいですね~wよかった、よかったwww」
銀「!?・・・もぉ~wだからさっきから泣き止んでるって言ってるじゃな~いwww」
J「まあ、いいじゃないですかw昔からやってたことなんでしょ?w
  今更問題がありますってことはないですよね?w」
銀「もぉ~wJUMってイジワルよねぇ~w」
J「はははwよく言われますよwww」

銀「ふふっwww・・・あ、JUMぅ~今日、暇なんでしょ?
  これから家によってかな~い?」
J「いいですね~・・・って言いたいとこなんですけど、今日は薔薇先輩が料理を作って家で待ってるんですよ。
  だから今日は無理ですね~」
銀「え~!!いいじゃなぁい、今日くらい!!」
J「いや、流石に駄目でしょ~?薔薇先輩にもなんか悪いし・・・(;´Д`)」
銀「へ~・・・私の誘いはどうでもいいと思ってるんだぁ~?」
J「いや!!・・・そんなことは思ってないですけど~・・・(;´Д`)」
銀「・・・泣いちゃうわよぉ?」
J「もう勘弁してくださいm( __ __ )m」
銀「やったー♪じゃあ、来てくれるのね♪」
J「なんでそうなるんですかね?」
銀「じゃあ、今日は私がなんか作ってあげるわぁ~♪」
J「話を聞いてください、頼みますから。」
銀「JUMは何か食べたいものある~?リクに答えちゃうわよぉ~?w」
J「そうですね~カキフライが食べたいですね~」
銀「ちょwwwあきらめるの早っ!!w」
J「いや~もういいですよ・・・飯食うだけならそんなに遅くもならないだろうし・・・
  帰ったら薔薇先輩のも食べます、ようは俺が頑張ればいいんですよw」
銀「お~!!wJUM男前ぇ~www」
J「元凶がなに言ってるんですかwww」
銀「ふふふwww・・・でも、カキフライならスーパーでできたの買ったほうが楽ね~・・・」
J「ちょwww手作りじゃないんですか!?www」
銀「え~www手作りはめんどくさいじゃなぁ~いwww」
J「もうお任せしますwww」


銀「じゃあ、今から買い物にいきましょ~♪」
J「今からですかwww」
銀「そうよ~wそんなに都合よく家にカキフライがあると思ったの~?www」
J「いやwwwカキフライはさすがにないとは思いましたけどw
  ・・・結構、時間かかりそうだな~って。」
銀「薔薇水晶のこと気にしてるのぉ~?・・・大丈夫よぉ!!
  あとで私から電話しといてあげるから。」
J「・・・じゃあ、お願いしますね?先輩が電話してくれるんなら
  薔薇先輩も納得してくれると思いますんで・・・」
銀「まかせて~♪・・・じゃあ、新婚さんみたいに腕をつなぎながら
  スーパーに行きましょ~ね~♪」
J「はい!?何言ってるんですか!?」
銀「いいじゃな~いw今日ぐらいw」
J(・・・まあ、今日ぐらいいいか。)
銀「ふふ~ん♪」


まあ、その後、買い物行ってご飯を食べて終わりだと思ったんですけど・・・
色々とありまして~・・・、すぐには自分家に帰れませんでした(;´д`)ゞ

結局、朝方の5時ぐらいになんとか銀先輩の家から逃げだしてきたんですけど~・・・
結果的に薔薇先輩との約束を破ってしまい、今まで他の女性(しかも薔薇先輩の友達)と一緒に
いましたなんて言える訳がないので、帰ったら言い訳を考えよう、その日はもう寝ようと思ったんです。

そしたらいたんです。薔 薇 先 輩 が !!

薔「JUM~お帰りなさ~い(-∀ー#)」

・・・朝方の5時ですよ?

薔「うん♪昨日からずっと待ってたんだよ♪(-∀ー#)」

これは予定外だ・・・!!どーしよ?

薔「どーしたの?そんな脅えきった顔して~?汗すごいよ~?」

僕は・・・

薔「あ~そういえば昨日、銀ちゃんから電話があってね~♪
  JUMと一緒にいるの~とか言っててね♪」

逃げ道がないと、うすうすは気づきながらも・・・

薔「今まで銀ちゃんと何してたのかな~?」

必死に言い訳を考えたんだ・・・


薔「なんか言い訳でもあるかな~?」


J「先輩・・・なんか誤解をしてるようなんで言っときますね。」
薔「うん?」
J「僕は銀先輩とは一緒にいましたけど、すぐに別れたんですよ?」
薔「へ~?じゃあ今まで私の約束をほったらかしにして
  どこで道草くってたのかな~?」
J「仕方がなかったんですよ・・・その後に色々とありましてですね。」
薔「ふ~ん?何があったのかな~?」


J「・・・オタク狩りに・・・あってたんです・・・」

薔「・・・」

J「・・・いや~大変でしたよ~w奴ら100人以上で僕一人に絡んできたんですよ?w
  流石に数が半端じゃなかったんで逃げながら戦ったんですよ~w
  それで、予想以上に時間がかかっちゃいましてねw
  まあ、全員返り討ちにしてやりましたけどねwはははwww」




結局、僕の苦しい言い訳は通らなかった。

そして、今、僕はどこかに閉じ込められてる・・・
もう、何日たったかわからない、鉄格子の窓から見える月を眺めながら
僕は自分の不甲斐なさを悔やみながらオタク狩りをするやつらを呪った。


おわり
|