※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新ジャンル「百合女帝のり」を提唱してみるテスト


翠星石「や、やめるです蒼星石、翠星石達は姉妹で……」
蒼星石「ふふ……可愛いよ、翠星石」
翠星石「あぁ、いや、ダメですぅ……」
のり「あらあら蒼星石ちゃん。ダメよぅ、そんなことしちゃ」
翠星石「の、のり! いいところに来たですぅ、翠星石を助けてですぅ!」
蒼星石「のりさん……僕と翠星石の愛の世界に踏み込んでこないでくれませんか」
のり「そういう訳にはいかないのよぅ。だって、私も翠星石ちゃんが好きだもの」
翠星石「は?」
のり「翠星石ちゃんって、ツンデレっていうの? ジュンくんとケンカして
   ばかりだけど、時々とっても幸せそうで、とっても可愛いんだもの」
蒼星石「のりさんも、か……でも翠星石は渡さないよ!」
のり「うふふ……そんな口が利けるのも今のうちよぅ。ほら」
チュッ
翠星石「! ○×△□◎#※~~~~~~~~!?」
のり「ん……はむ……はぁ……んふぅ…………素敵よ、翠星石ちゃん……」
蒼星石「の、のりさん……やめて! 翠星石が嫌がってるじゃないか!」
のり「あら、そう? 翠星石ちゃん、とぉっても気持ちよさそうよぅ?」
翠星石「の、のりぃ……」
のり「翠星石ちゃん、もっとして欲しい?」
翠星石「は、はいですぅ……のりのちゅーは気持ちいいですぅ……」
蒼星石「す、翠星石……うわぁぁぁぁぁんっ!」
のり「あらあら、行っちゃった。後でたくさんしてあげるのに……」
翠星石「のりぃ、もっとですぅ……もっともっとちゅーして欲しいですぅ……」
のり「あらあら、翠星石ちゃんったら……♪」










のり「ただいまー」
水銀燈「あらぁ、のり? 乳酸菌とってるぅ?」
のり「あ、水銀燈ちゃん。どうしたのぅ?」
水銀燈「ジュンが勉強教えて欲しいって言うから、来てあげたのよぉ」
のり「あら、そうなの……ありがと、水銀燈ちゃん」
水銀燈「べ、別にぃ……ジュンがどうしてもって言うから、仕方なくよぉ」
のり「じゃあ、飲み物でも出してあげる。ヤクルトでよかった?」
水銀燈「ええ、頂くわぁ」
カチャカチャ
のり「……ねぇ、水銀燈ちゃん。貴女、ジュンくんのこと、好きなのぅ?」
水銀燈「んぅ!? ちょ、いきなり何言ってんのよぉ!?」
のり「いいのよぅ、隠さなくて。好きなんでしょ?」
水銀燈「そ、それは……まあ、き、嫌いではないわぁ……」
のり「そう。ああ、妬けちゃうなぁ。私、水銀燈ちゃんが好きなのに」
水銀燈「え?」
のり「だから、こぉんなこともしちゃうのに」
(水銀燈のヤクルトを取り、それを口に含んで水銀燈に口づける)
水銀燈「んむぅ……!?」
のり「ん……ふぅ……あむ…………どう? 美味しい?」
水銀燈「お、お、お、お馬鹿さぁん! こ、こんなの、女の子同士でぇ……」
のり「だって、好きなんだもの。キスって好きな人にするものよぅ?」
水銀燈「だ、だからって、女の子同士でやらなくたっていいじゃなぁい!
    のりのお馬鹿さぁん!」
のり「ああ、行っちゃった……水銀燈ちゃんの唇って、ヤクルト味なのよねぇ」







百合女帝のりvol.3(NGワード yuriyuri)

みつ「あぁ~~ん可愛い―――! カナ超萌え―――!」
金糸雀「キャ―――! ほっぺが摩擦でまさちゅーせっつかしら~~~!」
のり「あらあら、二人とも仲良しさんなのねぇ。私も混ざっちゃおうかなぁ」
ピトッ、スリスリスリスリ……
金糸雀「の、のり?」
みつ「むっ、のりちゃん……私に対抗してまさちゅーせっつね?」
のり「あぁん、カナちゃんのほっぺってスベスベでいい気持ち……」
金糸雀「あぅぅ、くすぐったいかしらぁ……」
みつ「素人にしてはなかなかやるわね。でも、まさちゅーせっつ道を極めた
   この草笛みつを甘く見ないで欲しいわね!」
金糸雀「キャ~~~! ほっぺがどっちもまさちゅーせっつかしら~~~!」
~そして小一時間後~
金糸雀「くすん、ほっぺがヒリヒリするかしら……」
みつ「あー……カナ、ごめんね?」
のり「あらあら大変、カナちゃんのほっぺが真っ赤よぅ?」
金糸雀「もう……みっちゃんとのりのせいかしら!」
のり「ごめんね、お詫びに……」
ペロッ
金糸雀「ひゃあっ! の、のり、何してるのかしら!?」
のり「あむ……れろ……んむ……カナちゃんのほっぺって、本当にスベスベで
  羨ましいわぁ。お餅みたいに柔らかいし……美味しい」
金糸雀「か、カナのほっぺは食べ物じゃ……ひゃう! やぁ……ん……」
みつ「の、のりちゃん……負けないわよ! 私もカナをペロペロしちゃう!」
金糸雀「ちょ、みっちゃんまでぇ……かしらぁ~~~……」

百合女帝のりにライバルが現れたようです。









百合女帝のりvol.4
(NGワード yuriyuri)

のり「こんにちは~」
めぐ「あら、珍しいお客さんね……って水銀燈? 何隠れてるの?」
水銀燈「だ、だってぇ……」
のり「あらあら水銀燈ちゃん、どうしたのぅ? 具合でも悪いの?」
水銀燈「わ、私にあんなことしといて、よくもいけしゃあしゃあとぉ……」
めぐ「どうしたのよ、水銀燈。のりさんがどうかしたの?」
水銀燈「めぐぅ……のりが、のりがねぇ……」
のり「ああ、この間のことね? 私が水銀燈ちゃんにキスしたの」
水銀燈「ちょwwwww説明させろwwwwwww」
めぐ「……のりさん、どういうこと?」
のり「だって、水銀燈ちゃんが可愛すぎるんだもの。唇も柔らかくて、甘くて、   ヤクルト味だったなぁ。美味しかったわよぅ」
めぐ「のりさん……貴女って人は……どうして私も誘ってくれなかったの!?」
水銀燈「……えぇ?」
めぐ「私だって水銀燈にキスしたかったのに……ああ、あの汚れのない銀色の
   髪は、どんないい香りがするの? あのぷっくりした唇は、どのくらい
   柔らかいの? ああ、私の水銀燈……」
水銀燈「ちょ、めぐぅ!? 貴女もぉ!?」
めぐ「まあ、ファーストキスは奪われちゃったみたいだから仕方ないけど……
   今度からは、ちゃんと私にも声かけてよね」
のり「そうねぇ……独り占めはよくないわ。じゃあ、これから二人で水銀燈
   ちゃんにキスしましょ?」
めぐ「いいわね。それじゃ早速」
水銀燈「ちょ、ま、お馬鹿さぁん! まさかめぐまでぇ……らめぇぇぇぇ!」

百合女帝のりに百合友(とも)が出来たようです。
|