※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真「ジュン……」
J「真紅……」
真「私は少しあなたの元から離れなきゃいけないのだわ……」
J「あぁ……」
真「だけど絶対あなたの元に戻って来るのだわ!」
J「待ってるからな!僕はいつまでも君の帰りを……何があろうと!!」
プシュー。
真「ジュン……もう行かなきゃ……」
J「真紅……また会えるよな!?」
真「きっとまためぐり会えるのだわ!!」
プルルルルルッ。
J「真紅!」
真「ジュン!」
真「あなたは永遠に私の下僕なのだから他の人間に仕えてはダメなのだわ!!」
J「分かってる!真紅こそ僕の他に下僕仕えさすんじゃないぞ!!」
真「そんな事する訳ないじゃない……!」
J「毎日電話するからな!」
真「待ってるのだわ……」
J「帰って来たら二人で遊びに行こうな!」
真「お花畑に行きたいのだわ……」
J「あぁ行こう!お花畑にもどこにでも行きたい所に二人で行こう!!」
真「ジュン!手が……離れてしまう……」
J「真紅!僕はお前の事だけを愛してるー!」
真「私も!私もジュンだけを愛してるのだわー!」
J「真紅ー!!」
真「ジューン!!」


真「ジュン……ぐすっ……ジュン……」
水「あなたたちバカじゃなぁい?」
真「水銀燈!?あなた私の気持ちが分からないの!?」
水「分からないわよぉ。日帰り旅行するだけで永遠の別れみたいなノリの恋人同士の気持ちなんて分かりたくないわぁ。」
真「でも私が居ない間にジュンの気持ちが私から離れる気がするのだわ……ジュン……」
水「はいはぁい。もう聞き飽きたわよぉ……」
プルルルルルル。
真「……もしもし?」
J「真紅!真紅か!?」
真「その声はジュン!ジュンなの!?」
J「あぁ僕だ真紅!無事で良かった……」
真「ジュン……そんなに私の事を心配して……」
J「当たり前だろ!君は僕にとって一番大事で大切な守らなきゃいけない人なんだから!!」
真「ジュン……私もあなたが一番大事で大切な守らなきゃいけない人なのだわ!!」
水「私も恋人作ろうかしらぁ?……はぁ。」

終わり









真「JUM、朝ご飯ができたわよ。」
J「今日はオムレツか―――ってなんか形が(ry」
真「うるさいわね、金糸雀みたいにはいかないけど少しは進歩してるでしょ?」
J「まあ、確かにうまくはなってきてるか。」
真「でしょう?」
J「味は普通のオムレツだな。うん、これなら及第点だ。」
真「練習の甲斐があったのだわ。」
J「それよりもこのつけあわせのポテトサラダがうまいな。味付けもバッチリだ。」
真「そ、そう。それは、よかったのだわ。」
J「うまいうまい。これなら得意料理って言ってもいいくらいだ。」
真(お湯で溶いたじゃがりこだなんて言えないのだわ)










ジ「なあ、真紅。このお茶を試してくれないか?」
紅「・・・変わった香りね。どうしたの、これ」
ジ「お前の為に、僕が栽培して、摘んだんだよ」
紅「・・・・・・ありがとう。喜んで頂くわ」


ブフゥーーーーッ!!


紅「なっ!? なんなの、これ!?」
ジ「なにって・・・ドクダミ茶だけど」
紅「・・・・・・」
ジ「ごめん。口に合わなかったみたいだな。
  でも、誤解しないで欲しい。
  僕は本当に、真紅に美味しいお茶を飲んでもらいたくて」


紅「い、今のは・・・熱くて噴いてしまったのだわ。
  味は、決して悪くないわよ。香りも、まあまあね」
ジ「真紅――」


紅「あら? いつの間にか、飲み干してしまったわ。
  ジュン・・・・・・もう一杯、ちょうだい?」








真「今日こそ完成させるのだわ。」

真紅は丸々としたサツマイモを掲げて意気込んだ。
のりに薦められてお菓子作りを始めて9ヶ月。
これまで様々なメニューにチャレンジし
こつこつと地力をつけてきた真紅であったが
スイートポテトだけはうまく作れていなかった。

真「まずサツマイモを茹でて、次に裏ごしして、と。」

大きな鍋にたっぷりと水を注ぎサツマイモと茹で上げると
ボールにかぶせたふるいに乗せてしゃもじで押しつぶしていく。

真「砂糖、バターに卵黄・・・今日は生クリームも入れてみるのだわ。」 

錦糸玉子のようなサツマイモに材料を混ぜてスイートポテトの種ができた。
あとはアルミのカップに盛り付けてオーブンで焼いて完成だ。

真「焼く前に味見をしておきましょう。――――ん~、極甘!
  でも砂糖と生クリームを加えたというのにくどくないのだわ。」

真紅は準備しておいた紅茶をカップに注ぐとスイートポテトの種を
そのままお茶請けにして全部食べてしまったとさ。








~真紅よりくんくんへ~

届カナイ愛ト知ッテイルノニ抑エキレズニ愛シ続ケタ

by真紅







 《不人気的な彼女》

紅「ねえ、金糸雀。今ちょっといい?」
金「なにかしらー?真紅がカナに相談だなんて珍しいかしら」
紅「・・・・実はね」
 ・
 ・
金「ふむふむ。つまり人気を高めたいって言うのね」
紅「ええ。何かいい方法は無い?」
金「それはエベレスト登頂より難し・・・・」
紅「貴女しか居ないのよ。策士の貴女だけが頼りなの」ギュッ!!
金「(*゚д゚*) そ、そうよね~。他の娘たちに妙案なんて出せっこないかしらー。
  この天才策士カナにお任せかしらーっ!おーほほほほほほ!」
 ・
 ・
金「てな訳で、この紙に書いてある台詞を駅前の広場で言えばバッチリかしら」
紅「根拠は?」
金「お釈迦様とチャネリングして、命令電波を受け取ったかしら」
紅「あ・・・・ありがとう(ちょっと不安なのだわ)」

  そして駅前広場にて。

紅「抱いて頂戴」

  ドドドドドドドドド――

紅「す・・・凄い効果だわ!!金糸雀、貴女は天才よ!!」


(´・ω・`)ごめんよ。電波的な彼女を読んでたら思い浮かんだんだ。








「真紅、僕はとんでもない事に気付いてしまった」
「何に気付いたというの?ジュン」
「真紅、お前は不人気だ不人気だと言われはぷし!」
「不人気などと言うものではないわ」
「いてて…話の途中で殴るなよ。いいから最後まで聞いてくれ」
「主を馬鹿にするような物言いは感心できないからしつけたまでだわ」
「いいから、聞けって」
「…いいわ、聞いてあげる」
「お前は不人気だと言われているけど、実はそうじゃないんだ」
「慰めのつもり?」
「事実だよ。お前は不人気じゃない。ただ……」
「ただ、何?」
「他の連中の人気が高すぎるんだ。レベルが高すぎるんだよ」
「どういう事?」
「例えば真紅、身長190cmの男を見てどう思う」
「どうって、背が高いわねと思うわ」
「そうだ。でも、そいつが身長2mの男達の中に居たら?」
「その人だけ低い……あっ」
「そういう事。お前の人気が無いわけじゃないんだ。他の奴らが人気ありすぎなんだよ」
「…ジュン。貴方って、時々凄いわね」
「時々は余計だ」
「あら、褒めているのよ。私の下僕ならば聡明でなくてはいけないもの」
「はいはい」
「ジュン、抱っこして頂戴」
「はいよ…相変わらず軽いなお前は」
「レディですもの……ジュン、………」
「はは、どう致しまして」

真紅が何と言ったのかはお前等で想像しる。








真紅は毎朝JUMに起こしてもらっています。

「おい真紅、起きろ。朝だぞ」
「……///」
「真紅、起きろって……ん、なんだこれ?」


真紅起こし方マニュアル
その1まず布団に入ります。
その2腕枕をします。
その3そのまま頬にキスをします。
その4すると、真紅が目をさますので、最後のしめに「おはよう」と声をかけ、おでこにキスをしましょう。
これをやってあげると、一日機嫌が良くなります。


「……ほんとは起きてるんだろ?」
「……///」
「こんな恥ずかしいこと僕にはできないな。水銀燈にでも頼むか」
「だ、駄目よ!」
「やっぱり起きてるじゃないか。馬鹿なことやってないではやく着替えとか済ませろよ。遅刻するぞ」

そう言うと、JUMは部屋を出ていってしまいました。

「……楽しみで眠れなかったのに///」







真「カニチップスなんてひさしぶりなのだわ。」
J「そうか?ときどき食べるけどな。」
雛「あー、真紅さくらがいなんか食べてるのw」
真「ちがうわ、これはカニチップスよ。」
雛「お菓子なの?ヒナにもわけてほし―の。」
J「珍しいな、食べたことないのか。」
真「いいわよ。雛苺、舌を垂らしなさい。」
雛「こう?べぇー」

真紅は雛苺の桃色の舌の上にカニチップスを一枚乗せた。
瑞々しい舌の上に置かれたそれはあっという間に水分を吸収し始める。

雛「ん!んんー!」
J「初心者にそれはないだろ。」
真「ふふ、お味はどうかしら?」
雛「ふーっ、ビックリしたけど舌を合わせた感じみたいで気持ちよかったの。ねーJUM。」
真「・・・へー、そうなの?」
J「・・・そうなのかもなー。」
真「詳しく話を聞きたいのだわ(ずぶ)」
J ―√レ-( ・∀・)-√レ―(ぴーゆー)








真「ジュン、紅茶を淹れてきて頂戴。」
ジ「はいはい、わかりましたよ…」
真「はいは一回よ」
ジ「は・あ・い!!(ったく…何でいつも僕が…)」

ジ「え~っと…確かこの辺に……あっ!!…っやっべぇ~、真紅のお気に入りの茶葉落としちゃった…」
ジュンが落とした袋は破けてすっかり茶葉が床にぶちまけられていた
ジ「ん~、まぁ、黙ってたらわからないか…」
真「何がわからないのかしら?」
びくぅっ!!!
ジュンの背後には穏やかな笑いを携えながらも鬼神のごときオーラを背負った真紅がいた…
ジ「えと…あの…その…これは…」
真「ジュン?」
ジ「はっ!はひ…!!」
真「お父様は言っていたのだわ…男が決してやってはならぬことが2つあると…ひとつは女の子を泣かせること……もうひとつは」
ジ(ガクガクブルブル…)
真「紅茶を粗末にすることだとぉぉぉぉ~~っ!!!!」
ジ「ひ…ひいいいぃぃぃぃぃぃぃぃ~~っっ!!!」
ジュンはすぐに向きを変え玄関な向けて走り出した
真「愚かね…クロックアップ!!」
〔CLOOCK UP!〕
ブン…
不意に真紅の周りを流れる時間が静止し、一瞬のうちに真紅はジュンの眼前に回り込んだ

ジュンの前に回り込んだ真紅は拳を握り締め静かに呟いた…
真「さようなら、ジュン…絆ックル!!」
〔ONE、TWO、THREE…KIZU-KNUCKLE!!〕 バチバチバチィ…!!
真紅は右拳に全エネルギーを込め振り抜いた… その拳はジュンの左頬に完全にめり込んだ
〔CLOOCK OVER…!!〕
グシャアァァァっ!!
時間が再びいつもの流れを取り戻す
ジ「え?へ?……ケバファ~~っっ!!!!」
それは一瞬の出来事であった…何がなんだかわかないままジュンは吹き飛ばされ壁にめり込んだ
ジ「う…うぅ…一体何が…」
当の真紅はいつもの優雅な笑みを携え、右手の人差し指を天高く掲げて呟いた
真「…お父様はこうも言っていたのだわ…紅き者は古来より三倍速と…」
ジ「何者だよ…お前の親父さんって……ぐふっ!!」
哀れジュンの明日はどっちだ!?









真紅「ジュン、紅茶を淹れなさい。」
ジュン「人ん家に来るなりそれか。まぁいい。僕の部屋で待っててくれ。」
真紅「早くするのだわ。」
手馴れた手つきで紅茶を準備するジュン。その背を眺める真紅。
ジュン「ん?どうした?」
真紅「手馴れたものね」
ジュン「ああ、おかげさんでな」
真紅「ジュン。」
ジュン「ん?」
そういって振り向くといつもの顔で表情を崩さずにこういった。
真紅「ありがとうなのだわ。」
ジュン「…どうした?急に」
そしてそのまじめな表情のまま続けた。
真紅「いえ、思い返してみると今という状況が幸せなんだろうと思ったのだわ」
ジュン「この何気ない日常が幸せ?」
真紅「好きな人と一緒に過ごせるという状況が…なのだわ。」
ジュン「あーそうだな………って今なんていった?」
真紅「好きな人と一緒に過ごせるという状況がといったのだわ。」
ジュン「え?あ・・・真紅は僕のことが好きなのか?」
真紅「何を言っているのかしら?そんなことも気が付かなかったの?」
ジュン「え、いや・・・その…」
真紅「貴方だって私のことが好きでしょう。」
ジュン「え、うん。まぁ…」
真紅「ならいいのだわ。早く紅茶を持ってくるのだわ。」
そういうと真紅は二階へと上がっていた。
ジュン「…………/////」
その後、ジュンは告白しました。真紅は普通に紅茶を飲みながら「別にいいのだわ」といい、また紅茶を飲み始めました。
恋人同士になってもやることは変わりません。ただ最愛の人に紅茶を淹れてあげるということだけです。

end
|