※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


最初のそれは、庇護欲に似ていた。
何時しかそれは焦がれになって、私の内側をするするとなめしていく。
愛おしい。あなたに、抱きしめて欲しい。あなたを、抱きしめたい。
最後まで受け入れてもらえなくてもいい。
想っているだけでも幸せ。何物にも代え難い、快さ。
一緒に紅茶を楽しんで、時には異性の話で盛り上がって、それから……偶には、愛して欲しい。
「お姉様」
漏らした声が、思ったよりも大きく響いた。
きっとそれは、やり場を失くした肩の力の所為だろう。

いつもより落ち着いた昼下がりだった。
瞼が微かにまどろみを覚えている。
横になっていたソファには小さな、幼子のような寝顔が一つ。
愛おしい、私に最も近いお姉様。
薄い一枚の毛布が私達の膝を覆っている。
そっと、頬を撫でた。
さらさらとして、とても柔らかな頬――これは、絹だろうか。

熱い舌の先を伸ばす。
ふわふわした、妙な感覚が私を酔わせていく。
いや、もう既に酩酊しているのかもしれない。
「……ん……」
私の耳の近くで空気が震える。
振動の発生源は薄い、ほのかな桃色をしていた。
そっと、そこに唇を重ねる。手で拍を取る程度の、短い間だけ。
「……あっ……ん、んぅ……」
再び、舌を這わせ始める。
時折唇だけで頬を甘く噛みながら、手を小さな身体に添える。
衣擦れの音が一瞬だけ水音に紛れた。でも、紛れただけ。
ゆっくりとした手付きで背中を上下に摩る。
寝付いた子供をあやすように、優しく。

毛布でそっと頬の唾液を拭った。
いつも、終わった後に悔やむ。
まるで自分は獣ではないか、箍の外れた獣ではないか――と。
「……んん……」
くぐもった声に、あなたはどのような気持ちを込めているのですか?
私を軽蔑しているものなのか、それとも――
「きら……き、しょう」

あなたの名前はとても綺麗ね。
そうあなたが言ってくれたことを覚えている。
今でも鮮明に。そして、これからも。

雛苺お姉様。

「ねえ雪華綺晶。何かあったの?とても嬉しそう」
いえ、何も。

それよりもお姉様、今日も一緒に夢を見ましょう。



ごめんなさい、と何かが込み上げた。
カーテンから朝日が漏れてベッドの上の私達を照らす。
ほんの少し、眩しい。でも、ずっと目を開けていられた。
桃色と、白色のネグリジェがベッドの下に無造作に脱ぎ捨ててあった。
お姉様と、私の物。眠りに就く前は二人ともが着ていた。
薄くて柔らかな、身体を覆うには無用心すぎる衣。
なんて、脆い。

お姉様は心地良さそうに眠っている。
ささやかな寝息。健康的な肌の張り。首筋に赤い痣。私が付けた、口付けの痕。
それは私の中の獣が残していった、私の欲だけで付けたキスマーク。
後悔の念が私を潰す。
がりがりと、汚い削り屑を撒き散らしながら。



うとうとと眠りに就いたお姉様を抱きかかえて、私は二人の寝室に向かった。
ふわりとした感触。
私の腕の中で眠っていた天使は、きっと、この世で何よりも美しい。
ベッドのシーツをお姉様にかけて、私も隣に潜り込む。
月明かりで青白く照らされたお姉様の顔が目に入った。
その頬が、瞼が、唇が私の目に映っ

その行為を貪ると呼ばずに何と呼ぶのだろう。
勢い良く手を伸ばし、まずはネグリジェの裾を捲り上げた。
真っ白で、細身で、柔らかそうなお腹が曝け出された。
私の視線の先には小さな窪み。
何も考えずに顔を近づけて、ぺと、と舌を付けた。
お姉様のおへそに触れないように、唾液で円を描く。
つるつる、ぴちゃぴちゃ。噛み付いてしまいそうになる程に、お姉様は愛おしい。
もっと、深く味わいたい。
もっと、めちゃくちゃにしてしまいたい。
もっと、お姉様を。
私は少しずつ、顔を下にずらしていった。

「んぅ……っ」
そこに舌が触れると、思った通りの反応が返ってきた。
「あっ……あ、あぁ……」
もっと鳴いて。
その可愛い声を聞かせて、私の愛しいお姉様。
口を離して、酸素を補給する。私の唇から糸が伸びた。
やがてそれは重力に従って真ん中から沈んでいって、シーツを濡らす。
ああ、いっその事、私はお姉様の中で溺れてしまいたい。

「きらき……しょっ……」
その声を聞いて、何かが私の中で爆ぜて――



ごめんなさい、と何かが込み上げた。



卑怯。それが今の私だった。
誰よりも愛しているくせに存在すらしない誰かに想いを寄せる振りをするペテン師。
自らを抑えることも出来ずに、思う様好物を貪る獣。
それらの全てが私自身。
それを悪くないと思う私は紛れも無く私だった。

銀杏の葉が一枚、玄関に迷い込んでいた。
元気を失っているかのように見える黄色が何とも鮮やかに網膜に焼き付く。
少々名残惜しく思いながら葉を摘んで、家の外に放す。
涼しい秋風に流されて、視界の彼方に消えていった。
いつの日か、土に還るために。

膝の上にお姉様が座っている。
安楽椅子に揺られて、紅葉と銀杏の吹雪の中に、ふたり。
胸の痞えが取れるような、素敵な世界が私達を中心にして広がっている。
頭を後に傾けて、お姉様は舞い散る色そのものを眺めている。
離れた所から絵に収めたい。そんな光景だった。

お姉様の身体を挟んで私が開いていた本に葉が一枚落ちた。
それは、銀杏の狐色の葉。
お姉様が小さな手を伸ばしてそれを手に取り、私の方を向く。
膝を私の脚の両脇に着いて、そのまま腰を私の膝にゆっくりと落とした。
大きな瞳が見つめている。そして、手が伸ばされる。

「はいこれっ」
お姉様は元気良く笑って、私の頭を銀杏で飾ってくれた。
毛髪と毛髪の間に茎を差し込んだだけの、簡単な髪飾り。
少しずつ、鼓動が高鳴っていった。軽い、熱を感じた。
思わずお姉様の小柄な身体を胸に収める。とくん、とくん、と二人の音が重なった。
何も考えられない。
ちょっとした、些細なことなのに、私の頭が熱い血で満たされていく。そんな時のことだった。
突然に、薄く、乾いていた唇が何か暖かいものと触れた。

不意打ち、とでも言うのだろうか。
目の前の彼女は辺り一面に広がる紅葉とはいかないまでも、ほんのりと頬を染めている。
唇を潤わせて、お姉様は私の胸に顔を埋めた。
私は状況を理解できずに、先程唇に感じたお姉様の感触の余韻に浸っていた。

――どうして、お姉様は。
「……雪華綺晶のこと、好きだから」
そう言いながらお姉様は私の顔まであと2センチというところまで顔を近付ける。
鼻に掛かる吐息が私の背筋を震わせる。ぞくぞくと、快楽を添えて。
お姉様の瞳はまっすぐ私の瞳を、けれどどこか恥ずかしそうに射抜いている。
「ヒナ、知ってるんだから。雪華綺晶が私に何度もキスしてくれたこと」
1センチ。
互いに胸のふくらみを押し潰し合っていた。
そして、
「これが、ヒナの気持ちだから」
繋がる口。侵入する舌。絡み付いて、絶え絶えになる呼吸音。

きっと、この世界は甘いラム酒で満たされているに違いない。



今、私は教室の前で呆けているに違いない。
見てしまった。瞳に映してしまった。
一字一句漏らさず聞いてしまった。
何を?――愛する人が、他の誰かに想いを告げられている光景を。その言の葉を。
辛かった。
細胞の一つ一つが弾けていく。
膜を切り裂いて、液を散らし、心臓を締め付けるような痛みを、私に。
何かが、胸の内で燻っていた。
これは嫉妬というものか。違いない。
沸々と、怒り。
こんなにも、お姉様に手を伸ばそうとする彼女を跳ね除けたくて堪らない。
お姉様の柔らかい髪に触れないで。
お姉様に甘い言葉を囁かないで。
私の、お姉様に。

思ったよりも引き戸を開けた音は小さく響いた。
何故かは分からない。分かっても意味は無い。
教室の中にいた二人はこちらを見て、固まっている。
お姉様は、瞳を淀ませて俯いている。
そして、
「雪華綺晶……さん?」
柏葉、さん。

威圧するように歩く。
意識したのではなく、自然にそうなっていたと思う。
ゆっくりと、大股で一歩ほどの距離まで間隔を狭めた。
凛とした瞳が視線を私の瞳に送ってくる。
おそらくそれは、抵抗を意味していた。
――ああ、彼女に何を言えよう。
所詮、私も同じ穴のムジナなのだから。

「ヒナ、トモエのこと、好き。……でも、ごめんなさい」
それから、泣いて柏葉さんは走り去っていった。
ああ、辛い。それでも嬉しい。
憤怒なんて物はとうの昔に消え失せてしまった。
お姉様の言葉が自分に向けられたものでないという喜びと、少しの動揺。
このような運命が私に降りかからない可能性を誰が証明できたのだろう。
拒絶が、恐ろしい。
一人で懸想するだけだったあの頃には、もう、戻れない。

夜が更けて、ベッドの中。
「雪華綺晶、キスして」
言われるままに唇を寄せる。
手放したくない。出来ることなら、永遠にこうしていたい。
そう思わせるような魔力がそこにはあった。
だからこそ、私は顔を離してお姉様に尋ねるのだ。
――なんて、身勝手な詞だろうか。“一生私を愛してくれますか”なんて。
「雪華綺晶も、トモエも、大好き。真紅も、ジュンも、みんな大好きなの」
お姉様の中で、ずっと溜められていた言葉のような気がした。
「……ねえ、ヒナはおかしいのかしら。雪華綺晶のこと、誰にも渡したくないの」
そう言って、お姉様は私の胸の中に顔を埋めた。ほんの少しの重みが膨らみを圧迫する。
「雪華綺晶、あなたがいなくなってしまったら、ヒナはきっと――」
狂おしいほどに、身を焦がすほどに腕の中の少女が愛おしくて、その晩は朝の日差しが差し込むまで――



鬱蒼と静まり返る教室の片隅に、二人。
窓を覗けば夕暮れが見える。燃え盛るような猩々緋。
簡素な造りの椅子に私が座って、お姉様は膝の上で私の身体にしがみ付いている。
小さな手が肋骨に当てられる。心地よい、重みだった。
対抗するわけではないが、私もお姉様を抱き締め返す。
するとお姉様も強くきゅっ、と私を包み込む。
二人きり。なんて幸せなことだろう。
たとえそれが公の場でも、人が入ってくる恐れがあっても。
幸福であることに、変わりはない。
だから何も問題は無い。

背徳が身体を痺れさせていく。
ぶるる、と冷気に身を震わせる。
晩秋であり、初冬である今の季節は寒さを最も感じる時期だと思う。
「ねえ、雪華綺晶……こんなところ、誰かに見られたら……」
目の前のお姉様の耳が、ほのかに紅い。
確かに、今この教室に誰かが入ってくることは私達にとってマイナスに作用するのであろう。
理解はしている。今していることが恐ろしく危険なことだと、理解はしているのだ。
……それでも、私は止まってくれなかった。

もう誰もこの教室に来ない、と踏んだわけでもなく行動に出た。
制服越しにすべすべとした腿に右手を当てる。
柔らかい。
幾度と無く触れたこの小さな身体も、ここが公の場所であるためか、私の心臓を激しく揺さぶる。
そっ……とミニスカートの中に手を添える。
太腿の、恐らく他には誰も触れたことが無いであろう部位の感触を指先で感じた。
驚くほどに、熱い。
冷えた指先が歓びの悲鳴を上げた。
「あ……あ……」
ふと、左手が空いていることに気付く。
一応お姉様の背中に回ってはいるのだが、どうにも寂しい。
……思い付くまま、背中を撫でた。
ゆっくりと、背骨に沿って。子供を寝付かせる母親のように。

相も変わらず右手はお姉様の腿を弄んでいる。
その熱はどこまでも高まっていき、私の脳髄を侵していった。
私の両肩にはお姉様の手に掴まれている。
何かにしがみつくように、何かに耐えるように、指に力が込められている。
それが私にはたまらなく――嬉しかった。

つん、と最後に触れるべき場所を指で突く。
「やあっ……だ、だめ……っ」
その制止が懇願であることを私は理解している。
だから、私はキスをした。
「あっ……!!」
舌を差し込んで、口の中を私の唾液だけで埋め尽くすために。
お姉様の舌を、歯茎を、唇を全て味わい尽くすために。
溺れていく。
快楽の沼の底に沈んでいく。

「きらきしょっ……だ、め……」
ぴく、と身体を震わせて、お姉様から力が抜けた。



「きらきしょうのばかっ」
お姉様はその夜は不貞腐れて、ベッドの中でずっと向こう側を向いていた。
ごめんなさい……



「あ、雪」
竹箒を握っていたお姉様がふと言葉を漏らす。
見た限りでは、ふっくらとしたぼたん雪。
今夜は積もるのだろうか。
まだお昼の三時過ぎだから、これからずっと降り続けることは難しいのかもしれない。
それでも、期待してしまう自分がいた。
「雪華綺晶、雪が積もったら……雪兎を作りましょ?」
無邪気に笑いながら、あなたはそう言った。
「手袋はあったかしら」
やや赤みを帯びた手を呼気で暖めながら、あなたはそう言った。
「ねえ、この前綺麗な緑色の葉っぱを見つけたの」
薄い灰色の雲の向こうに視線を伸ばして、あなたはそう言った。
「きっと、ぴったりよ」
柔らかい巻き毛に一片、雪が落ちた。
かちかちに固まらずにたっぷりと空気を含ませたぼたん雪。
頭の上に落ちた瞬間すら感じ取らせない軽さの結晶。
その全てが愛おしいと、ほんの少し詩人のような思考を持ってしまう。
……さて、炭は十分にあっただろうか。
優しい冬も、辛辣な冬も、ほぼ同時に来訪してくるのだから。

――ああ、それにしても、寒い。

かち、かち。
火鋏で軽く暖炉の炎に包まれた炭を突く。
ぽろぽろと崩れだしてしまいそうなほどに脆く、しかしまだ易々と折れそうにはない。
あ、お姉様。そこの蜜柑、一つ取ってもらえますか?
「はーいなの」
冷えた橙色の皮が私の手に触れる。
何気なく、頬に当ててみると、非常に気持ちがよかった。
「気持ちいいの?」
ええ、身体がちょっと火照ってますから。
「じゃあヒナの手でも気持ちよくなるのかしら……えいっ」
ぴた。そのようなオノマトペを発していたと思う。
……瞬間、お姉様が息を呑んだ。
「……!」
どうしたんです、か?
「雪華綺晶、凄い熱……!」

まさか、と一瞬でもその言葉を疑ってしまった自分が恥ずかしい。
ずっと暖炉の火に当たっていたからだと思っていたのだが。
「今日はもう大人しくしてなきゃ駄目なんだから」
そう言って、お姉様は湿布を私の額に当てた。
ひんやりと、私の頭を覚ましていく。
「……おやすみなさい、雪華綺晶」
お姉様は私の首に手を回して、そのまま唇を押し当てた。ほのかな熱。

その中で、私達二人は眠りに落ちた。
厳しい寒さだからこそ、何よりもそのぬくもりを大切に分かち合って。


冬はつとめて。
雪の降りたるはいふべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火など急ぎおこして、炭もて渡るもいとつきづきし。

暖炉の炭が崩れて、赤と橙の混じった光を放っている。

|