※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雛苺は誰にでもキスする困った子だ。
雛苺に他意はないんだろうけど、私という人がいるのに、と思う。

翠星石「そうそう、チビチビもやれば出来るじゃないですか」
蒼星石「それで、ここに、この定理を使うと、答えが出てくるんだ」
雛苺「この定理だから……出来たのー! 翠星石、蒼星石、ありがとうなの!」チュッ

雛苺「うゆ……お弁当忘れちゃったのよ……」
金糸雀「全く、ヒナってばドジかしら。カナの卵焼きを分けてあげるかしら」
雛苺「わーい! カナ、ありがとうなの!」チュッ

雛苺「昨日のくんくん見逃しちゃったの……真紅は見せてくれないのよ」
ジュン「おい、チビ苺。ほら」
雛苺「うゆ……? くんくんのビデオなの!」
ジュン「真紅の奴が僕に毎週録画させるからな。見逃したんだろ?」
雛苺「ジュン、ありがとうなのー!」チュッ

巴「……ねえ、雛苺。キスはあまりみだりにするものじゃないわ」
雛苺「どうして? トモエもキスは好きでしょう?」
巴「だって……誤解されちゃうと思うわ」
雛苺「大丈夫なの! みんなにするのはありがとうのキスで、大好きのキスを
   するのはトモエにだけなのよ!」
巴「……じゃあ、してくれる? 大好きのキス」
雛苺「うん! トモエ、だーいすき!」チュッ

雛苺のキスは甘くて優しい。
雛苺に他意はないんだろうけど、やっぱり……誰かに渡したくない。

 

 


 


雛「お風呂気持ちいいの~」
巴「うん、そうだね」
雛「じゃあ先ヒナが体洗うの。巴はちょっとまっててね」ザバァ
巴「わかったわ。(あ…雛苺…私より胸あるんだ…)」
雛「…う~。背中届かないの~。巴洗ってくれる?」
巴「い、いいよ。(わ…雛苺の肌スベスベ…)」ハアハア
雛「巴洗うの上手なの!とっても気持ちいいのよ」
巴「そ、そう?(ひ、雛苺のおしり…か、可愛い…!)」ハアハアハア
雛「キャハ!くすぐったいの~!」
巴「あ、ごめんね?(横乳!雛苺の横乳が揺れてる!プルプルしてる!!)」ハアハアハアハア
雛「うい?どうしたの巴?息が荒いのよ?」くるり
巴「(しょ、正面!!!)あ…ひ、雛苺…私…もう…!!」ハアハアハアハアハア
雛「巴顔が赤いのよ。お熱があるかもなの。ヒナが調べてあげるわ!」こつん
巴「あ…あああ…はーーーーー!!!!」ぶーー!
雛「ト、トモエ!?お鼻からすっごい血が出てるのよ!?大丈夫なの!?」
巴「…だ、大丈夫…」ボタボタ
雛「うい、体が汚れちゃってるの。ヒナが洗ってあげるわ。…ふわ!」つるっ
巴「あ、危ない雛苺!」がしっ
むにゅう。
巴「はーーーーー!☆♀$♪」ぶぶーーーー!バタッ。
雛「トモエ!?トモエー!!」


夜更していたらこんなモノを書いてしまった。だが後悔はしていない。




「ん…ここは…なっ、なんで私縛られて…それに茨…?」
「トモエ…」
「雛苺!ねえ、これを外して!」
「遊んで…」
「え…?」
「遊んでぇ…トモエェ…」
「きゃっ!い、茨が!ああっ…ヒナ…助け…くっ、あああー!!」


巴「やん…あ…ダメ…んふん…雛苺ぉ…強いよぉ…す~」
雛「巴、なんだから恍惚とした表情でお昼寝してるのー」

【絡め捕られて】【夢の中へ】
|