※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

ベ「なあ、俺思ったんだけどな。」
笹「うん。」
J 「どうせろくでもない事だろ。」
ベ「のり嬢って巨乳だよな。」
笹「そうだね。」
J 「こら!人の姉で変な妄想するな!」
ベ「のり嬢ハァハァ。」
笹「ベジータは本当に巨乳が好きだね。」
J 「止めろ!人の姉に欲情するな!」
笹「僕としては、同じ年上ならめぐさんの方が好みかな。あのスレンダーな体って言うか胸。ハァハァ。」
ベ「お前、本当に貧乳好きな。でも意義有り!めぐ嬢は隠れ巨乳だろ!なあ、JUN。」
笹「そんな事無いよ!貧乳だよね?JUN。」
J「いや、どっちでも良いんだけど。って言うかめぐさんは普通に貧乳だぞ。」
笹「イエスッ!」
ベ「何と言う事だ……。」
J 「元、病人だし。当たり前だろ。」

笹「だよねー。って言うか君は何でまた女性の胸のサイズを知ってるの?」
ベ「そうだそうだ!何でだ!」
J「あのな、誤解してるみたいだから言っとくけど、やましい事は何も無いぞ。前に服作ってくれって言われてそれでスリーサイズ測ったんだよ。」
笹「へー、羨ましい。」
ベ「って事は、着替えも見たのか?」
J「そんな訳あるか!と言いたいけど変わった服だったから着替えるの手伝ったんだけどな。その時、ちょっと肌に触れたりしたけど…。」
ベ「何だよ!実質見てるって事じゃないか!全く、羨ましい……。」
笹「で?どうだった?すべすべだった?胸は無かった?」
J「いや、それがな。めぐさん、入院生活長かっただろ。だから日焼けとかした事無くてオマケに肌すべすべ。」
ベ「マジかよ!良いなー。」
笹「良いなー。」
J 「でも、別にきょ…ハッ!!!」
ベ「どうした?ってうわ!!!!」
巴「……。」ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド
笹「か、柏葉さん!」
J 「……あの柏葉さん?どこから聞かれてました?」
巴「……「めぐさん、入院生活長かっただろ。だから日焼けとかした事無くてオマケに肌すべすべ。」って所から。」
J「あ、あのな。誤解して!わ!襟掴まないで!引き摺らないで!何で木刀持ってるの!?おい!助けろ!お前等!」
ズリズリ ピシャッ
笹「……。」
ベ「……。」
笹「……ねえ、ベジータ。」
ベ「……なんだ?」
笹「……めぐさんと親しくなるには如何したら良いかな?」
ベ「……銀嬢をヤクルトで買収すれば良いと思うぞ。って言うかお前、本当に貧乳好きな。」









ジュンにはデュエルモンスターの精霊が見えるようです。
今日はE・HERO達の声を聞いてあげるようです。


ワイルドマン「酋長ォォォォォ! 酋長も半裸にならんかァァァァァ!?」
ジュン「まずお前は服を着ることから始めろ」
フェザーマン「隊長! たまには俺主軸のデッキを作ってくれ!」
ジュン「攻撃力1000は黙ってろ」
スパークマン「ボス! デブや何か変なドロドロとばっかりじゃなく、たまには
     バーストレディや心眼の女神と融合させてくれ!」
ジュン「それはお前が融合というか合体したいだけだろうがァァァァァ!」
バブルマン「ウホッ、いいデュエリスト。や ら な い か ?」
ジュン「だが断る」
クレイマン「ウホッ、いいデュエ(ry」
ジュン「お前はバブルマンと合体してろ」
ネオス「ウh(ry」
ジュン「もうお前宇宙に帰れ」
バーストレディ「私はノンケだって構わずに(ry」
ジュン「何でお前がそのネタやってんだ」

ジュン「ふう、デュエルモンスターの精霊の声を聞くのも疲れるな……あれ?
    何か忘れてるような気が……」



ネクロダークマン「僕、手札に来るなり速攻捨てられるんですけど……(´・ω・`)」









薔「フルハウス…」ジ「ぎゃ~!!せっかくストレート揃えたのに…」
薔「これで私の三連勝…さ、罰ゲームやってもらうよ?…」
ジ「うぅ…仕方ない…お手柔らかに頼むぜ?」
薔「でわでわ……ゴニョゴニョ…」
ジ「えぇ~!?マジかよ…」

翌日…
梅「じゃあ出席とるぞ~…金糸雀~」
金「はいかしら~。」
梅「真紅~」
真「ここにいるのだわ。」
梅「翠星…」ガタッ!!
ジ「ザ・ワールドォ!!!!」
ジュンがいきなり立ち上がり叫んだ
クラス「…ポカーン」時が止まった…
ジ「…そして時は動き始める……」
梅「桜田~、笹塚~、廊下に立ってろ~…」
笹「え?」

ジ(うぅ…滅茶苦茶恥ずかしい…///)

薔「ニヤニヤ…」









ジュンはクラスが変わっても依然として引きこもっているようです。

のり『ねえ、ジュンくん……新しい担任の先生が来てくれたんだけど……』
ジュン「……僕は誰とも会わないから。帰ってもらえよ」
のり『でも……』
ジュン「……帰ってもらえよ! 僕は誰とも会いたくないんだ!!」
のり『ジュンくん……』
???『……わかりました。お姉さん、私に任せて頂けませんか』
のり『はぁ……』
???『桜田ジュン……だな。前年度から8ヶ月以上登校していないと聞く』
ジュン「……ふん、あんたには関係ない話だろ」
???『伏せていろ』
ジュン「は?」

ドガァァァァァァァァァ!!

ジュン「ちょwwwwwwwドアが爆発したwwwwwwwwww」
???「何をグズグズしている! 立てい!」
ジュン「何か赤いカエルがwwwwwテラケロンwwwwwwww」
ギロロ「3年A組の担任のギロロだ! さあ桜田、立て!」
ジュン「な、何だよ……人んちのドア壊しといて……」
ギロロ「上官に口答えするか! 貴様それでも誇りある薔薇中の生徒か!?」バキィッ
ジュン「痛いッ! ね、姉ちゃん助けて……」
のり「これがギロロ先生のひきこもり療法なのね……ジュンくん、ファイトっ!」
ジュン「ちょwwwwwそれはねーよwwwwwwww」
ギロロ「さあ来い! 貴様の甘ったれた根性を叩き直してやる!」
ジュン「いやああああああああああああ……」

ジュンのひきこもりが直ったようです。









子供の頃の思い出・・・
僕はある女の子と公園で遊んでいた。その子はとても綺麗で・・・

「やっと着いた」
駅の改札を出て少年は呟く。彼の名は桜田ジュン。専門学校に通うためこの町に来た。
正確にいえば帰ってきたというのが正しい。ジュンは子供の頃この町にいた。
「懐かしいな・・・」
周りを見渡しそう呟く。この町にはたくさんの思い出がある。そう大切な思い出が・・・
ジュンはまず、今度から住むアパートに行き荷物の紐解きをする。たいした量もないのですぐに終わった。
(もう暇になったな。これからどうしよう?・・・・そうだ)
ジュンは少し考えてから外に出た。

「あんまり変わってないな・・・。あれ?でもこんなのあったっけ?」
ジュンはゆっくりと町を見て回っていた。小学校、川沿いの広場、それから・・・
「たしかここら辺に・・・・あれ?」
ジュンはその場に着いて周りを見る。
(たしかここには公園があったはずなのに・・・)
ジュンがそこを見るとそこには小さな喫茶店が建っていた。公園の名残はほとんどない。
(あの公園なくなったのか・・・なんだか寂しいな。思い出に浸りながらコーヒーでも飲むか)
そう思いながらジュンは喫茶店のドアを開けた。

―――――カラン、カラン
?「いらっしゃいまs・・・・あれ?」
ドアの音を聞きつけやって来たウェイトレスがジュンの姿を見て疑問の声をあげた。
?「もしかして、あなたは・・・」
「え?・・・あ!!き、君は・・・」
これが少女との再会。そして物語の始まりだった・・・

続き?まだなにも考えてませんよ?ヒロインすらも








もしもローゼンメイデンが(ryスレ

自宅の皆さん。
梅「あ、だいぶ下がってるよし、ほ……っと」

JUM「・・・もwwwww」
べ「アッー!」

ネットでもこんな三人。







「いっちに、さ~んし…」
体育の授業中…
ベ「なぁ、ジュンよ、このトシになって思うんだが…準備体操ってエロいよな…」
ジ「なんだよ?ついに脳にウジでも沸いたか?」
ベ「だって見てみろ!!ジャンプや屈伸の度に揺れる胸を!胸を!!胸を!!!」
ジ「……」
ベ「特に水銀嬢の胸など反則ものだ!俺のスカウターは崩壊寸前だ!!」
ジ「お前ってやつは…」
ベ「だが惜しむべきは真紅嬢…他はいいんだがあの胸ではヒンズースクワットもひんぬースクワッ…」ヒュン
ベ「ぐはああぁぁっ!!」
紅「あら…手が滑ったのだわ。」
ジ「……あの距離から砲丸の玉を当てるとは…」

保健室にて
梅「ベジータ君、君の傷は僕がたっぷりと癒やしてあげよう。」
ベ「ここからが本当の地獄だ…」






JUM「なぁベジータ、ちょっとききたい事があるんだが・・・」
ベジータ「どうした?」
JUM「お前さ蒼星石のことを蒼嬢って呼ぶだろ。」
ベジータ「ああ。」
JUM「あれって読みは『そうじょう』だよな?」
ベジータ「そうだぞ、それがどうかしたか?」
JUM「いや、書かれてるだけじゃわからなくてな・・・同様に翠星石は翠嬢『すいじょう』、水銀燈は酒っぽいけど銀嬢『ぎんじょう』でいいよな?」
ベジータ「(書かれてるだけってなんだ?)そうなるな。」
JUM「雛苺は雛嬢『ひなじょう』、金糸雀は金嬢『かなじょう』、薔薇水晶は薔薇嬢『ばらじょう』、雪華綺晶は雪嬢『きらじょう』だよな?」
ベジータ「まぁな・・で、結局言いたいことはなんなんだ?」
JUM「問題は・・・真紅だ。お前は真紅のことを『紅嬢』と呼ぶ・・・これはなんて読むんだ?」
ベジータ「・・・・・・」
JUM「でてこないだろ?」
ベジータ「『こうじょう』っていうのはどうだ?」
JUM「『しんく』のどこに”こう”なんてでてくるんだ?」
ベジータ「じゃあ『くれないじょう』も駄目だよな・・・」
JUM「うん、それにいいにくいしな・・・『くじょう』はどうだ?」
ベジータ「『くじょう』か・・・人の名前呼ぶ時に『くじょう』は変だろ・・”苦情”みたいだぞ。」
JUM「そうだよなぁ・・結局わからずじまいか。」

オチ?そんなものありませんよメルヘンや(ry











NG:ホラー
ガタンゴトン…
ジ「むにゃ…」
冬も近づくある夜、桜田ジュンは街から帰宅する電車に揺られていた…
久々の休日、遊び疲れたこともありジュンは座席でうたた寝を始めていた…
ジ「う…うぅ…ん…」
ジュンは夢を見ていた…彼は夢の中で一人逃げ続けていた…振り向けば刃物を持った女が追ってきている。ジュンは必死で逃げた…だが…
女「…つかまえた。」ドシュ…
ジュンの胸に刃物が突き刺さる…鋭い痛み、溢れる鮮血
ジ「うわあああああああ~!!」ガバッ
ジ「…夢?…そうだよな…ははは…」
夜も遅く車両にはジュン一人しかいないのが幸いだった
ジ「ふぅ…疲れてんのか…僕は…」
ジュンは胸をなで下ろした…
ジ「!?」
ジュンはある違和感に気付いた…それはジュンの着ていたブルゾンの胸の辺り…丁度夢の中で女に刺された辺りに真っ赤なシミができていたのだ…
ジ「うわっ!何だよこれ!?」
そう叫んだ直後シミはだんだんと小さくなりやがて消えていった…
ジ「何だったんだ?今のは…僕やっぱ疲れてんのかな?」
自分は疲れている…だから幻を見たと自分に言い聞かせジュンは最寄りの駅へ降りた…

続く

数日後…
の「ジュンく~ん、電話よ~。」
姉ののりに呼ばれ電話をとったジュン。相手は行き着けのクリーニング屋であった
店主「すみません、桜田さん。先日出していただいたブルゾン…あれ違うお客様のだったんです。今そのお客様がいらしてるんでお手数ですがいらしていただきませんか?」
ジュンは電話を置くとあのブルゾンを手にクリーニング屋を訪れた
店主「すみません、桜田さん。あの日あなたと全く同じデザインのブルゾンを出したお客様がいてうっかり間違えてしまいました…こちらがそのお客様で…」
ジ「!!」
ジュンは戦慄した…店主が指差した人物はあの日夢でみた女に瓜二つだったのだ…紫の服に整った顔立ち…金色の瞳と左目に眼帯をした若い女性だ…
女性「すみません…これがあなたのです…」
ジ「は…はい。」
ジュンは女から自分のブルゾンを受け取り変わりに彼女に自分が持っていたブルゾンを渡した
女性「よかった…これは私の亡くなった父の形見なんです…」
「もしかして貴女が殺したんじゃないのか?」ジュンはそう言いかけた言葉を飲み込み彼女に聞いた…
ジ「…どうしてそのブルゾンが自分のものじゃないって分かったんですか?」
すると彼女は小さく笑いこう言った…
女性「…だって…血が滴らないから…」
ジュンはその日以来そのブルゾンを着ていない…
終わり






【はちみつ】【くまさん】


ジ「このスレタイはいただけないな」
ベ「何か問題あるのか?」
ジ「あ・い・つ、が出てきたら困るだろ!!?」
笹「ああ、あの他キャラ」
ベ「あ・い・つ、か!! そりゃマズいな!」

こんなスレタみると、あいつを思い出す。
Ultimateな1。

('A`) クワバラクワバラ…








体育の時間…
ベ「ジュンよ、昼の学食を賭けて俺と50m勝負しないか?」
ジ「お、いいぜ。笹塚、ストップウォッチ頼む。」
笹「了解。」
2人がスタートラインにつきクラウチングスタートの体勢をとる…
笹「オン・ユアマーク…レディ…ゴー!!」
ダッ!!
スタートの合図と共に2人が同時にスタートを切る…その速度は全くの互角…
ベ(く…流石はジュンだな…マエストロの名は飾りではないということか…だが!!サイヤ人の王子として貴様に負ける訳にはいかん!!)ゴゥ!!
笹(!!錯覚?今一瞬ベジータの髪が金色に…)
ジ・ベ「うおおおおぉぉ!!」
笹「!!」ピッ
ジ「はぁ…はぁ…笹塚…タイムは?」
笹「桜田が…6秒3……ベジータが6秒2…」
ベ「いぃよっしゃあああぁぁ~!!」
ジ「はぁ…負けちゃったか…僕もまだまだだな…」
ベ「はっはっは…いやいやお前はよくやったさ、ただほんの少し俺様が強かっただけだ!!」
ジ「はぁ…暑いな…上着脱ぐか…」ズン!!
笹「…桜田?お前のジャージ妙な音が…ってうぉ!何キロあんだよこのジャージ…」
ジ「へ?ほんの10キロだぜ。」
笹「…よく見るとその靴と両腕・足のバンド…」
ジ「あぁ…たかが25キロ重りつけただけなのに…僕もまだまだだよ。」
ベ「うぐ…ちくしょおおおおおおぉ~!!」ダッ…
ジ「…にやにや。」

銀「ジュンに短距離挑むなんてお馬鹿さんねぇ…」






保守ネタ「ローゼンメモリアル」

べ「ぐふふふ。これでラブラブ決定だな。」
J「何やってんだ、べジータ?きもいぞ?お、これまた古い…と○メモか?誰攻略してんだ?」
べ「虹嬢だ。なぁ、虹嬢って蒼嬢に似てると思わないか?献身的なトコとかさ。」
J「まぁ、確かに蒼星石は尽くすタイプだと思うけど。」
べ「だろぉ!?『君にはガッツがあるよ。僕と一緒に甲子園を目指さない?』とか言われたら
俺絶対入部するな。そして蒼嬢を甲子園に連れて行き、プロに入り、年俸5億で……」
J「あー、はいはい。妄想逞しいな。」
べ「そしてだ!極めつけはお弁当イベントだ!!その名も『蒼弁』!!くぅ~!たまんねぇ!!」
蒼「あれ?二人とも何してるの?お弁当持って来たよ。一緒に食べよう?」
べ「な!?そ、そうか蒼嬢……俺の心を詠んで……喜んでいただき……」
J「さんきゅー、蒼星石。じゃあ、屋上で一緒に食べようか。この蒼弁。」
蒼「?何?それ。」
J「気にするな。馬鹿の戯言だからさ。さ、行こう。」
蒼「わっ?JUM君、こんな人前で手つながれたら恥かしい……」


べ「……ふ、いいんだいいんだ…俺はこのままときメモマスターになるぜ!伊○院にだって
電話かけまくってやるからぁ~~~!!!」
梅「べジータ!先生とお弁当しないかい!?一緒に梅弁を食べよう!
フラグ立つよ!?もちろん別のトコもね…(ニヤソ)」
べ「へ……アーっ!?」
保守
べ「」









ベ「保守、保守、保守、保守…」カタカタ…
ジ「こんな時間まで精が出るな、ベジータ。」
ベ「ふっ、最近のスレの落ちやすさは異常だからな…俺様自ら保守してやるのだ…」
ジ「ベジータ…そうだな、僕も頑張らないとな…」
ベ「…それだけではない!!いいか?10月31日はハロウィン!…つまりは乙女たちのコスプレ姿を拝めるかもしれぬのだぞ!?」
ジ「…そこか。」
ベ「あぁ…狼女の蒼嬢に魔女コスの水銀嬢…今から職人さん達のセンスが光るのが楽しみで楽しみで…ぐふふふふ…」
ジ「……」

10月31日、ハロウィン
梅「やぁ、先生ドラキュラで決めてみたぞ…お菓子をくれずとも悪戯してあげよう…勿論性的のをね…」
ベ「ここからが本当の地獄だ…」

|