※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第3話「やすらぐ場所」

あれから私はあの孤児院に通っていた・・・
そこにいるだけで救われるような気がしたから・・・

ガチャ・・・

ジ「お、またきたんだ」
翠「来ちゃ迷惑ですか?・・・・」
ジ「いや、迷惑じゃないよ。いつも、チビ達とあそんでくれるし・・・」
翠「・・・子供達は?」
ジ「ん、いま昼寝中」
翠「そうですか・・・」
ジ「あ、そういえば聞いてなかったけど。お前の名前ってなんていうんだ?」
翠「・・・あ」
ジ「お前っていうのもへんだしな」
翠「・・・・石」
ジ「?」
翠「・・・翠星石ですぅ」
ジ「そっか、いい名前だな(ニコッ)」
翠「・・・(////)」
ジ「どうした?顔が赤いぞ?熱でもあるのか?」
翠「な、なんでもねーですぅ!大丈夫ですぅ!」
ジ「まっ、それだけ元気があれば大丈夫か」
翠「ところで、この孤児院はいつからやってるんですか?」
ジ「んー・・・15歳のころからやってるから・・・2年前だな」
翠「へぇ・・・・って、お前17歳なんですか?」
ジ「え?そうだけど」

翠「・・・私と同い年ですぅ」
ジ「えぇ?!そうだったん?年上かとおもってたなぁ・・・」
翠「なんですって?!私がそんなに老けてみえるんですか?!」
ジ「お、怒るな、わざとじゃないから。落ち着け、ひとまず剣をしまえ・・・」
翠「まったく・・・レディーにそういうこというからですぅ」
ジ「ははっ、そういうときだけ女の子なんだな」
翠「私は女の子ですよ?斬られたいんですか?」
ジ「ごめんなさい・・・」
翠「それでいいんですよ、まったく・・・」
ジ「ぷっ・・・」
翠「なに笑ってるですぅ?(ギロ)」
ジ「いや・・・お前ここにくるようになったから明るくなったなって」
翠「へ?」
ジ「最初にあったときは暗くてなんだか悲しそうな顔してた」
翠「・・・」
ジ「だんまりしてて・・・つらそうな・・・なんていうか・・・
  でも、チビ達と遊んだりしてから笑うようになったとおもう」
翠「そうですか?・・・」
ジ「ああ、いまだって幸せそうな顔してるよ」
翠「っ!(////)ソ、ソウイエバお前ハドウヤッテ金カセイデヤガルンデスカ?」
ジ「?、しりたい?」
翠「気になるデスネ」
ジ「じゃあ、ちょっとついてきて」
翠「わかったですぅ」

そういわれてついていくと
とある部屋の中にジュンがはいっていった
私もすぐにその部屋にはいった

翠「こ・・・これは・・・」

そこにはたくさんのいろんな服があった

ジ「僕の自慢の洋服達さ」
翠「これ全部お前が?・・・」
ジ「ああ、裁縫得意だからな」
翠「へぇ・・・人は見かけによらねぇってやつですね」
ジ「見かけによらないとはどういう意味かね?翠星石君」
翠「別にー・・・あ、このドレス・・・」
ジ「ん?どうした?」
翠「とってもキレイですぅ・・・」
ジ「そのドレスが気に入ったのか?」
翠「べ、べつにそういうわけじゃ・・・・あっ・・・」
ジ「よいしょっと・・・ほら、やるよ」
翠「え?・・・でも・・・」
ジ「いつもチビ達と遊んでくれてる礼だ。それに・・・」
翠「それに?・・・」
ジ「そのドレスはお前が一番似合うと思う・・・(////)」
翠「あ、あ、あたりまえですぅ!わ、私に似合わないドレスなんてないですぅ!(////)」
ジ「はは、その服には名前があるんだ」
翠「名前?・・・ドレスにですか?」
ジ「ああ・・・そのドレスの名前は「翡翠の旋律」っていうんだ」
翠「へぇー・・・ドレスに名前つけるなんてイカれてるですぅ」
ジ「ムッ!悪かったな、そんなこというなら返せ」
翠「しかたねぇから私がもらってやるですぅ♪」
ジ「ふーん、べつに無理しなくてもいいんだぞ?」
翠「♪~」

そして目を覚ました子供達とあそんだ・・・
こんな日がいつまでも続いてほしいと・・・
私はそうおもった・・・

翠「それじゃ・・・私はもう帰るですぅ」
「えー?お姉ちゃんもういっちゃうのー?」
「やだやだー!もっとあそうぼうよー」
ジ「こら、お前達・・・お姉ちゃんはいそがしいんだから・・・」
翠「またくるですからいい子で待ってるデスよ?」
「むぅ、わかったから絶対にまたきてよー?」
翠「絶対くるですぅ」

そういって私は孤児院をあとにした・・・
その帰り道・・・

ガサッ・・・

紅「やっぱりそうだったのね・・・」
翠「?!、し、真紅・・・」
紅「あやしいとおもってたら・・・なるほどね」
翠「くっ・・・」
紅「ひとつだけいっておくのだわ、あなたのやってることは
  いつかお父様・・・いえ、No.0達にもばれるわよ・・・
  そうなったらどうなるかわかるわよね?・・・」
翠「それでも・・・私は・・・」
紅「そう・・・それがあなたの答えなのね・・・
  次会うときは敵かもしれないわね・・・」

そういって真紅はスッと姿を消した・・・

翠「私の考えはまちがっているのでしょうか?・・・」

そして私はまた歩き出した・・・

その夜・・・
私が考えていた・・・
自分のやりたい道・・・
本当の正義・・・
血で汚れたこの手・・・
私のおかした罪は一生許されないかもしれない・・・
それでも・・・私は・・・

-翌日-

ロ「・・・今なんといった?No.3」
翠「No.0・・・いえ、お父様・・・私はRose Knightをやめます・・・」
蒼「翠星石?!なにをいってるんだい?!やめたらどうなるか君はわかって・・・」
ロ「静かにしろ!No.4」
蒼「・・・すいません」
ロ「理由をきかせてくれないか?No.3」
翠「私はもう人を殺したくないのです・・・例えそれが正義のためであろうと・・・」
ロ「・・・そうか・・・いいだろう」
蒼「No.0?!」
翠「それでは・・・」
ロ「次会うときはお前を殺すであろう・・・本当にいいんだな?」
翠「・・・はい」

翠星石が出した答え・・・
たとえそれが荊の道でも・・・


次回第4話「闇と光」
|