※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

J「銀姉、好きだ!」
銀「……! そんな、待ってJUM、だって」
J「好きなんだ! もう我慢できない」
銀「あぁ! や……らめぇ! ダメよぉ、私達は姉弟…」
J「そんなの関係あるもんか!」

梅「そうだとも! 愛があれば姉弟なんて関係ない!」

J&銀「「梅岡!!?」」
梅「愛とは何にも勝る大切なものです。たとえ、お前たちが禁忌に触れるとしても、
先生は二人のLOVEを応援するぞ!」
J「ど、どうも」
銀(続き…家でしてくれないかしら)

梅「だからお前たちも僕とベジータのBOY’S LUVを応援してくれ!」
ベ「俺は関係無いぞおぉぉぉぉ!!!」
梅「ベジータっ!! ベジィィ――タアァ――ッッ!!!!」
ベ「ぐぎゃああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」


銀「梅岡ウゼェwwww」
J「梅岡キメェwww」
ベ「尻痛ェww」








もしも薔薇乙女がウルトラ兄弟だったら

水銀燈(ゾフィー)「タロウ、貴女なかなか筋がいいわねぇ。これなら、激戦区の
    地球に行っても十分やってけるわよぉ」
雛苺(タロウ)「えへへ……ゾフィーお姉ちゃんに誉められちゃったの」
水銀燈「じゃあ、訓練の受講料はヤクルトよぉ。地球まで買いに行きなさぁい」
雛苺「えぇ~、地球は遠いのよー!」
水銀燈「あらぁ、ウルトラ姉妹の長女に口答えする気ぃ?」

金糸雀(初代)「今日は、凶悪怪獣を怪獣墓場に護送するかしら」
雛苺「初代の方のお姉ちゃん、ヒナも行くのよ!」
金糸雀「半人前のタロウに出来るかしら~? って逃げられちゃったかしらー!」
雛苺「………………」

翠星石(セブン)「いいですか、タロウ。地球には危険が一杯あるんですよ」
雛苺「だいじょーぶなの! セブンお姉ちゃんみたいに過労死寸前で帰って
   きたりしないから、安心してなの!」
翠星石「な……何を言いやがるんですか、このチビチビ! 従姉妹だからって
    甘やかしてれば……つけあがるんじゃねえです!」
雛苺「いたいいたいいたい! セブンお姉ちゃんごめんなさいなのー!」
翠星石「久しぶりにジープで追い回してやるから覚悟しやがれですぅ!」
雛苺「い―――や―――な―――の―――!」

雛苺「あ、帰ってきた方のお姉ちゃんなの!」
蒼星石(新マン)「うぅ……もうみんな僕をほっといてくれよ! どうせ僕は
    ダメなウルトラ族さ! 初代の姉さんやゾフィー姉さんと見分けの
    つかない、影の薄いウルトラマンさ!」
雛苺「誰もそんなこと言ってないの、ジャックお姉ちゃん」
蒼星石「その名で呼ぶなぁぁぁぁぁぁぁ!!」

真紅(エース)「勉強してるの、タロウ? じゃあ私から問題を出してあげる」
雛苺「うゆ……どんと来いなの!」
真紅「じゃあ、問題。私が地球を去る時に地球人に向けて言った言葉は?」
雛苺「う~んとね、『ルパンはとんでもないものを盗んでいきました。
   それはあなたの心です』なのよ! お姉ちゃんのお声とそっくりだったから
   これに違いないんだから!」
真紅「……スペース絆ビンタ!!」
雛苺「ふぇぇぇぇぇぇぇん! エースお姉ちゃんがぶったのー!」



数日後、雛苺ことウルトラマンタロウはM78星雲を家出しましたとさ。









「まねっこばらすぃとらぶらぶきらきー」


紅「あなたは誰なの?」
薔「あなたは誰なの?」
紅「答えなさい!あなたは誰?」
薔「あなたは誰?」
紅「私は馬鹿です」
薔「あなたは馬鹿です」
紅「・・・・・」
薔「・・・・・」
紅「(^ω^#)」
薔「(^ω^;)」
紅「絆ックル!!!!!」
薔「アッー!」


ジ「あ、きらきー流れ星だよ」
雪「あ、ほんとですわ。オネガイしないと・・・(ごにょごにょ)」
ジ「なにをおねがいしたんだ?」
雪「ジュン様と結婚できますように・・・と(////)」
ジ「きらきー(////)」
雪「ジュン様(////)」


薔「(^ω^;)宇宙の果てまでブーン」







金「ふぁ~、かしら。」
薔「・・・~~~。」
J「飯食った後は眠くなるもんだからしょうがないけどな。ちゃんと仕事しろよ?」
金「うーん、頑張るかしら。」
薔「・・・キツイ。」
J「随分と眠そうだな。夜更かしでもしたのか?」
金「薔薇水晶の録り貯めしたアリアを一気に見てたかしら。」
J「あれ4月からだろ、無茶したな。」
薔「ようやく見る気になったら止まらなかったの。」
金「今日は早めに寝るかしら。」
薔(今日はウィッチブレイド消化しよう)








槐「おい、白崎。外をみろ、月がきれいだぞ」
白崎「あああ!!!月は・・・月はダメなんだぁぁぁ!!!!」
槐「し、白崎?・・・」
白「う、うわあああああああああああああああああああ!!!!!!!」
槐「お、狼男だったのか?!」

白崎の姿がみるみるうちに・・・・

ラプラスの魔「兎男です」
槐「あるあrwwwねーよwww」
薔「あ!あんなところにおいしそうな兎がいるよお姉ちゃん!」
雪「ホントですわ!今日は兎鍋ですわ!」
ラ「アッー!!!!!」
槐「白崎ィィィィ!!!!!!」

-数分後-

槐「うはwww兎鍋うめぇwww(白崎南無www)」
薔「・・・ウマー」
雪「・・・ところでお父様白崎さんは?」
槐「・・・遠いところへ旅立ったよ」









水銀燈がお弁当を作ってきました。
J「どれどれ?」
中身はウナギやスッポンの肉など精力のつくものばかり
弁当の袋に手紙があり一言
―しっかりと体力つけてねぇ(*´д`)―
J「・・・・」

真「何が入っているのかしら?」
中身は豆腐や豆ご飯など豆、芋づくし
そして一言
―これであなたの悩みも解決よぉ―
(゚д゚)

金「中身はなにかしら?」
中身はわかめご飯に海藻サラダなどなど
―これで少しはおでこの面積が減るかもねぇ―
金「・・・・・」
 ( ゚ Д゚)
  ( つ旦O
  と_)_)

    _, ._
  ( ゚ Д゚)   ガシャ
  ( つ O. __
  と_)_) (__()、;.o:。
          ゚*・:.。







金「♪すっきりクッピー、クッピーラム~ネ」
雛「♪しゅわっしゅわ~、ラムネおいし~の。」
真「うるさいのだわ、邪魔しないでちょうだい!」
J「お前等も次の時間小テストだろ、勉強しなくていいのか?」
雛「ヒナたちは昨日勉強したから大丈夫なの。」
金「そういえば雛苺、クッピーラムネっていうけど
  ウサギとリス、どっちがクッピーだと思う?」
雛「う~、ウサギさんかな~?」
J「そういや聞いたことないな。」
真「気になるのだわ。」
金「答えは―――。」

固唾を飲んで解答を待つ3人の耳に入ってきたのは授業開始のチャイム。
鳴り終わらないうちに梅岡が教室の扉を勢いよく開けて入ってきた。

金「あら、テスト始まっちゃうかしら。」
真「金糸雀、答えを教えなさい。」
金「後にするかしら~。」
J「行っちゃったか。テスト後に期待しとこう。」
雛「さ、テスト頑張るの。」

真(・・・気になって)
J(テストに集中できない。)
雛(2人とも悩んでるの、作戦成功なの。)

雛苺は嬉しそうに金糸雀の方を見たが、仕掛け人の金糸雀も蒼い顔をしていた。

金(あーん、歌が頭にこびりついて集中できないかしら。)









翠「おめーですか、『こんにちワン・ツー』なんて
  聞いたこともない言葉を流行語大賞に投稿してた奴は!」
金「―――横山君にどうしてもって頼まれたかしら。」
翠「毎月ランク入りしたって候補にもあがらね―んですから、いい加減諦めるです。」
金「それでもやめるわけにはいかないかしら。」
翠「意志がかたいのならこれ以上止めはしねぇです。
  まあ、『らめぇぇぇ』とか『朝鮮玉入れ』とか送るよりましですぅ。」
金(それも頼まれて送ってたかしらorz)







「JUM、JUM、朝ですぅ起きやがれですぅ。いつまで寝てやがるですか」
「んん、翠星石?ああ、もうそんな時間か・・・?、今日は休みだぞ?」
「関係ねぇですぅ、規則正しい生活させるためですぅ。・・・、面倒ですう
 布団取っちゃうですう。」

 バサッ!!・・・・

「そ、蒼星石!?なななんっで一緒に寝てやがるですぅ?」
「ん~あぁ、姉さんおはよう♡(・_・)/」
「おはようじゃ、ねえです!!何で一緒に寝てるですか?昨日は確かに自分の
 部屋に行ったはずですぅ」
「いい質問だね。あえて答えるとすれば、「それでも、守りたいものがある」かな?」
「意味分かんねですぅ。自爆ばっかりされてちゃ、世話ねえですう。じゃなくて、
 何で一緒に寝てるかをき・い・て・る・ですぅ><」

「ほんとのこというと、夜に突然人肌が恋しくなってね(////)」
「~~、(ずるいです蒼星石)・・・・」
「・・・・!、翠星石も一緒に寝るか?」
「(///)な、何をぬかしやがるですかこの口は。・・・し、しょうがねぇですね。
 JUMがどうしてもというんだから無下に断るのもかわいそうです。そっ、それに、
 蒼星石と二人っきりだと、なにしやがるかわからないですぅ。監視は必要ですう」
(ぼ、ぼくはいつでもいいんだけどね)
「そっ、それじゃ入るですう。・・・んっ暖かいですう、JUM・・・・」
「それじゃ、もう一眠りしようか、おやすみ」
「おやすみ「ですぅ・なさい」」
 ・・・・・
これは、ある休みの小さな出来事。この後起こしに来る、薔薇姉妹の仁義なき戦い
は、また別のお話







J「雛苺、野球するぞ野球!ベジータ!キャッチャーやってくれ!」
雛「勝負なのJUM~」
べ「まかせろ相棒」
J「じゃあ雛苺がピッチャーで僕がバッターで」
雛「うゆ、わかったの」
J「よっしゃこい!」
雛「へやぁ」シュ

シャゴォォォォォォォォ

J「いいスピードだ雛苺、だが見えている!」シュ

スパァァァァァン グチャッ

J「何ぃ!!?苺大福だと・・・・」
雛「ニヤリ」
べ「へぶっ」
J「どうしたベジータ!?」
べ「苺大福の・・・餡子が・・・・ショットガンの弾の様な破壊力で俺を・・・・・」
J「ベジータァァァァァァァァァァァ・・・・・・・・・・・・・・・・・・よし、じゃあもう1球だ」
雛「さっきのは実力の50%も出してないの!今度は80%ぐらいでいくの!」
J「そうかーw僕がんばっちゃうぞーww」

べ「・・・・・・・・・・・あれ?」








「秋の匂い」

J「ん~、すっかり秋の匂いになってきたなぁ。夏が懐かしいよ」
紅「そうね。でも、秋だって嫌いではないわよ。雲や夕日の秋独特の雰囲気、
 私好きだわよ」
J「それは言えてるな。・・・あ。そういえば、夏にまだやってないことあったな」
紅「何を?スイカは食べたし、花火はしたし、くんくん探偵は見たしあとetc...」
J「真紅たちの水着姿見てない><。唯一の心残りだよ」
紅「(///)なっ、何を言ってるのかしらJUMったら、そんな」
銀「そうよ、JUM。私はともかく、その発言は真紅には余りに酷よ」
JUM「水銀灯。どこからわいてきた?」
銀「・・・二人で空気作ってたから気付かなかっただけ。私は、最初からいたわ」
JUM「で、僕の発言の何処が酷だって?」
銀「気付かない?貴方はさっき、”真紅たちの水着姿見てない”って言ったわ。
  それはつまり、みんなの水着が見たかったということよ。考えてみなさい。
  姉妹が水着で並ぶところを・・・」
JUM「・・・・、解らん」
銀「いいわ、教えてあげる。それはね、蒼星石と肩を並べる最強の断崖絶壁を
  晒してしまうことになるのからよ!!!」
JUM[なっ、なんだってー!!!!(AA略」


紅・蒼「・・・・(^_^#)」
J「あ・・・、蒼星石・・・」
銀「え”・・・・」
蒼「こんにちは、JUM君、水銀灯。随分と楽しそうな会話だったね★」
J「い、いつからそこに?」
蒼「んーと、ちょうど水銀灯の”気付かない?”あたりからだね」
銀「あ、そういえば私用事が・・・」
   がしっ
銀「え?あ?ちょっと、蒼星石?真紅?離しなさいよ><」
紅「JUM、悪いけど一人で帰ってくれる?ちょっと、用事が出来ちゃった」
蒼「そうそう。一緒に帰れなくて、ごめんね」
J「うんうん。わかた。僕は帰るね。じゃあ!!」
銀「ちょ、ちょっとJUMーーー」
蒼・紅「ちょっと話がある(のだわ・んだ)(^_^#)」
銀「うえ~~~~ん。助けてーーーー・・・・」


 ああ、薔薇姉妹たちの水着姿がみたいなあ








ガチャ。
薔・雪「にゃ~ん♪」
J「さて、今日はどんな呪いの人形を買おうかな?」
薔・雪「にゃ~ん。」
J「これにしようかな?でも、これも良いな。」
薔・雪「にゃ~ん・・・」
J「で、なんなんだお前らは?」
薔「かまって・・・」
雪「無視し続けるなんて酷いですわ・・・」
J「とりあえずそのカッコはなんだ?」
薔「萌えアイテムでお馴染み・・・猫みみ・・・」
雪「しっぽもついてますの。」
J「それは分かった。で、何故それをつけてる?」
薔「ジュンを・・・悩殺・・・」
雪「そしてあわよくばジュン様と夫婦の契りを交そうと。」
J「てゆうかなんで僕なんだ?お前らならもっとカッコ良い奴でも釣り合うだろ?」
薔「ジュンは私たち嫌い・・・?」
J「いや別にそうゆう訳じゃないけど。」
雪「じゃあ他に好きな人でも居るんですか?」
J「いや好きな人も別に・・・」
ピシッ。
J「うっ!」
薔「ジュン・・・!?」
雪「ジュン様!?」
J「ちび人間が好きなのは翠星石ですぅ。」
薔「・・・・・・」
雪「翠星石、机の下に隠れて何してますの?」
翠「はっ!?まさかバレるとは思って無かったですぅ!」
薔「その赤い蝶ネクタイなに・・・?」
雪「まさか体は子供、頭脳は大人の方を襲って・・・」

翠「ち、違うですぅ!これは金糸雀の発明ですぅ。」
薔「そうなんだ・・・」
雪「納得しましたわ。」
翠「ひ、ひとまず今日の所は帰ってやるですぅ。次はこうはいかねーですよ!」
バタン。
薔「行っちゃった・・・」
雪「そうですわね。」
薔「・・・ジュン起きないね・・・」
雪「!!ばらしーちゃん!この間に既成事実を作っちゃいましょう!!」

J「ん・・・僕はなんで寝て・・・ってアーッ!」

終わり







「ふぅぅぅどふぁぁぁぁぁぃ㌧」

雛VS雪

雪「まけませんわよ」
雛「うゆ?」←なにがなんだかわかっていない
ジ「えー、今回二人が食べるものはこちら!!!!」

[巨大苺大福]

雛「わー!うにゅー!なのー!さっさとはじめろや!!!!」
ジ「(汗)え、えーと・・・は、はじめ!!!!」

パクッ!!!!!

雛「おいしかったのー!」
雪・ジ「?!」
ジ「こ、コレは早い!!!一口で食べましたぁ!雛苺選手!!
  対する雪華綺晶選手はまだ9/10しかたべてません!
  よって勝者!雛苺選手!!!!!」
雛「わーいなのー」
雪「くやしいですわ!」

巨大ギョーザとかってあるけど、一回食べてみたいよねー


|