※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『密会』
ジ「…それじゃ、俺、そろそろ帰るよ。」
 ブーツを履き、コートを手にした彼を見送りながら、私はこう聞く。
水「…そう。明日もうちに寄ってくれるのぉ?」
ジ「どうだろ?…はぁ、それにしても、外はすっかり暗いね?」
 何時ものようにそんな事を言いながら彼は笑い、振り返りもせず帰っていく。
 今日もまた、当たり障りのないやり方で…私の言葉をかわすのね。
 遠くで何かのサイレンが聞こえる。

水「『どうだろ?それにしても、外はすっかり暗いね?』…かぁ。来るのか来ないのかはっきりして欲しかったわぁ…つまり今日も上手く逃げられた訳ねぇ。」
 ため息をつき、想いを馳せるのは彼のあの何気ない言葉。でも何だかセンスがいいだなんて思った。
 英字新聞で巻いたスミレみたいにそっと…そっと恋人に差し出す花束のような彼の言葉は、何時だってセンスがいいって私は思ってしまう。だからかなぁ?私はまた彼が来るのを待ってしまう。私は彼の一番なんかじゃないのに。
━終わり━





J「水銀燈ペット飼いだしたんだって?」
水「あらぁ、良く知ってるわねぇ。」
J「ああ、真紅がクラス中で自慢しててうざいって言ってたからな。」
水「Σ(´Α`;) まあ良いわぁ。とっても可愛いから思わず自慢したくなるのよ。」
J「へーそんな可愛いんだ。」
水「えぇ、あまりの可愛さに昨日は一晩中眺めたわぁ。」
J「溺愛してるな。」
水「当たり前じゃない。あんなに可愛いんだもん。」
J「そこまで言うならみてみたいなー。」
水「あらぁ、仕方ないわね。放課後見せてあげるわ。」
J「おう、楽しみにしとくよ。因みに名前は?」
水「メイメイよぅ。」


放課後かしら~


J「お邪魔します。」
水「メイメイはこっちよぉ。いらっしゃい。」
J「どこ?どこ?」
水「ここよぉ。」
J「……どれ?」
水「この水槽に居るじゃなぁい。」
J「もしかしてこの蛙?」
水「そうよぅ。アルビノクラウェルツノガエルのメイメイよ。可愛いでしょぅ。」
J「……まあ、オレンジ色で可愛いかもな…。」
水「あ~かわいいわぁ。メイメイ。」

こんなのttp://www.vivid-fish.com/template6/ARUBINO.JPG




~もしも、水銀燈が人妻だったら~

ジ「おはよう」
水「おはよぉ朝御飯出来てるわよぉ」
ジ「おっうまそうなトーストと……ヤクルトだな」
水「美味しそうでしょ」
ジ「朝から甘い物か……いただきます」
水「いただきまぁす」
ジ「うん、うまいよこのトースト」
水「本当!? と・こ・ろ・で・ぇ」
ジ「なんだ?」
水「遅刻するわよぉ」
ジ「うそっ!? やっべもう行かなきゃ」
水「ちょっと忘れてるわよぉ」
ジ「何か忘れ物した?」
水「お出掛け前のキ・ス」
ジ「俺は急いでるんだからな」
チュッ
ジ「これでいいだろ」
水「もぉ~ヤクルトよりも甘ぁいキスじゃなきゃだめぇ」






銀「ねぇ~ジュ~ン♪8月2日何の日か知ってる?」
ジ「……さぁ(やべー何の日かホント分かんねー!)」
銀「もう、私の日じゃなぁ~い♪」
ジ「どういうこと?」
銀「8月2日は銀の日なのよぉ~」
ジ「日本記○日協会認定なの?」
銀「もちろんよぉ~♪」
ジ「じゃあ夜は豪華にしようか」
銀「そうね~デザートはあ・た・し♪」
ジ「バカ(////)」


金「あたしの記念日でもあるかしら~!!!…でも、なんか悲しいかしら~!!」
8月2日は金銀の日です





『私』を見て
綺麗な私を

『ワタシ』を見ないで
ケガレタワタシを

貴方への愛は片道の旅
決して帰らぬ渡り鳥

これが運命と云うならば
百、二百代耐えましょう

これが儚い泡ならば
壊して軽くなりましょう

ねぇ、愛しい貴方、

私の名前を

呼んで

よんで

ヨンデ




水「いらいしゃませ♪店内でお召しあがりですかぁ♪」

水「ウフッ♪ お持ち帰りですね!」

水「○○セットですね。サイドメニューはぁ♪」

水「ポテトとコーラですね♪ご注文は以上でしょうかぁ?」

水「530円になります!(ニコッ)少々お待ちくださぁい♪」

水「お待たせしましたぁ○○セットでお待ちのお客さまぁ♪」

水「ありがとうございます(ニコッ)」




J「水銀燈~?」
銀「なぁに?」
J「ちょっと数学のノート見せて欲しいんだけど」
銀「嫌よぉ。何でJUMなんかの為に……
J「そっか。じゃ、柏葉に頼むよ」
銀「え?
J「柏葉、ちょっといいか?」
巴「何?桜田君」
J「数学のノート見せて欲しいんだけど……」
銀「………」

J「水銀燈~?」
銀「今度はなぁに?」
J「お昼一緒に食べないか?」
銀「JUMなんかと食べたらヤクルトが不味く……
J「分かった。無理に誘ってゴメン」
銀「あ、ちょっと………
J「雛苺~。一緒に昼飯食わないか?」
銀「………………」

銀(折角のチャンスなのに……もっと素直にならなくちゃ)

J「水銀燈~?
銀(……素直に………素直に…………)
J「……と思ったけどどうせ嫌そうだからやめた。真紅~?」
銀「!!!!!」




水「ねぇ見てぇ、ジュン。スクール水着よぉ?どう、興奮するぅ?」
ジ「す、水銀燈!?(///)」
水「やだぁ、ジュンったら。赤くなって。か~わいぃ。」
ベ&笹「ぎ、銀嬢!!」
水「ちょっと、ベジータと笹塚は見ないでくれる?私が見せたいのはジュンだけなんだけど!」
ベ&笹「おい、ジュン!ちょっとこっち来い!」
ジ「あ、うん。」



水銀燈から少し離れて…
ベ「おい、お前ら、とりあえず確認するぞ。」
笹「あぁ。言いたいことはみんな同じだと思うけど…」
ジ「うん。」
生唾を飲む3人は声を揃えて言う…
ジ&ベ&笹「水銀燈はハミ毛してた!!」

…………糸冬劇…………




銀「真紅って人はぁ!!!」
真「やめなさい!水銀燈!」
銀「はぁぁぁぁぁ!!」
ザックリ
保守





めぐ「ねぇ、水銀燈?」
銀「…何よぉ」
めぐ「いつもお見舞いに来てくれて、ありがとね」
銀「ふん…今さら何言ってるのぉ?」
めぐ「だって嬉しいの。あなたは他の人たちみたいに、私を哀れんだりしないから」
銀「……」
めぐ「それに、あなたのその髪…いつ見てもとっても綺麗な銀色ね。まるで天使みたい」
銀「…私は天使なんかじゃないわ」
めぐ「ふふ…、それでも私の中では、あなたは天使なのよ」
銀「…バカじゃなぁい?あなた…」
めぐ「バカで結構。…私ね、天使って好きなの。気高くて、美しくて…儚くて……」
めぐ「――…それにね、死んだ魂を空へ連れて行ってくれるのよ」
銀(…めぐ。貴女だって、今にも消えてしまいそうな程、儚い存在なのに…)
めぐ「…えっ?なぁに?」
銀「なんでもないわ…」
めぐ「……そう…」

めぐ「…水銀燈?」
銀「今度はなによぉ」
めぐ「今日は何時くらいに帰っちゃうの?」
銀「……あなたが望むだけ居てあげるわ」
めぐ「本当?嬉しい!」
銀「その代わり、歌って」
めぐ「え?」
銀「あの歌…歌って」
めぐ「……わかった。いいよ、水銀燈」

紅い夕陽が差す病室で、澄んだ歌声が紡がれる……。

オワリ





銀「桜も咲いてきたし…もう春ねぇ…今度みんなでお花見行かない?」
J「お花見か…いいな、行くか」
銀「うふふ~場所取りは任せたわよぉ」
ポタ
J「あ」
銀「ん?なぁに?」
J「…頭の上…毛虫落ちた」
銀「……私?」
J「うん」
銀「………きゃあああああ!!?」
J「うわああ!?抱き付くな!!」
銀「と、とってぇ!とってよぉ!!」
J「あ、あーわかったわかった……ほら、取ったぞ」
銀「……怖かったぁ………あ!い、今の事…皆には言わないでねぇ…?」
J「ん、言う訳ないだろ…」
銀「約束よぉ…毛虫が嫌いなんて…真紅や翠星石に知られたら…」
J「絶対言わないって…だからいい加減離れて繰れ…」
銀「あ…ご、ごめん……」
J「あ、ああ…」
銀「……私の…春…」
J「ん?」
銀「なんでもないわぁ、ね~え…それより一緒にご飯食べに行こぉ」
J「ああ、じゃ…行くか」
銀「奢ってねぇ?」
J「なんで…だから抱き付くなって…」

|