※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夢を見た。
誰かが僕に語りかけている夢。
最初はなんだかわからなかった言葉も、どんどんクリアになっていく。
「・・・ン。桜田ジュンよ」
「誰?」
「ワシは神じゃ」
「神さま?神様は忙しいはずだから僕の所になんてこないよ。それに神さまはそんなに緑色じゃないやい」
「まあまあそういうな。この神がすねてばっかのお前に試練を科しにきたのじゃからな・・・」
「いいよ。そんなの・・・。こっちは宿題と雛姉さまの苺大福貰うだけで精一杯なんだから」
「・・・辛い試練だぞ?耐えられるのか?」
「あのー僕は受けるって言ってないし。なんのことやら・・・」
「ワシにきかれてもなあー」
そういい残して神様は僕の夢の中から出て行きました。

姉シリーズ最終章 雛姉編
『つるんつるん』

目が覚めた。
酷い寝起きだ。汗もびっしょりかいている。悪夢でも見たのか?
むくりと起き上がり、枕元の時計と取ると時刻は六時半。目覚ましはまだ鳴っていない。
トッテッテッテッテ。
「おはようなのー!ジュンーはやく起きるのー!」
ドアが開いた瞬間、雛苺がジュンに抱きついてくる。
雛苺の豊満な胸を顔に当てられて、呼吸が困難になる。
「わぷ!雛姉さま。起きますよ起きます。」
「えへへへー。わかったら、さっさと仕度するのー」
雛苺はジュンの眉間を指でツンとつつくと部屋を出て行った。
「雛姉さまの胸。気持ちいいんだけどなあ・・・」

三時間目が終わり、小腹が空いてくる。あと一時間は我慢できそうもない。
「ちょっと早弁するか・・・」
そう思い、バックの中から弁当を取り出す。
「お、なんだ桜田。巨乳な姉ちゃんの手作りか?羨ましいなオイ」
「ベジータ・・・。人様の姉に向かってそのいい草はないぞ」
ジュンはベジータをたしなめながら、布に包まれていたタッパーを開ける。
「雛姉さま・・・こりゃないよ」
「これは・・・地獄だな」
タッパーの中身は苺大福が数個、入っていた。片寄り現象を起こし、出来た空間が
なんとも言えない雰囲気をかもし出している。
そういえば、昨日の冷蔵庫にはなにもなかったな。と思い出し、今朝、姉が笑顔で苺大福を
詰め込む姿を想像すると少し笑えた。
「まあいいや・・・いただきま・・・!!」
手に持った苺大福が床にポロリと落ちる。
「どうした?」
「は・・・腹が・・・」
「おい!桜田!しっかりしろ!」
ジュンは意識を失い。病院へ運ばれた。

「はははは!ごめんよ雛姉さま!心配かけちゃって」
「ただの盲腸でよかったのー。雛ね、ジュンが死んじゃうかと・・・」
雛苺が言葉を詰まらせる。
「大丈夫だよ。だから泣かないで雛姉さま」
ジュンは雛苺の頭を撫でて慰める。
「本当?」
雛苺がジュンに近づいてくる。彼女の瞳に自分が映るほどに。
「大丈夫だよ・・・だいじょ・・・あが!!」
雛苺のジュンの股間の辺りに『偶然』に手をついた。ジュンは内側から来る激痛に襲われた。
「ど、どうしたのー?」
雛苺はおろおろしながらジュンをみる。すると、ジュンの体に繋がっている。チューブを一本
発見した。
「ひ、雛姉さま・・・それは」
「これが元凶なのー?えい!」
雛苺は力任せにチューブを引き抜く。
「!#&%$☆*ふじこp!!」
ポキリ。
ガラスが割れるような音がした。ジュンは股間を押さえ、悶絶する。
「じゅ、ジュンー!大丈夫なのー!?雛に見せるのー!」
雛苺は悶えるジュンに構うことなくズボンを下ろす。

「・・・・・・・つるんつるんなのー・・・子象さんがいるのー・・・」
雛苺は下半身丸出しのジュンの前に固まってしまった。
「な、ナース・・・コール・・・」

悪夢を見るわ、弁当は苺大福だわ、盲腸で入院だわ、姉に剃毛された象さん見られるわ、カテーテル折られるわ。

「辛い試練じゃぞ?耐えられるかな?」

僕が何をしたんだ?

「フン!お前は巨乳の姉を独り占めしているからだ!この俺にも分けろ!」

不意にベジータが昔言った言葉を思い出した。

とにもかくにも、象さんが痛い。


姉シリーズ最終章 雛姉編
『つるんつるん』 劇終。

|