※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

喧騒が絶えない昼休みの廊下。
薔薇学には移動教室がある場合は、二つの校舎を結ぶ大きな廊下を通らなければならない。
よって必然的に人口密度が多くなる。
だから二人が出会う確立はかなり高いわけで。
「ジュン」
「あ、銀姉」
ジュンを見つけた水銀燈が近づいてくる。
「お母さんが今日はカレー作るっていうから、食べにきてね。あ、ネクタイ曲がってるわよ。しょうがない子ねぇ」
水銀燈はテキパキとジュンのネクタイを結び直す。
「はい、できた。あんまり遅くならないでねぇ」
ジュンが口を挟む間もなく水銀燈は去っていった。
「おい桜田」
「なんだよべジータ」
「なんでお前は水銀燈先輩の隣の家に住んでるってーだけで、あんなにかまってもらえるんだ?おかしいだろ
学園一の美女だぞ!?・・・うげほッげほ」
唾も飛ばさんばかりの勢いにべジータはまくし立てる。
「やめろよべジータ・・・。風邪がうつる。インフルエンザだったらどうする気だ?マスクしろ」
ジュンは煙たそうな顔をする。
「いいやしないね!知ってるか!?むしろお前は学園一殺したい男ランキング一位だぞ!?」
「そんなことわかってるよ。でも僕が酷い目にあったときの話知ってるだろ?加害者は五体満足で帰ってこなかった
んだぜ?逆に気の毒に思うよ」
「うう・・・ま、そうだが」
「わかったらマスクしろ」

風邪を引いた。
38度7分。まだまだ上昇中だ。
「べジータに・・・うつされ・・・うぇ・・・」
「辛い?」
「ごめん、銀姉。せっかくの・・・土曜だってのに」
「いいのよぉ。今日はお母さんもおばさまもいないんだから、私が看病してあげるわぁ」
「ありがとう」
冷水で絞ったタオルをジュンの額に乗せる。手で軽く当てて、裏返すとすぐに温くなってしまう。
「困ったわぁ。すぐ温くなっちゃう・・・。かといってまだ解熱剤は早いし・・・」
「うーん・・・そんなに無理しなくて・・・いいよぉ・・・」
「もう、お ば か さん。日曜に買い物付き合ってくれるっていったでしょ」
水銀燈はジュンの額を指で、ツンと突っついた。
「荷物もち・・・だけどね」
「ふふ。わかればいいのよ。あ、そうそう、アレがあったわ」
手をポン、と叩いた水銀燈は台所へパタパタと走っていった。
(なんかあったっけ?)
「ねえねえジュン。これなら風邪もばっちり治るわぁ」
緑と白の細長いものが水銀燈の手の中で、バトンのようにくるくる回されている。
「こ れ」
ジュンの顔の前に差し出される。
ネギだった。
「・・・どうするの?これ」
「ふふ。これを・・・お尻の穴の中に・・・入れるのぉ」
水銀燈はネギの根っこの部分を口に近づけて、ペロリと舐めるしぐさをする。
「えぇ!や、やめてよぉ・・・」
「うそよ。ネギ刻んできたからガーゼで首に巻くのよ。こうすればいいってお母さんいってた」
水銀燈はジュンを起こして、首にネギ入りのガーゼを巻いた。ふわり、水銀燈から、いい匂いが
したが、すぐ、白ネギに消された。
「どう?今、お粥も作ってるからね」
「ありがと」

「ふー、ふー・・・・。はい、あーん。・・・どうあっつくない?」
土鍋からすくった粥を水銀燈は、息で冷ましながら、ジュンの口へ運ぶ。
「うん・・・おいしいよ」
「じゃあ、ご飯食べ終わったら、薬飲もうね」
30分後。
「あ・・・水切らしちゃってるわぁ。さっきので最後だったのね」
水銀燈は冷蔵庫のドアを閉める。
「仕方ないわぁ・・・」
水銀燈は薬袋を持って、ジュンの部屋へいった。
「ジュン」
「・・・なに?」
ジュンは首を向けた。しんどいのであまり体は動かしたくない。
「お水なかったのよ・・・。ジュースやお茶だと、薬の効果、半減するから、だめだし」
「ならいいよ・・・」
ジュンは首を元の位置に戻す。
「でも、薬は飲まなきゃ。ダ メ」
水銀燈はジュンの顔を覗き込み、そのまま、キスをした。
「!!」
顔を両手で捕まれ、水銀燈の舌でジュンの口がこじ開けられていく。
ジュンの舌に、丸いものがいくつかコロンと渡された。水銀燈の舌が名残おしそうに少し絡み付いてきた。
「ぎ、銀姉!うつったら・・・」
ジュンの口に水銀燈の人差し指が当てられた。
「かまわないわぁ・・・。だって私はジュンのこと大好きだもの」
「もう」
「さ、薬飲んだなら、寝なさい」
ジュンの目が水銀燈の手で隠された。
あったかくて、やわらかい手。
「・・・寝れない」
「仕方ない子ね・・・子守唄歌ってあげるから」
水銀燈は一つ、呼吸をした。

「ずーいずーいずっころばーし♪ごーまみーそずい♪」
「それ、違うよw」
「クス・・・お休み」

もう熱は下がったみたいだ。
頭の中の重りも取れたみたいだ。

「銀姉。やっぱ昨日のあれじゃない?」
「こほ・・・こほ。そうかもね」
ジュンの風邪はすっかり水銀燈にうつってしまった。
自分は快復したのに、少し複雑な気分で水銀燈の額のタオルを取り替える。
「なんかないかな・・・」
ジュンは水銀燈の家を漁る。
なにか風邪薬があればよいけれど。
「お、これなんかいいんじゃないか?」

「ねえ、銀姉!座薬あったよー」
「お、おばかねえ・・・それは、お母さんの、タン・・・うげほッげほ」


『ずーいずーい♪ずっころばーし♪』 ~完~

|