※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠「今日こそ日ごろの恨みを晴らす時ですJUM!」
金「いっつもいっつもカナ達のパンツを狙うなんて変態極まりないのかしら!」
紅「毎度毎度この私をハメてくれているお礼をさせてもらうのだわ」
雛「最近のJUMは悪JUMなの!成敗してやるの!」
薔「あの赤パン穿いても全然早くならない・・・・・・・」
蒼「僕なら何時でもあげるのに他の人のパンツに手を出すなんて許さないよ!」
一同「さぁ勝負(ですぅ・かしら・なのだわ・なの・ですわ・だよ)JUM(君)!!!」

J「いやだ」スタスタ・・・

一同「・・・・・・・・・・・・・・・あれ?」







紅「翠星石、味噌汁の作り方を教えて欲しいのだわ」
翠「別に良いですけど一体どうしたんですぅ?」
紅「家庭科の実習で補習になってしまったのだわ」
翠(家庭科で補習・・・・・初めて聞いたですぅ・・・・)「ま・・・まぁわかったですぅ、それじゃあ家に来るですぅ」

翠「真紅が間違った事をしそうになったら翠星石が注意するんでまずはやりたいようにやるがいいですぅ」
紅「わ・・・わかったのだわ・・・」
翠「って言ってるそばからなにイキナリ味噌入れようとしてるです!!!ダシをとらないで何をする気なんですぅ!!!」
紅「だ・・・・ダシね・・・・」
翠「煮干を置いておいたのに無視して味噌を突っ込もうとは全く見上げた根性してやがるですぅ!」
紅「に・・・煮干ね・・・・」
翠「あ~!なんで冷たいままいれようとするですか!煮干は水が沸騰してからいれるんですぅ!」
紅「はわわ・・・・ふ・・・沸騰・・・フットー・・・」
翠「煮干の頭取るです!くさくなってかなわんですぅ!もうダシは粉末のを使うです・・・」
紅「わ・・・わかったのだわ・・・・・」
翠「だぁぁぁぁぁ!味噌入れすぎです!それじゃあ味噌汁じゃなくて汁味噌になっちまうです!!」
紅「し・・・味噌汁味噌汁味噌汁味噌味噌味噌味噌・・・・・あわわわわわ」
翠「あぁぁぁぁぁぁ!沸騰させすぎですぅ!味噌入れてから沸騰させるのは一瞬でいいんです!そんな沸騰させたら香りも味もおかしくなっちまうですぅ!」
紅「あああああぁぁぁぁぁ!!!!もういやなのだわ!!やってらんなんのだわ!!!」ガシャーン
翠「あっちぃですぅ!なにしやがるですか真紅!!」
紅「味噌汁なんて作れなくても死にはしないのだわ!!!もう家庭科も味噌汁もしったこっちゃないのだわ!!!!」

普通にこういうやり取りしてそうな気がした









翠「しゃぼん玉飛んだ~」
金「屋根まで飛んだ~」
雛「屋根まで飛んで~」
J・蒼「「繋がり増えた~」」

・・・

水「え?」
真「意味不明なのだわ」
蒼「えっと・・・ね」
J「つまりしゃぼん玉=オタマジャクシが」
蒼「届いて・・・その・・・ね。増えたの」
一同「?」


べ・薔「はっ!」
薔「隊長、解ったでござりまするか?」
べ「つまり・・・ゴニョゴニョ・・・だよな」
薔「そうとしか考えられませぬ」
一同「な、何?」
べ「いやぁ、汚れ無き者は良いですな~」
J・蒼・べ・薔「あははははははは(豪快)」









翠「あうー、お腹がすいて力がでねーですぅ。」
雛「それならヒナのお菓子わけてあげるの。」
翠「お菓子ですか。まあ急場のしのぎでも助かるです。」
雛「じゃあ翠星石、手を出すの。」

雛苺が鞄から取り出したのは新品のチョコベビー。
翠星石の差し出したたなごころに黒い顆粒がシャカシャカと振り出された。
翠星石は手のひらの熱で溶けないように懐紙に移して一粒口に含んだ。

翠「く~、甘さが染み渡るようですよ。」
雛「えへへ、チョコベビーおいし~でしょ。」
翠「でもちょっと心もとない数だからもうちょ(ry」
雛「(がばー)ごふぇんえ、ふぉうあいお。」
翠「一気食いなんてハシタネー真似すんじゃねーです。」

気持ちいいからついついやっちゃうんだよね。









雛「ウルヴァリンが最強なの。」
金「サイクロップスのほうがカッコいいかしら。」
翠「これだからチビどもは。一番偉いのはプロフェッサーXに決まってるですぅ。」
J「何でまたX-MENの話になってるんだ?」
真「薔薇水晶が持ってきたカードが原因なのだわ。」
J「―――VSシステムか。アメコミは根が深いからなぁ。」
雪「X-MENだけがヒーローではありませんわ。超人ハルクとかどうでしょう。」
薔「・・・スパイダーマンさいきょー。」
J「アメリカのヒーローといえばスーパーマンは外せないだろ。」
蒼「やはりアメリカといえばスティーブ・ロジャースだよ。
  名実共にアメリカを代表するヒーローだと言えるしね。
  9.11のポスターも彼だったし。」
J「本名で呼ぶなよwでもまあキャプテン・アメリカの存在は大きいな。」
銀「ぬるいわねぇ、パニッシャーが一番アツイに決まってるじゃない。」









真「はぁ、もう少し何とかしたいのだわ。」
雛「真紅はまだまだ成長期なの、そのうちおっきくなるの。」
真「貴方に慰められてもそれは勝者の理論なのだわ。」
雛「あ、金糸雀の胸おっきくなったの!」
真「へ、どこ?私を差し置いて良い度胸なのだわ。」

雛苺の視線の先にはこちらに歩いてくるJUMと金糸雀の姿があった。
見てみるとやや遠いが確かに金糸雀の胸がいつもより大きくみえた。
『形は良いが背丈相応の胸だった金糸雀に数歩先を越された』
真紅の受けたダメージは相当なものであった。

真「アラ金糸雀オメデトウ、ミチガエタノダワ。」
金「ありがと真紅、似合ってるでしょ。みっちゃん自慢の一品なのよ。」
雛「金糸雀、胸おっきくなったの!」
金「胸?これは上着がこういう形なだけかしら。」
真「ホント、上着の曲線が胸を強調していただけなのだわ。」
雛「真紅ひと安心なの。」
真「こんなのでも効果があるのね。ちょっと貸しなさい。」
金「あ、でもその服カナの(ry」

金糸雀の止めるのも聞かずにすぐさま袖を通した真紅だったが
胸に妙な隙間のできたおかしな着こなしになってしまった。

真「・・・・・・。」
金「これはカナにあわせてるから真紅が着ても意味ないかしら。」
雛「真紅、隙間がおっきいのw」
J「くくっ真紅、ないのを強調してるぞwww」
真「ギギギ、しごうしちゃる!」

いつものようにドつきまわされましたとさ おしまい









「今北産業」


紅「こらぁぁぁぁ!!!!!まちなさぁぁぁい水銀燈!!!!!」
水「きゃー!」

と、そこに・・・

ジ「(?なんだろ)今北産業」

「真紅
 貧乳
 怒った」
ジ「おk、把握」
紅「(ブチッ!)二人ともぶっとばす!!!絆ックル!!!!!!」
水・ジ「ぎゃああああああああああ!!!!!!」


蒼「(あれ?真紅なにしてるんだろ)今北産業」
紅「水銀燈
  ジュン
  ぶっとばした」
蒼「おk、ひとまず警察に行こうか」








薔「・・・みんな遅いね。」
金「ホント。どこかで道草食ってるのかしら?」

今日はセッションの日なのになんだか集まりが悪い。
時間は一応決まっているけど厳格ではないが
そろそろ集まっても良い時間なのだが2人しかいない。

金「薔薇水晶の差し入れは何かしら?」
薔「・・・チョコバット一箱。金糸雀は?」
金「カナはボールチョコだからチョコがかぶったかしら。」
薔「ねえちゃんあちきと遊ばない?」
金「いまどき浮浪雲?まあいいとして何して遊ぶかしら?」
薔「・・・チョコバット野球。」

説明しよう。チョコバット野球とは攻撃側がチョコバットを開封して
結果をシミュレートしていくゲームなのだ。
ヒットはダイス目でタイムリー・ツーベース・スリーベースか判定。
もちろん、開けたチョコバットは残さず食べるのがルール。
今回は守備側も一打席に一球ボールチョコを食べるという特別ルールだ。

薔「・・・プレイボール。」
金「まずはカナの攻撃からかしら。」

いそいそとチョコバットを開ける金糸雀。
薔薇水晶もボールチョコの銀紙と格闘を始めた。

金「アウト・アウト・アウト。三者凡退かしら。」
薔「よし、初回好調な滑り出し。」
金「まあそうそう当たるモのではないかしら。」


それぞれ開封したバットとボール3つを平らげたところで一回裏。
薔薇水晶が3本取り出して攻撃を開始。

薔「・・・アウト・アウト・アウト。こっちも3タテ。」
金「先発山本昌快調かしら!」
薔「金糸雀は中日?ならこっちは阪神にしようかな。」
金「井川でも下柳でもメッタ打ちにするかしら。」

ミルクを用意して2回表、金糸雀ドラゴンズの攻撃は
外国人コンビも打ち取られて三者凡退。

金「小気味よい投手戦かしら。」
薔「・・・モノは言いようだね。」
金「確率的にはこんなもんかしら、さ次行くかしら。」

膠着状態が続くかと思われた2回裏ばらし―タイガースの攻撃
この回の先頭チョコバットからヒットが生まれた。

薔「・・・やった、初ヒット。」
金「ついに打たれたかしら。はい、サイコロ。」
薔「(コロコロ)5。ここで特別ルール発動!
  4番のバースが外野に飛ばしたからホームラーン♪」
金「ちょ、今の阪神にバースはいないかしら!」
薔「今なんて言ってないもん♪こっちは'85の阪神だもん♪」
金「そんなのなしかしら。」
薔「・・・ウッズが打ったらホームランにしていいから。」
金「うー、それなら仕方ないかしら。」

金糸雀があっさりと丸め込まれて試合が動いた。0-1で薔薇水晶がリード。



なおも続くばらしータイガースの攻撃。
ここから怒涛の快進撃が始まった。
アウト一つ挟んで打者一巡の猛攻、ホームランも飛び出し一挙に6点獲得。
次のバッターは前の打席でホームランを放ったバースなのだが…

金「早く食べるかしら。」
薔「・・・待って、あと半分だから。」
金「点取ってるほうが苦しいなんておかしなゲームかしら。」
薔「誰が上手いことを言えと(ry」
金「チョコバット13本なんて短時間で食べるものじゃないかしら。」
薔「・・・もうだめ、ギブアップ。」
金「やった、カナの勝ちかしら。」
薔「こんなの、ありえないorz」
金「ボールチョコにピーナッツが入ってたら危なかったかしら。」

薔薇水晶の敗因は、勝因となりえたその驚異的な引きの強さであった。

※実際プレイする場合はあとでまとめて食べるか
 食べる要員を準備したほうがいいです。







とあるBARにて

マスター「どうぞ」
真紅「これは?」
マスター「あちらのお客様からです」
JUM&水銀燈「不人気乙(^ω^) wwwww」

真紅「なによなによ、みんなして馬鹿にして…ウワァ~~~ン」







水銀燈の胸を見るジュンの表情
ジ「(*^ω^)ハアハア」



真紅の(ry
真「…もうオチはわかってんだよ!バーr」
ジ「('A`)……」
真「ちょwwwwwwやめてwwwwwwwww」









翠「今日は翠星石が夕食を作ってやるですぅ!感謝しろですぅ!」
…ということで今翠星石は僕の家に来ていた。
というのも学校で僕が今夜は姉が不在で夕食にカップ麺を食べるということをさらりと言ったのを聞いて、
「仕方のねえ奴ですねぇ!ひもじい思いをしてのたれ死なれても困るですから、今夜は翠星石が夕食を作ってやるですぅ!」
と相変わらずのツンデレっぷりで言ってきたからだ。
まあ経緯はともかく感謝したいのは本当だ。
ジ「ありがとうな翠星石、助かるよ」
翠「…だ、台所借りるです!」

翠「さて、準備もできたし料理開始ですぅ」
真「……あの、何で私ここにいるのかしら」
翠「……?…あっ!まな板と間違えてまな板の真紅を準備しちゃったですぅ!」
ジ「あながち間違ってもいないんじゃ」
真「またこんなオチかよバーローwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」









紅「よくもさんざん人の胸を落ちに使ってくれたものね……
  そ……それは確かに……お、大きくはないけれど……
  女性の魅力は胸の大きさだけで決まるものではないのだわ!
  自分で言うのも何だけれど、ヒップラインで勝負すればいいのよ!」
銀「あらあら、それなら勝負になるとでも思ってるのぉ?真紅ったらほぉんと、お馬鹿さぁん」
紅「残念ね水銀燈、胸と違ってお尻は大きいからいいというものではないのよ。
  現にキューティーハニーだってお尻は小さいのだわ!
  何せお尻が小さい方が、脚のラインが綺麗に……」

巴「何の話……?」

紅「……」
銀「……」






紅「やめましょう、不毛な争いは」
銀「……そ、そうね……」



小尻美脚で巴の右に出るものはない







Nのフィールドにて

「雛苺…翠星石、金糸雀…」
「見つけたわぁ、真紅ぅ!」
「っ…水銀燈!姉妹が迷子になってしまったのよ!たくさんの姉妹がジャンクになってしまったのよ!」
「貴女もその仲間に入れてあげるわぁ!」
「遊びでやってるんじゃないのよっ!」
「な、なに!?」
「ドールは…ドールは力なのよ。お父様を支えている力…。それを、それをこうも簡単に失っていくのは…それは、それは…ひどいことなのだわ!」
「あ、あれはっ…」
「貴女はクズよっ!生きていてはいけないドールなのよ!」
「あ、あの光…バリヤーなの!?」
「ここからいなくなりなさいっ!!!」
「イヤァァァァァッ!お父様ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」








ある日、僕は翠星石に呼びだされた。
そして、告白された。

翠星石「ジュン……す、翠星石は、ずっと前から、ジュンのことが……」

正直、毎日口げんかしてばかりの翠星石に告白されて、とても驚いた。
でも、僕には彼女の気持ちに応えることは出来なかった。

ジュン「……ごめん」
翠星石「え……ど、どうしてです? ジュンは翠星石のことが嫌いなんですぅ?」
ジュン「そういうんじゃないよ。僕、他に好きな人がいるんだ」
翠星石「……そうですか……」
ジュン「翠星石……」
翠星石「で、でも、ジュンなんかに断られたくらい、どーってことないですぅ!
    ジュンこそ、翠星石をフッたことを後悔するなよ、ですぅ!」

翠星石は無理をしていると、僕にだってわかった。
去り際に見えた、彼女のオッドアイに浮かぶ涙は、見間違いではないだろう。

ジュン「ごめん……」

それは、誰に向けての謝罪だったろうか。
この短い言葉は、誰に向けての言い訳だったろうか。

水銀燈「見ぃちゃった見ぃちゃった、翠星石をフるの見ぃちゃった♪」
ジュン「! ……水銀燈か……」

立ち尽くす僕にからかうような調子で言ってきたのは、水銀燈だった。
それなりに付き合いの長い、腐れ縁の悪友だ。

水銀燈「ジュンに好きな人がいたなんて初耳ねぇ」
ジュン「別に……どうだっていいだろ」
水銀燈「ジュンの好きな人って、一体だぁれ? おばかさぁんの真紅ぅ?」
ジュン「違うよ。それに、誰だって関係ないだろ」
水銀燈「……好きな人って、めぐね?」
ジュン「!」

ズバリ言い当てられ、僕は焦った。
そう、僕は柿崎めぐが好きだった。
この間、ちょっとした怪我で暫く入院することになり、そこの病院でめぐと
知り合った。初めのうちは、我が儘でマイペースな子だとばかり思ってたけど、
いつの間にか、僕はめぐの不思議な魅力に魅了されてしまっていた。

水銀燈「めぐもジュンのことは気に入ってるみたいだし、告っちゃいなさいよぉ」
ジュン「……まだいい。でも、いつか」
水銀燈「『いつか』なんて言って、キチンと告った人はいないわよぉ」
ジュン「水銀燈には関係ないだろ! 僕がいつめぐに告白したって……」

水銀燈の言葉と眼から逃げるように、僕はその場を辞した。
後ろから、水銀燈の『おばかさぁん』の声が聞こえた。


めぐに『好きだ』と伝えたい気持ちはある。
でも、そう考えるたびに、僕自身の酷く残酷な部分が、僕に囁きかけてくる。


『彼女はいつ死ぬかわからない』
『告白した次の日に死ぬかも知れない』
『ずっと一緒にいられないんだから、告白しても意味がない』
そんな風に囁く声が、僕に行動を起こさせないのだ。
そして、僕は常にその声に負けてきた。
僕はまだ、めぐに『好きだ』と伝えられない。
意気地のない自分を情けなく思いながら、今日という日も過ぎていった。



その日の晩、日付が変わる寸前のことだった。
めぐの容態が急変したという内容の電話が、水銀燈からかかってきたのは。

|