※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

紅「あらJUM」
J「よぉナイチチ!」
紅「………(絆ックル!)」
J「ひでぶっ!」

がっしゃーん!

銀「JUM!ちょっと大丈夫!?」
翠「ひでぇです、白目むいてるですぅ………」
蒼「真紅………。いくらなんでもこれは………」
薔「かわいそう………」
雛「なの~………」
金「かしら~………」
雪「………」




紅「………………」
紅「どんなもんじゃーい!」








J「よう真紅」
紅「あらJUM」
J「クッキーを焼いてきた」
紅「まぁ・・・お茶請けに頂くわ」
J「うむ」
紅「・・・・・この形は・・・・」
J「パンツだ」
紅「・・・・こんな直球のセクハラは未だかつて聞いたこと無いのだわ」
J「最高の褒め言葉だ」
紅「・・・・・・あら・・・味は美味しいじゃない・・・・こっちのは・・・・何かしら?」
J「ブラジャーだ」

紅「・・・・・・・・・セクハラも此処まで徹底されると清清しいのだわ」








からおけにて

ジ「なぞなぞ♪みたいに真紅の胸をはかってたら」
紅「みんなでどこまでもふっとべ!!!!!!!!」
ジ「宇宙の果てまでブーン!(^ω^ )」


また一人、星になりました









本当に怖いキレた真紅

銀「真紅ぅ!あなた大変よぉ!」
紅「え?」
銀「本当は怖い家庭の医学で「本当は怖い貧乳」ってあったのよ!」
紅「・・・ふふ、それなら私もみたわよ」
銀「ね?大変でしょう?!」
紅「けれど、本当は怖い「貧乳」じゃなくて「頻尿」よ。水銀燈」
銀「あ、あらぁ?まちがっちゃったみたいだわぁ」
紅「ふふ、わざとでしょう?水銀燈」
銀「そ、そんなことないわよぉ!じゃ、じゃあねぇ真紅ぅ」
紅「どこまでもふっとべ!!!!!」
銀「宇宙の果てまでブーン!(^ω^;)」


また一人星になりました









紅「あら・・・JUから届け物が届いているのだわ・・・なんなのかしら?」
J『俺の気持ちがこもった自作の人形が入ってる、受け取ってくれ』
紅「あら・・・気持ちがこもっているなんて・・・どんな人形なのかしら?」
ガサゴソ
『ファー・・・ボクハービィー!パンツホシーナー」
紅「オチが読めたのだわ・・・まぁ取り合えずパンツを与えてみましょうか」
『アリガトー!ファー・・・・ブルスコ・・・・ファー」
紅(・・・・・・・・・・此処はあえて放置するのだわ・・・・・今は我慢の子よ真紅!)
『ファー・・・ブルスコファー・・・・・・・・・・・・・・・・・・チッ・・・不人気が(ボソッ』
紅「絆ックル!!」
『モルスァ』








何の唐突もない日、

真紅「JUM、喉が渇いたのだわ。紅茶を淹れて頂戴。」
J「へいへい…ったくいい加減に紅茶ぐらい自分で淹れろってんだ。ホラ、淹れたぞ。」
真紅「そう………じゃあ、その………」
J「何だよ。」
真紅「あの………今日はちょっと趣向を凝らしてみて…く、口移しとかで飲んでみたいのだわ…。」
J「ハイハイ、口移しね………ってちょっと待て!?それって色々ツッコミどころがあるぞ!?」
真紅「う、うるさいのだわ!下僕なのだがら主人の言うことに従いなさい!それとも…私じゃ………嫌なの?」
J「あー…お前は本当に卑怯だよな。そんなこと言われちゃ…やるしかないだろ!………ん」
真紅「ん………ふ……ふぁ…」
J「……………ぷはっ………あ、熱くなかったか?」
真紅「少し…火傷しそうになったのだわ。」
J「だ、大丈夫なのか?」
真紅「ええ………問題ないから………もう一回なさい。」
J「しょうがないな………けどこれから調子に乗って毎日頼むなよ?」

 私は平気、この口の中の火傷は、恋の火の火傷なのだから…












ジュンの死亡歌

その1

紅「ジュンが飛んだ♪屋根まで飛んだ♪
  太陽までいって♪チリになって死んだ♪」


その2

紅「ボクシング♪みたいにジュンをぶんなぐったら♪
  どこかへ逝った♪」
ジ「地獄の果てまでブーン!(^ω^ )」
紅「ナックルでループなこの真紅は」
ジ「僕をいつもまきこんで絆ックルで殴る♪」
紅「ある♪晴れた日のこと下僕のジュンが♪」
ジ「地球に♪ふりそそぐそしてグチャァッ♪」
紅「また明日会うとき♪笑いながら絆ックル♪」
ジ「たんこぶをたーめよぉう♪簡単なんだよそんなの♪」
紅「殴って♪ふっとべー♪」
ジ「痛いな♪絆♪絆♪ナックルでしょう♪」

ジュンの死亡歌

その3

ジ「触れたー♪拳ーぃ♪」
紅「ジュンを飛ばして♪」
ジ「宇宙までふっとぶ♪」
紅「そして♪星にー♪」
ジ「傷ついた♪僕の頬」
紅「死んでゆく♪運命(さだめ)なの♪」
ジ「とばさーれた♪宇宙のどこかに♪」
紅「まよいこーんだ♪小さくてチビなジュン♪」
ジ「息ができない♪たーだ♪酸素だけをー♪願う♪」

ジ「瞳に映~る♪」
紅「ジュンの幽霊♪」
ジ「息ができなーくて♪」
紅「死んでー♪しまった♪」
ジ「爆笑する♪真紅の声♪」
紅「おかしくて♪腹がいたい~♪」
ジ「ころさーれた♪あわれな僕♪」
紅「ころしちゃった♪手加減したつもりなのに♪」
ジ「人生の終わり♪たーだ♪不幸せな♪答え♪」

ジ「闇色の♪地獄の中で♪」
紅「苦しんでる♪かわいそうなジュンの姿♪」
ジ「真紅の死亡♪たーだそれだけを願う♪」


ジュンの死亡歌

その4

ジ「まだー殴らないでー♪絆ックルめいたその拳♪」
紅「いわれると余計殴りたい♪」
ジ「殴らないで♪パパにも殴られたことないのに♪」
紅「殴る自信は♪あるからね♪」

ジ「百万の絆ックルに♪襲われる今日も♪たくましーく僕はいきてーいるぅ♪」
紅「どうすれば♪醜いジュンを殴りたいこの気持ち♪殴るのをおさえられるのだろうか♪」
ジ「一人部屋の中♪引きこもりつづけても♪真紅の拳が襲ってくるぅ♪」

ジ「まだー触れなーいでその震える拳は♪」
紅「ジュン殴り人のあまいためらい♪」
ジ「殴ってもいい♪この僕を殴って♪いじめる自身が♪あるのならば♪」
紅「正義の味方~なんて~♪しーんじないほうがいい♪」

ジュンの死亡歌

その5

紅「ジュンの頭殴って♪
  ジュンの腹を殴って♪
  それでも殴り足らない♪」
ジ「あなたが憎らしい♪」
紅「絆ックルをくらえよ♪」
ジ「いたい愛の拳を♪」
紅「ジュンにほどこす♪痛い絆ックル♪」

ジ「真紅という鬼の前♪僕は逃げてる♪」
紅「逃げたジュンはつかれて♪こけて♪つかまえた♪」
ジ「誰よりも♪怖いのは真紅♪」
紅「二人の証♪絆ックルで♪アザをつけましょう♪」

ジ「真紅に殴られて♪
  宇宙に飛ばされて♪」
紅「殴りあうことの奇跡♪あなたを殴りたい♪」
ジ「ひざまつくから許してよ♪」
紅「それは無理だわ♪」
ジ「ガーゼにしみこむ僕の鮮血♪」

紅「罪でもいい♪殴りたい♪ジュンに絆ックルを♪」







紅「JUM・・・見返りは渡すから料理修行に付き合って欲しいのだわ」
J「俺はパンツしか認めんぞ」
紅「・・・・わかったのだわ」
J「よかろう」

紅「どうかしら?」
J「うむ・・・腕を上げたな真紅」
紅「ほ・・・ほんとうかしら!?」
J「以前のお前の料理は確かに不味かった・・・・だが今は違うようだな・・・俺も驚きだ」
紅「やっと・・・・やっと人並みに料理を作れるように・・・」
J「味が無い」
紅「え?」
J「・・・・どんな食材にしろ多少の味はある、調理と言われる行為はその素材の味を引き出す、逆に言えば素材そのものの味をごまかす事は非常に難しいと言える、
 だが真紅・・・・お前の料理には何一つの味さえ感じない、甘くも無く塩辛くも無い・・・つまり美味くも不味くも無い・・・全くの無味だ・・・・まだ水の方が美味しい」
紅「そ・・・・・・そんな・・・私は・・・レシピ通りに作ったのだわ・・・こんな・・・・こんな筈じゃ・・・」
J「気を落とすな真紅・・・コレも何かの才能だゴハッ!!」
紅「JUM!!」
J「フ・・・フフフ・・・ハハハハハ・・・・油断した・・・・・・・・俺としたことが・・・・危険性を・・・感じない毒物が・・・・一番怖い・・・という・・・事を忘れていた・・・
 本当に・・・・・・・腕を・・・・上げたな・・・・VS真紅・・・・395戦・・・・394勝・・・・1・・・・・敗・・・か・・・・ブハッ」ガクリ


紅「・・・・・・・・・・・・・・あれ?」









?「だーれだ?」

J「(この胸の感触は)・・水銀燈だろ」

真「私なのだわ」

J「し、真紅!?ばかな!真紅はそんなに胸はn(ry)」

真「ガゼルパンチ!」







真「JUM私初めてなのにひどいのだわ」
J「いいじゃないか」
真「ああ!だめ!」
―――がちゃ!!
蒼「いったい二人ともなにやってるの!?」
J「ん?ジェンガだけど?」
蒼「あ・・・そ、そうなんだ。あ、あはは」
真「一緒にするのだわ」
蒼「うん」

蒼「あ、あぁ!JUM君そこは・・!」
翠「JUMいったいなにやtt(ry)」









真紅様にお願い

真「ジュン、お茶を入れて頂戴」
ジ「ハイハイ」
真「ハイは一回」
ジ「ハイハイハイ(ry」

ジュンがダージリンを用意してきた。

ジ「なぁー真紅、お前いつも髪結ってるよな?」
真「ええ、それがどうかしたの?」
ジ「お願いがあるんだが・・(うーん、ちょっと無理かも…)」
真「あら何?言ってみなさい。」
ジ「リボンを解いてみてくれないか?(ヤバイ僕死んだか?)」
真「・・・」
ジ「もちろんタダとは言わない(怒ったかな?)」
つ[放送第一回目のくんくん探偵ビデオ]
真「?!」
ジ「これでどうだ?」

これからAとBがあります。

A
真「私を物で釣る気かしら?私も舐められたものね…」

・・・

ジ「…真紅様その握り締めた手は一体・・」
真「さようならジュン…」
真「絆ックル!!」

どーん

ジ「さすが薔薇乙女一の武闘派…僕の負けだ…」
真「生きるって戦うことでしょ」
真「くんくん探偵のビデオはもらっていくわね。」
真「放送第一回目のくんくん探偵のビデオ…」
真「くんくん(;´Д`)ハァハァ」

真紅様は走って自宅に帰って行きました。


B
真「分かったわ」
ジ「真紅は話が分かるな」

真紅がリボンを解いた。

ジ「綺麗だ…」
真「あらそれだけ?」
ジ「・・・」
真「ジュン?」
ジ「本当に綺麗だ」
真「ジュン、ありがとう」
ジ「あ、ああ」
真「もういいでしょ?髪を梳かして結って頂戴」
ジ「何で僕が?」
真「レディーが髪を触らせるのは心を許した相手だけよ」
真「光栄に思いなさい」
ジ「真紅…それって…///」
真「…///」

ジ「真紅、今度はポニーテールなんてどうだ?」
真「たまには良いかもしれないわね」
|