※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【薔薇水晶と、雪華綺晶と、>>>>越えられない壁>>>>槐】―薔薇水晶とジュン異聞、ゴメン、異聞の意味は俺は知らない―

 それは、薔薇水晶たちが、ジュンと一緒に暮らしている家から、自分たちの家に帰る定例日のことだった。
 というより、定例日の日なら、いつもあることなのだが――
「薔薇水晶、雪華綺晶」
「なぁに、お父様?」
「一緒のベッドで寝よう。出来れば裸ワイシャツ。もしくは若奥様!」
「死ねよ、変態」
「がふぅ」
槐は親バカ(?)だったのだ!



「ひ、ひどいじゃないか、雪華綺晶。私はただ、親子のスキンシップを謀ろうとしただけなのに」
 殴られた頬を押さえ、槐は涙目だった。
「字が違えよ、字が。っつーか、何で私がここに帰ってこなきゃいけないんだよ。ジュンのとこにもーどーりーたーいー!」
「我慢してよ、雪華綺晶。私だって、ジュンと一緒に居たいんだから」
「ジュン? 桜田ジュンか。私のかわいい娘たちを奪った、桜田ジュンのことか! ダメですよ、そんなのお父さん許しませんよ!
 っつーかあのクソガキのどこがいーんだよ、二人とも考え直せ、って、アレ、いや、ちょ、雪華綺晶さん、何をそんな怖い顔を、
 ……いやああああ、何か白い世界が迫ってくるー!? な、何だこれは、ありえない、いやだけど、ちょっと雪華綺晶っぽくて少しだけしあわ――」
「何で死なないんだよ……」
 雪華綺晶はため息をついた。むしろ殺す気だったのだろうか。
「ダメだよ、雪華綺晶。殺さず、生かさず、だよ」
「薔薇水晶、どーも、性格が黒いよ」
「雪華綺晶から派生したからね。そのせいで、私までこんな性格に……う、ううう」
「マジ泣きかよ!」
「すいません、そろそろ、助けていただけると、」
「「黙ってて」」
「あ、すいません……」
 大体、こんな日常だった。

「っつーかさ、槐は、ジュンの悪口言うの、やめて」
「そーだよ。お父様、ジュンの悪口言うなら、もうお父様と喋らない」
「……く、ここまで洗脳がひどいのか。いったい、いったい、桜田ジュンは、どんな手を使ったというのか――!」
「愛」
「ときたま恋」
「ジーザスッッッッ!」
 反った。何だかよく判らないけど、後ろに反った。哀憫の視線を雪華綺晶が送った。薔薇水晶は無関心だった。慣れたものだ。
「っていうかさー、愛って安っぽく言うけどさー、なぁに、それ、あれだろ、あの年頃のガキは、愛より欲だろ、愛欲だろ?
 何せ私がそうだったからな! だから、あのガキはやめなさい、いいね?」
「いや、お父様と一緒にされても」
「でもまあ、愛欲がないこともない」
「――何?」
「こ、こら! 雪華綺晶!」
「あ、やば」
「今、なんて、言ったんだ、雪華綺晶」
「あー、どうしよっかなぁ、うわぁ。メンドクサイなぁ」
「ふ、ふふふふふふふふふふ、あのクソガキ、二人に手を出しやがったのか。あー、そうですか、そうですか。……殺して解して並べて揃えて晒してやるよ!」
「いや、壮絶にキャラ違い――あ、ナイフ? うわ、とうとう変質者にしか見えなくなった!」
「ぜ、ぜぜぜぜ絶対ぶち殺してやるぅ!」
 何故かヘタレオーラだった。
「ま、どうでもいいけどね」
 くい、と雪華綺晶が指を曲げた。孔が空いた。
「のおおおおおおおおおおおおお!?」
「ごめんなさい、お父様。流石に、ジュンに手を出されるのは、ちょっと……」
 その薔薇水晶の言葉を最後に、槐の意識は途切れた。

「う、うう。何故、こんな仕打ちを……」
 目を覚ましたら、一人だった。何で。今日は、三人で幸せな日々を過ごす予定だったのに!
 ……でも、テーブルに置いてあった肉じゃががあって、とても幸福だった。そんな自分が、槐は好きだった。
「うう、おいしい……」
 でも泣きながら食べてたから、しょっぱかった。
「くそ、桜田ジュンめ。いつか、いつかは二人を取り返して――」

 瞬間のことだった。

「なぁに、槐。貴方、ジュンのこと、知っているわけ?」

 槐は、世界が停められる感覚を、知った。



 彼女は帰った。
「すまない、槐」
「……白崎か」
「彼女が、どうしても、来たいと行ったんだ」
「ああ、そうか。まだ、諦めてないのか。あの、クソガキのことを」
「そうだよ。そうだとも。だから、……すまない、槐」
 それは、いろんな意味がある、謝罪だった。
「いい。白崎は悪くない。そうだろ、“ラプラス”?」
「…………すまない」
 彼はそれだけ言った。それだけだった。

「む……」
 彼も帰った。今度こそ、槐は雪華綺晶たちが作った肉じゃがを、堪能しようとして――
「何だ、これは?」
 床に、薔薇の指輪が着いているネックレスが落ちていた。
「忘れ物、……か?」
 それはとても綺麗で、とてもとても綺麗で――だから、槐は、自分の娘にやることにした。きっと喜んでくれるだろう、と思って。
 だけど、だけど、それは忘れ物で。誰の忘れ物か判らなくて。だから、忘れ物だってことも、忘れられて。

 だから――それは、桜田ジュンの下に、渡る。



「ラプラス」
「はい」
「私、忘れ物をしたわ」
「槐のところにですか」
「ええ」
「……それで、何を?」
「いえ、いいわ。あのまま、忘れておきましょう」
 くすくす、と彼女は笑う。……まるで、置いてきたものが、どうなるのか、知っているようだった。

 だから、おしまい。何が何だかよく判らないようにしたまま、終わる。
|