※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔薇水晶の修学旅行

翠星石「はぁ……修学旅行なんてかったりぃ~ですぅ。家でゲームでもしてたほうがよっぽど有意義です」
水銀燈「あらぁ、いいのぉ?修学旅行といえば恋のチャンスだっていうのに…」
雛苺「ヒナねぇ、バス席、ジュンの隣がいいのぉ――!」
翠星石「こ、こらチビ苺!勝手に決めやがるなですぅ!!馬鹿ジュンのお守りは委員長のわたしが…」
水銀燈「そう言うことなら私だって……ん?」
薔薇  「………」 じぃ~。
水銀燈「……な、なによ」
薔薇  「…………………にたぁ」
水銀燈「ひ、ひぃっ――!?」
真紅「あの獲物を狙うヘビの目…あなた、何か恨まれることでもしたの?」
翠星石「あーあ~、水銀燈は薔薇水晶に消されるですぅ~♪」
薔薇  「……」
薔薇(……………隣の席、座りたかっただけなのに…)
ジュン「なあ…もしかして薔薇水晶、皆と仲良くしたいだけなんじゃ…」
水銀燈「あん!ジュン助けてぇ~!あの子が私のこと睨んでくるのぉ……怖ぁい~」
ジュン 「お、おい抱きつくなっ!?」
薔薇  「……・ぎろり」
ジュン「な、何で僕を睨むんだ!?……い、いや……本当は皆と仲良くしたいだけなんだよな?」
薔薇  「うん………だから、握手」
ジュン「え?あ……や、やっぱり悪いヤツなんかじゃ………ん?」
水銀燈「こ、この子!手の中に画鋲仕込んでるわよ!?」
薔薇  「………ちっ」
失敗の悔しさに、薔薇水晶は拳を握りしめ、
ぷすっ。
薔薇  「……いたた」
ジュン(…悪いヤツじゃないとは……思うんだけどなぁ)
 
蒼星石「せっかく修学旅行なんだから、地元のお寺巡りとかしたいな」
雛苺  「えぇ~~? お寺なんか嫌ぁ!!遊園地がいいのぉ~」
真紅 「この店珍しい紅茶売ってるわね……ここにしましょ」
水銀燈「あら、お菓子切れちゃったのぉ?誰か買ってきてくれない?」
薔薇  「……しゅ、しゅーまいっ…………どぞ」
翠星石「…シューマイぃ?ご飯前にそんな重いもん食えるわけねーですぅ!」
水銀燈「使えないわねぇこの子」
薔薇  「ご、ごめっ……………………すててくる」
ジュン 「お、おい!?」
ジュンが後を追うと、薔薇水晶はべそかきながら、焼却炉にシューマイを投げ捨てていた。
薔薇  「………っく……ぐす……っ」
ジュン 「何やってんだよ!……って、うわっ!?シューマイ投げるな!!」
薔薇  「――お前なんかに……わたしの気持ちが……っ!この引きこもり真中!!」
ジュン 「な――っ!?お、お前言って良いことと悪いことが…っ!」
薔薇  「は、離して……っ!」
ジュン「これは没収だ。……投げつけられるくらいなら僕が貰う。ったく、食べ物を粗末にするなよな」
薔薇  「……ぁ」
ジュン 「……水銀燈と仲良くしたいんだろ?僕もできる範囲で手伝ってやるから、こんな真似はやめろよな」
薔薇  「ほんとに………手伝って、くれるの?」
ジュン「ああ。っていうか、友達になるくらいなら簡単だろ?水銀燈って結構話しやすいし、友達と話す感覚で…」
薔薇 「……………………友達いませんが……なにか?」
ジュン「……ごめん悪かった、僕がなってやるから。まあ、手は色々あるから前向きにいこうぜ」
薔薇  「…………ぷいっ」
ジュン (馴れ馴れしすぎたか…? 扱い難しいな……)
薔薇  (………ともだち、できちゃった……///)
 
翠星石「はい水銀燈の負けですぅ~!毎回ババ引くなんて、さすがババアですぅ」
水銀燈「ぬぁんですってぇ!?も、もう一度勝負よ小娘が!!」
真紅  「あまり興奮するとバス酔いするわよ」
ジュン「よし、今がチャンスだ。一緒に混ざって仲良くなってこ
い!」 薔薇  「……ん!」
水銀燈「次こそは絶対勝ってやるんだから……見てなさいっ」
薔薇  (…頑張ってっ!!)
水銀燈「ここでエースがくれば……」
薔薇  (…左端はとっちゃダメッ!!)
水銀燈「ああもう! また負けたわ!!悔しいぃ~~ッ」
薔薇  「………ジュン、ダメだった」
ジュン「いや、お前見てただけだろ。まあ声掛けづらい気持ちはわかるけどさ…」
薔薇 「……水銀燈、ジュンには沢山話しかけてくる。わたしには全然……」
ジュン 「な、なんだよその目は!?僕は味方だっていってるだろ!?」
薔薇 「ジュンが水銀燈をばっさり振っちゃえば……落ち込んでる水銀燈を私が慰めて、一件落着……」
ジュン 「お前結構酷いこと思いつくな…」
水銀燈「何こそこそしてるのよぉ~ジュン♪ あっちで一緒にいいことしなぁい?」
ジュン 「だから抱きつくなって…………ちょ、ちょっ!?薔薇水晶っ!?」
薔薇  「………うらぎり? ……ねえ、うらぎったの……っ?うらぎったら、目にからし入れるって…」
水銀燈「さっきから薔薇水晶ばっかり……まさか、この子のこと好きなんじゃないでしょうねぇ?私の方がいいわよねぇ?」
薔薇  「うらぎりものには……からしを……っ」
ジュン (どうすりゃいいんだよ!?)
水銀燈「だいたい、薔薇水晶って無口で何考えてるか判らないし、一緒に居てもつまらないでしょぉ?」
薔薇  「……」
水銀燈「ジュンが同情で一緒にいてやる必要なんて、どこにも……」
ジュン 「…別に同情なんて」
薔薇  「……もう、いい」
薔薇 「もういいから……ジュンも返す、から…………ごめんね」
水銀燈「ほら、薔薇水晶もいいって言ってるしぃ」
ジュン 「…僕はよくない」
薔薇  「え…」
ジュン「別に同情なんかじゃない。口数が少なくても、ちゃんと聞いてやれば話しかけてくれるし」
ジュン「確かに変わってるとは思うけど……別に僕は嫌いじゃないし…」
薔薇  「………ぁ」
水銀燈「……ジュンが………ジュンの趣味が小さい子だったなんて……ロリコンだなんてぇ―――っ!!!」
ジュン 「おい待て!! 誰もそこまで言ってないだろ!? ………ったく、結局進展なしかよ」
ジュン「…あ、そういやさっきの作戦、今がチャンスなんじゃないのか?」
薔薇  「………」
ジュン 「落ち込んでる水銀燈を慰めて……って、おい!聞いてるのか?」
薔薇 「…………ジュン……わたしのこと、好きなんだ…」
ジュン 「言ってない! 言ってないぞそんなこと!!何顔赤くしてんだよ!?」
梅岡 「皆、パーキングでの休憩は30分までだからな」
翠星石「も、もるですぅ~!」
薔薇  「うぷ……」
ジュン 「おい大丈夫か? 吐きそうなのか?」
薔薇 「大丈夫………それより、水銀燈が一人の今が……・チャンス……ぉぇ」
ジュン「…あれだけ言われて、まだ諦めてないのか?」
薔薇 「今は嫌われちゃってるけど……ひとりぼっちだった私に最初に声かけてくれたの、銀ちゃんだから……」
露天商「シューマイ安いよぉ~!!10個で300円!!」
薔薇 「ぴくっ…………だ、だから……今度は私から声掛けて、友達になれるまで…」
露天商「おいしいシューマイ!長旅の疲れも吹っ飛ぶよ~~!!」
薔薇 「……ぜったい……・しゅーまい……諦めない…」
ジュン「雑念混じってるぞ。水銀燈とシューマイどっちが大事なんだよ…」
薔薇 「え………………ぇ………選ばなきゃ、ダメなの?」
ジュン「いや、質問した僕が悪かった。食ってから追っかけろ」
薔薇 「じゃあ、五箱下さい………はくはくっ………ぉぇ」
ジュン「吐きそうなのに無理すんなよ。おさまるまで我慢すればいいじゃないか」
薔薇  「…………食べてから吐く」
ジュン 「最悪だなお前」
薔薇  「はくはくっ………はくは……げほっ!げほっ!!」
ジュン 「おい! だいじょう――」
水銀燈「子供みたいな食べ方しないの。……ほんとあんたって、お馬鹿さぁん」
ジュン 「水銀燈…?」
水銀燈「まったく……こっちがわざと追い払ってるっていうのに、馬鹿みたいに引っ付いてくるんじゃないわよ…」
水銀燈「あなたみたいなドン臭いの、皆の輪の中に居たら馬鹿にされるだけでしょうがっ」
薔薇  「……」
ジュン 「水銀燈……お前、わざと?」
水銀燈「ちょっと優しくしたくらいでいちいち懐かれたってねぇ…………ほら、口元汚れてるわよ」
薔薇  「………銀、ちゃん…」
水銀燈「その呼び方やめてって言ったでしょ!この馬鹿水晶!」
薔薇 「あ………馬鹿水晶って言った…………はじめて会った時と、おんなじ……」
水銀燈「…下らないこと、いつまでも覚えてんじゃないわよ」
薔薇 「銀ちゃん、わたし………わたしね………………………………ぉぇ」
水銀燈「ちょ、ちょっとっ!?こんなとこで吐くんじゃ………」
薔薇  「~~~ぉぇぉ(自主規制)」
水銀燈「嫌ああああああぁぁ――――――っ!!?」
 
体調の悪化した薔薇水晶を、近くのベンチに寝かせた。出発まであと十数分ある。
ジュン「少しは落ち着いたか?」
薔薇 「………うん」
ジュン「まあ気にするなよ、ちょっと戻したくらいで。水銀燈も怒ってないって」
薔薇 「……ゲロ水晶って言われた」
ジュン「…忘れろ」
薔薇 「……ん」
ジュン「見ててやるから、少し寝てろって」
薔薇 「……」
ジュン「もう寝たのか?」
薔薇 「……」
薔薇水晶の子供のような寝顔。その純粋さに、しばし魅入ってしまう。
ジュン(……この寝顔見たら、皆こいつの事好きになるのにな……)
不器用で、誤解されやすいけど、一生懸命な女の子。
ジュンは薔薇水晶の額に触れ、そっと撫でる。
薔薇 「……ん」
薔薇水晶の瞳がわずかに開き、ジュンと目が合う。
嫌がられるかと思ったが、特に抵抗もせず、薔薇水晶は心地よさそうに撫でられ続けた。
薔薇 「わたし、ね……いつも駄目駄目なの…」
ジュン「……」
薔薇「輪の中に入ろうとして、いつも失敗して……気がつくと一人……今日も沢山、駄目駄目だった……」
薔薇「なのに、どうしてだろ………隣にジュンがいる……なんで?」
ジュン「何でだろうな…………薔薇水晶が、駄目駄目だからじゃないか?」
薔薇「ジュンは…駄目でもいいんだ……だめでも………」
薔薇 「………………っ……っく…」
そのまましばらく、二人だけの時間を過ごした。
集合時間まで数分を切った頃、ジュンが立ち上がる。
ジュン「…そろそろ戻るか」
薔薇 「あ……待って…」
薔薇水晶に袖を掴まれる。弱々しい握りで、それだけに無理矢理剥がすのもためらわれた。
ジュン「水銀燈に謝る時間も欲しいだろ?早く戻った方が…」
薔薇 「もう少しだけ……このままがいい」
薔薇 「………そばにいて?」
ジュン「…五分だけだぞ」
わがままを聞いて貰った子供のように、にやりと笑う薔薇水晶の笑顔が反則的に可愛かった。
 
翠星石「あ~~! ゲロ水晶が戻ってきたですぅ!臭いからバスに乗るな……ひでぶっ!?」
水銀燈「……その話はやめて頂戴。早く忘れたいんだから」
薔薇  「………ぅ」
ジュン 「ほら、薔薇水晶っ」
薔薇  「……あの、あのね水銀燈……」
水銀燈「なによあなた。まだ人の服汚し足りないわけ?」
薔薇 「ち、違くて……そのっ……………じゅ、ジュンどうしよう…?」
水銀燈「な――っ!?ちょ、ちょっと何どさくさに紛れてジュンに抱きついてるのよ!?」
薔薇 「ぇ……だ、だって…………困ったら助けに呼んでいいって、ジュンが…」
水銀燈「私でさえそんなの言われた事無いってのに…きいぃ―――っ!!い、今すぐ離れなさい!!」
薔薇  「ぁ……銀ちゃんの胸、あったかい…」
水銀燈「な、何しがみついてるのよっ!私から離れて!」
薔薇  「うぅ………………ジュン、抱っこ!」
水銀燈「ちょ――っ!?あ、あんたに男の胸板は早いわよ!そこはわたしの…」
ジュン 「二人して抱きつくな……く、苦しいって!」
薔薇 「…銀ちゃんと押しくらまんじゅう………えへぇ」
ジュン 「お前、僕を餌に使ったな…?」
薔薇 「……うん。ジュンにすりすりすると、銀ちゃんもついてくる………だぶるでおいしい…」
ジュン「ったく、ダシにされるこっちの事も考えろっての」
薔薇 「……銀ちゃんも好きだけど…………ジュンと近くにいるとぽかぽかするのも、ほんとだよ……?」
ジュン 「え…」
薔薇  「………二股しても、いい……?」

|