※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

J「前から言おうと思ってたんだけど僕はキミが好きだ」
翠「え?ジ・・・JUMイキナリそんなこと言われても・・・でも・・・翠星石も好き・・・ですぅ」
J「そうだよなー!白身のあのプリっとした食感もいいけどやっぱり黄身だよな!」
翠「・・・・・・」









翠「ジュン!分かってると思うですけど翠星石はジュンのことが好きなんです!」
J「え?」
翠「だからジュンの事が好きなんです!」
J「・・・・・名倉?」
翠「・・・・・・・」









J「あらびきソーセージ」
翠「・・・・・・」
J「キノコ」
翠「・・・・・・」
J「何が思い浮かぶ?」
翠「な・・・・・何言いやがるですか!破廉恥にも程があるですぅ!セクハラですぅ!」
J「普通は焼いても茹でても美味いとかだよな」
翠「・・・・・・」
J「食べる?ソーセージ」
翠「あ、食べるです」







翠「JUMジャンケンするですぅ」
J「いいよ」
翠・J「ジャーンケン」
翠・J「ポイ!」
J「・・・・・」
翠「イーッヒッヒ!これこそグー・チョキ・パーが合わさった三位一体の最強の手ですぅ!」
J「それじゃあ一勝一分一負で何も変わらないぞ」
翠「・・・・・・・・・」







のりは合宿中なので翠星石が夕飯を作りにきてます

翠「はい、できたですぅ。さっさ食いやがれですぅ」
ジ「・・・あのさ」
翠「はい?なんですぅ?」
ジ「姉ちゃんが合宿でいなくて毎晩飯つくりにきてくれるのは
  うれしいんだが。なんで毎晩連続でうなぎ?・・・」
翠「な、夏バテ防止のためですぅ!」
ジ「でも、毎晩は・・・」
翠「文句いわずに食えですぅ!」
ジ「・・・はいはい、わかりましたよ」
-食後-
ジ「ごちそうさま・・・うっ・・・」
翠「どうしたですぅ?」
ジ「なんだか・・・ムラムラしてきた・・・」
翠「やっときいてきたですか」
ジ「な、何?・・・まさか、うなぎを毎晩食べさせたのは・・・」
翠「そうですぅ、ふふふ・・・」
ジ「襲っちゃうぞ?・・・」
翠「いいですよ・・・やるならベッドでやさしく・・・(/////)」
ジ「もう我慢できない!」
翠「ひゃっ!ま、まつで・・・ひゃあ!(////)」
-省略-
ジ「ハァハァ・・・」
翠「ハァ・・・すっごく激しかったですぅ・・・ハァ・・・」
ジ「まだまだ!」
翠「あうう・・・今夜は寝れそうにないですぅ(/////)」

-終わり-








J「翠星石、スキだ」
翠「え!?ななななななにイキナリ言いやがるですか!」
J「いやそこにある鋤取ってくれって、花畑耕せないだろ?」
翠「・・・・・・・・」







遅く起きた朝は特に何もなければシリアル一択。
お手軽に作れて栄養もそこそこ。
食器の片付けだって楽チンだ。

翠「JUM、朝食なんか作ってほしいです。」
J「なんだお前まだいたのか。」
翠「昨日夜更かししてたから遅くなったですぅ。」
J「僕はもう食べたからなぁ。お前もシスコーンにしとけよ。」
翠「そんな味気ねーのはイヤですぅ。なんか作るですぅ。」
J「そんなことねぇよ。好みのふやけ具合で食べれば美味いって。」

のりの炊いていったご飯もあるが
自分が食べないのに作るのが癪なJUMは何とか回避しようとした。

翠「ほれ、ご飯も炊いてあるです。なんかおかずがあるだけでもいいですよ。」
J「冷蔵庫からなんか出して適当にやれって。」
翠「卵もあるですよ。簡単にできる奴がなんかあるじゃねーですか。」
J「卵ご飯にでもすればいいだろ?」
翠「アナタ、ワタシ、メシツクルムリカ?」
J「・・・・・・。お前、炒飯が食べたいのか?」
翠「ですぅ。」









幼少期のジュンと翠星石
ある日二人は灼眼のシ○ナってアニメをみたときのこと

翠「じゅん!しゃくがんのし○なごっこするですぅ!」
ジ「うん!いいよ翠ちゃん」

オッドアイの翠星石!

翠「じゅん!おまえは翠星石がまもるからずーっといっしょにいるですぅ!」
ジ「うん!わかったよ!」
翠「ぜったいですよ?」

-そして二人は17歳-

不良「おらおら、金だせや!」
ドスッ!
ジ「うぐっ・・・」
と、そこへ
翠「こらぁぁぁぁぁ!ジュンになにしやがるですかぁ!」
不良「あんだぁ?!このアマ!邪魔すんな!」
ジ「翠・・・星石・・・」
翠「とぉ!」
バコ!!!!!!!!
不良「ぐぁ!(バタ)」
翠「大丈夫ですか?!ジュン!」
ジ「ああ・・・なんとか・・・」
翠「まったく・・・」

二人は17歳になり翠星石は剣道や柔道をきわめ
ジュンは裁縫や料理をきわめた

ジ「はは・・・ごめん・・・」
翠「べ、別にいいですよ。また服つくってくれればいいですから」
ジ「ありがとう翠星石・・・大好きだよ」
翠「は、恥ずかしいこというんじゃねーですぅ!さっさと帰るですぅ!(////)」
ジ「そうだね・・・(ああー、翠星石はかわいいなぁ)」

そんな二人は恋人同士
結婚してもジュンが主夫なのであった

こんなカップルもいいとおもう










翠「ごちそうさまですぅ。」
J「よし、それじゃ出るか。」
翠「JUM、ジャンケンで負けたほうのおごりにするです。」
J「よしのった、いざ勝負!」

結果はJUMの負け→¥1,785の支払い。

J「チクショー!」
翠「運が無かったですぅ。ま、次は翠星石が軽くおごってやるです。」
J「く~、絶対取り返してやるっ。」

次の日、約束通りおごらせようとするJUMだが
出前常連の彼は高い店を知らなかった。
結局適当な店に入ることもできず、翠星石の進めるまま店を選ぶこととなった。

翠「さあ、何でも頼んでいいですよ。」
J「っても高くて700円か。お手軽な定食屋だ。」
翠「なんなら単品追加してもかまわねーですよ。」
J「そんなには食えないよ。じゃあゴチになりますか。」

値段の割にはボリュームたっぷり美味さも抜群。
楽しい食事も終わり食後のお茶を味わっているところに
奥の座敷から蒼星石が出てきた。

蒼「翠星石、JUMくん、いま夕食なの?」
翠「あ、蒼星石も来てたですか。」
蒼「ボクは食べ終わったとこだよ。
  そうだ翠星石、この前の分があるからここはボクが出しておくね。」
J「蒼星石、その伝票には僕の分が(ry」
蒼「いいから×2。」

そういうと机の端に伏せてあった黒いホルダーを手に蒼星石は行ってしまった。

J「行っちゃったか。あとでまたお礼言っといてくれ。」
翠「わかったですぅ。」
J「あと今日は蒼星石が出したんだから、お前のおごりは持ち越しだぞ。」
翠「う、しゃーねーから明日こそおごってやるです。」

翠「今日はよくやったです。明日もまた頼むです。」
蒼「こんな回りくどいことしなくても普通に誘えばいいじゃないか。」
翠「そんなことできるわけねーですぅ。」
(続かない)







J「えーと…卵と牛肉は買ったから次は豆腐だな。」
翠「そんな時には翠星石の出番ですぅ。」
J「いや、そんな時にはってお前ちゃんとわかってるのか?」
翠「バカにすんじゃねぇーですぅ!花嫁修業をしてる翠星石には豆腐を作るぐらい訳ねぇです!まずは材料の大豆から作るですぅ♪」
J「ちょwwwテラ初歩wwwwwwwwwっていうか花嫁修業?」
翠「う、うるせぇーですぅ!!別にJUMの嫁になりたいとか…って何言わしてんですぅ!!」

翠星石のビンタがモロに顔面に当たる。ああ、これが殺意か。

翠「と、兎に角今から育てるです!健やかにぃ~伸びやかにぃ~さっさと美味そうな大豆に育つですぅ!!」

こんなのを待っていたら日が暮れてしまうな。先に行こう。
数年後、翠星石は豆腐屋を始めていた。なんでも大豆から作っているその姿勢が客に人気らしい。
つまりは数年経つまで大豆は育たなかったということだった。

J「さて、豆腐買いに行くか。」
翠「あれ?JUM待つですぅ!諦めねぇですぅ!翠星石はお前を諦めねぇですぅ!!」

JUMの日記

翠星石が豆腐作りに僕は殺意に目覚めました。今日も一日平和でした。









J「昼飯食うか翠星石」
翠「あ、今日はJUMに弁当作って来てやったですよ、有難くかっ喰らえですぅ」
J「おーそりゃあ感謝感激だ、早速食わせてもらうよ」
翠「ほらよです」
J「おー美味そうだなこりゃ・・・いただきマース!もぐもぐ・・・」
翠(あぁ!折角ご飯にハートマークに盛り付けたシャケが真っ二つにぃ!・・・うっ・・・ぐすん・・・JUMの野郎もう少し気を使って食べやがれですぅ・・・・・)
J「もしゃもしゃ・・・・ご馳走様翠星石」
翠「翠星石ももうご馳走様ですぅ・・・食い終ったらさっさと教室に戻りやがれですぅ」
J「ちょっと翠星石こっち向いて」
翠「?」
チュ
翠「&%D#@*дL¥!!!!」
J「お前ほっぺにお弁当ついてたぞ、あーそれと弁当凄く美味しかったから気が向いたらでいいからまた作ってくれよ」
翠「しゃしゃしゃしゃしゃしゃしゃーねーです・・・・そこまで言うなら明日も作ってきてやるですぅ」
J「それじゃあまた後でな」
翠(ま・・・・・いっかです♪)









J「翠星石のカップなんぼだ?」
翠「この前測った時にはDカップだったですぅ・・・・って何聞きやがるです!」
J「いやその手に持ってる計量カップだよ」
翠「・・・・・・」









翠(ジュンの野郎!この前のカリを返してやるですぅ!)
翠「JUM!」
J「なんだ翠星石」
翠「痛い目に合いたくないならさっさとパンツを脱ぎやがれですぅ!」
J「もう脱いでいるが」
翠「!!!」
J「どうした?お前の力はその程度か?さぁ早く立ち向かえ、その震える足を立て直せ、パンツの紐をキツク締めろ!ハリーハリーハリーハリー・・・」
翠「お・・・・覚えてやがれですぅ!!」
J「待てぃ!!!!」
翠「ヒィ!」
J「パンツを置いていけぃ!!!!」
翠「・・・ん・・・しょっと、お・・・覚えてやがれですぅ!!ひーん!」

J「俺の歴史にまた1パンツ」

|