※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~第13話 吸血鬼VS狼男~
吸血鬼と狼男。一族の名にかけた勝負が始まった。
ジ「行くぞ!」
先手を突いたのはジュンだった。
ジュンは梅岡に接近し、銃で撃った。
ズキューン!
しかし、梅岡にはもう銃など全く効かなかった。
梅「効かんな…」
そういうと梅岡はジュンの首元を噛み付いた。
ジ「ぐっ!」
梅「お前も吸血鬼の端くれなら血を吸ってみろ!」
ジ「くそっ!」
ジュンは首元を噛み付いていた梅岡をなんとか振り払った。
そのおかげでなんとか致命傷は避けれたものの、大ダメージを受けてしまった。
ジ「うっ、クラクラする…」
首元を噛み付かれたため出血が酷かった。
ジ「こんなところで負けるもんか…」
ジュンが梅岡の顔面を殴りつけた。
しかし梅岡には全く効いていない様子だった。
梅「弱いんだよオメエはよぉ!」
梅岡がジュンを切り裂いた。
ジ「ぐはっ!」
あまりの痛さにジュンはその場に倒れこんでしまった。
梅「もう終わりかぁ?桜田!」
一同「ジュ~ン!」
心配してみんながジュンの下に集まってきた。


真「ジュン、しっかりするのだわ!」
翠「酷い傷ですぅ!翠星石の能力では多分治せないですぅ」
ジ「うぅぅうっ」
ジュンは重症の体を引きずりながら立ち上がった。
ジ「まだ…負けるわけには…」
梅「オマエはもう終わりだな!」
梅岡の最後の攻撃がジュンに炸裂した。
ジュンは数メートル吹っ飛んで倒れてしまい、そのまま気絶してしまった。
一同「ジュン(君)!しっかりして!」
ジュンを心配した薔薇乙女たちが彼に近寄ろうとした時、梅岡がその行く手を塞いだ。
梅「安心しろ。お前らもすぐにあいつと同じ運命にしてやるからよ!」
そのころジュンは、気を失って夢を見ていた。
ジ(親父、やっぱり僕ダメだよ…僕は誰も守れなかったよ…)
夢の中でジュンは1人、弱音を吐いていた。
その時ジュンの目の前にジュンの親父が姿を現した。
ジ「親父!?」
ジュン父「ジュン、お前はまだ死ぬ時では無い。
     お前は昔からの対立に終止符を打つために生まれてきたのだ!」
ジ「もう無理だよ親父。僕には戦う力は残ってない…」
ジュン父「お前が人間の姿で戦うからだ!お前は吸血鬼の血を引いている!
     吸血鬼になれ!誰かの血を吸うんだ!
     そうすれば、お前は吸血鬼になってあの梅岡に倒せる!」
ジ「親父…」
ジュン父「さあ、立ち上がれ!そしてこの無意味な対立に終止符を打て!」
ジ「親父!待ってくれ!」
ジュン父「勝つんだぞ…ジュン…」
ジュンの親父は姿を消してしまった。
ジ「親父ぃー!……分かったよ!僕はあいつを倒す!」
やっとジュンは目が覚めた。
しかし、ジュンが目覚めた時、みんな傷だらけで倒れていた。
ジュンの近くには翠星石が倒れていた。
ジ「大丈夫か!?みんな!翠星石!一体どうしたんだ?」
翠「あ…ちび人間…やっと目が覚めたですか?遅すぎですぅ」
ジ「一体どうしたんだ?」
翠「あいつが本気を出してきたですぅ!もう、翠星石たちではどうにも…」
ジ「…分かった!僕がなんとかする!その代わり、翠星石!お前の血を少し吸わせてくれ!」
翠「なっ!?こんなときに何言ってやがるですか?ふざけるな…ってもう吸ってるです!」
ジュンは翠星石の傷口を舐め、血を吸った。


翠「ち、ちび人間に傷口を舐められても傷なんか、な…治らないですぅ!」
するとジュンの傷が全回復した。またジュンの目つきも鋭くなった。
翠「えっ?…ジュン?」
梅「ほう。やっと吸血鬼になったか…そうこうなくてはな!何もおもしr…」
梅岡がしゃべっているときジュンの拳が梅岡の顔面を直撃した。
梅「うばらっ!」
さすがの梅岡もかなり効いている様子だった。
梅「ば、馬鹿な!」
ジュンは攻撃を止めることなく梅岡を殴った。
ジ「まずこれが薔薇乙女たちを傷つけた分だ!」
ドスッ!
梅「がはッ!」
ジ「これは兎の分…」
ピシ!
梅「ふ、ふざけやがって…」
ジ「次は姉ちゃんを合わせる前回のアリスゲームの犠牲者たちの分だァ!」
ドキャッ!
梅「ゲホッ!」
ジ「そして、これが…僕の分だぁ!」
ガッ!
梅「ぐはっ!け、けほっ…」
ジュンの大反撃を食らって、梅岡はもう立てそうに無い状態だった。
ジ「もう終わりだ!終わったんだよ!アンタとの戦い。それと一族の対立はよぉ!」
梅「終わった?た、確かに終わりだな!…お前らもな!」
ジ「なにィ?」
梅「桜田!なぜ俺がこのアリスゲームに制限時間を付けたか分かるか?
  それはこの屋敷に爆弾が仕掛けられているからだ!」
ジ「なんだと!?」
梅「本当は俺だけが生き延びるはずだったんだが…貴様らも道連れだな!」
ポチッ!
梅岡は爆弾の起爆装置を押した。
梅「ハッハッハッ!叫べ!泣け!逃げろ!なにやっても手遅れだけどな!ハッハッハ!」
ジ「くっ…どうすれば…」
ジュンたちの運命は…


次号最終話~さらば薔薇屋敷~へ

|