※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

保守でおとしたカナの早合点短編。

くだらないけど怒らないでね。


J「うわー、この部屋暑いな。」
金「窓を開けて風を入れるかしら。
  うーん、開かない。この窓ほめ殺しかしら。」
J「それを言うならハメ殺しだ。」
金「すごーい、こんなに早く突っ込みが出るなんてJUMは天才かしら~♪」
J「おまえわざとだな。」
金「かしら。」



J「宿題終わらないのか?」
金「こことここが分からないかしら。」
J「昨日やったとこじゃないか、ほらこうでこうだ。」
金「できたかしら、JUMの教え方は分かりやすいかしら。
  これからもマウストゥーマウスで教えてほしいかしら。」
J「へ?・・・・・・いいのか?」
金「よろしくお願いするかしら。」
J「じゃあ。」
金「え、じゃあってアーッ・・・。」




金「JUM、何してるかしら?」
J「課題の『セイブツガ』を描いてるんだ。」
金「かご盛りの果物なのに『生物画』だなんておかしいかしら。」
J「いやそうじゃなくて・・・。」
金「あ、『ナマモノ』だからあってるのかしら!」
J「『静物画』だっての!」




J「FEか、また古いゲームで遊んでるんだな。」
金「薔薇水晶に借りたかしら。
  ♪ふぁーいやーあえーむぶれむ、てーごわいーしゅみれーしょん…」
J「♪買ーってくーるぞといーいさましくー…って(ry」
金「♪あぁぶーなー(ry」
J「『シミュレーション』だぞ!」
金「『趣味レーション』じゃないかしら!?」




J「たまには食堂で食べるか。」
金「カナはオムレツ定食にするかしら。」
J「薔薇水晶は何にするんだ?」
薔「・・・今日はこれだけ食べる。」

そういうと薔薇水晶は財布から大量の食券を取り出した。

J「チャーシュー麺、焼きうどん、カツ丼、秋刀魚の塩焼き…」
金「杏仁豆腐にババロアにミルクティーもあるかしら!」
J「こんなにたくさんどうしたんだ?」
薔「・・・真紅に賭けで勝った。」
J「真紅弱いなー。」
金「にしても食べすぎかしら、『食券濫用』かしら。」
J「字面的に意味はあってるけどありがちだな。」
金「かしら。」



J「また台風がきたか今年はよく来るなー。」
金「しかも3つ一遍に来たかしら。まさに『台風一家』かしら。」
J「ちがうしw」



金「ここでJUMたちは敵に囲まれたかしら。
  『よく来たなおまえ達、これから恐怖のズンドコに叩き落してくれるわ』」
J「金糸雀ー、どんぞこどんぞこ。」
金「えっでもカナが聞いたのはズンドコって・・・。」
J「チガーウ!」




金「『カナちゃんを探せ!』Lv:70の野球場かしら!」
J「うわっ人細かすぎ。これは難しそうだなー。」
金「先週末みっちゃんと観戦に行ったときの写真かしら。」
J「わかった、ここの真ん中のとこだ!」
金「すごい、どうしてわかったかしら?まさか愛の力が…」
J「ないない。みっちゃんさんの撮る金糸雀の写真はいつも中央だからな。」
金「あーん、人選ミスかしら。」




翠「♪むーすうんでーひーらーいいて」
雛「♪手ーをー打ってーむーすんでー」
金「♪まーた開いて手ーをー…」
J「金糸雀、股は開かなくていいぞ。」




金「あーん、また失敗したかしら。」
J「なんだ、目薬点せないのか。」
金「どうしても目つぶってしまうかしら。JUM点してもらえないかしら?」
J「しょうがないな、ここに横になれ。」
金「まぶた押さえてるから早くするかしら。」
J「んー、よし入った、パチパチしていいぞ。」
金「え?(パチパチ~)」
J「いや、拍手はしなくてもいいって。」



J「昨日駅前の銀行に強盗が入ったらしいぞ。」
金「大変かしら!」
J「すぐに捕まったそうだけどな。」
金「良かった、それならカナの預金も無事だったかしら。」
J「・・・別に銀行が強盗に入られても預金は大丈夫だぞ。」




金「うーん、うーん。」
J「金糸雀、何してるんだ?」
金「JUM、平井堅の『瞳をとじて』のサビ歌ってみるかしら。」
J「♪ひーとみーをとーじてー、きーみを…」
金「どうやったら瞳を閉じることができるか考えてるかしら。」
J「・・・無理だな。」




翠「あーあ、またちょっと太っちまったですぅ。」
蒼「翠星石は自制心に欠けるところがあるからね。
  僕がカロリー控え目の料理作っても内緒で食べちゃうし。」
翠「物足りなくって我慢できねーんですぅ。」
金「そういえばJUMって昔デブ症だったかしら。
  いまはこんなに痩せてるのに。どうやってダイエットしたのかしら?」
J「・・・それは出不精。」




金「ねえJUM、あやまって転落した人は自殺かしら?」
J「なんでだ?事故に決まってるだろ。」
金「だってよくドラマで『先立つ不幸をお許しください。』って言ってるかしら。」
J「『謝って』じゃなくて『誤って』だ。」
金「ごめんなさい。私が間違ってたかしら。」
J「誰がうまいこ(ry」




金「JUM、何読んでるかしら?」
J「ああ、御大の三国志だけど。」
金「これサブタイに『○○の最期』とか出てくるから先が読めちゃうかしら。」
J「野暮だな、歴史知ってれば気にならないぞ。」
金「それもそうかしら。」
J「ドラマやアニメの次回予告でこれやったらダメだけどなw」



J「映画見てるなんて珍しいな。」
金「JUM、この人『ニコラス刑事』なんて名前なのに泥棒役かしら。」
J「『ニコラス・ケイジ』だよ、ただの名前だって。」
金「でもこの前ちゃんと刑事役やってたかしら。」
J「・・・たまたまなだけだろ、ほっといてやれ。」




金「武田信玄かしら!」
雛「うゆー、織田信長なのー!」
J「なんだ、なにで揉めてるんだ?」
金「どっちの武将髭がカッコいいか対決かしら。」
雛「あんな太い髭よりスマートなほうがいいの!」
金「髭はあれくらいもっさりしてるほうが男らしいかしら!」
J「あのなー、その武将じゃなくて『無精ひげ』だぞ。
  梅岡みたいな剃り残しあるのがそれだ。」
金「う・・・じゃあどっちが立派な髭か対決かしら!」
雛「うゆー・・・望むところなの!」
J「もう終われよ('A`)」




金「この時期は野球中継が多いかしら。」
J「といいつつ見てみると試合は面白かったりするぞ?」
金「まあたしかにそうかしら。」
J「お、福留真芯で打ったな。」
金「ホント、機械のように正確な打撃かしら。」
J「『マシン』じゃなくて『バットのど真ん中』ってことだぞ!?」
金「う、ちょっとはずいかしら。」




J「金糸雀、明日のテストは大丈夫なのか。」
金「ちょっとやばいかもかしら。仕方ないから『朝漬け』でなんとかするかしら。」
J「それを言うなら『一夜漬け』だろ!?」
金「カナは夜寝て朝早く起きて勉強するから『朝漬け』かしら。」
J「それでも『一夜漬け』って言うの。それに『朝』じゃなくて『浅』漬けだ。」
金「どっちでもいいかしら。それに、いざとなったら楽してズルして…。」
J「おまえカンニングモロバレだから止めとけ。」

徹夜や朝勉強するより、しっかり寝ておいたほうが出来が良かったりするけどね。




金「めぐのお見舞いどうするかしら。」
J「そうだな、ここで花束でも買ってくか。」
金「3千円分も!?カナには手が出せない、文字通り『高値の花』かしら。」
J「誰がうまいことを言えと(ry」




J「くあー、今日は疲れたな。」
金「お疲れさまかしら。リポDでも飲むかしら。」
J「ありがと、でもこれ肉体疲労時の『栄養補給』で
  『疲労回復』する飲み物ってわけでもないんだよなー。」
薔「・・・JUM、こっちにする?これなら疲労回復するよ?」
J「ぜったいやだ。回復したってあとで疲れるに決まってる。」
薔「・・・ちっ。」




金「『なかとみのかまたり』、『ひつまぶし』、『ひなまつり』…」
J「勉強してるのかと思ったら何書き出してるんだ?」
金「わーっJUM、見ちゃダメかしら!」
J「『がんじがらめ』、『はびこる』、うーんよく分からん。なんだこれ?」
金「―――その、言い間違えやすい言葉を練習してるかしら。
  カナってば焦ると間違えちゃうかしら。」
J「あー、この前『がんがらじめ』って言ってたなw」
金「発音もちょっと気になるかしら。この年で『したったらず』なんて恥ずいかしら。」
J「少しくらいなら気にするなって。その方がいいこともあるって。」
金「たとえば?」
J「・・・ちょっとくらい舌たらずな方がかわいいもんだ。」
金「JUMー!」




J「TVなんもやってないな。」
金「ここまで遅いと通販番組しかやってないかしら。」
J「だいぶマッタリしてきたからもう1戦だけやって寝るか。」
金「そうするかしら。」

TVを消そうと手探りでリモコンを探していると
JUMの耳に聞き慣れない言葉が飛び込んできた。

J「・・・『金儲け商品』?」
金「ほぇ、JUM、どーしたのかしら?」
J「今なんかそう聞こえた。」
金「別にいいから早く準備するかしら。」
J「まあ待てって。消すついでにどんなボッタクリ商品か見てくる。」

画面に映し出されていたのは乳液のセットだった。


|