※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔薇「…………ん……ぅぅ………んんっ……ふぇぇ……?」
ジ「よ。おはよ、薔薇水晶。」
薔薇「えっと………おはよぉジュン♪あ………もう朝ご飯………食べる?」
ジ「いんや、腹は減ってないよ。薔薇水晶はどうだ?」
薔薇「ん……………………あんまり、かな。」
ジ「そうか……………じゃあどうする?」
薔薇「ん~…………お目覚めのちゅーとぎゅ~っが良いなぁ♪…………だめ?」
ジ「駄目じゃないな。」
薔薇「じゃぁ、しよ♪」
ジ「よし……………んっ。」

ぎゅ

薔薇「ひやんっ!あぅ……あたし腰弱い、から…………その、優しくして……?」
ジ「こうか…………?」
薔薇「ひゃぅぅぅ!!だ………だめぇ………そんな強くした……らぁ……ちゅー……がぁ……」
ジ「だから抱き締めたままキスすんの。それに薔薇水晶の身体は柔らかくて
  こう………腰とかお尻とか抱き甲斐があるんだよなぁ。むにむに~~~!!」
薔薇「やぁんっ!!ん……んんっ!……ふぁっ………ひ………ひぁっ!あ……
  や………やだ……ジュ、ジュン………ちゅ………ちゅー………してぇ。」
ジ「あいよ…………んっ。」

ちゅ

薔薇「はむ………んちゅ……ちゅぅ………っはぁ。ん………良いキス………♪」
ジ「ありがとさん。」









薔薇「えへへぇ…………♪」
ジ「なんだよ、いきなり笑って?」
薔薇「知りたいっ?」
ジ「あ~~なんとなく。」
薔薇「あっそ…………なら教えたげないんだい。」
ジ「冗談冗談、教えてくださいよ薔薇水晶さん?」
薔薇「………にひひぃ♪仕方ないなぁしょうがないなぁ。じゃあ教えてあげようっ♪」
ジ「はい、教えて下さい頼みます。」
薔薇「それはね…………ジュンに後ろからぎゅっされてるからなんだよ?」
ジ「はあ………君はどうしてそういう恥ずかしい事を言うかねぇ。」
薔薇「………………いや?」
ジ「首かしげて目をウルウルさせられては嫌とは言えないな。」
薔薇「じゃあ……………本心では嫌なの?」
ジ「嫌ならぎゅっすると思うか?」
薔薇「しない………」
ジ「だろ?それに薔薇水晶の抱き心地は最高だし…………ん。」
薔薇「きゃんっ!やっ………駄目………くんくんしたら駄目……恥ずかしい……」
ジ「なんでだよ?薔薇水晶さ、花の香りがして良い匂いするんだぞ?」
薔薇「えっ!?あ………うぅ………ジュンはずるい………」
ジ「ずるくない。」
薔薇「ずるいよぉ……あたし顔真っ赤だもん………ジュンの方が恥ずかしいよ………」
ジ「そうかな?」
薔薇「そうだよぉ…………あぅぅぅ………」









薔薇「ぐずっ…………風邪ひいちゃった……」
ジ「しんどいか?」
薔薇「しんどい…………息苦しいよ………」
ジ「夏風邪は質が悪いからなぁ。」
薔薇「ねえジュン?このまま悪化とか………しないよね?高熱でて……死なないよね?」
ジ「はは、しないって。」
薔薇「でも………すごく頭がぼおっとするし……苦しいし………熱いよ…………怖いよ。」
ジ「くすっ。そっか、熱が出て薔薇水晶気弱になっちゃってるんだな?」
薔薇「だって………………もしも怖い病気だったら………」
ジ「大丈夫だよ。」
薔薇「でも……………」
ジ「ん~………仕方ない、ならとっておきのおまじないだ。薔薇水晶?」
薔薇「なに………ジュ―――」

ちゅ

薔薇「ん………んくっ………ちゅ……くちゅ……あ………ふぁ……」
ジ「ん……っ……………はぁ。どうだ?ちょっとは元気でたか?」
薔薇「良く…………………わかんない……」
ジ「そか。なら、もっと元気にしてやる。よいしょっと………」
薔薇「ひゃん?!!あ………ジュン……何するの………?」
ジ「ん?薔薇水晶の好きなぎゅーっをしてあげながら添い寝。」
薔薇「そんな………ひぅぅ………風邪………うつっちゃう………だめぇ………」
ジ「良いの。ほら、こうやって抱き締めてたら安心できるだろ?」
薔薇「あ…………うん………ジュンの腕………あったかい……気持ち………いい……」
ジ「じゃ、このままにしといてあげるよ。」
薔薇「ありがと…………ジュン。」
ジ「どういたしまして。」









薔薇水晶の下宿
ジ「うぅー……………疲れたぁ………」
薔薇「あ、ジュン………お、おかえりっ♪」
ジ「ただいまぁ…………ふふふっ………そりゃぁ!!」
薔薇「にゃぁん!?や……やぁん………い、今はぁ………駄目ぇ………」
ジ「なんでだよ?薔薇水晶、こうやってぎゅ~ってされるの大好きじゃんか。」
薔薇「そうだけどぉ…………んくぅ…………だ、駄目だよぉ………今は駄目ぇ……」
ジ「ふーん…………そう言われるともっとしたくなるんだよなぁ♪にししし………」
薔薇「やぁん!?あ………やぁん………首にキスしちゃ………」
ジ「好きだろ?それにこうやって――――」

ガチャ

銀「ね~薔薇水晶ぉ、晩ご飯まだな……………あらぁ。」
ジ「あ゙。」
薔薇「あぅぅ………………」
銀「あらあらぁ。お取り込み中だったのに私ったらおバカさぁん、邪魔しちゃったわぁ♪」
ジ「な…………なんで水銀燈がいるの?」
銀「友達なんだから私だって薔薇水晶の家に来るわよぉ?」
ジ「あ゙。」
薔薇「だから…………言ったのにぃ…………はぅ………」
銀「くすっ♪ほぉんとお二人さん若いんだからっ♪お姉さん妬けちゃう~~♪」









薔薇「暑いねぇ………」
ジ「暑いな………」
薔薇「…………喉、渇いた?」
ジ「ちょっと渇いたかな。」
薔薇「ん~………………はい♪」
ジ「お、ありがとう。ん…………んんっ…………」
薔薇「にひひぃ……………か・ん・せ・つ・キスだね♪」
ジ「ぶっ!!??げほっ!!ごほっごほぉぉっ!!!」
薔薇「くすっ♪」
ジ「げほっ……………はぁ………ふう。いきなり変な事言うなよ薔薇水晶……」
薔薇「えへへぇ~♪いっつもジュンに恥ずかしい事言われてるからし返しなんだいっ♪」
ジ「仕返しって…………きみはお子様ですか?」
薔薇「お子様ですよ~♪」
ジ「まったく…………って、をぉ!?」
薔薇「お子様だから腕組みし~ましょ♪」
ジ「はぁ…………勝手にしてください。」
薔薇「勝手にしまーす♪今日はこのまま買い物だぁ、おーっ♪」
ジ「はは………オー……」









薔薇「ね~ジュン?」
ジ「…………」
薔薇「ジュンってば~。」
ジ「…………………」
薔薇「ジュ~~~~ン~~~~?」
ジ「……………」
薔薇「むぅ…………すぅー……………ジュンッッ!!!!」
ジ「うをぉぉぉ!!??な、なんだいきなり耳元で大声出してェッ?!」
薔薇「いきなり違うロボ、さっきからずっと声かけてたロボ………」
ジ「あ、そうだったのか。悪い悪い一度本読み出すと気付かなくて。んで、何?」
薔薇「ぶぅ………仕方ないなぁ………えっとね、今日は何の日ですか?」
ジ「あ~………………………何の日だっけ?」
薔薇「ひどい……ジュン………約束のこと忘れてる………裏切りだぁ………ぐすん……」
ジ「あ~泣かない泣かない。全部ウソ、忘れてる訳ないだろ。」
薔薇「……………じゃぁ今日は何の日?」
ジ「今日はキスとぎゅーをいっぱいする日、だろ?」
薔薇「………………」
ジ「まさか…………違った?」
薔薇「…………………にへへぇ♪その通りです大当たりっ♪えらいえら~~~いっ♪」
ジ「ありがと。でもさ、ぎゅーとかキスとかっていつも毎日一回はしてるから
   あんまり意味ない気がするんだけどどうなんだろうな。」
薔薇「い~のっ。外でできない分を補うための日だから必要で大事なのっ。」
ジ「そうかぁ?」
薔薇「……………いやなの?あたしとキスするの嫌?ぎゅーするの嫌?」
ジ「嫌じゃないよ。やれやれ…………薔薇水晶はほんっと甘えん坊で困るよなぁ。」
薔薇「ぎゅーしながら言っても説得力ありませーん♪」
ジ「うるさい黙りなさーい。」
薔薇「きゃー♪」









薔薇「ジュン………これ、なぁに?」
ジ「アダルトビデオです…………」
薔薇「どうしてこんなのがあるんですか?」
ジ「色々理由がありまして………」
薔薇「パソコンにも入ってるよね、これ。」
ジ「いや、まあ、そのですね………」
薔薇「久しぶりにジュンの家に来たのに………なのにビデオつけたら、これでした。」
ジ「お言葉もありません…………」
薔薇「あたしじゃ………やっぱりジュンは満足できない……?」
ジ「そんな事はないっ!」
薔薇「じゃあ何で持ってるの?」
ジ「それは………つまり………男のたしなみと言うか………たまには良いかなぁとか。」
薔薇「そう………ヒック…じゃぁ……や、やっぱり……あたしじゃ……だ、駄目なんだっ!」
ジ「わーーっ!!そうじゃないって、薔薇水晶が一番だって!!」
薔薇「じゃあ…………これ、捨ててくれる?」
ジ「う……………」
薔薇「ウソつき。」
ジ「ぬぐぅっ!いや、だ、だったら一緒に見るなら良いだろ?二人で見るなら問題なしだろ?」
薔薇「……………なら、良い。でも、次したら許さないから。」
ジ「分かったよ………じゃあ、一緒に今から見ようか?」
薔薇「でも、それの観賞から突入はヤ、だからね?」
ジ「分かってるよ。」
薔薇「なら、見ても良いよ…………♪」








薔薇「ねえジュン?」
ジ「なんだ薔薇水晶、今本読んでるんだけど……」
薔薇「良いから………ちょっとだけお話聞いて?」
ジ「ん、分かった。で?」
薔薇「え、えっと………あの……ち、ちゅーして?」
ジ「…………またいきなりだな。」
薔薇「だめ………かな?」
ジ「別に駄目じゃないけど……なんで?」
薔薇「最近ジュン、あたしといててもつまらなさそう………だから。」
ジ「ははぁん。もしかして僕に飽きられたのかな~とか思ったのか?」
薔薇「…………………うん。」
ジ「あはははは。」
薔薇「あ、あぅぅぅ………な、何で笑うの?」
ジ「いや、本当にかわいい奴だよなぁ~って思ってさ。」
薔薇「ふえっ!?」
ジ「はは。ま、夏休みが長くて少しダレてただけなんだ。心配させてごめんな、よしよし。」
薔薇「ん…………頭なでなで………気持ちいぃ……くふぅ………♪」
ジ「そかそか。じゃあ薔薇水晶、少し顎あげて。」
薔薇「こう?あ…………ん………」
ジ「………………」
薔薇「………んぁ………ちゅ………ふぅ………」
ジ「…………ん、お願いどおりキスしたぞ。これで良いか?」
薔薇「うん…………ふふっ………えへへぇ………えいっ♪」
ジ「おっとなんだ?次は抱き付きか?」
薔薇「ん………嬉しいから……ぎゅ♪」
ジ「はいはい、本読む邪魔はしないでね。」
薔薇「ん…………えへへ………♪」









薔薇「お風呂あったかいね………♪」
ジ「ん………」
薔薇「昼風呂もたまには良いもんだよねぇ……♪」
ジ「そうだな………」
薔薇「むぅぅぅ………」
ジ「………ん?どうした?」
薔薇「せっかく一緒のお風呂なのに上の空いくないんだい………ぶぅ。」
ジ「へ?あ………いや………そうじゃなくてだな………」
薔薇「じゃあ、何?何でぼぉっとするの?答えなさいジュン。」
ジ「いや、あっとだな……言わないと駄目か?」
薔薇「だぁめ。」
ジ「はぁ……分かったよ。その……だな。えっと………幸せだなぁ、とか思ったり………とか、な。」
薔薇「えっ!?」
ジ「なんだよ………」
薔薇「あ、あ、あ………は………はぅぅ~………ひゃずかしい……」
ジ「………………恥ずかしいのはこっちだ。」
薔薇「だよね………でも……えと………あたしも…………幸せ。」
ジ「ん………そか………ありがとな。」
薔薇「うん……………」
ジ「…………」
薔薇「…………ねえジュン?」
ジ「なんだ……?
薔薇「………抱き締めて欲しい、な。優しく………ぎゅうって。」
ジ「分かった…………ん。」
薔薇「………えへへ………あったかい。」






薔薇「………えへへ………あったかい…」

 と、その時薔薇水晶の目から一筋の涙が流れ落ちた

ジ「ん…?おいおい…なんで抱き締めたのに泣いてんだよ」
薔薇「……あれ…?本当だ…なんでだろ…涙が…止まらない………」

 薔薇水晶は涙を流しながら…今までを思い出す

薔薇「………ああ…そっか……あたし今まで幸せなんて……」

 その言葉を言っている間も薔薇水晶の涙は止まることはなく

薔薇「だから…ジュンに愛されて……こんな…幸せにしてもらって……」

 そして涙ながらに一言一言言葉を紡ぎ出す姿はいつもより遥かに弱々しく

ジ「……薔薇水晶……もう過去は…過去は振り返らなくていいんだ……!」

 だから僕は力強く…それでいて硝子のような少女を壊さないよう優しく抱き締め続けた

薔薇「あったかい……あったかいよぅ…ジュン……」
薔薇「…ジュン、ん……ありがとうっ……ひぐ……ぐすっ……ありがとうっ……」









ジ「ふぁぁぁ………やっとバイト終わったよ………」
薔薇「うぅ………ジュンお帰り………」
ジ「え?薔薇水晶、起きてたのか?今日はアニメ何もやってないのに………」
薔薇「今日は………ジュンを………んん………待ちたかった……」
ジ「そうか。薔薇水晶こっち来て。」
薔薇「うん………きゃ?!」
ジ「待っててくれてありがとな薔薇水晶。お返しにぎゅー、な。」
薔薇「えへ…………えへへぇ………♪ひもちいぃ………あ………ねえジュン?」
ジ「ん?どうかした?」
薔薇「あの…………お布団まで……その……だっこ………して?」
ジ「………はは。よし分かった、お姫様だっこだな?」
薔薇「………うん。それにね、明日は二人とも……『お休み』だよ?」
ジ「…………そ、か。」
薔薇「えへへぇ………うん♪やさしく………してね?」
ジ「あ、ああ…………誘われたの初めて、だな。」
薔薇「だね……」
ジ「じゃ、寝室行くか。」
薔薇「うんっ♪」

きみとぼくと日常~ホワイトデー翌日談~

銀「はぁい、ジュン♪」
ジュ「よ、水銀燈。今日は授業申請しに来たのか?」
銀「まあ、そんなとこだけどぉ……ちょっと耳貸してぇ」
ジュ「?なんだよ……」

銀「昨日は楽しめたぁ?」


ジュ「…………おい」
銀「うふふ~」
ジュ「そうか………アレをけしかけたのはやっぱり貴様だったんだな!?」
銀「何よぉ、基本駄目駄目なジュンだからあの娘にアドバイスしたのにぃ~」
ジュ「水銀燈、頼むから薔薇水晶に変な事吹き込まないでくれ」
銀「良いじゃなぁい。あれくらいしたら流石に燃えるでしょ?ま、ネタ元はあの娘のゲームだけどねぇ」
ジュ「僕は変態じゃない!ましてや御主人様とか呼ばせないし白いも(自主規制)とか言せしやらせんわ!!」
銀「ふぅん………でも、燃えたんでしょ?」
ジュ「…………」
銀「あらぁ、図星なのぉ♪」
ジュ「そりゃ………あんなのされたら………いや………反則だし……さ」
銀「そぉ~~。じゃ、私に感謝ねぇ」
ジュ「………言うなよ?誰にも言うなよ!?」
銀「はいはい………うふふ♪」

|