※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 人が笑っている。
 目の前で、低い声を上げて。
 笑われる事は慣れているものの、やはり気持ち良いものではない。
 況してや、押し殺すような声なら尚更だ。
苛立つ心を抑え、目の前の人に話しかける。


J「要は何を俺に求めてるんだ?」
人「簡単です、あのお方にプログラミングされた事を、実行する事です」
J「内容は?と聞いているんだが」
人「そういう事なら、御心配なく」
人「私を杖の状態にし、ジュン様の体内に取り入れる事です」


 体を全体的に改変し、脳内のデータ化や、体の収縮拡張を繰り返したこの身でも。
 人に体を弄られるのは、やはり厭というもので。
 寧ろ、前の事が有るから、トラウマになりそうな所であるが。
 コレも仕事のうちだ、と割り切り。
 自分も随分、楽観的思考になったと思い。
ため息をつく。


J「それで、具体的には?」
人「私を杖の常態にし、貴方の体の何処かに刺すのです」


 ついに、ローゼンとか言う奴は、凶行に出たか。
 いくら俺が、数回死にそうになったからって。
 俺の体に、外部的調教を施しに出るとは。
全く、何て時代になったもんだ。


J「痛い?」
人「大丈夫ですよ、死にはしません」
J「痛いんだな? 其れは。」
人「大丈夫ですよ、臓器が数十秒間、使い物に為らなくなるだけで」
J「其れは・・・勘弁して欲しいんだが」
人「大丈夫ですよ、死にはしません」


 こんな押し問答を、数十秒繰り返し。
 エンドレスで、この会話が続く事に気が付き。
 さっさと、覚悟を決める事にした。
 何処が良いかと考えたが、やはり此処はオードソックスに、腹の胃の所をやってもらう事にした。
此処なら多分、余り痛くは・・・無い。


J「それじゃあ、腹を頼む。」
人「判りました。」


 そう言うと、人は形状を解き。
 杖となり、宙に浮く。
 久しぶりに見た其れは。
 其れなりに大きくなって、尚且つ肥大化して見えた。
 目の錯覚だと、思いたかった。
 しかし、杖が目の前に来て。
其れが目の錯覚ではない事に、多少の絶望と焦燥感を感じた。


杖「それでは、入りますので・・・」
J「・・・フグッ!アッカハッ!!アッ!・・・」


 ドスッ!という鈍い音と共に、地下に絶叫が響いた。
 せめて、こんなステータスの上げ方をするなら。
 神経を切ってくれればと、薄れ行く意識の中で考えていた。
 杖が何か言ってる様な気がしたが、どうでもいい気がして意識が途切れた。
 頭の中で、涙の数だけ、強くなれるの~♪がエコーした。
気がした。


 その頃上の階では、あの8人が食事を食堂でとっていた。
 ジュンが何処かに行ってしまったが、飯を取らなくてはまともに活動が出来ない。
 此処で皆有る事に気がつく、最近飯を食べる量が急増した気がしてきた。
 しかし、体はどんなに食べても太らない、否、太れないのかもしれない。
 体の中で常に何かが変化し、変化させられているのが判るが。
 如何なっているのかが、サッパリ判らない。
 判りそうで判らない、もどかしいと彼女等は思った。
 此処最近、血を怖がらなくなって来ている。
 其れが、良い事なのか悪い事なのかは、判らない。
 しかし、其れを判別するのを、遮るものがある。
 生への渇望、死への恐怖、そして何より。
 本能の強大な、生に対する美意識。
 しかし、殺すという事に対する、罪悪感もある。
 結局は、如何しようも無いのだけど・・・
 数名が、心の中でため息をつき。
数名が自己険悪に陥った。


数名(不毛・・・だよねぇ・・・)
数名(はぁ・・・)


 そんな方法でしか、解決できないのも。
仕方が無いといったら、仕方が無いのだが・・・


 その頃ジュンは、所々破けた服を見て。
 変な気を起こした奴だと、間違えられるか如何か検討をしていた。
 此処は地下の数階、服が無いことは無い。
唯其れは、如何見ても人のタキシードです、如何も有難う御座いました。


J「何を考えているんだ? あいつは・・・」


 此処を出るには申し分ない、しかし、生理的に厭なものが有る。
 しかも普段着慣れない服だ、何処ぞのやくざ風にも成りかねない。
 ・・・汗は・・・かかないか、やっぱり。
少し安心した。


J「人の服を着るのは・・・やっぱ厭だなぁ・・・」


 そんな事を言いながら、タキシードを着る。
 ・・・おおっ!?意外とピッタリだ・・・
 何かしっくり来るな・・・何だこの優越感は?
 そんな事を考えながら、ジュンは地下の道を行く。
 何時もよりも少しばかり、ジュンは自分が少しばかり偉くなった気がした。
 しかし、唯服が良くなっただけという事実に気がつき。
 ガックリと肩を落とし、盛大にため息を吐いた。
 あの後、杖の人格が新しい人格として、ジュンの中に入ってきた。
 ・・・正直、入ってくる時の感覚は、厭だ。
 弄られる事自体好きじゃない。
最も、自分で弄るのは論外だが。


J「・・・やっぱりトラウマか・・・」


 ・・・まぁ、アレは生き地獄の言葉に尽きる。
 麻酔を全身に満たし、気絶しきれない精神で全身を弄られるのを見届ける。
 こんな酷い地獄は、煉獄にも無いかもしれない。
ここで、口の中に出した、紅く染まった体液を吐く。


J「んー・・・良し」


 其れは言わば、麻薬と呼ばれそうな代物であり。
 暇な時は、口の中に半麻薬ような効果の体液を出し。
 其れを、口の温度を上昇させ、霧にして肺に入れて楽しみ。
 楽しんだ後は、口から血で効果を打ち消して吐く。
 最も、体内の細胞はコレ位では、一つたりとも死にはしない。
 序に、中毒症状も無い。
 完璧に、作用だけを楽しむものなのだ。
毒素など必要ない。


J「・・・はぁ」


 けれども、血で作用を打ち消すのは、精神的に厭だからだろう。
例え其れが、中毒作用が無くとも。


J「如何したものかな・・・」


 其れを止められない自分も厭だが、結局暇な時はコレをしている。
 最も最近は、暇な時が無かったので、コレをしなかったのだが。
久しぶりにしてみた其れは、結構良いものだった。


J「さて、行くか。」


 最後に力を入れて言い放ち、ジュンは其処を走り去った。
 最もコレを見た人は、一人も居なかった。
誰一人として。


 ジュンが上に向かっている頃、上から何かが落ちてくる。
 ふと見ると其れは白い、触ってみるとフワフワしている。
何かと思っていると、其れの気配は何処かへ消えて行った。


J「・・・はて・・・?」


 しかし、其れを気にする前にある事に気がつく。
 お腹すいた。
 やはり喰える内に、喰って置くのが基本である。
 走って食堂まで向かった。
 その頃、彼女等は久しぶりの風呂に歓声を上げて。
 風呂に数名が飛び込み、数名が丁寧に体を洗っていた。
風呂には、静かにしなさいという罵声と、女子がはしゃぐ声だけが響いた。


J「さて、と」


 数分で食堂にたどり着くと、食べるものを抱えて席に座る。
 基本的に食べる数は、人格の人数分。
だが、本当に其れで良いのか分からない、判らないので。


J「頂きます」


 ざっと、10人前食べる事にした。
 大食い?そんな事気にしない。
 さて、この食い物は何処に消えていくのやら。
 6人前を食べた頃そう思った。
 まぁ、良いかと思った。
 そしてまた、一人分を食い漁る。
 やっぱり、肉類は血が少し残ってる方が良い。
 牛の肩の肉を食べながら、ふとそう思った。
 骨は、少し血が残ってて、噛み具合が良いな。
食堂に口の中で、骨が砕ける音が、少し響いた。

|