※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

姉モノ(NGword:biero)




銀「ねえ…JUM」
ジ「何? 銀姉?」
銀「JUMはどうして、その……上でしてもらうのが好きなの?」
蒼「ああ……そういえば僕もよくJUM君の上に乗ってるね」
翠「確かに、こいつは騎乗位大好きチビですぅ」
雛「ヒナもJUM登りで頑張ってるのー」
J「いや、それはさ……」

金「それは、JUMが巨乳好きだからかしらー」

J「な!? カナ姉!?」
銀「ふぅん、なるほどぉ。JUMは大きなおっぱいが大好きなのねぇ」
蒼「そうかあ。だからあんなに摘んだり吸ったり噛んだり……ふふ」
翠「ヒヒヒ、おめーは赤ちゃんですかぁ? ママのおっぱいが恋しいんですね」
雛「うゆ…JUM、おっぱい欲しい?」

金「ちなみに騎乗位なのは、下からおっぱいを見上げるのが好きだからかしら」

翠「JUM、おめーも相当に好き者ですねぇ……」
J「ちょwwww」


薔「私は上じゃない」
雪「私もフツーにですわ」
金「それはおっぱいが普通の大きさだからかしら」
薔「むー」
金「カナも普通なんだから我慢するかしらー」
薔「なにをー」

紅「……後ろからしか、されたことがないのだわ」

蒼「あー」
薔「なるほど」
翠「しょーがねーです」
雪「仕方がありませんわね」

紅「何が、仕方がないのかしら」

銀「真紅……あのねぇ、世の中には見たくないモノっていうのがあるの」
金「巨乳好きのJUMにとって、平面は酷かしら」

紅「平面……平面……平面ですってぇ~~!!!」

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

金「ヤバイかしら」
薔「テラヤバス」

紅「先ずは……水銀燈にデコ、それからJUMはゆっくりとお仕置きね」

銀「や、ヤバッ! 逃げるわよぉ、JUM!!!」
ジ「ちょ、あ、ぎ…銀姉!」

紅「先ずは金糸雀ぁぁぁぁ――――ッッッ!!!」

金「かぁしぃらぁぁぁぁ――――――ッッ!!!」
翠「オバ金糸雀ッ!」
薔「……南無三」

紅「あのジャンクとJUMは……そう、逃げたの。無駄だというのに」


薔「あ…二人はあっち……って、行っちゃった」
翠「あっちの方向なら、世界を一周してやっと追いつくくらいですかね」
雛「真紅はキレると半端ねーのー」

蒼「……あれ?」
雪「どうかしまして?」

蒼「いやね、どうしてJUM君が僕以外と(日教組検閲)なのかなって」
翠「本当ですね……でも、可愛い私のJUMですよ」
蒼「僕のだろう」
薔「私のだ」
雛「ヒナのJUMなのー」
雪「私のJUM……ですがまあ、ここは本人に確認を」


「「「「「って、居ない!!」」」」」

という長い保守

|