※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お酒の入ってる二人
薔薇「ね~~ジュン?」
ジ「あん?」
薔薇「えっちぃ事ひよぉ♪」
ジ「良いよ。」
薔薇「ふえっ??!!あっ………きゃあ!!」

どさっ

「どうしたんだよ、やるのか?やらないのか?」
薔薇「じょ…………じょうらんらよぉ………はなしれぇ……」
ジ「へぇ~~。この前は何だったかなぁ…………あーそうそう『やらないか』だったな。」
薔薇「あれも冗談らったよ?謝ったよ?」
ジ「…………でも薔薇水晶は僕をからかったんだろ?」
薔薇「れ、れもぉ………ひゃう?!あっ………や、やぁっ!!」
ジ「さぁて、覚悟は良いか薔薇水晶~~?」
薔薇「あの………ジュン?顔………怖いれす………酔っれるぅ?」
ジ「さ~~~?……………いただきやすっ!!!」
薔薇「にゃぁぁぁ……………あぅ………」


ジ「う~~~………頭痛ってぇ……」
薔薇「私も…………痛い。」
ジ「…………昨日の事覚えてる?」
薔薇「覚えてない…………はぅぅぅ………」
ジ「そか、ならいいんだ………あはは……はぁ。」
薔薇「………?変なジュン…………あれ、何で裸…………?」








薔薇「ねえジュン?」
ジ「な、何かなぁ~…………?」
薔薇「酔わせて女の子にやらしい事するのって犯罪だよね………?」
ジ「そっ、そうだったっけ~~?あは、あははは――――」
薔薇「うん、それが恋人同士でもねっ♪」
ジ「…………………」
薔薇「にへへぇ~~♪」
ジ「……………………………………」
薔薇「えへへぇ~~~~♪」
ジ「ごめんなさい、何でもしますから許して下さい何卒と。」
薔薇「じゃあ今日大学休んで遊びに行こっ♪」
ジ「今日は授業が……………」
薔薇「むぅ~~……………」
ジ「ウソです。行きます。行かせて下さい。全部僕のお金でございます!!」
薔薇「仕方ないなぁ~~♪じゃあ今日はジュンのオゴリだぁ♪」
ジ「はいもちろん間違いなく全部僕のオゴリです。しかも豪華でございます。」
薔薇「にひひぃ♪やった~~♪久々の豪華なデートだ~~っ♪」


ジ「もう飲むか…………二度と酒なんか…………ちくしょう………ぐすん。」



教訓:お酒の量は程々にしましょう








薔薇「うぅぅ…………疲れたぁ………」
ジ「お帰り、薔薇水晶。」
薔薇「はれ?今日はジュン、あたしの家に来る日だったけ……?」
ジ「違うけどさ、今日はバイトだって聞いてたから疲れてるだろうと思って来た。」
薔薇「良かったの?あたしのトコに来て……………」
ジ「良いんだよ、細かい事は気にしないの。ほら、夜遅いから軽いのしかないけど
  晩飯作っといたし、一緒に食べよ。」
薔薇「あぅぅぅ………なんかすごい嬉しすぎだよぉ~、ジュン~………」
ジ「お、おいおい何も泣かんでも良いじゃないか。」
薔薇「だってぇ…………ひっく………いきなりなんだもん………嬉しいをだもん………えっぐ………」
ジ「ああもう泣きやめれ~~………はあ、やれやれ…………しかたないな……」

ちゅっ

薔薇「はぅっ?!え…………ジュン?」
ジ「あっ……とだな…………泣きやむための………その、おまじないだ。」
薔薇「…………あは、あはは………あははははっ♪」
ジ「な、何だよ!?今度は何だ!?」
薔薇「くすくすっ♪ん~ん、何でもないさっ♪ジュンの優しさが嬉しかったんだい♪」
ジ「あ……………いや…………そんな………はは………」
薔薇「にへへぇ~♪顔真っ赤だよジュンっ♪」
ジ「うるへぇ…………ほら、飯食べるぞ。」
薔薇「うんっ♪大好きだよ、ジュン♪」
ジ「…………………僕もだ。」
薔薇「聞こえないのぉ~♪」
ジ「あ~知らん知らん。」






薔薇「ん……………今何時、ジュン………?」
ジ「うぅ………もう昼過ぎだな………」
薔薇「まだ眠いねぇ…………ふぁぁ………」
ジ「んん…………そうだな………薔薇水晶………お腹減ってっか………?」
薔薇「んーん………あんまり…………だよ…………」
ジ「そか…………んじゃ…………もうちょい寝よぉか………ぐぅ…………」
薔薇「うん…………抱き枕………させてね………すぅ………」


雪「こんにちはぁ薔薇しーちゃんジュン様…………って、また半裸ですの。」
ジ「ぐぅ…………ぐぅ………」
薔薇「むにゃむにゃ…………すぅ………すぅ………」
雪「まったく…………今日は私が来ますって言ったはずですのに………まあ良いですわ。
  起きるまで二人を待つ事にしちゃうんです私、はい。」
薔薇「んんっ……………むにゃ?あれ…………お姉ちゃ………」
雪「あら薔薇しーちゃん、おはようございます~♪昨日もご盛んでしたのねぇ♪」
薔薇「あ、あ、あ……や………」


いぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!








の「あら~♪薔薇水晶ちゃんお久し振りぃ♪」
薔薇「こ………こんにちは、のりさん………」
の「もぉ、そんなにかしこまらないで良いのよぉ?義姉さんって呼んで♪」
薔薇「お…………お義姉さん。」
の「うんうんバッチリ♪あ、それより今日はどうしたのかなぁ?」
薔薇「あの…………今日はジュ………ジュン君の家に泊ろうと思うんですけど
   あの……………良いですか?駄目だったら………」
の「全然駄目なんかじゃないわぁ~~!!むしろお義姉ちゃんすごく嬉しいなぁ♪」
薔薇「あ………嬉しい………ですか?」
の「うんっ♪やぁ~~っとジュン君にお嫁さんができてお義姉ちゃん感動したもの。
  あ~!二人が一つ屋根の下なんだから精がつく料理作らないとっ!!
  本にも家族に紹介したら子作りに励める環境を家族が提供さないとって書いてたし!
  うん!薔薇水晶ちゃん♪お義姉ちゃん頑張っちゃうねっ♪」
薔薇「~~~~~~~~~!!!!!!……………………はぅぅぅ………」






薔薇「ね、ねえ……あん……ジュン?」
ジ「何だ薔薇水晶…………?」
薔薇「あっ………やぁん!!だめぇ………今は駄目ぇ………は、話聞いてぇ………」
ジ「仕方ないな………んで何?」
薔薇「は………はふぅ…………えっとね…………家のカギ……変えて良い?」
ジ「また突然いきなりどうして。」
薔薇「………………………お姉ちゃん。」
ジ「…………………納得。」
薔薇「それじゃ明日カギ屋さんに変えてもらうね……………」
ジ「そうしましょか……………………じゃ、話も終わったし続きだ♪」
薔薇「ふえっ!?あっ…………や………んぁっ……やぁぁっ…………ひゃぅ………」


三日後


薔薇「これでお姉ちゃんは入って来れないね…………ジュン………んっ………」
ジ「わっ!…………仕方ない奴だなぁ………んっ………」
薔薇「んぁ…………やぁん!………んもぅ、ジュンのえっちぃ♪」
雪「そうですわねぇ、あらあら特に手の動きがすんごいやらしいですわぁ♪」
薔薇「…………………………」
ジ「………………………」

「「どうしてここにいるのおぉぉぉ!!??」」


雪「そ・れ・はっ♪企業秘密というものなんです、はい♪」







薔薇「はふぅ~………………暇だねぇ。」
ジ「ん……………暇だな。」
薔薇「ゲームしよ?」
ジ「何するんだ?」
薔薇「連邦VSザフト。」
ジ「……………………負け確実じゃないか。」
薔薇「そうかなぁ?」
雪「そうですわぁ…………私なんかフリーダムでも勝てませんし。」
ジ「あ~、僕もなんだぁ……………………………ってまた現れた。」
薔薇「お姉ちゃん……………たまにはいきなり現れないでよぉ………」
雪「良いじゃないですか♪もう二人は家族公認の仲なんですから、てへっ♪」
ジ「てへっ♪で済まないからそれ。」
薔薇「プライバシーくらいは…………尊重してよぉ………」
雪「仕方ないですわねぇ、じゃあ今度からはチャイムを鳴らしてあげますわ。
  ………正直めんどくさいのですけど。」
薔薇「それが普通なのお姉ちゃん!!」
雪「そんなのどーでも良い事なんです。さあゲームをしましょ♪」
薔薇「あうぅぅ~~………ジュン~……………」
ジ「僕にもどうにもできん…………諦めよう、薔薇水晶。」
薔薇「はぅぅぅ…………ジュンと二人きりの甘い時間がぁ~………ぐすん。」







雪「白崎いますか?」
白「は~い、いらっしゃい雪華綺晶………………って、あはは………機嫌悪そうですねぇ。」
雪「うるさいですわ、ジントニックを一杯下さいまし。」
白「あ~…………はい。」
雪「ったく………何で私の周りは良い殿方が…………ぐちぐち………」
白「はあ………」
雪「だから薔薇しーちゃんの所に行くのに薔薇しーちゃんったら薔薇しーちゃんったら
  彼氏さんとイチャイチャいちゃいちゃ…………」
白「大変ですねぇ~。」
雪「あうぅぅ………つまらないですわつまらないですわつまらないですわぁ~!!
  薔薇しーちゃんからかってもつまらないです、私もジュン様みたいな
  彼氏さんが欲しいでぇすわ~~~!!」
白「あ~………見つかると良いですねぇ。」
雪「うるさいです白崎!!さっさと酒持ってこ~~~いっ!!!」
白「はあ……………今日もこれで店仕舞いかな。」


槐「………で、なんで私が呼ばれたんだ?」
白「雪華綺晶が酔い潰れちゃってね、お会計ついでに連れて帰ってあげてくれない?」
雪「………くぅ………くぅ………」
槐「分かった………………これがかいけ―――なっ!!??」
白「思い切り飲んだからねぇ、よろしく~♪」
槐「…………今回も…………分割払いで………頼む。」
白「りょーかい、これで君と合わせて………うっわ~~すごい借金だね♪」









雪「ねえ薔薇しーちゃん?」
薔薇「な、何かなぁ…………お姉ちゃん?」
雪「じ~~~…………」
薔薇「な、なに?」
雪「………………大きくなりました?」
薔薇「え………?何が大き――――ひゃあっ!?」

もみもみ……

薔薇「ひにゃ!!にゃぁ!?や、何するのお姉ちゃ―――ひゃんっ!!?」
雪「う~ん…………やっぱり大きくなってませんか、胸?」
薔薇「ひぅっ!!やっ……いにゃぁっ!な、なってない!なってないからぁぁ!!
   やんっ!!そんなにぃ………ひぅぅ~……揉まないでぇ……!!」
雪「本当ですか?でも前より手に入りきってない気が………」
薔薇「ひぅぅぅ……止めてよお姉ちゃん~…………」
雪「やはりジュン様にも――――」
薔薇「お姉ちゃんっっ!!!!!!」







雪「ねえジュン様?」
ジ「はい?なんか用かな…………?」
雪「今までどれ程薔薇しーちゃんのお胸をお揉みになりました?」
ジ「ぶーーーーーっっっ!!!(お茶を盛大に吹き出す音)」
雪「あら汚い。」
ジ「ごほっ!!げふぉっ!!んっ……………な、何をいきなり聞きますかぁっ!!??」
雪「いえ、久々に薔薇しーちゃんを見たら少し胸が成長しました気がしましたので♪」
ジ「…………………ワザとやってないか?」
雪「まさか♪」
ジ「………………ウソをまんまと信じるタチじゃないでしょ。」
雪「ありえませんわ♪それより真偽のほどは如何ほどに??」
ジ「教えると思ってます?」
雪「それはもちろん♪未来の義姉となる身ですし教えないなんて答えを許します?」
ジ「参りました……………言います…………ごにょごにょ。」
雪「なるほどぉ~~~そんなにもですかぁ♪良い義弟を持って私、嬉しい限りです♪
  薔薇しーちゃんは教えてくれませんでしたので助かりましたわ♪」
ジ「なっ!!!!!!!!」
雪「うふふ♪それでは今日はこの辺で。さようならですわ~~~♪」


ジ「誰か……………僕を殺してくれ………くうっ………」








薔薇「あ゙~~~~~暑゙いよぉ………………」
ジ「だったら………何で………僕ら………外出してるんだ………?」
薔薇「……………MGアッガイと……アニメのDVD……買いたかったから………」
ジ「あ゙ぁ……………そうなのぉ………」
薔薇「うん…………バイト代………入ったし……うぁ゙…あづい………」
ジ「なぁ………夕方にしたら………良かったんじゃ………ないのか………?」
薔薇「あ゙……………………」
ジ「もうツッゴまんからな……………あっつぅ………」
薔薇「ゔん……………あ、同人誌も買わなきゃ………」
ジ「……………」






ジ「なあ薔薇水晶………?」
薔薇「ん~~?」
ジ「前にお前の部屋に来た時より物がやたらと増えてる気がするんだけど………」
薔薇「えっと…………そうかな?」
ジ「ああ、ゲームの山とかアッガイの箱の山とか、アニメの山とか色々な。」
薔薇「そうかなぁ………?前と余り変わってないよ♪」
ジ「いや、絶対に増えてるから。」
薔薇「う~~ん……………いつもどおりにしか見えないけどなぁ。」
ジ「…………………はぁ。」
|