※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

孤独なココロをギュッと抱きしめて。

*蒼い子サイド

部屋の鍵を閉めて、ベッドの上で体育座り。
この状態で何時間経っただろうか。
夕立が屋根を叩き、窓を伝う。
それはきっと、僕に似ている。

翠「もしかして、ジュンのせいですか…?」

チガウ。ソウダケド、チガウ。

翠「だからあんな命令よせって言ったです!
  ヒンズースクワット5000回なんて鬼監督もいいとこです。
  でも、妹を泣かすなんて私は──」

蒼「違うんだ。僕のせい。ジュンくんに嫌われたかも」

翠「…蒼星石はどうしたいですか?」

蒼「え? …そりゃ、仲直りしたいよ」

ソレガボクノ本心だったの?
仲直りを望んでいたの?
違う。僕はジュンと薔薇水晶の仲を───…

翠「じゃ、じゃあ翠星石が二人の仲を」

蒼「やめて。 僕は、きっと許されない。
  許してもらったように見えても、それはきっと
  翠星石が言ったことで、だから」

僕は何を言ッテイル?

翠「…ホントは、 ホントは私が蒼星石と
  行きたかったですよ?でも、ここに、
  映画のチケット置いてくです。
  あのヤローと行ってくるが良いです。
  …蒼星石は、大人すぎるです。
  たまには自分の幸せを望めですぅ」

蒼「幸せ…?」

…僕はそれを望んでも…


いいの?


ガチャンッ。ギーッ。
僕の心と、ドアが開く。

蒼「翠星石っ」

もう一人の僕を抱きしめる。

蒼「ありがとぉ。姉さん」

翠「蒼星石は甘えんぼです」

暖かいや。暖かい。

…僕は、ふと足元に落ちているチケットに目をやった。


…話題の恋愛映画じゃないか。嘘つき。
翠星石の方が、ずっと大人じゃないか。
でも、ジュンくんはあげないよ?



蒼「もしもし、ジュンくん?
  え?ちょっと、なんでジュンくんがあやまるのさーっ。
  あれは僕が悪かったんだ。ごめんね…?
  うん。そうなんだ。ところで、金曜日暇かなぁ?
  そう!?じゃあ、今度の金曜の6時にロウゼンシネマ前に
  来て欲しいんだけど…」
別に学校で言えば良い話だけど、何故か
電話で今伝えないとダメな気がした。


罪悪感が、ジュンくんの声を聞いて溶けていった。
やっぱり、ジュンくんはジュンくんだねっ。


fin

|