※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


 真夏に雪が降るなんて、ある筈がなかった。


 私は両手を広げる。あつい、あつい。
 真っ赤に染まるは、昔に紡がれた物語。
 この世界が夢であることを知っているから、
 私はいつまでも手を広げ続けることが出来る。


 この物語を、彼は忘れてしまった。
 彼女は少しだけ覚えている。そして少しだけ、間違っている。


 ……苦しい。意識は薄れていく。
 夢の中の息苦しさは、何処からやってくるのだろうと。
 存外に冷静に考えてしまうのは私らしいのだろうか。



 今感じてる"雪のようなもの"。
 これが全てのものへ等しく降らないのと同じ様に、
 私の言葉も全てへは届かずに、宙を舞っては消えていく。


 はじまりがあれば、必ず終わりはあったけれども。
 ひとつの終わりが、新しいはじまりをうむとは限らない。



 私の物語は、終わってしまった。
 だからよろこびの唄は、ここでは響かない。



 ああ、雪のように白い灰が、舞い降りてくる。
 そっ、とそれを手で掬って。また零してみた。
 そして全て、灰がちになる。はいがちに、なる。
 


|